幸せの法則 NO9より  
 
聖書の言葉信じたら、祈りの答えを期待しますね。 
 
してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良いものを与えることを知っているのです。
 とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうし聖霊を下さらないことがありましょう。」
                                           ルカ11:5〜13  ルカ18:1〜8


神様は全能ですので、わたしたちの祈りを聞いて答えて下さいます。罪人が神様に要求することができないので、罪なきイエスの名によって祈れば、わたしたちの祈りに答えて下さるのです。
(ヨハ16:24)
 

1.不信者の祈り<ノークリスチャン、キリスト以外の信仰者>はなぜ答えられるのでしょうか。
 
(1) すべての宗教はみな祈祷文を持っているか、祈携の形式を持っています。
      言葉は、アダムが神に似せて作られたときに、神との会話の手段として
   人間に与えられた物です。
言葉は神の霊の一部です。その祈りの対象者によって答えが来ます。
 
 ‘以を拝むのに、なぜ答えられているのですか。   
  背後の悪霊がその願いを聞きます。それはキリストの栄光を妬み、奪いたいからです。
 
◆ヾ筺大木などに供え物を棒げ持むのになぜ答えられているのですか。
 紙、絵、写真などに祈るのになぜ答えられているのですか。
ぁ(壇、神搬、手でつくったある形(偶像)、水晶の玉などに祈ると答えられるのは
  なぜでしょうか。
ァ‖召瞭端譴塀ゞ誼賃里了愼骸圓燭舛砲靴襪靴現われるのはなぜでしょうか。
   その答えはマタイ24:11に示されています。
 マタイ24:11 また、にせ預言者が多く起こって、多くの人々を惑わします。 
  
 
(2) 不信者たちは祈ればとにかく答えられます。良いものであれ、悪いものであれ、
   いったん目の前の欲は満たされます
が、結果はもっと大きく失敗します。
 
(3) 神様の子供には神様が次の三つの方法で答えてくださいます。
 
 ゝГ辰芯未蠅砲垢暗えてくださいます。
◆‖擦砲覆襪、不要なものは与えません。これが答えです。
 もっと良いもの(ほかのもの)をもって答えてくださいます。それは神様が
  その民を祝福しようとするからです。
 
2. 神様に答えられる者の資格があります。
(1) ヨハネ1:12   必ず神様の子ども
(2) ヨハネ16:24 イエス・キリストの名によって祈る
(3) 詩編66:18   罪を悔い改めることによって
(4) ルカ11:5〜12 信仰をもって祈る
(5) ルカ18:1〜8   最後まで忍耐をもって祈る
(6) ピリピ 4:6〜7 考え、思い、知恵を与えて答えて下さる
 
2. 神の子どもは 祈るときに注意することがあります。
 
(1) 『わたしの思い通りに。』ではなく、『神様の全き御旨通りに。』
(2) 『わたしの計画通りに。』ではなく、『神様の大いなる計画より。』
(3) 『わたしの環境をj。』ではなく、『神様の隠れた計画を。』
(4) 敵に『報酬する心で。』はなく、『赦す心!』
(5) 神様の御旨に従おうとする心でしなければなりません。
 
4. 祈りは霊的な、会話と似ています。
 
(1) 祈れば聖霊が働かれます。(ルカ11:13、マタイ12:28)
(2) 聖霊が働かれると必ず悪霊の力が縛られます。
                   (マタイ12:28〜29)
(3) 聖震が働かれると神様の天使たちが遣わされて主のわざをなします。
 
      ,悒屮襭院В隠
    ◆ 〔杣録8:3〜5
      ダニエル10:10〜20
 
(4)その時から周りの環境が変わり始めます。(エステル1:14)
 
(5)答えとして、人を送ってくださいます。(使徒10:1〜19)
 
 〜論さ18:2〜15 例 アブラハム 
◆´砧鷁Γ隠后В機腺掘 [磧.┘螢
◆´粁鷁Γ供В隠魁腺隠掘[磧.┘螢轡
ぁ´粁鷁Γ押檗В院腺隠亜[磧.劵璽ヤ
ァ〇氾味院В隠亜腺隠
Α〇氾味機В隠后腺横亜〇氾味隠亜В院腺粥〇氾味隠押В院腺隠
А〔杣録1:1〜20
 

 神様は理解を超えて人の心を動かして、あなたを助けます。 
異邦人であったペルシャの王クロスをもちいて、
ユダヤ人を助けたように、
あなたに敵対する人を排除したりもします。

エステル女王の物語を一読してみれば
わかります。
でも信じて祈らなければ起きません。それらの基本は、神の第一とすることです。
 
 また他に霊的に落ち込んでいたら、霊的に素晴らしいに出会う人々。
 多くの方々から素晴らしい励ましを、
聖書の言葉からの受けたりしました。
 
 燃え尽きない希望を胸に抱き続けることも重要です。 
 あなたが神に捧げたい事、 主のために、達成したいこと。隣人のために、キリストの愛と福音を
 伝えたいビジョンを燃やし続けると、様々な形の助けがあり 訓戒と注意もあります。

ヘブル 3:6 しかし、キリストは御子として神の家を忠実に治められるのです。もし私たちが、確信と、希望による誇りとを、終わりまでしっかりと持ち続けるならば、私たちが神の家なのです。 

 
私自身のことですが、願いはありましたが、神学校入学のための学費が貯まることが困難な状況下でした。
その頃、ある方の末期癌のために祈りましたら、3年近く延命、長生きなさいました。その後、私の願いを知って下さって、三年間の学費と捧げて下さいました。
 
ヘブル 6:11 そこで、私たちは、あなたがたひとりひとりが、同じ熱心さを示して、最後まで、私たちの希望について十分な確信を持ち続けてくれるように切望します。 

  最後まで、主に信頼をして祈る事が大切です。また御心捜して自分で出来ることはする事が
  よいです。大切ですね。 祈って待つだけでは・・・必要な行動しないのは良くないと思います。

祈りは神との会話です。信じて祈るなら力となります。それは神の力へと変えられるからです。
神ご自身を求めましょう!すると必然的に、 神の力を知る事となります。

ヘブル11:1 信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。

お気に召したら下記のランキング用のバーバーをワンクリックをお願い申しあげます。
もしも、あなたがワンクリックなさると、福音が広がるチャンスに変わります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村