キリエ エレイン!Kyrie eleison. Κύριε ἐλέησον.

私たちクリスチャンは、キリストが『この様に祈りなさい。』と教えて下さった主の祈りがあります。
キリエ エレインは、私たちから主に捧げる祈りの言葉です。第二の主の祈りとも言えますね。

神に救われたのち、私たちはこの世で生きている限り、色々な現実と向き合わなくてはなりません。
祈っても直ぐに答えを得ることが無い場合も多分に有ります。そんな中で有りながらも、神に対する信仰や期待を崩さ無ずに、現実に立ち向かう時に、ふと 漏らす言葉が、『キリエ エレイン、主よ!憐れみ給え!』だと思います。

また、隣人が、苦しんでいるのを見て、その憐れみの心が、聖霊により与えられた取りなしの祈りの言葉が、キリエ エレイン! 
『主よ。あの方を憐れみ給え、あの方を救い 癒して下さい。あの方の苦しんでいる現実から救い上げて状況を改善してあげてくださいね。』と、、 心から一杯、
言葉短く祈りの言葉にも成ります。


私自身も色々な現実を抱えています。
日頃の祈りが届いた時に、助け手が有ります。先日にも、無記名。差出人でキリエ エレインと書かれた封筒が届きました。 中には献金が入っていました。  差出人の思いやり 愛、神の憐れみを受け取り、本当に涙する瞬間でした。

また、ある方からは、私が着ていたダウンジャケットが、相当古いものだと気がつかれ、デパートに連れて行かれました。 未だじゅうぶんに着れますからとお断りを申し上げましたが、『私の気持ちを受け取ってくださいね。』と、ブランドで、春先に丁度良いジャケット、シャツ ズボン一式を買ってくださいました。


本当に! 本当にその思い遣りには、感謝しました。
                    
20160305115448(3)
神様がその方と出会いを与えて下さいました。
折に触れ支えて下さり、祈って下さいました。
本当に神様とその方には沢山の感謝です。
 
20160305120917(3)

キリエ エレイソンの動画を作りましたのでご覧下さい。

             
             

私自身からのキリエ エレイソン。主よ、哀れみたまえ。
昨年八月にヘルニアになり激痛から入院し失業しました。思わぬ事でした!
神様からの癒やしが在り、徐々に回復してきましたが、ヘルニア=腰の神経が右足に痺れ=麻痺が残っています。そのために働きたくても働けない時期を過ごしてきました。
結果、家賃が払えていません。大家さんの同情も手伝って家賃滞納を許して頂きましたが、『この状況が続くなら、現在の住まいをあけて退去して下さい。』と告げられています。
 
新しい住まいが、簡単には見つけにくいし、見つけるにしても、働けない状態が続き、現実的な資金の問題があり無理です。このままだと住むところが無くなります。  元々は70歳を過ぎたら孤独死を心配する大家さんから退去を勧められていました。終の棲家では無いところですが、300万でこの中古の住まいと買い上げるなら良いとも云われていますが 現状からも現実的ではないのです。

問題解決のために、キリエ エレイソンと祈っています。 足の麻痺が少しでも早く癒やされる、完治するように・・働けるようになるようにと祈っています。 
キリエ キリエ エレイソン。

私は色々カウンセリングをしていますが、殆どが神様への奉仕です。時折、癒やされたからと感謝の献金もあります。 第一に神への感謝の無い献金はお断りもしています。後に献金したことを後悔することは、神様に対して失礼だし、聖霊の導きが無い献金が罪になる可能性も含んでいるからと思うからです。

私の教会には所属して下さる殆ど
教会員はいません。殆どが無報酬です。けれど、前記のような無記名の献金が先のようにありますので、宣教活動も諦めること無く、続けられています。
神様からの励ましが無いと、続けられない宣教活動です。住まいが無いとその拠点を失うことになり
キリエ エレイソンと祈っています。

この記事を読まれ、聖霊の導きがありましたら、どうぞ、支えてお祈りをお願いいたします。

郵便局 振替 00990−3−118496  名義名  ミカエル ミニストリー

または ゆうちょ銀行 支店番号 099  当座預金 
口座番号 0118496  名義名  ミカエル ミニストリー 

今 私を支えている主の言葉です。

ザヤ41:10 恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。

 この言葉と共に、キリエ エレイソンと叫んでいるのです。この言葉が主キリスト様と現実を引き離すことが私達の祈りなのです。
あなたが抱えている様々な現実、けれど キリエ エレイソンを叫ぶときに、諦めない祈りが現実を解決させると固く信じます。