google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2017年01月

こんばんの夕食に

鯖の味噌煮と、 神戸市岩岡町、地場産の岩岡太ネギの煮込み。
かぶらの葉っぱと薄揚げ シメジの具沢山味噌汁を作りました。
煮込みにした太ネギは京都九条ネギを遺伝子に持ったネギです。生で食べても美味しいですが煮込みにすると更に美味しい!

同じ遺伝子のネギですが、京都で買う九条ネギとは微妙に違いが在りますね。
                  
同じ種でも、蒔かれた土壌で微妙に味が違ってきます。聖書には撒かれた地によってき違うとも書いてあります。美味しさの事では無く 成長に関することです。

種を蒔く前にはその地面の土壌を整える必要があります。肥料も水も必要です。
地面とは、私たちの信仰姿勢です。感情で信仰を蒔くだけでは、嵐が来ると枯れます。
砂の上に蒔くと根が出ますが、日照り・・神の沈黙が続くと枯れてしまいます。
しっかりとした越えた土壌に蒔く、そして神の助け 聖霊の水を求め続けるなら、その人の信仰は成長につながるでしょう。

マタイ13:23 ところが、良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。」
 
*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなる為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

今日の午後、

久しぶりにある方とお目に掛かり、昼食を共にして、懇談をしました。

近況を分かち合い、話し合いました。
私たちが出会って、かれこれ18年かな〜?が過ぎました。

この出会いは、神様の与えて下さった出会いだと思います。幾度も ピンチの時、黙っていても さり気なく助けて下さいました。

本当に、その助けからは、神は生きておられる事を学びました。

神学校卒業後。教会と名乗ってから各方面から献金の依頼の郵便振り替えが送られてきました。暫くそれらに私も暫くは習いましたが、この方と出会ってから、神が生きていると知って郵便振替書を送る事を次第にやめました。

私から特に云わず、お願いも特にしませんでした。けれど困窮した時に いつも助けの手を差し伸べて、その後に何か特別な要求もしなさらない方。そして献金をして下さっても見返りや愚痴をこぼさないのです。
無償の愛と云いますか、見習うべき事も多いお方です。
今は私に出来ることで、この方の為に神に祈らさせていただいています。

昼食は、神戸の有名な中華料理屋 黄老で 春節 ランチを頂きました。
一口 つづ 厳選されて美味しいです。
水ぎょうざ 豚バラの蒸し物 チャーハン エビ団子
包子 桃まんじゅうが付いていました。
普段 食べないものばかりで美味しかった。 
神様に感謝! 

*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなる為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

私たちは神に許されました。

しかし分かっていても、多くの人は「許してください!」と祈り始める気がします。

けれどキリストは 私たちに、このように語られました。
切っ掛けは弟子の質問で 「何度 許せば良いのでしょうか?」でしたが

キリストはこのように語られ教えられました。

『七の七十倍 許しなさい。』 七は完全数です。その完全さの七〇倍とは無限な許しを表現しています。私たちの隣人に対しても、。神が私たちに対しても完全に許すと断言なさった表現なのです。

神、キリストが十字架に掛かって私たちを完全に許されたのですから。隣人も許し合う事を父なる神も望んでおられます。 

「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」 この御言葉は聖書に8回でてきます。神の気持ちです。
ダウンロードgariraya
裏切ったペテロたちをガリラヤで、出迎えて許して諭すキリストの姿
マタイ18:21〜22 
 そのとき、ペテロがみもとに来て言った。「主よ。兄弟が私に対して罪を犯した場合、何度まで赦すべきでしょうか。七度まででしょうか。」
イエスは言われた。「七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまでと言います

此所でもキリストは数学的な例えから永遠の許しを語られ、前記のブログ{何時までも許しを願う人}の中で語りましたが、キリストの完了したの言葉も数学的な用語・・初めがあって完全な完了を指す言葉を用いました。

あなたが祈る前に、隣人を許すことも 神は勧めています

マルコ11:25 また立って祈っているとき、だれかに対して恨み事があったら、赦してやりなさい。そうすれば、天におられるあなたがたの父も、あなたがたの罪を赦してくださいます。」
 
神は、私たたちを 完全に許されているのです。だから、「許して下さい」と祈るよりは 隣人を許す祈りをしませんか? これが中々 難しいのですから・・。神の助け無しには出来ませんから・・。

出来ないこと、
繰り返す悪癖があります。これを気付かせて キリストのお姿 清さに近く様に神は信仰の成長を願っています。

何時までも信じたままでは良くないと神が願っています。 許して下さいといのるよりは。成長させて下さいと祈りませんか?

詩編32:5〜6 
  私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。私は申しました。「私のそむきの罪を主に告白しよう。」すると、あなたは私の罪のとがめを赦されました。セラ
 それゆえ、聖徒は、みな、あなたに祈ります。あなたにお会いできる間に。まことに、大水の濁流も、彼の所に届きません。
ここでの悔い改めと前記のブログからの完了とは許しの視点が違います。
神が気付かせた事は・・
しかし気付いたことは、神と人に対しても素直に許しを請うことも大切です。過ちと失敗は素直になって告白しましょう。

神は許すが、人は中々。許さないことも多いです。人が・・私たちを許さなかった人の上に留まります。責め合うことは避けませんか?
 神、キリストからの七の七十倍の許しが在るのですから・・。
 
やはり神に対する信頼と感謝 が大切ですね。

いつも 何時も、

 『許して下さい 私の罪を許して下さい』 と・・ 毎回 寝ても覚めても祈り 続ける人がおられます。その人は謙虚なんだろうか? 救われた確信が無いのだろうか? 
何で毎回 許しを願う祈りをするのだろうか?

 キリストは十字架で全ての罪を背負われて 『完了した!』と一言言われ、私たちの罪を全て地獄に持って行かれました。

新改訳
ヨハネ19:30 イエスは、酸いぶどう酒を受けられると、「完了した」と言われた。そして、頭をたれて、霊をお渡しになった。
【新共同訳】
ヨハ 19:30 イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。
ギリシャ語 John 19:30 Ο Ιησούς ήπιε το κρασί και είπε, ≪Τετέλεσται!" / Τότε έσκυψε το κεφάλι του και εγκατέλειψε το πνεύμα του.

此所で使われた完了 
Τετέλεσται!"は有限性を表示、 初めがあって、終わるがある数学的な言葉。つまり 黙示録にもある αからΩまでと同じ表現が使われています。

キリストのみ業十字架の救いは完全なのです。

何時も嘆いて「私を許して下さい!」と祈るよりは、 完全に許されたことを感謝し讃美する人に
神はその栄光を認めている人に、 『私のした業を認めてくれている人だね!』と 喜んで恵みを下さると思いませんか?
幼子のように素直に喜び 感謝 讃美する人に神は沢山の恵みを与えます。
私たちの罪 全て! 初めから終わり迄が 完全に許されているのです。
安心して、天の父 キリストの懐に飛び込めるのです。
               
スナップショット 1 (2017-01-05 17-51)

 続く・・
 
  *いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなる為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ほどよい関係

距離感は時には必要かな、。

キリストがマルタとマリアに親しく時には厳しく教えたり、  彼女たちの訴えに涙したキリストもおられます。

私自身。そんな関係を持ちたいと神様に私は願っています。
時には、幼子のようにわがままや、甘えたり・・でも教えられたときには、身を正して聞く耳を持ちたいのです。

サムエルの上司 祭司は、神の関係が希薄だったのか?
祭司であっても神の声を直接。神の声を聞いていませんでした。少年 サムエルは神の声を聞いて 上司の祭司に 聞きに行きました。祭司が神が、サムエルに声をかけたと気がつくにしばらく掛かりました。
私たちも神に気に入られて 声をかけて頂きたい。自分の考えが間違っていたら、声かけて頂き神の声を聞きたい!
神様は 私たちの性格を見極めて導きます。神に気に入られたいね!

キリストを、父なる神を、そして聖霊。三位一体の神として歓迎し認めることも大事でと思います。
つまり全能の神としての視点を、私たちが持つとき。神の語りかけを受ける。

その視点をどこに置くかでも、神を見つめる視点がずれてくる。すると 聖書に書かれた言葉や歴史に疑いを抱き始める。

私たちに与えられた永遠の命。キリストの身代わりの死によって与えられた永遠の命です。
それは第一の神の願いでした。キリストの栄光につながる第一の目的でした。

その救いを認め信じることは、私たちの問題が可決された、身体の癒しがあった以上に重要です。永遠の命を持たずに、その根幹を知らずに・・多少は知っていたとしても、神の御心からの視点と、私たちが微妙にずれていたら・・?

究極的に問題が解決されずとも、身体に癒やしが無くても・・キリストの栄光を身に受ける幸せが最高です。永遠の命を喜びを噛みしめる人だけが味わう世界があります。
神は私たちに対して、その真剣さ 信仰の訓練を与えます。その時に無言、沈黙の時を過ごすことがあります。
祈りが次々答えられ、ハレルヤ!!と叫んだ後に 訪れる沈黙の時。

神ご自身が約束がなさったあと 実現に直ぐには至らないことがあります。アブラハムに直系の子孫を与えるまで25年。預言者を通し語った事も数百年かかりました。

直ぐに祈りが答えられないからと、キリストから離れることは懸命では無いのです。
どの様な場合でも 永遠の命を見つめる視点を持つことは重要では無いでしょうか? 問題の解決が無く 身体の癒しが無くても 永遠の命を持った事の 感謝 賛美無しに。神の栄光を永遠を讃えることが出来ません。
 
神が沈黙するとき、神の計画を、歴史を動かして 準備中の期間だと思います。
その沈黙の期間は神が神であることを、私たちが知る時間だと思います。 

申命記13:3 あなたがたの神、主は、あなたがたが心を尽くし、精神を尽くして、ほんとうに、あなたがたの神、主を愛するかどうかを知るために、あなたがたを試みておられるからである。

詩46:10 「わたしこそ神であることを知れ。わたしは国々の間であがめられ、地の上であがめられる。」

神が神である距離は、私たちの間に、神に対する尊厳を生み出します。

*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなる為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

YOUTUBEなどの

動画を作る中。鳴門海峡で撮影したビデオにBGMを選んでいると、最近。上映されている「海賊と呼ばれた男」の劇中歌、国岡商店社歌の歌詞が海の男、渦潮に舟の雰囲気が良いな〜と思いました。
上映されている「海賊と呼ばれた男」の映画監督が永遠のゼロを作った監督さんでした。
以前に、永遠のゼロのテーマ曲、ホタルと反戦動画を作りました。
SnapShot(35)

今回の海賊と呼ばれた男も戦後。日本が生きていくために必要なエネルギー問題に絡んだ映画だと知りました。この映画の中で歌われている社歌の歌詞が良いです。
           
ビデオを一本にまとめるところ、反戦の意志を込めて、動画を2本に分けてより深い意味を持たせたいと思いました。
第二の国歌とも呼ばれた「 海ゆかば」の作曲家についてまとめた動画に仕上げました。
            
この作曲は信時潔です。1887年12月29日 - 1965年8月1日生まれ

日本の作曲家。大阪府出身。日本キリスト教会大阪北教会牧師の三男として生まれる。
その後、信時家に養子となりますが、その家に暫く身を寄せていた、内村鑑三の影響を受けます。

私は時々。ウィキペディアを見ますが、このウィキペディアに投稿した人の個人的な意見、私感も入るので注意が入りますね。linkウィキペディア→クリック 内村鑑三に関して

合唱組曲1937年に作曲、『海ゆかば』NHKの依頼により作曲。

万葉集 和歌からと文語訳聖書ルカ福音書9章60〜62節から神に従うの意味をくみ取っている。

その忠誠の対象が、大君(天皇)ではなく、キリスト教の神であるとすれば、「海行かば」は確かに、賛美歌そのものとして作られたといえるかもしれない!

聖書 テモテへの手紙 第一 2章1-2節「そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての

高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。

それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。」


聖書詩篇100:1〜3  から。 神への感謝の供え物のための歌
全地よ、主にむかって喜ばしき声をあげよ。
 喜びをもって主に仕えよ。歌いつつ、そのみ前にきたれ。
主こそ神であることを知れ。われらを造られたものは主(王)であって、われらは主のものである。われらはその民、その牧の羊である。

作曲者 信時 潔は神への忠誠を心に秘めていたと思う。私の個人的な感想です。
日本人作曲家として優れている、また現在でも歌い継がれている曲が多数在る日本人作曲家の1人です。 

使命
水と血を流され イエスが行かれた道 その道 わたしもついてゆきます。 
険しい山 谷間も 海の果てまでも彼らを救うためすべて捧げます。

父よこの私を 遣わしたまえ 命も惜しまずに従います。
たとえ憎まれても 愛し続けます 救いの十字架に従います。

讃美 その血が命を捨てるほどに 愛された主よ。 
小さな私を受け入れたまえ。
 
*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなる為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

過日に、

淡路島に行きました。第一の目的は、大塚美術館の聖堂と絵画をビデオ撮影して、神を讃える動画を作りたかったからです。その後、再び 阪神淡路大地震の震源地である野田断層での震災記念追悼式に参加後、

          

その帰り道、 このモンキーセンターに行きました。お子さんと一緒に動画をご覧下さい。
            
可愛い猿が足下まで来て、人慣れしていました。 と言いましても、野生猿。直接。触ることは禁止です。
            
IMG_4839

この日は比較的 暖かくて いわゆる猿団子は作っていませんでした。
IMG_4825

 野生の鹿もエサを求めて来ていました。
IMG_4827

冬の野山にエサが少なくなり、このえさ場に来る 可能性が高くなるとか
エサの豊富な夏には 全く来ない日もあるみたい?
d0017632_23234373

近くには灘黒岩水仙峡もあり、一緒に見学する人も多いようです。
 
淡路の水仙は今が見頃、お子様、家族と一緒にお出かけ下さい 。
気分転換には良いですね。  海が穏やかで 綺麗でした。
              
海の輝きt(31)

*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなる為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

神戸に移り住んで

十五年以上が過ぎました。
神戸の好きな場所の一つにハーバーランドが有ります。田舎からの親族、友人を案内や神戸の人や自分自身の為に祈る場所でも有ります。
海と六甲山系が一度に見渡せる場所の一つです。
ショッピングモールや映画館等もあり観光地です。

バザール
大観覧車  一度だけ乗りました。
レストランシップ、コンチェルトとルミナス神戸の船があり、還暦祝いに一度 コンチェルトに乗りました。
          
今年の誕生日は70歳に成りますので、上記のルミナス神戸に乗れたらいいなぁと思います。
また、この地には神戸アンパン劇場が有ります。



アンパンマンに出てくるキャラクターのパンも販売しています。

多少 割高ですが、中々美味しいです。

夜になるとイルミネーションが常設してとても綺麗ですよ。
吊り橋の入り口にはエルビス プレスリーの銅像 何で此処有るかは詳しくは知りませんけれど、。
何でも・・東京にあってプレスリーファンの店が 閉店になり、行き場を失ったこの像が、ジャズの町神戸と云う事で、音楽つながりから、有志がアッ待って誘致したようです。
吊り橋のある運河の向こう岸には川崎造船所が有ります。
神戸に来られたら散策路には良い所です。

 
*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなる為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

ヨセフ夫妻と聞いて

聖書では、ヨセフと云う名前は何人か特筆されています。
あなたはヨセフ夫妻と聞いて、どのようなカップを想像し、また思い出しますか?
 
ヨセフ夫妻として上げたいのは、ダビデ王の子孫にあたるヨセフです。
ヨセフは夢の中で、聖霊からイエス(ユダヤでは、ヨシュア)とも云います。)の父になるように、神が任命しました。ヨセフ正しい人であったために、この任命を受けました。
聖書で正しい人と言われる人はあまり居ません。

神の目にも何が正しいのか?それは神の気持ちを表している律法をしっかりと守る人でした。
神を礼拝しその戒律、心得などを実行していました。律法=神の気持ち知ってを守る人でしたので、マリヤの妊娠のニュースは、不貞の女の取り扱いが厳しいことも知っていたのです。

それではあまりにも不憫、可哀想だと静かに分かれる決心をしました。
神は夢で現れて、『安心してマリアを妻に向かえて、その子イエスを守るよう。』にと命じられました。
 その夢で見た神のお告げを実行したヨセフでした。神からの神託に従順になることからもヨセフの性格の正しさが解ってきます。 神様はその人の性格を見て判断し神はその目に叶う人を探し出して、神の業を行うのです。神の業はその性格や人格の上に働かれます。
IMG_4436

マリアも同じく、ダビデ王の子孫にあたります。神の預言通りの祝福された家系です。
イエス様の誕生に至るまでのマリアの事は詳しく書かれています。
 
キリストが生まれるかでの背景は、ダビデ王の繁栄は、その子孫が神に様々な反逆した結果。
南北王朝に・・。ユダヤの国は分裂、その後、ペルシャの国の奴隷と成りました。
それから数十年後に解放され、ユダヤに帰還しまた。その時の喜びや悔い改めた人々が死んで 再び 神に逆らうと、 ローマの支配に組み込まれ、ローマの圧政に苦しんでいる最中、キリストは人知れず、ベツレヘムに生まれました。

神の祝福と聞いて、何か豊かな生活を送ることを思いがちですが、経済的に恵まれて身の安全の中で過ごす生活とはかけ離れていたヨセフ夫妻でした。 続く。
IMG_4749


*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなる為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

このページのトップヘ