前回からブログ、祈りを浸けるの反響です。

クリスチャンになり、神様との讃美、感謝 神様との会話として祈り始めます。
そのような日々の中でも人生。あやゆる局面で問題が起きてきます。

祈りや讃美が、人生で次々起きてくる問題と向き合うときに、どの様に続けて行けば良いのか?

前記のブログを読んで下さった沢山の反響(メール相談も)がありました。
神様に感謝です。

DTwiegraphics-1175665367



その中から・・  この方は精神的な病から立ち上がろうとしておられるからでした。

個人的な箇所を除いて 結論部分。


祈りで何度となくお救い下さいと祈るのはナンセンスで、既に救われていることに感謝すべきですね。マルコ11:24に祈り求めるものは、すべて既に得られたと信じなさい、と書いてあります。自信を持ってみ救いが体のうちにあることを力強く意識し聖霊に依り頼むこと、
これこそクリスチャンであり心の病という悪霊を寄り付かせない唯一の道ですね。
>

傷病からの癒やしはすでに受け取ったと考えていくべきだと思いました。まずは神様を崇めて、自分は救われているのだ、と確信を持つ。酒・タバコ・情欲・ギャンブル・高慢・嫉妬・・・などから遠ざかり、周りの者たちのために祈る。自分を裏切ったりバカにしたりした者たちのために祈る。自分自身の体を聖なる宮とする。先生のブログを読んで首の後ろの痛みが消えました。自信を持っていくこと、主は生きています。
アーメン。
>
 
おはよう。ソァーキングは、神の前に静まり、神の言葉、愛を受け止める時ですね。神の子供の立場を受け止め理解する時間です。理解し深めると、自然体から溢れる感謝、賛美から、心、魂、身体の全ての救い、癒しを受け始めますね。

 祈りを漬けるとは、神と私たちの関係、間柄を深める祈りですね。

> アレコレと、私たちの願いを言うのでは無く、神様からの御言葉を聞きたいと、霊的感度を上げる為に、神との交わり、交流を深めたいと願う祈りです。そこには賛美だけがあります。
> 私たちの行いでは無くて、キリストの十字架の業だけが、父なる神を満足させます。神の愛の深さを再認識しながら、神様の癒やしの意味、業を知る様に成ります。 シリーズはまだ、続きますよ。

>
> 今日も良い日を過ごして下さいね。祝福を祈ります。

                      

yuri7029554