google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2020年08月

様々な願いを願っても叶わない、祈っても癒されない!パウロも願って癒されなかった事から、試練と受け入れる前に、考えては!?パウロほどに私たちの信仰があり、神と会話したのだろうか?
願い、癒されない理由を探すより、神の前に遜る、敬譲する者に、神は目を止めて聞いてくださるのですから。
あれだけサタンに痛めつけられたヨブに神は隣人を許し行動して祭壇を友人の為に築いたのを見たり、己を無とする迄にへりくだったヨブを祝福 回復して癒しました。 

神様からの試練や病は無く、神様から引き離そうとするサタンの仕業でしょう!

あれってヨブだけ!? FullSizeRender

 

キリストの契約の血から神の子とされた私たちに格別な目を注いでくださる神は、神子に与えたれた栄光を分けて下さいます。 

アレコレ聞かれない理由を探すようにサタンは巧みに私たちを騙して神から遠ざけようとさせます。たから、願いが叶うまて、癒される迄、へりくだり忍耐して 神の前に その栄光の現れを待てば良いのです。時があり 来たら滝のように激しく注いでくださる父なる神だから。

         565CA29C-D99A-4130-AEB1-6C2E0D3697D2


おはようございます。神様の言葉が私たちの支えです。今朝のデボーションから気が付いた事です。
信仰の正しさを神様が認めているヨブに関する信仰を試すようにサタンは神に言い寄りました。イエス・キリストが宣教活動を始める前に砂漠で40日40夜の断食をした後、サタンがイエス様に言い寄りました。

サタンは現在でも神様に言い寄って私たちを試すように言うだろうか? 此処がポイント!?

アダムとイブ{エヴァ}がサタンに誘惑され、神がアダムに託し所有していこの世の支配権をサタンに奪われてしまいました。この世に存在するものにあらゆる権利をサタンが所有してしまいました。
サタンが所有してしまった権利からヨブやイエス・キリストを誘惑し試みることも可能でした。けれど、キリストは十字架に掛かられて最後に言われた事は「完成した!」と言われました。 
この時点から大きく違ってきました。サタンは私たちを直接、試みる権利を失っていると思います。
          283B466D-8D8E-49DB-BE99-31D9CD3B5D06

しかし私たちの心の中には誘惑には弱いと言う性質は残っています。
ですからキリストの救いと聖霊の導きの守りは必要です。
罪を犯した、病になった関することには、サタンは直接。ヨブのように私たちに直接、手を出して下す権利も失った気がします。
ただ私たちが不注意だと、誘惑に負けたり、不摂生から病気になったりします。それでも、神様に願い祈る時、十字架の救いをしっかりと心に刻み確信する者には救いの道を、癒しの道を開いて下さる。

サタンから我が子達を殺されたり、本人ヨブは難病、皮膚病になりコテンパーに!徹底的にやられますけど、神は己の信仰の正しさを最後まで主張し無いで、減りだるヨブを見た上で隣人を許すこと示された。その為に贖罪の祭壇を築いて祈り許す行動をしたのを見られた神様は、ヨブの全てを回復させました。
              565CA29C-D99A-4130-AEB1-6C2E0D3697D2

ここにすべての望みと信仰とへりくだりがあると改めて思いました。

『病や誘惑は神から来るから、試練として受け入れるます。』て考えずに、最初にすべき事は、あれこれ理由を満たされない、応えられない理由を考える前に、神の前にへりくだる、自分自身を見つめて神の哀れみと救いをこい願う事ではないだろうか。

神により深く近づくこと、へりくだり救いを求める者を決して粗末には扱いません。ではこのへり下りを可能にするには、私たちの助け主である聖霊様を歓迎し委ねる、お任せし私たちを作り替えていただくことでは無いだろうか?
            FullSizeRender


神の栄光に、徹底した期待{信仰}を持っておられますか?

キリストは天に昇る前に、『世の人々をキリストの復活した事、救いを告げ知らせ弟子として洗礼を受けさせるように命令。癒せよ、死人を蘇らせよ』と語られた。
キリストの福音を、救いを信じて語る時、神の栄光、憐みから癒しが有る。私たちの優れた行いや信仰が有るから癒しやしるしがある訳では無い!
父なる神は己の存在を神の前に謙り、神を崇めるよう願われた。私たちが謙り、神の栄光を求めの時、癒しをキリストはその栄光を伴うように、表すように癒しを与えてくださる。
          FullSizeRender

しかし、祈っても癒されないから無意味と言う。
難病が癒されないのはなぜだと理由に挙げる。しかしながら、祈る人 祈られる人が全権に神を信じているのだろう?主の救いをしっかりと100% 確信しているのだろうか?
私たちの感情とか信仰のレベルは日々上下すでしょう!! それを助け導きを補ってくださるのは聖霊様の助けです。聖霊を知る事は、キリストを知ることと同じです。また同様に父なる神の御心を知り膝まずくことと同じです。
             FullSizeRender

パウロが祈っても癒されなかっただろうとそれを理由としてあげる。
だけど、私たちパウロほどの信仰があっただろうか?と私は自分に問いかける。
ケースバイケースがあることもわかるけど、最終的には御心と私たちがキリストに対する信頼の深さ、何年も願い続ける期待する、忍耐力の強さが左右する気が聖書から分かって来る。キリストが癒しを行われた聖書箇所から。

ある方は祈っても癒されないから無意味と言う。それは、、私は違うと思う。決して無意味ではなく、それらを通じて私たちの存在意義を知るようになると思います。
            C642933D-A04F-4462-909C-05383BD4512C
《「彼らはエシュコルの谷まで来て、そこでぶどうが一房ついた枝を切り取り、二人で棒で担いだ。また、ざくろやいちじくの木からも切り取った。」(民数記13:23)
ガリラヤのぶどう🍇 写真の葡萄の説明 》


神は私たちがキリストの栄光を語り告げ、癒すこと、死人を蘇らす事を命令なさいました。
死人が日本人の中でも起きるように信仰的な期待感を高めて求めませんか!?
求める前に諦めたら来ない癒しがありますように、起きないのでは無く。神の栄光を徹底した期待しないのでは?

その神さまご自身をさらに強く敬服の念、伏して求める時ではないでしょうか!?
神様の癒しがない。日本で人が蘇った例がない! ? 教会成長しない。だから求めても無駄との意見は間違っていると私は思います。

私たちに与えられた問題で、直接神の栄光に比例はしていないと私は思っています。ヨブ記の後半には、父なる神とヨブの会話。この中に多くのヒントが、考え方の方向性が示されている気がします。苦しみや病は神が与えた、与えるものだと言う意見もありますが、神は直接私たちに手を下さないのです。下すのはサタンに施行です。

         IMG_0163

終わりにいつもブログを見てくださりありがとうございます。
心から暑中お見舞い申し上げます。iPhoneでブログを開くと安全ではありませんと表示されてきます。それが気になってあまり最近はブログを更新していません。ブログのURLがライブドアの方で調整中です。それがなかなか進行しないので困っています。しかしポツポツと更新はしていきますので どうぞ続けてご覧ください。あなたに神様の祝福が豊かにありますようにお祈りします。

このページのトップヘ