神の栄光に、徹底した期待{信仰}を持っておられますか?

キリストは天に昇る前に、『世の人々をキリストの復活した事、救いを告げ知らせ弟子として洗礼を受けさせるように命令。癒せよ、死人を蘇らせよ』と語られた。
キリストの福音を、救いを信じて語る時、神の栄光、憐みから癒しが有る。私たちの優れた行いや信仰が有るから癒しやしるしがある訳では無い!
父なる神は己の存在を神の前に謙り、神を崇めるよう願われた。私たちが謙り、神の栄光を求めの時、癒しをキリストはその栄光を伴うように、表すように癒しを与えてくださる。
          FullSizeRender

しかし、祈っても癒されないから無意味と言う。
難病が癒されないのはなぜだと理由に挙げる。しかしながら、祈る人 祈られる人が全権に神を信じているのだろう?主の救いをしっかりと100% 確信しているのだろうか?
私たちの感情とか信仰のレベルは日々上下すでしょう!! それを助け導きを補ってくださるのは聖霊様の助けです。聖霊を知る事は、キリストを知ることと同じです。また同様に父なる神の御心を知り膝まずくことと同じです。
             FullSizeRender

パウロが祈っても癒されなかっただろうとそれを理由としてあげる。
だけど、私たちパウロほどの信仰があっただろうか?と私は自分に問いかける。
ケースバイケースがあることもわかるけど、最終的には御心と私たちがキリストに対する信頼の深さ、何年も願い続ける期待する、忍耐力の強さが左右する気が聖書から分かって来る。キリストが癒しを行われた聖書箇所から。

ある方は祈っても癒されないから無意味と言う。それは、、私は違うと思う。決して無意味ではなく、それらを通じて私たちの存在意義を知るようになると思います。
            C642933D-A04F-4462-909C-05383BD4512C
《「彼らはエシュコルの谷まで来て、そこでぶどうが一房ついた枝を切り取り、二人で棒で担いだ。また、ざくろやいちじくの木からも切り取った。」(民数記13:23)
ガリラヤのぶどう🍇 写真の葡萄の説明 》


神は私たちがキリストの栄光を語り告げ、癒すこと、死人を蘇らす事を命令なさいました。
死人が日本人の中でも起きるように信仰的な期待感を高めて求めませんか!?
求める前に諦めたら来ない癒しがありますように、起きないのでは無く。神の栄光を徹底した期待しないのでは?

その神さまご自身をさらに強く敬服の念、伏して求める時ではないでしょうか!?
神様の癒しがない。日本で人が蘇った例がない! ? 教会成長しない。だから求めても無駄との意見は間違っていると私は思います。

私たちに与えられた問題で、直接神の栄光に比例はしていないと私は思っています。ヨブ記の後半には、父なる神とヨブの会話。この中に多くのヒントが、考え方の方向性が示されている気がします。苦しみや病は神が与えた、与えるものだと言う意見もありますが、神は直接私たちに手を下さないのです。下すのはサタンに施行です。

         IMG_0163

終わりにいつもブログを見てくださりありがとうございます。
心から暑中お見舞い申し上げます。iPhoneでブログを開くと安全ではありませんと表示されてきます。それが気になってあまり最近はブログを更新していません。ブログのURLがライブドアの方で調整中です。それがなかなか進行しないので困っています。しかしポツポツと更新はしていきますので どうぞ続けてご覧ください。あなたに神様の祝福が豊かにありますようにお祈りします。