今日連絡があり
 
 東京の病院に白血病で入院しているクリスチャン女性が、再び、骨髄移植の必要が出てきました。
本人は移植するならば後遺症が強いので、移植は避けたいのは山々です。
しかし、移植をしなければ、短命になります。

適切なドナーからの移植を待てない緊急課題です。

身内の母親からの移植です。適合率は半分。それでも移植をしなければ短命になります。

どうぞお祈りください。 ドナー登録をしてください。

クリスチャンの女性です。うめ01

クリスチャンになっても、災いや病気にもなります。

主は言われました。主の祈りからですが、 『天に居ます父なる神よ。御名が崇められるように。
災いを遠ざけて、悪より救い出してください。』

崇めることが出来るように、神の栄光を見る事が出来るように。恵みと救い、そして癒やしを求めます。
悪霊からの災い。 病の霊 先祖の犯した罪からの呪いからの解放。本来は既にキリストの十字架で解放されているのですが、案外、自分自身から、マイナス要因や否定的な思いと告白をして、悪霊達に、チャンスを与えているのです。

 自分は駄目だ!! とか 不安を抱くとか・・ 悪霊達に知らぬ間に・・悪霊達にチャンスを作っているのです。

ヨブ 1:9 サタンは【主】に答えて言った。「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか?」 この問いかけは意味深です。

 神が認めている健全なヨブは一つの不安がありました。

ヨブ 1:5 こうして祝宴の日が一巡すると、ヨブは彼らを呼び寄せ、聖別することにしていた。彼は翌朝早く、彼らひとりひとりのために、それぞれの全焼のいけにえをささげた。ヨブは、「私の息子たちが、あるいは罪を犯し、心の中で神をのろったかもしれない」と思ったからである。ヨブはいつもこのようにしていた。

この不安に、心をサタンの脚掛かりを作っていました。
私達も注意して、否定的な思いや不安を必要以上に持ち続けないようにしないといけない。

人の心は弱いから・・不安になりますが、それを何時までも持ち続けないように。注意をして・・
主の祈りの言葉通りに 『災いを遠ざけて、悪より救い出してください。』 祈る方が良いと思います。



nanohana 0322