昨日、下見した、

近くのホームセンターで圧力鍋を買いました。

以前にも使っていましたが、持ち手のネジと、鍋本体が合わなくなりました。それでも、何度かは修理して使っていました。

大丸デパートでは、同じくらいの大きさの圧力鍋は、三万から五万円、海外の製品ですが、とこが違うのだろうかな?

ネットでは、ティファール(フランス)が1万五千位でした。高いから手が出せない。

たまたま、ホームセンターに用事買い物に出かけたら、私が長年使っていたメーカ新潟県の品が売られていました。六リットルのサイズ。私一人分では大きいサイズですが、大は小を兼ねるので,それを買いました。

以前に買った製品は 全てが国内製(新潟の会社) 今回は 同じ会社のブランドですが,中国製品に変わっていて、製品チェックは 日本で行っているような感じですね。
日本製品の こだわり、良さが 海外に流失していくのは喩え この鍋でも 惜しい気がしました。

肝心の値段も五千円位。

長い目で見たらガス代節約には成ります。

早速、鳥肉野菜のトマトソース煮を作りました。

画像1




トマトソースに