祈り始めて年数が過ぎても、
私たちの願う時を越えても聞く神です。アブラハムの祈り願いには年月が要しました。アブラハムが(私たちも)神の心に添えるようになるまで、神は待ちました。
7C842F37-9FD4-4995-9F76-792DB1FCCEAD

祈りが聞かれないと嘆く人が多い?先に罪赦された認識が有りますか?十字架で完全完結した罪です。嘆くよりも感謝、賛美が先に大切!赦され義人に変えられた認識は大切です。『義人の祈りを聞いて下さる主なる神。』→下記の参照

あなたの罪が完全に許されている。この認識を深めてくださいますか?神にイエス様の十字架で許されて完全な義人となった(罪がない)人の祈りを聞いてくださいます。キリストの犠牲は完全なです。イエス様によって、私たちの罪の代価支払いは完了しました。→下記参照

しかし私たちは罪赦された認識の深さが低いのでしょうか?いつも毎回、毎回『赦してください!』と祈り嘆いていませんか? 明確な救いの確信を保ち続けていますか?
キリストの身代わりの死。十字架で完全終了した罪ですから嘆くよりも感謝、賛美(下記参照)が無いといけない気がします。
赦され義人に変えられた生まれ変わった認識は私たちの穏やか 平安に導きます。
必要なのは私たちは集まること。その集まりに聖霊の神をお迎えする、歓迎する事も重要です。 2〜3人集まる所に聖霊が居られることを意識することではないでしょうか!? →下記参照
FullSizeRender

また許す事も大切。神の前での隣人への赦しは大切ですね。ヨブも3人の友とその僕を許してから、神はヨブの全てを回復しました。ヨブ記42:6〜10

毎日。許して下さいと嘆くことは、キリストが取り去った!あなたから信仰によってキリストに委ねた罪を、嘆いてばかりでは再び罪を取り戻すことと同じになりませんか?許された事を感謝と賛美は嘆く以上に大切です。重要ですね。
行いが例え現在は不完全でも、神は愛を持って忍耐して下さり、いずれかに出来るように導きます。

聖書のこと、意味が深く分からず、全てが行えない、出来ないが当たり前なんです。神に逆らう罪、的外れな思考を持って生まれてきたからです。しかし知らなければ人の助けを借りて祈る。又、隣人に聞いたり、再び聖書確認して蓄える知識。知らないのは無知では無く、知ったか振りが本当の無知だと思っています。得た知識は聖霊の助けで知恵を得ます。活用し適応しての信仰かなぁ〜。

だけど間違った聖書知識とか神学には気をつけて下さい。天国や地獄は無い!キリストは復活していないなどなどには気をつけて下さい。 このような主張をする人はほんどは復活の神キリストと出会っておらず、または真摯に神と向き合っていないかもしれない?祈りが聞かれた喜びが少ないかも知れない? 新生ボーンアゲインがなされず自我の根が残っているかもしれません。
無駄な知識を好み、聖書の意味をストレートにありのままの解釈と受け入れを拒む、自分の考えを主張する。純真に神に捧げる事を拒む、面倒だとも言うも傾向もあります。また逆にそれらを誇る傾向があります。この事を避ける為には、ダビデのように信仰を真摯に求める事も大切です。→下記参照

ところで、認知症で記憶を失っていた母親が、白い衣を着た人、光り輝いていた顔の人から、息子のところに帰るように言われました。そして、アルツハイマー型記憶喪失から癒されました。
わたし自身も、アブラハムが見上げた星の下(イラクの砂漠の中)で神の臨在を知りました。恐れ多くて気を失いました。様々な体験や癒やしを見てきました。わたしの信仰では無く聖書に書かれている言葉通りになる事と神の栄光の故です。経験や記憶は薄れますが、聖書の言葉は永遠に変わらないのです。
この上記の体験した事からも、父なる神をキリストと聖霊をお迎えして感謝と賛美と純真に求める事から、キリストの復活を知ることができ、天国の存在を知っていただきたいのです。記憶喪失だった母親が見た黒い世界は地獄だと思う。

終わりにもう一度話したいのは、義人の祈りは聴かれる神です。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
@ No1 ヤコブ 5:16 ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表し、互いのために祈りなさい。いやされるためです。義人の祈りは働くと、大きな力があります。
@No2 ヨハネ 19:30 イエスは、酸いぶどう酒を受けられると、「完了した」と言われた。そして、頭をたれて、霊をお渡しになった。
   箴言 10:16 正しい者の報酬はいのち。悪者の収穫は罪。

   ローマ 6:23 罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。
@No3 詩篇95:2 感謝の歌をもって、御前に進み行き、賛美の歌をもって、主に喜び叫ぼう。

参照@No4 マタイ 18:20 ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」

参照 粁鯊1:11 神はソロモンに仰せられた。「そのようなことがあなたの心にあり、あなたが富をも、財宝をも、誉れをも、あなたを憎む者たちのいのちをも求めず、さらに長寿をも求めず、むしろ、わたしがあなたを立ててわたしの民の王とした、その民をさばくことができるようにと、自分のために知恵と知識を求めたので、

参照@ 詩 119:66 よい分別と知識を私に教えてください。私はあなたの仰せを信じていますから。

参照No7 ヨブ記42:8 今、あなたがたは雄牛七頭、雄羊七頭を取って、わたしのしもべヨブのところに行き、あなたがたのために全焼のいけにえをささげよ。わたしのしもべヨブはあなたがたのために祈ろう。わたしは彼を受け入れるので、わたしはあなたがたの恥辱となることはしない。あなたがたはわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったが。」
 42:9 テマン人エリファズと、シュアハ人ビルダデと、ナアマ人ツォファルが行って、主の彼らに命じたようにすると、主はヨブの祈りを受け入れられた。
 42:10 ヨブがその友人たちのために祈ったとき、主はヨブの繁栄を元どおりにされた。主はヨブの所有物もすべて二倍に増された。