私たちが祈り求める事で 第一に答えられることは・・

神様ご自身の臨在と栄光です。けれど、エリヤの一時期のように不安を抱いた時には、その臨在と神のお声が聞こえにくくなります。

砧鷁Φ
19:4 自分は荒野へ一日の道のりを入って行った。彼は、えにしだの木の陰にすわり、自分の死を願って言った。「主よ。もう十分です。私のいのちを取ってください。私は先祖たちにまさっていませんから。」

19:11 【主】は仰せられた。「外に出て、山の上で【主】の前に立て。」すると、そのとき、【主】が通り過ぎられ、【主】の前で、激しい大風が山々を裂き、岩々を砕いた。しかし、風の中に【主】はおられなかった。風のあとに地震が起こったが、地震の中にも【主】はおられなかった。
 19:12 地震のあとに火があったが、火の中にも【主】はおられなかった。火のあとに、かすかな細い声があった。

神ご自身の臨在を求め、そのことを信じなくてはと思います。
エリヤにも祈りに答えられるまでの、タイムラグ 時間差がありました。

この点にも注目するならば・・

祈ったことには、必ず答えを運んで来て下さる、神様のご性質を信じ無くてはいけないと思います。
この祈りには不可欠なことは信じて待ち続けること・・このタイムラグには、祈りを漬け込む事、聖霊に満たされる時間、Soaking Prayerが不可欠ですね。

信じて待つこと・・ 

汽茱魯諭
5:14 何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。
 5:15 私たちの願う事を神が聞いてくださると知れば、神に願ったその事は、すでにかなえられたと知るのです。

あなたの願い、祈りが、叶えられたときには、神の栄光を表す事であるか?無いかが、祈り前に吟味しないといけないです。私利私欲からの祈りには、神は答えられるとお思いますか!?


また、神様が必ず私たちの祈りを叶えて下さると信じて待つ事と同時に 神の愛とその力も信じなくてはいけないですね。
マルコ
 11:22 イエスは答えて言われた。「神を信じなさい。
 11:23 まことに、あなたがたに告げます。だれでも、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言って、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。
 11:24 だからあなたがたに言うのです。祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。
 11:25 また立って祈っているとき、だれかに対して恨み事があったら、赦してやりなさい。そうすれば、天におられるあなたがたの父も、あなたがたの罪を赦してくださいます。」

あなたが心に思った事、声にした祈りには、神は答えられます。
直ぐに答えが無いときにも、何年でも待つ心を信頼が不可欠だと思いませんか?
前記の、ブログにも書きましたが、トロントのリニューアルの信仰運動があった教会に出かけたいと思っても金銭的には旅費の捻出で出来ませんでしたれど、10年以上が過ぎて、ある婦人の献金によって、3ヶ月間の長きにわたって滞在が出来ました。 

癌の方、歩けなかった方、目が見えなかった方の癒やしも信じて待ちました。
痴呆症で記憶を失った母が、癒やされて洗礼を受ける事が出来ました。

信じて待って、答えられる期間が掛かる時もあります。 直ぐに答え叶えられる場合もあります。
父であられる神がベストタイミングな時に、栄光をあらわして下さいます。私たちの人間側の時間では無く 神の時間で答えが叶えられる。
信じて待つ時間が 祈りを漬け込むのですね。

一旦。神様が決められた事でも あなたの熱心=神の栄光を現したいという願いに応じられて、お心を変えられる例も聖書には書かれています。
神はユダヤの王に、『あなたの命を、終わりにする。』と預言者によって伝えましたが、王は祈りへりくだり、その命をのばされました。

又、あなたが誰かを許していないときには、あなたの願いを排除されます。

マルコ11:25 また立って祈っているとき、だれかに対して恨み事があったら、赦してやりなさい。そうすれば、天におられるあなたがたの父も、あなたがたの罪を赦してくださいます。

神への信頼を保ち不安を抱かない事も大切です。

ヨブは家族、息子達に対しての不安を持っていました。 サタンはその点を利用して、ヨブに対して試練を運びました。
ヨブ
1:5 こうして祝宴の日が一巡すると、ヨブは彼らを呼び寄せ、聖別することにしていた。彼は翌朝早く、彼らひとりひとりのために、それぞれの全焼のいけにえをささげた。ヨブは、「私の息子たちが、あるいは罪を犯し、心の中で神をのろったかもしれない」と思ったからである。ヨブはいつもこのようにしていた。神は家族を許して祝福しないという不安を持っていました。

後に、神は試練から回復しました。
神のなさったことに対しては、一切の不安や愚痴を言いませんでした。

ヨブ 1:22 ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。
神のなさる事にお任せもしますし、従います。愚痴をこぼさない態度姿勢ですね。
けれど疑問もぶつけて 変えられることも出来る時もあります。
それは神との距離。あなたがどれだけ神の子供としての信頼と自覚を勝ち得ているかだと思います。
それらを、育む事が出来るのも Soaking Prayer 神の前に出てひれ伏す時間です。

聖霊の霊に浸けられて 栄光に満たされたいと思います。

images (3)