祈りの形には・・

色々自由に選んで祈りが出来るのも、クリスチャンの特権です。何か題目、決められた言葉では無くて、自分自身の選んだ言葉と神が与えて下さる霊的な言葉=異言でも 、キリストの御名によって祈る事が出来ます。

キリストの無いよって祈りが捧げられたなら、神のそのことを、神ご自身の栄光によってお答えを下さいます。

天、御国において御心が行われるように、地にも行われ、あなたの身の回りにも起きると信じている方の上に実現します。

神があなたのために残しておいた、祝福も、実現します。

ヨエル2章には、12〜14節
 
2:12 「しかし、今、──主の御告げ──心を尽くし、断食と、涙と、嘆きとをもって、わたしに立ち返れ。」
 2:13 あなたがたの着物ではなく、あなたがたの心を引き裂け。あなたがたの神、主に立ち返れ。主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを思い直してくださるからだ。
 2:14 主が思い直して、あわれみ、そのあとに祝福を残し、また、あなたがたの神、主への穀物のささげ物と注ぎのぶどう酒とを残してくださらないとだれが知ろう。

 へりくだりとは、何度も、あなたの罪を許してくださいと嘆くのでは無く、人のために人が犯した罪のためにとりなすことでは無いでしょうか?

私たちはキリストの血を携えて、父なる神の前に立つ祭司の役目も、背負っています。
祭司の勤めは、とりなしの祈りです。 祭司の勤めのとりなしによって、隣人、国のために祈り人には、大きな祝福が訪れます。
祝福を残され与えられるのは、その祝福によって得た恵みを神に返すためです。

 断食の祈りは悔い改めの祈りの形です。
短期でも長期でも断食をするときに、行いよりも重要なのは、断食をしたときの献身の心ですね。

断食は必要ないという方もおられますが、差し迫ったときには、断食をなさることも良い祈りの機会を与えられます。


yuri7029554

私の母が痴呆症に成り記憶を失いました。その時に1週間ほどの断食をして、救いを求めました。
そのためには前提として、母が癒やされる必要も在る事も、神様に訴えました。
{救われたら、一生涯、神のなさったことを伝えます。」と、約束を献げました。

第一にキリストは救いを与えるために、この世に来て下さいました。 癒やされることは第二。結果でした。 

癒やされる前には救いが必要です。結果は神さまのものですからといのりました。


断食の祈りには力が与えられます。
マタイ
17:19 そのとき、弟子たちはそっとイエスのもとに来て、言った。「なぜ、私たちには悪霊を追い出せなかったのですか。」
17:20 イエスは言われた。「あなたがたの信仰が薄いからです。まことに、あなたがたに告げます。もし、からし種ほどの信仰があったら、この山に、『ここからあそこに移れ』と言えば移るのです。どんなことでも、あなたがたにできないことはありません。
 17:21 〔ただし、この種のものは、祈りと断食によらなければ出て行きません。〕」

この種の物は・・霊的なことに関わることを指しています。癒やし 預言等・・色々霊的なことはあります。 祈りづけの中から、あなたの使命にも、断食を通して力が与えられたり、方向性が示されたりします。


白血病になった方のために・・霊的な娘のために。初めて雪解け水の中 2月に滝に打たれながら祈りました。 神に必死、真実の気持ちを表現して祈りたかったのです。
衣を裂いて嘆き祈り代わりに、冬の滝に打たれながら祈ろうと思いました。日本人的な発想です。

           

その子は回復して 一時 病院からの外出が許されたときに、洗礼を授ける、救われました。 白血病は回復に向かいましたが、余病の感染症で亡くなりました。
何故ですか?神に聞きましたよ。 ただ亡くなった理由は教えられませんでしたが・・

 この子の魂が救われ、神の御許にいることだけが伝えられました。 

必死な思いを神に伝えるためには、断食は良いと思います。神様との距離感を身近にするためにも、きっと役に立ちます。40日の長期断食もしたことがあります。長期、短期関係なく重要なことは、あなたの心です。

祈りの形は自由に選べます。 日本人はややもすると形式に、囚われかちですが
大切な事は 私たちの行いでは無く 神様の御心に献身することです。

   
ダウンロード1209