google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

タグ:現実

あなたは何処を見ているか?と 


ユダヤの国の存続が危ない時に、神はエレミアに問いかけましたね。私たちは現実とのギャップを見て 捕らわれて嘆きやすいです。 エレミアは嘆きの言葉を言わずに、現実を知りながらも 幻か?実際に見つめたアーモンドの花が咲いてると答えました。 アーモンドの花は将来を考える先駆けという意味が有ります。


                        IMG_6342


ダビデは死の谷を通り過ぎる時、彼の見に迫る危険を嘆かず、死ぬかもしれないとは思わず、神が語った祝福とのギャップを繰り返し嘆かず、遥か先にある平安を保つことができる緑の牧場を見つめて歩きまました!

                    IMG_6343


アーモンドの花のように見つめた先駆けの夢は希望は 確信に変え、神の恵みや愛を知るように導きます。神の愛と守り 導きから信仰が与えられる!

                


蝶は蜜を求めてさまよい飛び回ります。蝶や蜜蜂は腹が減った現実よりも きっと蜜が見つかると信じて必死に諦めすに死ぬまで探し回ります。 
様々な事柄の現実の説明を神はなさいませんが、どのように対処するかを導かれます。
また、神が回答なさる時、いかに神ご自身と向き合うか?その態度 熱心さ 心意気など  ご自身への信頼度 回答を信じてている忍耐力などなどを吟味なる気がします。 
  • 神学的に割り切れない 父なる神と私たちどの人間関係が有ると思います。
  • 神は神学では動かない!私たちが神に対する心、心意気に感動して答えてくださいますね! 
  • 信仰心 超えた 信頼の心意気だと思う!
  • 蝶が蜜を求めてさまようように 神の栄光を求める人が得る神からの祝福 答え!
あなたの祝福を祈ります。

神から祝福を受けている人でも

時には病や様々な人生の問題に遭遇します。
それは何故なのか?細かに言えば様々な要因が混在します。

けれど、「神様にどうしてですか?」といつも愚痴をこぼさす、真摯に向き合う事も大切かと思います。

ダビデは祝福され油注がれましたね。けれど、その油注ぎが現実の事となるまで、ユダヤの王となるまでには、大変な苦労をしました。

皆様も大好きだと思う詩篇23編には、死の谷を通り抜けて、緑の牧場にたどり着く またその場所で憩いたいという強い意志や希望と告白に溢れて書かれています。
IMG_6877-13th_

ダビデは現実逃避をしていませんね。死の谷間のような人生があることを認めています。
けれど、死の谷、不毛の人生の一時を過ごしたり、病に倒れたり、人々から様々な悪口、疑い、評価をされても、絶えず神を見上げる気持ちに溢れています。
{ダビデの人生にも様々な問題や起きてきました}

どんなことが起きても、神の側から離れたくないという意志と告白、望みに溢れてい見るこの詩篇23編です。

今。私は癌の宣告{幸いにも初期でした} 今から18年前にも、神戸で開拓伝道を始めた頃に、同じように癌が見つかりました。胆石の痛みで緊急入院した時に、胆管周辺に初期癌が見つかりました。当時の手術は成功して血液中のガンマーカーが次第に下がっていきました。

私の妻も癌で亡くしていたので、死の宣告をされたように成って仕舞いました。
祈る元気 気力も失せましたけれど、多くの方が祈って頂く間に、この詩篇23編を読みました。
詩 3:1 主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。
 23:2 主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。
 23:3 主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。
 23:4 たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。

癌を見つめて気落ちしないで、神が与える緑の牧場、つまり癒やしを見つめようと決心しました。 手術 当日の深夜に 力強い神の臨在を感じました。誰かが私の側に来て、私の手を握って下さったのですが、夜勤勤務の看護師さんに聞いても、「誰もあなたの側にいなかった」と答えました。私たち看護師も 「そのような個人対応が出来るほど暇じゃないのよ。」と笑っていました。

私は手術後の麻酔が効いておぼろげで、目が開けられません!しかし、手の感覚が今も残っています。

そして私が癌ではないと先取りの告白を続けました。『アレは癌じゃ成ったのでは?』と疑う方もいましたけれど。。その後の再発は何年間もありませんでしたが、今また大腸に癌が見つかりました。

今回も初期の癌ですが、神様が与え導く緑の牧場だけを見続けて行きます。きっと癒やされると告白をしていきます。

IMG_4411

*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなる為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

春かすみの海が見える地に。
 
移り住んで14年以上が過ぎました。
しかし、この住まいの大家から退去要請。私が高齢者なって孤独死されると困るとか、
私自身がヘルニアから働けないなど諸事情も有りますが、。
スムーズに転居先が決まります様にと祈っています。
 
              <神戸 月見山方面が見える。>

アブラハムもカナンの地では数回 変わりました。住んだ地名にも意味があます。 犠牲 礼拝 友愛 契約 服従などの地名の意味があります。
このベランダからこの風景を見て 宣教して リバイバルを祈って来ました。

教会成長願って来ましたが家の教会。働きながら独りのチラシ配りは中々ですね。調理師の仕事は拘束時間が長いのも難点でした。一緒に宣教する若い方の助けを祈りましたが、見つかりませんでした。 
無僕教会の支援策 支援策をしましたが 関西地区からの招聘は有りませんでした。
君は立派な牧師にはなれなかった的なことも暗黙に言われました。神戸を去って田舎に帰ればとも言われました。

              <大阪湾と淡路島が見える。>
ある方を教会への送迎をしていたときに、突然。ここで止まってと言われた1中古車センターの前でした。サッサ〜と中に入っていき、私を呼びました。「これこれ、この車が良いよ。買って上げる!?」
ビックリしました。それで丁重にお断りしました。当時、使用していた車はガタがきていましたが、未だ乗れそうでした。 本音は3ナンバーで維持費が大変そう。。

では何か必要な物は・・服は? ぼろい住まいから変わったら・・家賃を出すよ!?
 そこまで言われて気が緩みました。今必要を感じているのは、パソコンだけれど・・
「じゃ行きましょう!」 と電気屋に行くように・・店員さんのアドバイスからパソコンと印刷機 カメラを選んで買って下さいました。 それで海外とのメールが出来るようになりました。
ブログを始めることが出来ました。 

それで始まったブログが毎月。3千人を超えるようになりました。最高で一日。千人が閲覧して下さり 驚きました。神に深い感謝しました。
後にビデオカメラ購入後に、YouTube動画も始めました。毎月、一万回の再生になります。
何気なく始めた、インターネット上から福音を伝える。信仰的 霊的なカウンセリング も毎月五〇回はあります。
この働きで、教会成長できない現実から、神様は大きな慰めを与えて下さいました。
 

 現在は、新しく現実と言うライオンが現れました。
三月迄に退去要請に応える事が出来ずに、新規保証金、6月までの家賃請求。本当にきついです。
この世に現れる 現実と言うライオンに食べられ飲み込まれるのは、目の前のライオンばかりを恐れるからだと思う。調教師はライオンを恐れませんね!

私達は調教師では有りませんが、私達自身も本当に恐れるべきお方は キリストです。
その主の助けを求めています。
 
様々な祈りをして、行動する前に、前後の点検をしこの考え方は、本当にキリストの栄光を 愛を 献身 献金《神への感謝からか?他に何かか混ざっていないか。ブライトが交ざりあっていないか?
<吟味してからですね。>
全ての祈り 考え方 信仰はキリストに根付いているかを考えなくてはいけない。少しでも福音を伝えたいと始めたインターネット上から福音は神様の助けが沢山有ります。でも多くのリバイバル、家の教会の成長を願っています。そのためにも新居 移転先が必要です。神は完全です。

でもホームレスになることが御心か?それが、神と私の間で必要なら受け入れます。
マイナス要因になる思いと言葉の告白は捨てています。ホームレスには成りません。

私達の親切、憐れみ、献身。それと同じ献身の意味を持つ献金等 全ての動機は何処にある?
深いキリストの愛と深い祈りの結果なのかを吟味しなければ成ら無い!

「なぜ、わたしを主よ、主よと呼びながら、わたしの言うことを行わないのですか。
 わたしのもとに来て、わたしのことばを聞き、それを行う人たちがどんな人に似ているか、あなたがたに示しましょう。
 その人は、地面を深く掘り下げ、岩の上に土台を据えて、それから家を建てた人に似ています。洪水になり、川の水がその家に押し寄せたときも、しっかり建てられていたから、びくともしませんでした。」 ルカ 6:47-48

<高取山が見える。>

私達は、この世で生きる限り

様々な現実に出会います。

その現実の中には、この世の支配者の誘惑も含みます。現実から困惑させ、神から引き離そうとします。
「何故?おまえはキリストの信じているのに、こんな現実、問題で苦しむのだ!キリストを信じても、聖書の言葉通りにならないから。神を信じても意味が無い。」と誘惑してきませんか?
 
現実は現実として受け入れなくては成りませんが、その現実の先には、神の助けが必ず有る事を固く信じませんか?
IMG_0672


旧約聖書に登場する登場人物が、どのようにして様々が現実に立ち向かい、信仰を守ってきたのか?多くの実例が書かれています。
 
燃えさかる炉に投げ込まれたり、ライオンが居る穴に投げ込まれたり ・・どれも ダニエルにとっては現実に迫る事でしたね。 神を信じていても、何故こんな事が起きるかと心悩ませるのでは無く、どのような状況になっても 最後まで神を信じ切った者だけが体験できる領域があります。

ダニエルもその一人でした。 最後まで信じ切って頼ったので、神はダニエルを助けました。
最後まで信じ切れなかった方は入れない領域が有る事も下記の言葉から分かります。

ダニエル 3:25 すると王は言った。「だが、私には、火の中をなわを解かれて歩いている四人の者が見える。しかも彼らは何の害も受けていない。第四の者の姿は神々の子のようだ。」

この世の法則 常識も様々です。それらに翻弄されます。しかし、最後まで神を信頼することが更に大切だと思います。
 
ダニエル6:16 そこで、王が命令を出すと、ダニエルは連れ出され、獅子の穴に投げ込まれた。王はダニエルに話しかけて言った。「あなたがいつも仕えている神が、あなたをお救いになるように。」
 6:17 一つの石が運ばれて来て、その穴の口に置かれた。王は王自身の印と貴人たちの印でそれを封印し、ダニエルについての処置が変えられないようにした。
 6:18 こうして王は宮殿に帰り、一晩中断食をして、食事を持って来させなかった。また、眠けも催さなかった。
 6:19 王は夜明けに日が輝き出すとすぐ、獅子の穴へ急いで行った。
 6:20 その穴に近づくと、王は悲痛な声でダニエルに呼びかけ、ダニエルに言った。「生ける神のしもべダニエル。あなたがいつも仕えている神は、あなたを獅子から救うことができたか。」
 6:21 すると、ダニエルは王に答えた。「王さま。永遠に生きられますように。
 6:22 私の神は御使いを送り、獅子の口をふさいでくださったので、獅子は私に何の害も加えませんでした。それは私に罪のないことが神の前に認められたからです。王よ。私はあなたにも、何も悪いことをしていません。」
 6:23 そこで王は非常に喜び、ダニエルをその穴から出せと命じた。ダニエルは穴から出されたが、彼に何の傷も認められなかった。彼が神に信頼していたからである。

私達の日々の生活の中では色々問題が起きますが、問題に心奪われ心配しすぎると、その本質が見えなくなります。経済的な問題。。一番心悩ましますが、神の介入、助けを最後まで期待します。
良い知恵 良い助けがあります。信じ切ることが大切です。
聖霊から心を動かされた方からの助けもあります。 本当に聖霊からでた助けは実現します。
希望の光となりますね。 

私達の行動、考えが神から出たこので無くては成りません。色々の事柄に行動する前に、神からでた思いなのかを吟味して祈る事、導きを必要があります。
思考行動する土台が神からでた事は知らなくては成功しません。物事 問題点の観察力も大切ですね。

ルカ6:47 わたしのもとに来て、わたしのことばを聞き、それを行う人たちがどんな人に似ているか、あなたがたに示しましょう。
 6:48 その人は、地面を深く掘り下げ、岩の上に土台を据えて、それから家を建てた人に似ています。洪水になり、川の水がその家に押し寄せたときも、しっかり建てられていたから、びくともしませんでした。
 6:49 聞いても実行しない人は、土台なしで地面に家を建てた人に似ています。川の水が押し寄せると、家はいっぺんに倒れてしまい、そのこわれ方はひどいものとなりました。」

色々の行動や考えた方が聖書信仰から、神からでた愛なのかを知る必要もあります。
いかなる試練も、私達の信仰を成長させるには有益です。隣人への愛も信仰を成長させます。
隣人から受ける愛も、神の実態を知り、信仰を成長させますね。
私は多くの方に支えられ、ここまで来ることが出来ました、神の助けと多くの人の愛にさせられて感謝です。

神は生きておられることを更に実感して、神の言葉 聖書の言葉の中に信仰の力を見いだして 生きていきたいです。


 

人は様々は計画をする。

けれど神の計画だけが成る。神に信頼を重ね続けて、希望を紡ぎ続けなければ それを見ることは出来ない。
 箴 19:21 人の心には多くの計画がある。しかし主のはかりごとだけが成る。
 その計画の基本は、キリストの栄光を、繁栄を表すのもか?御心確信しているのか?
   箴 20:18 相談して計画を整え、すぐれた指揮のもとに戦いを交えよ。
 私達が選ぶ相談者によって、得られる結果 判断がが違ってくる。
「ローマに行くな、殺される。」とパウロに忠告した預言者が居る。けれどパウロはその預言の忠告を無視してローマに・・その結果。ローマにリバイバル・・パウロは殉教。 相談者は相談者です結論を出すは自分自身が出さなくては成らない。大きな結果の違いを後にしるでしょう。

箴 15:22 密議をこらさなければ、計画は破れ、多くの助言者によって、成功する。
 その相談者、カウンセリングを請けた人が、ヨブに話しかけた3人のようでは、良い結果が得られない。ヨブを見舞って話しかけた 3人の賢者は、この世の習わし習慣、常識にとらわれている人。この世の知恵や知識だけにとらわれている人。神を知っているが、神の本当の力を知らない。それでも神を信じているという。このような3タイプでした。

箴 21:5 勤勉な人の計画は利益をもたらし、すべてあわてる者は欠損を招くだけだ。
 計画する実行するには、よく良く祈り込まなくては成らない 。途中で止める?海外宣教に出かけて、途中で止める?宣教活動には、結果は直ぐには結果は出ない傾向があるのに、御心を勘違いして海外に 国内宣教活動に出かけて挫折する。何かに手を付けて、止めるのは、御心よりも自分の気持ちが交っていたから・・? 様々な要因があるのは確かです。

祈って・・祈って決めたこと。決心は揺るがないと思います。 
詩 119:23 たとい君主たちが座して、私に敵対して語り合ってもあなたのしもべはあなたのおきてに思いを潜めます。
 現実のギャップ・・いのっても祈っても 結果が出ないときには。その決心を揺るがさずに、その決心の土台に座り続けて時を待つ忍耐が必要たと思います。
 「神は何故助けないの?現実を見なさい!』と云ってきませんか?

マタイ 23:22 天をさして誓う者は、神の御座とそこに座しておられる方をさして誓うのです。
  色々な苦しみや現実があっても、一旦。祈り込んで決められた使命 神との約束 献身は換えることは無いと思います。換えることがあったら、本当に祈り込みましたか。祈り不足とは言えないのでは無いでしょうか?
 
 詩 85:10 恵みとまこととは、互いに出会い、義と平和とは、互いに口づけしています。
真実の計画は上記の御言葉ようにも例えられます。 それにはやはり現実に負けない忍耐です。

申 23:23 あなたのくちびるから出たことを守り、あなたの口で約束して、自分から進んであなたの神、主に誓願したとおりに行わなければならない。
 祈って決めたこと 献身 神と人に愛を示す奉仕などに対する注意として上記は代表的な御言葉です。
 5:2 これは、分別を守り、あなたのくちびるが知識を保つためだ。
「これは御心です」と最初から云わないように 。良く吟味してスタートする知恵と知識。分別が必要でしょう。あなたの言葉に期待した人々が悲しみます。

ダニエル 3:25 すると王は言った。「だが、私には、火の中をなわを解かれて歩いている四人の者が見える。しかも彼らは何の害も受けていない。第四の者の姿は神々の子のようだ。」
 様々な現実は次々を起きて、私達を襲い、神から引き離そうとします。その現実に心奪われる。
心が現実に捉えられら過ぎてしまい、現実にに負けてしまう。神の臨在を期待しなければ、新たな神の領域の力を知る事は無い。

申命33:20 ガドについて言った。「ガドを大きくする方は、ほむべきかな。ガドは雌獅子のように伏し、腕や頭の頂をかき裂く。

士師14:8 しばらくたってから、サムソンは、彼女をめとろうと引き返して来た。そして、あの獅子の死体を見ようと、わき道に入って行くと、見よ、獅子のからだの中に、蜜蜂の群れと蜜があった。
 目の前の現実が消えない、無くならないと云って神の人格への信頼と希望を捨てては成らない。
天に居ます父なる神、聖霊 キリスト様は、私達を神の子として取り扱われます。成長し、神に近づくために試練、訓練、越えなくてはいけないハードルも備えます。一度。失敗して飛び越えなかったハードルは形を変えて飛び越えさせる訓練と力を備えます。
乗り越えた者だけが味わう蜜の味があります。敵や現実を倒したときに味わう蜜の味です。
ダニエル記 3:25 すると王は言った。「だが、私には、火の中をなわを解かれて歩いている四人の者が見える。しかも彼らは何の害も受けていない。第四の者の姿は神々の子のようだ。」
箴 10:28 正しい者の望みは喜びであり、悪者の期待は消えうせる。

祈れども、次々と悲しみ 苦しみ 病気など 形を変えてクリスチャンを神から引き離そうとする現実が来ます。直面する 様々な燃える火の様な現実、火の粉を気にして 現実ばかりに目を向けて現実に負けない、神を見上げて期待しましょう。

いつも下記の言葉を、神の介入を期待しつつ告白しましょう。

詩1:2 まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。

汽灰13:7 すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。
13:8 愛は決して絶えることがありません。

1:3 その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。

神の側にいつも居て離れない。様々な現実以上に、神の言葉ー聖書のことはー神の人格から発せられた言葉に期待し続け実行した人だけが味わうことができる蜜の味。
その時には 人生の桜が満開になると信じます。 
 桜 咲く。 人生の中の桜よ!私の中にある失望を復活させて、
蘇ったキリストごとく 人生の中の桜よ 私の中に春の復活のごとく咲け!
キリストの御名と権威によって咲け!

image

ヨブ 42:2 あなたには、すべてができること、あなたは、どんな計画も成し遂げられることを、私は知りました         
最後に私達自身が望まない計画も、 神の計画の中に含まれます。 ダニエルが燃える炉の中に投げ込まれたのは何故か?ライオンー獅子の前に出されたのは何故か?ローマのコロッセオでもライオンに殺されての殉教がありました。ダニエルが助かり、ローマのクリスチャンは何故に?
ここにも隠れた神の計画、経過があります。

 病気が私達を襲うのか? 様々なトラブル、貧困があるのか?疑問視している間、神に疑問を投げただけでは、解決は得られず、祈っても答えが無いのでは? 現実を請け入れつつも、それ以上に神に期待、天の父なる神 キリスト 聖霊様に期待する者だけが味会うことが出来る領域に入って 人生の桜を咲かせませんか!?


 死に至るまで、キリストに従順に!

それが私たちの願いです。

しかしながらローマのコロッセオでライオンに殺されるような現実の苦しさ・・。

<現代ではライオンの代わりが多い>それでも聖書の言葉と現実とのギャップがある。
つまり・・祈っても直ぐには癒やされないことがある。神は癒やす神だと宣言したでは無いか?

 平和の君だと云ったでは無いか?その平和を祈れど戦争やテロがある。
祝福する<マラキ書などで>と云われたが、祈れども経済的に恵まれない事も有る。
政治から来るもの、信仰と政治に関しての方向性の違い。

 聖書の言葉が書かれているのに、現実的に起きないギャップ!
聖書が云うが鷲のように飛べない・・イザヤ書40:31と現実の違いはどのように埋めるのだろうか?
それでも様々な現実とのギャップを乗り越えて、神に期待するには、神の助けと導きが不可欠です! 
image

祈りの答えが直ぐに無いからと云って 神を否定は出来ない。
聖書は神の人格から溢れた言葉だから、その神の人格に私達は期待します。
<聖書通りにならずとも、神の存在が現実です。
天国での祝福が待ちますから・・。>

それは神は私達の身代わりに死んで、復活しました。多くの神々の中で、キリストだけが雄一、よみがえった命のある神です。

私達の身代わりに十字架に掛かる、その愛と人格に期待しましょう。
ヨハ 3:16 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。
黙 2:10 あなたが受けようとしている苦しみを恐れてはいけない。見よ。悪魔はあなたがたをためすために、あなたがたのうちのある人たちを牢に投げ入れようとしている。あなたがたは十日の間苦しみを受ける。死に至るまで忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。
イザヤ 40:31 しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。

鷲は高く飛ぶために、自我や古い肉体=思いを捨てなくては成らない。
鷲は成長するために自ら、そのくちばしを使い、自分の羽を抜きます。 

これを換羽、古い羽毛が抜け落ちて新羽に替ることを言います。

年老いた鷲は、自分自身の力、鷲の命の元になる獲物を捕らえる武器を捨てます。
自分自身が新しく力強く飛べる為に、そのクチバシを自分で岩にぶつけて壊します。 
爪も岩を利用して爪をはぎます。抜きます。
その痛みを自分から選択します 。そして、新しい爪とクチバシ、羽を得ます。羽やクチバシ、爪が新しくなるまでは、一定の期間は敵に襲われたり、餌もとれなく高く飛べない現実が舞っているのです。
eagles

羽やクチバシ、爪が新しくなる為には、過去の経験から学びます。老いても学ばなかったり、選択しない鷲は、力強く飛べず、現実に負けて死を迎えます。高くは飛べません。
換羽や爪はぎ、クチバシを壊さない現状維持する。現実に負けた鷲は、そのままで死を待つのです。
私達も過去の経験を生かせることが出来るのは、神との人格との交わりの結果です。
命を延ばすため、新しい力を得て、鷲のように高く飛ぶためには、私達も現実を云う経験を捨て去るときが必要です。換羽しなければ、聖霊の風が吹いても高く飛べず、そのまま死を選ぶ 待つことになるのです。必ず高く力強い聖霊の風を期待する者だけが経験する信仰の領域を選択しなくては成らないのです。

選択できるのか、神の人格を信じたり、過去の経験を生かす事を選び取る事、自我と肉の思いを捨てることが必要になります。
祈っても答えられなかったが、神に期待したが駄目だった!とは思わずに、羽代わりの時期を絶える人が経験できる領域を神様、聖霊、そしてキリスト様に求めませんか?
10gosuvvfnb5ipc6j94210g8ka52100

神を見上げて、現実の乗り越えるために、神の人格に期待しようではありませんか?
その人格から溢れている、聖書の言葉に期待しようではありませんか?
時が来たら、神が現実を乗り越える力の元、換羽させて<鷲だけは自分で抜かないと新しい羽が生えない!>期待を紡いでいきましょう。新しい力、クチバシ、爪と羽が与えられると期待を紡いでいきましょう。祈りが聞かれなかったことを選択して、神を捨てるのか?
小さな祈りが聞かれた経験を紡ぐかは、私達一人々の選択なのです。

終わりにイースターです。キリストの復活を賛美し感謝を捧げましょう。
私達の信仰が、この世においての現実から神への信仰へと復活するときです

             

              
 

キリエ エレイン!Kyrie eleison. Κύριε ἐλέησον.

私たちクリスチャンは、キリストが『この様に祈りなさい。』と教えて下さった主の祈りがあります。
キリエ エレインは、私たちから主に捧げる祈りの言葉です。第二の主の祈りとも言えますね。

神に救われたのち、私たちはこの世で生きている限り、色々な現実と向き合わなくてはなりません。
祈っても直ぐに答えを得ることが無い場合も多分に有ります。そんな中で有りながらも、神に対する信仰や期待を崩さ無ずに、現実に立ち向かう時に、ふと 漏らす言葉が、『キリエ エレイン、主よ!憐れみ給え!』だと思います。

また、隣人が、苦しんでいるのを見て、その憐れみの心が、聖霊により与えられた取りなしの祈りの言葉が、キリエ エレイン! 
『主よ。あの方を憐れみ給え、あの方を救い 癒して下さい。あの方の苦しんでいる現実から救い上げて状況を改善してあげてくださいね。』と、、 心から一杯、
言葉短く祈りの言葉にも成ります。


私自身も色々な現実を抱えています。
日頃の祈りが届いた時に、助け手が有ります。先日にも、無記名。差出人でキリエ エレインと書かれた封筒が届きました。 中には献金が入っていました。  差出人の思いやり 愛、神の憐れみを受け取り、本当に涙する瞬間でした。

また、ある方からは、私が着ていたダウンジャケットが、相当古いものだと気がつかれ、デパートに連れて行かれました。 未だじゅうぶんに着れますからとお断りを申し上げましたが、『私の気持ちを受け取ってくださいね。』と、ブランドで、春先に丁度良いジャケット、シャツ ズボン一式を買ってくださいました。


本当に! 本当にその思い遣りには、感謝しました。
                    
20160305115448(3)
神様がその方と出会いを与えて下さいました。
折に触れ支えて下さり、祈って下さいました。
本当に神様とその方には沢山の感謝です。
 
20160305120917(3)

キリエ エレイソンの動画を作りましたのでご覧下さい。

             
             

私自身からのキリエ エレイソン。主よ、哀れみたまえ。
昨年八月にヘルニアになり激痛から入院し失業しました。思わぬ事でした!
神様からの癒やしが在り、徐々に回復してきましたが、ヘルニア=腰の神経が右足に痺れ=麻痺が残っています。そのために働きたくても働けない時期を過ごしてきました。
結果、家賃が払えていません。大家さんの同情も手伝って家賃滞納を許して頂きましたが、『この状況が続くなら、現在の住まいをあけて退去して下さい。』と告げられています。
 
新しい住まいが、簡単には見つけにくいし、見つけるにしても、働けない状態が続き、現実的な資金の問題があり無理です。このままだと住むところが無くなります。  元々は70歳を過ぎたら孤独死を心配する大家さんから退去を勧められていました。終の棲家では無いところですが、300万でこの中古の住まいと買い上げるなら良いとも云われていますが 現状からも現実的ではないのです。

問題解決のために、キリエ エレイソンと祈っています。 足の麻痺が少しでも早く癒やされる、完治するように・・働けるようになるようにと祈っています。 
キリエ キリエ エレイソン。

私は色々カウンセリングをしていますが、殆どが神様への奉仕です。時折、癒やされたからと感謝の献金もあります。 第一に神への感謝の無い献金はお断りもしています。後に献金したことを後悔することは、神様に対して失礼だし、聖霊の導きが無い献金が罪になる可能性も含んでいるからと思うからです。

私の教会には所属して下さる殆ど
教会員はいません。殆どが無報酬です。けれど、前記のような無記名の献金が先のようにありますので、宣教活動も諦めること無く、続けられています。
神様からの励ましが無いと、続けられない宣教活動です。住まいが無いとその拠点を失うことになり
キリエ エレイソンと祈っています。

この記事を読まれ、聖霊の導きがありましたら、どうぞ、支えてお祈りをお願いいたします。

郵便局 振替 00990−3−118496  名義名  ミカエル ミニストリー

または ゆうちょ銀行 支店番号 099  当座預金 
口座番号 0118496  名義名  ミカエル ミニストリー 

今 私を支えている主の言葉です。

ザヤ41:10 恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。

 この言葉と共に、キリエ エレイソンと叫んでいるのです。この言葉が主キリスト様と現実を引き離すことが私達の祈りなのです。
あなたが抱えている様々な現実、けれど キリエ エレイソンを叫ぶときに、諦めない祈りが現実を解決させると固く信じます。


 

 うたれた傷によって、私達は癒やされた。

この言葉は、キリストの生涯に関しての預言です。神の子キリストが、ユダヤに生まれること、苦しみの中に、私達の罪を担って死ぬ事が予言されました。

イザヤ書
53:3 彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。
53:4 まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。
53:5 しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。

キリストが生まれる前に予言者イザヤから語られ、その後、それがキリストによって実現しました。預言の実現は、信じて、信仰の備えが大切です。passion_main


歴史をさかのぼる事、出エジプトのエリムの泉では、神ご自身が、『私は主、癒す神で在る。』と宣言なさいました。

 エジプトからの数百年に及んだ奴隷から、ユダヤ人は、神によって救出されて、約束の地、ユダヤの地に向かいましたが、途中の砂漠の中で飲み水が無くなりました。要約。見つけたエリムの泉はとても苦くて飲めない水でした。砂漠の中で水が無いことは、差し迫った現実としては受け入れがたいものでした。

 「神の救いを信じて、此所まで来たのになって言うことだ!」突きつけられた現実に、不満や不安を言い出しました。神は、神の約束を信じ切れない人に怒りを持たれましたが、同時にそれでも信じる者を探されました。
一本の小枝を、苦くても飲めない泉に投げ入れるように言われました。すると苦い水=現実が・・甘い水に変わりました。 一本の小枝は、十字架の象徴です。

 その後、神はモーゼに語られました。

 出エジプト記
15:25 モーセは【主】に叫んだ。すると、【主】は彼に一本の木を示されたので、モーセはそれを水に投げ入れた。すると、水は甘くなった。その所で主は彼に、おきてと定めを授け、その所で彼を試みられた。
15:26 そして、仰せられた。「もし、あなたがあなたの神、【主】の声に確かに聞き従い、主が正しいと見られることを行い、またその命令に耳を傾け、そのおきてをことごとく守るなら、わたしはエジプトに下したような病気を何一つあなたの上に下さない。わたしは【主】、あなたをいやす者である。」

 罪の許しの象徴である十字架は、アダムの原罪と私達の罪を許します。アダムの罪が無ければ、アダムから引き継いだ原罪ナ無ければ、病も無く、産みの苦しみも無く、( クリスチャンは、一般的に産みの苦しみは少ないとか!たしかに私が関わり祈った妊婦クリスチャンは、助産師から、お産が軽かったと聞いていますよ。 ) 額に汗してパンを食べる事も無い。神に従う時には、経済的な祝福を得られる約束されている。
罪とは、神の思いから的(まと)が外れることの意味です。

 同じ、出エジプト記には、民が神に逆らい、罪を犯したときに、神は怒られて、毒蛇を民の間に送られました。

 民数記
21:6 そこで【主】は民の中に燃える蛇を送られたので、蛇は民にかみつき、イスラエルの多くの人々が死んだ。
21:7 民はモーセのところに来て言った。「私たちは【主】とあなたを非難して罪を犯しました。どうか、蛇を私たちから取り去ってくださるよう、【主】に祈ってください。」モーセは民のために祈った。
21:8 すると、【主】はモーセに仰せられた。「あなたは燃える蛇を作り、それを旗ざおの上につけよ。すべてかまれた者は、それを仰ぎ見れば、生きる。」
21:9 モーセは一つの青銅の蛇を作り、それを旗ざおの上につけた。もし蛇が人をかんでも、その者が青銅の蛇を仰ぎ見ると、生きた。

 『たかが、青銅の蛇を見ても、苦しみの現実からは何になるか?』と思った人は命を落としました。けれど、信じて見上げた者は命を得ました。旗竿とは、キリストの救いの福音であり。竿とは十字架の意味があります。
images


 私達は苦い現実、足元をみて、そのギャップから、神の約束を不安視してしまいます。 天国に在る約束と救い。先ず、その事を硬く信じなくては、この地上で、天国の恵の延長の実現は在りません。
天においての命が、地上で現れ、癒しが起きます。天国に置ける祝福が、地上での幸せ、平安をもたらします。

 神の十字架の許しは、全ての罪が原因で起きる災いから、私達を護り救います。私達は先に信仰告白をして、信じて祈ります。現実に打ち勝つために起きていないことを、起きたかのように告白して、受け取っていないことを、受けたかのように感謝を捧げます。

 不安と疑いは、心の中に、サタン、悪霊に、私達につけ込み、災いの足がかりを作り与え、賛美と感謝の生贄を、父なる神様に、聖霊に、そしてキリストに捧げましょう。


 約束と現実は、在る意味、霊的戦いです。

 サタンは、強烈な現実を押し付けてきますが、主の祈りに在るように、『私達から災いを遠ざけ、悪より救い出してくだい。サタンのする事から切り離してください。』との意味が在ります。

 キリストは、十字架の上で完成したと言われました。キリストの完成した業を信じて受け取りましよう。

信じた者には、平安と癒しがあります。経済的な祝福も、神のルールに従うなら 、私達が受け取ります。

 経済的な祝福の注意

 経済的な祝福と言いましても、贅沢な暮らしを指して這いません。

 主の祈りの言葉には、「日々の糧を与えてください。」とあります。時には、神に従っていたエリヤもも飢饉の時がありました。エレミヤも飢饉がありましたが、神が支えて守られました。暮らしを支える神の経済的な祝福を指していることを指しています。

 生活苦や不安を抱かずに、神に感謝の捧げ物。賛美の捧げ物をしていきましょう。

詩69:29 しかし私は悩み、痛んでいます。神よ。御救いが私を高く上げてくださるように。 69:30 私は神の御名を歌をもってほめたたえ、神を感謝をもってあがめます。 詩 71:21 あなたが私の偉大さを増し、ふり向いて私を慰めてくださいますように。

そのとき私は言った。「私の弱いのはいと高き方の右の手が変わったことによる。」 私は、主のみわざを思い起こそう。まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。 私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、あなたのみわざを、静かに考えよう。




 キリストの パッション http://youtu.be/ySknA_zoKoQ









このページのトップヘ