google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2019年09月

近年は ツイート 短い言葉が流行る。
短い動画が流行ります。
若い人達は 長い文章 メッセージを避ける傾向があります。 昔は思いの丈を伝える文章を書きました。キリストの証 メッセージを書きつづりました。 ラブレターも長々 書きました。
近代 今は ライン メッセンジャーでラブレター告白している?
以下は 過去に私がsns+写真文字した言葉を掲載しました。宜しければ ご覧下さい。まとめて見ました。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

近年は ツイート 短い言葉が流行る。
短い動画が流行ります。
若い人達は 長い文章 メッセージを避ける傾向があります。 昔は思いの丈を伝える文章を書きました。キリストの証 メッセージを書きつづりました。 ラブレターも長々 書きました。
近代 今は ライン メッセンジャーで告白している?
以下は 過去に私がsns+写真文字した言葉を掲載しました。宜しければ ご覧下さい。まとめて見ました。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

夏の残暑が終わり涼しくなってきました。

今年の夏の思い出は友人とログハウス一泊のBQQと備前の日生と瀬戸市牛窓に撮影に行ったことでしょう。友人が飲酒運転(仕事上の付き合い)を避けるために時々、私の自宅に泊まります。彼の車を自宅に置いていったので、それを借りてYOUTUBE公開用の背景撮影に急に思い立って出掛けました。

海と島々を見ると「初めに神は天と地を創られた。」の言葉を思う風景に感謝しました。

日生01bec29075bb96be65c5a490d39c9c4e7fdd905424


牛窓オリーブ園から 
うしまど25b1ae631c-1

美しい風景に讃美歌のBGMを付けた動画を何本か作りました。
讃美歌と聖書のメッセージにつながるように、一般向けの音楽BGMの動画もあります。
祈りながら、神様の導きを 与えられたと思う感覚を大切にしています。
        

        

        

私の動画はYOUTUBEは中心です。3つのチャンネルがあります。
讃美 中心 → 
聖書メッセージ中心に 
     → 
趣味 料理と男の着物
中心に →  


始めた頃は、再生回数、登録者が延びませんでした。誰はこの動画を見るだろうか・?けれど数年間 諦めず コツコツと継続する事が大切だと教えられました。皆様のご支援を得て、3つのチャンエル併せて4千名以上の登録者になりました。神と皆様に感謝申しあげます。

お好きな動画がありましたら、また新規の動画を見て頂きたいので、願わくば、チャンネル登録をお願いいたします。YOUTUBEにメールアドレスを登録したのちに、上記のチャンネルをポチッと押して下さるだけです。

更に登録者が増えるならば 聖書のメッセージを発信したいと願っております。

どうぞ今後とも 宜しくお願いいたします。

010c6d6ebcb0ecdc305b59301666f5dcab42ce6de4

私がノアの箱舟に
現実的な関心、興味を持ったのは、アブラハムの生まれ故郷、ウルにある遺跡である月の神殿からそれほど離れていないプラント工事現場、基礎工事の地下10〜15mから多数の人骨、家畜の骨を含めて多数が出たことからです。私たちが持っている常識的な正解共通感覚では、お墓。亡くなった家族の遺骨は深くても1mの深さですね。それが私の常識から外れた地下10〜15mから発見されてノアの大洪水と結びついたことからです。

地下深く発見された人骨群

          FullSizeRender

              FullSizeRender
バビロン遺跡 獅子の門。 
             FullSizeRender
シュメール人の壁画
             
FullSizeRender

大阪の日本ミッションの高原牧師先生は、映画、ノア内容が否定的聖書の内容から 箱船のじっさいてき現実的な模型を聖書から始められました。
祈りながら、色々と試行錯誤始めると色々のアイデアと助けが与えられたそうです。賜物を使いたいと祈る時、また賜物を使用しこなすとき、深く深く祈るとき不思議と多くの知識、知恵と、手の技が与えられることは、神様から与えられますね。ハレルヤ!

高原牧師先生 FACEBOOKに投稿なさっておられ、私がコメントしたことから、高原牧師先生が調べられ書かれたノアの本をプレゼンとして下さいました。お手紙の中に神戸の垂水にある東垂水ルーテル教会の朝祷会(超教派)に来られるとお知らせを受けて参加しました。
01b7f86112cc4e78885beb078ce693508855ecaad2

お話の中で、地殻変動の話とノアの大洪水をなさいました。
私は、アルジェリア タマランセットで、地殻変動から地層が飴のように U字 ねじ曲がって山地なっている風景を見て、神を讃美していました。地層は突き刺さって様な山です。
SnapShot(451) (0)
SnapShot(450)

01c8634fc60eb5e733b412fa8faf901928d3141030

01707565fcc283f66fed7ae72cf26e466462f16aea
 久しぶりの
朝祷会でした。大阪の教会 牧師見習い中に大阪クリスチャンセンターは時々?参加したことがありました。
下記写真は箱船の断層模型
01e528601a0c4b857bbfada2e7118243886121f5a5

01a0131a055b0931377f56c4e6175671b4c3d138ac

01a51e6b16f38a3716241c12ca6f75c33a6166eefd
野菜畑 台所 動物たちの世話するエリア 詳細な模型に驚きました。
ノアの家族はこの中に 一年上滞在しました。 アイデア満載の模型。
聖霊様は高原牧師先生を祝して多数のアイデア 知識と知恵を与えたのは、ノアを指導して導かれた霊 聖霊様だと思いました。
013ddefca30f810045966e9169665ba48d3c980324

高原牧師は、3〜4年もかけて詳細に、私たちがイメージしやすいようにの箱船を制作なさいました。お伺いますと80歳を超えて・・凄い! 若さの秘訣は「毎朝、ご自身の細胞に復活した感謝を捧げておられる!」これが健康の秘訣だと教えて頂きました。

012527d752e9ba1ec296804ed4668dac81d40864d9

朝祷会の後 朝食(500円)はご馳走でした。色々の教会メンバー 自己紹介をして交わりました。神に感謝しました。
01d49e5f9188e9dcf6b1e5ca6c7653cde91a69c73c




涙の果てにあるものは?愛と憐れみか!?

{この記事は前回のキリストを信じて数十年、何一つ良いことがなかった! どのように祈れば良いのか? どうしたら苦しみが消えるのか? NO1とNo2。地平線の彼方に。からの続きです。}

ふと思い出した。今日は妻が卵巣癌が告知された日。子供が持てないとわかり 所構わず泣いてしまった!病院内に響いたらしく 沢山の入院していた人から励まされた。 
妹が子供が産めなくなったと知った兄{妻の兄}は丁度、妻の入院中、双子を授かりました。その一人を養子にして妹の子どもとして育てても良いと・・。言いようのない思い遣り 愛を受けました。

しかしながら、直腸癌が元で卵巣癌になったのです。そしてリンパ腺から肝臓癌に転移しました。 しばらくは回復をしましたが、当時は肝臓癌の除去をするだけの医療が有りませんでした。医師からの告知で「半年持たないと言われ」義兄の胸で大泣きしてしまいました。義兄がシッカリと私を受け止めてくれました。義兄の目に光る涙で、私を少し落ち着く事が出来ました。私人では受け止められない妻の癌告知と死でした。

1977年2月 12日 「今までありがとう、いい人 見つけてね」と最後の言葉を残して旅たちました。葬儀は大雪警報の中 バレインタインの14日。私が改めてびっくりするほどの大勢の人、友人や職場から集まって見送ってくれました。妻は人から愛されるタイプだったと知りました。

妻の遺品を整理中。一冊のノートを見つけましたら、「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず、。お父さん(=私への呼びかけ。} 一緒に生きたい。」と走り書きを見つけました。 福沢諭吉の言葉、平等から、死に対する不公平を見透かしていたのかなぁと思いました。

妻が亡くなる前、キリストを受け入れる再確認をしました。 仕事が忙しくなってから教会に行けてませんでした。 妻は良く教会奉仕を楽しみながらしていましたが、私が行けないので、一緒に行けないなら私も行かない!と言ってくれました。

私が海外駐在員の時、妻の兄はよく私の両親を見舞って、父がなくなったら増して 母を訪ねて安否確認をして下さいました。
妻が亡くなると同時に親戚付き合いが消滅しがちですが、前期の感謝もあり、義兄の優しさもあり、今でもお付き合いをさせて頂いています。 素直な気持ちから、兄ちゃんと呼べています。
IMG_8503

その他の人からも慰めと励ましはクリスチャンで無い人からも受けました。背後にはキリストが居たからだと思います。
そして、キリストは私の心を夢の中で御言葉を語りかけ慰めて下さいました、 。

「私のふしどが私を慰め、私の寝床が私の嘆きを軽くする。」ヨブ7:13

「主が自分の民を慰め、その悩むやる者をあわれまれるためだ」イザヤ49:13

「みことばは、、これこそ悩みのときの私の慰め。まことに、みことばは私を生かします。」詩篇129:50

下記 写真は35歳 カナダにて、20歳前からお世話になった(間借りして調理師をしていた。)宣教師夫人{引退してカナダに帰国}訪ねて行った記念写真。
FullSizeRender

ホッとしたつかの間、又新たな問題や悩みは起きてきます。けれど神様と向き合って示されたり、または読み起こした聖書箇所のお言葉を握りしめて、迷い 落ち込み また立ち上がる日々が有ります。

神が私たちを産んだ日、救われた姿を思い出すこと、つまり初めの愛に、神に戻る事はとても良いことだと思います。
「生まれ出た時から、わたしに負われ胎を出た時から、わたしに運ばれた者よ、わたしに聞け 
わたしはあなたがたの年老いるまで変わらず、白髪となるまで、あなたがたを持ち運ぶ。わたしは造ったゆえ、必ず負い、持ち運び、かつ救う。」イザヤ書、46章3〜4

私自身もそうですが、心が癒されて神と向き合う事ができるようになりました。辛い時。やはり主を私たちの前に置く事は「わたしは私の前に主を置いた」詩篇16:8 

色々の出来事の中には理解が出来ないことがあります。そんなときこそ、神から離れないで、信仰を止めないで、何故なのか?尋ね祈る事が必要です。そんな理由は直ぐに分かるときと、年月をかけて納得することがあります。

苦しみや悩み。また落ち込んだとき、迷いの時の一番の早い解決は。やはりキリストを目の前に置くことではないでしょうか? キリストの、ゲセマネの園で父なる神の御心を伺い訪ね、出来るなら避けたい杯、十字架を避けたい祈られました。その理由を納得なさり辛い道を選択なさいました。そして、私たちが救われました。
IMG_8527

明日は日曜日です。教会に行く体力があれば出かけて 賛美の歌と賛美感謝の言葉を神に捧げてください。体調がすぐれなかったら、自宅でも 祈りと賛美する尊い素晴らしい犠牲を持って礼拝を捧げてくださいね。 

アブラハムは自分のテントにおいて、神の到来を長く待ち続けました。地平線の彼方か3人が訪ねて・・通り過ぎようとしたので、彼は慌てて引き留め歓迎しました。
礼拝するときに牛2頭を高価な捧げ物 犠牲を持って礼拝をしたのです。私たちもアブラハム以上の犠牲を持って神、キリストの前に出ませんか? 

神ご自身が子孫を与えると言われ なのに何故 25年もアブラハムを待たせたのでしょうか? 聖書に書かれてある部分とアブラハムにしか分からなかった詳細なことがあると思います。個人個人に対応なさるキリスト、キリストに聞いてみましょう。忍耐して答えを頂きませんか? アブラハムのように・・。

全ての事 苦しみ 悩み 落ち込み そして病さえも 益に変えるキリストに、あなたの祝福を祈ります、もちろん 家族お一人 お一人の為にも 続いて祈り キリストのお名前により 祝福を受けるよう祈ります。期待し続けなければ、神は旅人のように過ぎ去りますから・・。キリストがあなたの所に着ますように。

FullSizeRender


*いつも心の風景から、聖書の愛福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなる為です。感謝申しあげます ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

このページのトップヘ