長い間。祈ってきたことが叶えられました。

昨年 白血病を患った方と出会いました。

それ以来。神の癒しを祈ってきました。ドナーが見つかるようにも祈り。このブログからも「たけさん」という方が、ドナー登録をして下さいました。他にも2名が・・本当に心から御礼を申し上げます。

サルスベリ

 昨年。東京まで出かけて癒しのために祈りに行きました。 
その後、医師は投薬で治すように試みました。そして回復に向かいました。医師もその回復に驚きましたが、3ヶ月後に、又体調を崩してしまいました。

時夫応じて、私は聖書の言葉をメールして励ましつつ祈りました。信仰により癒しの希望を持つように・・不安は一番の病の元ですから・・臍帯輸血を判断した医師は、色々試みましたが、輸血するために必要な健康状態が整いませんでした。

 私は最初からドナーによる骨髄移植が必要かなと祈りました。骨髄移植登録には年齢制限が在り、私が出来ませんでした。このブログで呼びかけて、3名が登録して下さいました。本当に重ねて感謝申し上げます。

 適合するドナーがいませんでした。それでも希望を捨てずに祈りようにと励ましました。

聖書の詩編23には『喩え、死の影を歩むとも、私は災いを恐れません!あなたの鞭が・・緑の牧場に憩わせます。』 とダビデは告白しています。この告白は、現実は現実として見つめても 、その先には神が与える安息の場。癒しの場があると規模と信頼を保つように勧めています。

私も此所から告白しました。告白は自分自身を励まします。神への信頼を深めます。告白の言葉が現実を引き寄せます。 私もこの告白によって、私自身が患った癌を乗り越えました。

 神に自分の子供が患ったかのように、感情移入をしてしまい、涙を持って祈りました。
彼女が、生きていれば自分の子供と同じくらいだったからかな・・ ドナーを待ちながら、駒込病院(東京)に長く入院しました。7月くらいでしたか?ドナー登録者の中に適合者が見つかりました。

 患者の体調とドナーの条件が中々そろわないのが普通でした。けれど神が背後にいて、手配したかのように順調に進みました。先月の21日に移植が終わり、順調に進んで退院することとなりました。

私も偶然。この前日が都合が付いて、見合いが出来ました。元気そうな姿を見て、ハグを交わしながら、涙があふれてきました。退院後、自宅からの通院は残りますが、前回合ったときより元気に癒やされてからです。

担当医ともあいさつ会話を交わしました。若い先生で最新の知識を持っていたことも幸いでした。精神面と信仰面でのサポートしていたことも伝えました。最新の医療を施して下さったことも感謝を申し上げました。
癒やし 白血病患者

最後の最後まで・・諦めない信仰と祈りが大切です。祈りの中にも、良き医師が与えられるようにも祈ります。
これから、もっと癒やされ回復するようにと祈っています。