祈りの解答があるまでの時間も・・

信じて待つ間も、祈りを漬け込む事が大切です。

一旦、。神が決められたこと。また変更されることも、神様との関係が大切です。

ヒゼキヤは重い病気になり死の宣告を受けました。しかし神の、ヒゼキヤ王のへりくだりと祈りを聞かれて、御心を変えられました。

 病は罪や悪霊からの病が原因の場合と高齢による肉体の衰えからきます。原因は様々です。

ヒゼキヤ王の場合は、神の考えで、命が無くなると宣言されました。けれど御心を変えられたもの神様でした。

DTwiegraphics-1175665367


粁鷁
20:1 そのころ、ヒゼキヤは病気になって死にかかっていた。そこへ、アモツの子、預言者イザヤが来て、彼に言った。「主はこう仰せられます。『あなたの家を整理せよ。あなたは死ぬ。直らない。』」

彼は、衣を裂いて<非常な哀しみの表現として、衣を裂きました。>祈りを捧げて聞き入れられました。

粁鷁
20:4 イザヤがまだ中庭を出ないうちに、次のような主のことばが彼にあった。
 20:5 「引き返して、わたしの民の君主ヒゼキヤに告げよ。あなたの父ダビデの神、主は、こう仰せられる。『わたしはあなたの祈りを聞いた。あなたの涙も見た。見よ。わたしはあなたをいやす。三日目には、あなたは主の宮に上る。
 20:6 わたしは、あなたの寿命にもう十五年を加えよう。わたしはアッシリヤの王の手から、あなたとこの町を救い出し、わたしのために、また、わたしのしもべダビデのためにこの町を守る。』」
 20:7 イザヤが、「干しいちじくをひとかたまり、持って来なさい」と命じたので、人々はそれを持って来て、腫物に当てた。すると、彼は直った。

直すと共に、新たな使命も与えられます。

癒やすときに 干しイチジクを患部に当てること? こんな事で病気が治るかと思ったら治りませんでした。 かみは、ここでヒゼキヤを試しておられます。

同じようなことが聖書に書かれています。 ある将軍が重皮膚病気になり、イスラエルの神に癒やしを求めて、神が、泥の川に浸かるように予言者に伝えました。最初は彼は怒りました。「わたしの古里にもっと綺麗な川があるのでは無いか!」と・・ しかし思いを変えて、汚い川に、浸かると、その皮膚が赤子のように綺麗に成り癒やされました。

 癒やされる方法は様々ですが、神を信じなくてはどんな素晴らしい方法も虚しいです。
良い医師に掛かるだけでも無いし、よい薬だけでも無い、神の心に従うことです。


日頃から神との個人的な関係を深めなくてはいけません。
ヒゼキアも、日頃神との関係を深めていましたが、病気になりました。何故?分かりませんが
率直に神の前に出られる関係がありました。

粁鷁
18:5 彼はイスラエルの神、主に信頼していた。彼のあとにも彼の先にも、ユダの王たちの中で、彼ほどの者はだれもいなかった。

粁鷁
19:1 ヒゼキヤ王は、これを聞いて、自分の衣を裂き、荒布を身にまとって、主の宮に入った。

粁鷁 19:16 主よ。御耳を傾けて聞いてください。主よ。御目を開いてご覧ください。生ける神をそしるために言ってよこしたセナケリブのことばを聞いてください。


 
私たちにはキリストの十字架の血によって、神のことしての権利が、関係が与えられています。

十字架の血によって・・打たれた傷によって癒やされます。癒やしの最大は 永遠の命が与えられます。 又ヒゼキアのように使命を果たすために癒やされます。

キリストのとりなしによって、今も父なる神の前で祈って下さっておられます。
 
今一度 下記の御言葉を噛みしめて頂きたいです。

イザヤ
53:1 私たちの聞いたことを、だれが信じたか。主の御腕は、だれに現れたのか。
 53:2 彼は主の前に若枝のように芽ばえ、砂漠の地から出る根のように育った。彼には、私たちが見とれるような姿もなく、輝きもなく、私たちが慕うような見ばえもない。
 
 53:3 彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。
 53:4 まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。
 
 53:5 しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。
 53:6 私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。

 53:7 彼は痛めつけられた。彼は苦しんだが、口を開かない。ほふり場に引かれて行く羊のように、毛を刈る者の前で黙っている雌羊のように、彼は口を開かない。
 53:8 しいたげと、さばきによって、彼は取り去られた。彼の時代の者で、だれが思ったことだろう。彼がわたしの民のそむきの罪のために打たれ、生ける者の地から絶たれたことを。

 53:9 彼の墓は悪者どもとともに設けられ、彼は富む者とともに葬られた。彼は暴虐を行わず、その口に欺きはなかったが。
 53:10 しかし、彼を砕いて、痛めることは主のみこころであった。もし彼が、自分のいのちを罪過のためのいけにえとするなら、彼は末長く、子孫を見ることができ、主のみこころは彼によって成し遂げられる。
                        

images (3)



 53:11 彼は、自分のいのちの激しい苦しみのあとを見て、満足する。わたしの正しいしもべは、その知識によって多くの人を義とし、彼らの咎を彼がになう。
 53:12 それゆえ、わたしは、多くの人々を彼に分け与え、彼は強者たちを分捕り物としてわかちとる。彼が自分のいのちを死に明け渡し、そむいた人たちとともに数えられたからである。彼は多くの人の罪を負い、そむいた人たちのためにとりなしをする。



あなたが神を深く知ることが出来、癒やされ(永遠の命を持つことが)ますように。