google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2016年12月

クリスマスを迎え、又その日が終わりました。

けれど、未だキリストを知らない方が、信じた日が心の中に 、キリストが、信じた方の心の中に生まれる時が新しいクリスマスに成りますね。

ご存じのように、キリストの母となったマリヤさんですが、 乙女の頃に天使から『あなたは子供を産みます。』と告げられて驚きました。

マリヤは天使に『私は未だ未婚です。絶対にそのようなことはありません!』 とキッパリと否定をしました。
そこで、親せきのエリサベツも高齢で不可能云える年齢になっても、 エリサベツの祈りを神が取り上げて妊娠したことを天使から知らされました。

この聖書箇所では云われ書かれなかった聖書の説明を受けたと思いませんか? 
マリヤは熱心に神を礼拝していたので、神の心に適合して 選ばれたと思います。ですから聖書のこと。会堂で語られイスラエルを救う人は生まれること。下記の言葉も知っていたと思われます。
 
イザヤ7:14 それゆえ、主みずから、あなたがたに一つのしるしを与えられる。見よ。処女がみごもっている。そして男の子を産み、その名を『インマヌエル』と名づける。
この内容の言葉が自分自身に・・マリヤに起きると告げられ、それは無いと否定してしましました。 

私たちも聖書を読み、神の言葉と御心知っています。けれど、処女降誕は別としても、奇跡、病の癒やし、聖霊によって起きることが、自分自身にあると聞いたらどうなるでしょう?

一旦は否定しませんか?
マリヤの言葉のように、
ルカ 1:34 そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。・・。

そこまで言うかと・・天使は告げています。
ルカ1:37 神にとって不可能なことは一つもありません。」

そこまで言われて、マリアは告白しています。
 
 1:38 マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った。
天使は試みて 『神には何でも出来る!』と宣言しました。 「私たちにも神だから出来るのだ!」
神様ご自身が、私たちに対しても語ってはいませんか?

祈りや告白は、自分自身と神に対する、認知行動です。
くりかえし告白することから信仰と希望と愛が生まれます。告白は信仰から希望に変わり、神の手によって実現に至らせるのです。
IMG_4430

マリアの告白によって、義であると認められ、キリストを授かりました。 マリヤは告白して神の思し召し通りにと避けて言わなかったら、、マリヤ以外の別な乙女に・・なったかも知れないです。
{神の眼鏡に叶って選択は正しくても、育てるのは私たちの信仰責任です。}

ローマ 10:10 人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。

神には何でも出来ると心に据えて、日々の生活の中で、御言葉の適応 活用をしなくては成りません。 そのために絶えず神を認識する生活を送りたい者です。

終わりに下記のボードのみ言葉を心に留めて頂きたいと思います。
「 皆様に、神からの豊かな祝福があることを 、主キリストのお名前によって祈ります。アーメン!」
IMG_4411
 
*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなり為です。感謝申しあげますブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

メリークリスマス!!

素敵なクリスマスの時を過ごされましたか?

最初のクリスマスは、処女マリアが妊娠するとの天使のお告げから始まりました。マリアの親せきのエリサベツにも子供を授かりました。 

マリアは前記のブログにも書きましたが、天使のお告げを聞いても、驚き、否定をしました。
IMG_4339


ルカ1:34「 そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」
多くの場合は奇跡を信じる事はむずかしい! 常識が奇跡を否定してしまうからです
しかし常識を上回るが信仰の力です。
IMG_4340

ルカ 1:37 「神にとって不可能なことは一つもありません。」と聞かされました。
天使ガブリエルは 聖霊によって身ごもることを知らせました。

それを聞いてマリアは神をようやく信じました。 聖霊の無限の力、神としての力を信じ、信仰を持つように変えられました。

マリアの告白は信仰によって変えられました。

ルカ 1:38 マリヤは言った。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。」こうして御使いは彼女から去って行った

神の言葉を信じるには助け主である聖霊を認めて歓迎し、その助けを受けなくては本当に信じる信仰を持てないと思います。聖霊の言葉を信頼する、その信頼から信仰に変えられます。

私たちも友人の約束を信じる為には、友人の人格を信頼しなくては信じがたくなります。
マリヤも色々説明を受けて、天使ガブリエルの言葉を信じる事が出来ました。
 
天使から告げられた言葉通りになるようにと告白しました。
ローマ 10:10 人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。

マリヤも天使ガブリエル神のお言葉通りになるように告白して義と認められました。

私たちは神に対する告白が重要です。その告白が神の計画に沿っていなくては成りません。
始めに言葉によって神は世界を作られました。

ヨハネ1:1 初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。
神は私たちに言葉を与えられました。 
信仰による告白の言葉を表します。神の愛の深さを表して、世界を変える力を持ちます。 
IMG_4301

信仰を持ち告白したら奇跡を起こします。マリアの告白は下記の聖書の言葉通りです。
マタ 21:21 イエスは答えて言われた。「まことに、あなたがたに告げます。もし、あなたがたが、信仰を持ち、疑うことがなければ、いちじくの木になされたようなことができるだけでなく、たとい、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言っても、そのとおりになります。
 
マリヤは告白によって信じる事。自己認識が出来ました。
告白の力は繰り返して自己認識をするためでもあります。

もし、マリアが告白に至らなかったら、神の計画は別な乙女に・・マリヤ以外に変わったかも知れないのです。

御心通りに 神のお言葉 つまり私たちは聖書に書かれたお言葉通りになるようにと日々、告白。

神の前で告白して自己認識を重ねて御霊の力と助けを求めましょう。 
あなたにも必要に応じて救いと癒やしの
奇跡を訪れがあることを信じましょう。

ローマ 10:10 人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。

マリヤが神を讃えたように讃美ながら 神の栄光を求めることから始めて行きましょう。
「クリスマスの祝福が豊かに、皆様に在りますように!」と祈ります。

   *いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなり為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

メリー クリスマス。
IMG_4348

この一年間。私のブログをご覧下さり有難うございます。皆様に、神からの祝福と平安が豊かに注がれるようにと祈ります。
kurisumasu MG_4326

Merry Christmas. This one year. Thank you for seeing my blog. I pray for you to bless blessings from God and peacefully.
kurisumasu IMG_4308
 クリスマスの夜、淡路島 奇跡の星 植物園に行きました。神に日常を支えられて感謝しました。又 皆様が覚えてお祈り下さり、ご支援頂き深く感謝を申しあげます。神からの恵みを祈ります。

IMG_4267
心からの感謝を、主キリストによりて申しあげます。

IMG_4363
*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなり為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

キリストの誕生。

その日を記念する クリスマスを迎えました。
キリストが誕生なさることは、神の計画の内に在って、旧約聖書にも多くのことが書かれています。
その一つ。
イザヤ 7:14 それゆえ、主みずから、あなたがたに一つのしるしを与えられる。見よ。処女がみごもっている。そして男の子を産み、その名を『インマヌエル』と名づける。
 とハッキリと書かれています。
 
普通の人なら処女が身ごもることはあり得なく理解できないことです。神の預言としての奇跡を期待させる預言です。

もう一つの預言は、ダビデの家計から救い主が生まれる預言でした。
家計を重んじるユダヤ人ですから、その家計に該当するの乙女であれば、神によって私が選ばれるかも知れないと期待させる預言でもあります。

予言が告げられて数百年の時が流れ、ローマ人によって支配下に治められたユダヤでは救い主の待望が強められていました。
その中でヨセフとマリヤに天使が現れて告げられました。{ヨセフに関しては前記のブログをご覧下さい。} 

マリヤは天使のお告げを聞いて困惑した事がよく分かります。
(参照。ルカ1:29〜33)
 ユダヤ人マリヤの知っていた旧約聖書には多くの奇跡が書かれています 。特にモーゼーの奇跡はユダヤ人が誇りとするものでした。

唐突として「あなたに奇跡がある。」と 告げられた場合。多くの人は神だから出来るとは考えないで、それは、「私とは関係が無い!あり得ない!」と感情的に、多くの常識経験上で判断して仕舞います。
マリヤもそのように答えています。聖書に書かれたモーゼの奇跡を完全に忘れたかのようです。
当時の聖書。旧約に書かれてあったイザヤ 7:14 を忘れていました。ユダヤ人会堂シナゴーグで聖書の読み聞かせはありましたが覚えていなかったのでしょうか?

聖書をよく読み調べて確認をする。教会の説教や教えを実際の生活に、適応させることがマリヤには難しかったのでしょうか?
それでもマリアの心には確かな信仰心があり、。神が認めたのでした。


これは現代の多くのクリスチャンでも同じです。あなたに奇跡があると聞いても、信じられないことが普通、奇跡を期待する事と現実の差、開きです。

あなたも奇跡が体験で知ると云われた如何がなさいますか?唐突に奇跡は体験しませんが、小さな始まりは神に期待し続けることを怠らないことです。二番目には、聖書をよく読み調べて確認をする。教会の説教や教えを実際の生活に、適応させること無くして、奇跡は起きがたいと思いませんか?

ルカ
1:34 そこで、マリヤは御使いに言った。「どうしてそのようなことになりえましょう。私はまだ男の人を知りませんのに。」 マリヤもイザヤの預言を忘れて、通常の妊娠を思い浮かべました。
『私は処女だからあり得ない!』と 弁解し天使に答えています。

イエス誕生とヨセフとマリア
処女が妊娠すると不貞の出来事として、ユダヤ人社会からは抹消される重大事件でした。

それを知ってか?天使の心遣いは一方的な命令では無く 、マリヤの信仰を育成育てるアドバイスでした。(参照。ルカ1:25〜37)
天使の言葉を要約すると『人の力では出来ないことを、聖霊がするから安心しなさい大丈夫!』というアドバイスでした。
 
天使からのアドバイスと説明を受けて マリヤに始めて神の霊である聖霊の信頼をする信仰が芽生えました。 つづく。


ルカ1:35〜 1:37 御使いは答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる者は、聖なる者、神の子と呼ばれます。
 ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子を宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう六か月です。神にとって不可能なことは一つもありません。」


*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなり為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

エルサレム会議のN2。

使途行伝15章を見ると、キリストの父となったヨセフの息子ヤコブが議長となり、ペテロと、パリサイ派からの改宗者、バルバナとパウロ不思議としるからの福音宣教指導から改宗した異邦人が激しい意見を交わしました。

異邦人にもモーゼーの律法と解説書であるトーラーに関して守らせるようとの意見と、異邦人に与えらた信仰で救われたのだから、律法は守らなくても良いとの話合いがなされたのが第1回目のエルサレム会議でした。

この箇所でポイントとなるのは、キリストの地上で父となったヨセフ、その息子で義人と呼ばれ誰から尊敬され信頼されていた議長のヤコブの意見が指示され通ったことです。

キリスト復活後、ヤコブはナザレ派ユダヤ教の土台、つまり神がモーゼーを通して与えたユダヤ人が守らなくては成らない信仰基準をナザレ派と呼ばれながらも
しっかり守っていたと思われます。
それ故に、多くのユダヤ人{ナザレ派と呼ばれない人々からも}からも義人と認められていました。


ペトロから出された意見は、
『ペテロが立ち上がって言った。「兄弟たち。ご存じのとおり、神は初めのころ、あなたがたの間で事をお決めになり、異邦人が私の口から福音のことばを聞いて信じるようにされたのです。
 そして、人の心の中を知っておられる神は、私たちに与えられたと同じように異邦人にも聖霊を与えて、彼らのためにあかしをし、
  私たちと彼らとに何の差別もつけず、彼らの心を信仰によってきよめてくださったのです。
それなのに、なぜ、今あなたがたは、私たちの父祖たちも私たちも負いきれなかったくびきを、あの弟子たちの首に掛けて、神を試みようとするのです。
 私たちが主イエスの恵みによって救われたことを私たちは信じますが、あの人たちもそうなのです。」』 使徒15:7〜11 前記のブログ参照。

ペトロの信仰からでは意見に対して、義人ヤコブはこのように述べています。 

 ふたりが話し終えると、ヤコブがこう言った。「兄弟たち。私の言うことを聞いてください。
神が初めに、どのように異邦人を顧みて、その中から御名をもって呼ばれる民をお召しになったかは、シメオンが説明したとおりです。
 預言者たちのことばもこれと一致しており、それにはこう書いてあります。
 『この後、わたしは帰って来て、倒れたダビデの幕屋を建て直す。すなわち、廃墟と化した幕屋を建て直し、それを元どおりにする。
  それは、残った人々、すなわち、わたしの名で呼ばれる異邦人がみな、主を求めるようになるためである。
  大昔からこれらのことを知らせておられる主が、こう言われる。』
 そこで、私の判断では、神に立ち返る異邦人を悩ませてはいけません。
ただ、偶像に供えて汚れた物と不品行と絞め殺した物と血とを避けるように書き送るべきだと思います。
昔から、町ごとにモーセの律法を宣べる者がいて、それが安息日ごとに諸会堂で読まれているからです。」使徒15:13〜21

これが結論となって異邦人にも・・つまり私たちにも受け入れやすいキリストの教えとして・・救いとして全世界に広がり、私たち日本人も クリスマスを祝うことが出来るように。キリストの信仰を受け入れることが出来るようになりました。
 
キリストの父となったヨセフ、その信仰遺産と行いはヤコブに引き継がれ、彼の信仰と意見が旧約聖書と新約聖書を結び合わせる結果となりました。

ヤコブの信仰姿勢はヤコブの手紙を再度。読んでご覧下さい。

使徒行伝15章の中でヤコブが語った
使徒15:20 「ただ、偶像に供えて汚れた物と不品行と絞め殺した物と血とを避けるように書き送るべきだと思います。」に関してはやはり注意深く在りたい者です。
人の意見、様々な希釈では無く、神から見たらどうなのか?御心は何処に在るかが 重要です。

聖書には多くのことをページを割いて書いていない地上でキリストの父親となったヨセフですが、彼の信仰姿勢が、幼子イエスとヤコブに多くの影響を与え、キリストの信仰によって生きる新約聖書。モーゼーの律法=神に近づく羅針盤は息子ヤコブによって見事に結び合わされたのです。

義人とい呼ばれ多くのユダヤ人からも尊敬されていたキリストの兄弟ヤコブが、新訳と旧約聖書を結び橋渡しをしたとの結論です。
IMG_4082


ヨセフに関しる事を追い求めて 、、。多くのことを神から教えて頂きましたことを感謝します。この紙面では、全ては書き尽くせませんが、読んで下さったことを感謝します。

終わりにこの言葉の成就がありました。
ルカ 1:33 彼はとこしえにヤコブの家を治め、その国は終わることがありません。」

皆様が素敵なクリスマスを過ごすこと願い祈りながら 父なる神、キリスト 聖霊の神からの祝福を祈ります。

  *いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなり為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

現代の私たちが

クリスマスを祝えるのは、キリストの弟ヤコブの功績があったと思います。
これを決定付けたのは第一回のエリサレム 会議の議長として活躍し功績を残した義人ヤコブ存在です。初代のエルされる教会の重職をになっていたヤコブ。前記にも書きましたが、未だ改宗していなかったユダヤ人からも義人呼ばれ、ユダヤの礼拝 モーゼ己律法にも精通していました。

エルサレム会議出来れば使徒15章全体をご覧下さい。

モーゼからのくびきを改宗者にも追わせるべきだとパリサイ派改宗者から議題が出されました。
これに対しての会議でした。
使徒15:1 さて、ある人々がユダヤから下って来て、兄弟たちに、「モーセの慣習に従って割礼を受けなければ、あなたがたは救われない」と教えていた。
この意見に足して会議が持たれ話がなされたのがエルされる会議でした。
 
使徒15:5 しかし、パリサイ派の者で信者になった人々が立ち上がり、「異邦人にも割礼を受けさせ、また、モーセの律法を守ることを命じるべきである」と言った。

それに対して ペテロは
使徒15:8 〜10 そして、人の心の中を知っておられる神は、私たちに与えられたと同じように異邦人にも聖霊を与えて、彼らのためにあかしをし、
私たちと彼らとに何の差別もつけず、彼らの心を信仰によってきよめてくださったのです。
それなのに、なぜ、今あなたがたは、私たちの父祖たちも私たちも負いきれなかったくびきを、あの弟子たちの首に掛けて、神を試みようとするのです。
と答弁し答えています。(参考。使徒10:19 前記)

着目すべき答弁の中には信仰が律法を守る事より重視されて答弁です。

使徒5:9 私たちと彼らとに何の差別もつけず、彼らの心を信仰によってきよめてくださったのです。

さらにペテロはキリストのことを主イエスの恵みによって と言ってキリストを呼んでいるところです。
ペテロは弟子の時代に
イエス様を以前はラビ=先生と呼びかけていたことから大きく変化しています。 

とは主人でもあり絶対の主権者に呼びかける主と呼ぶ言葉です。 
絶対の主権者の神。キリストと復活後、大勢の人に現れたことを認識して思い起こしなさいと会議に参加していた人々に 主キリストと呼びかけ、共通認識を確認し合っています。

異邦人にも 割礼やモーゼの律法重視を訴えていた人々は、共通認識 復活したキリストを認めて激しい反対しなくなりました。

 続く。
img_0

 
*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなり為です。感謝申しあげます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

まもなくクリスマスの25日。

タイトルに対していぶかしい?かも知れませんが、使徒行伝15章に書かれてある第一回目のエルサレム会議のことを指しています。そこで議長的な役割を勤めた義人ヤコブのことを指しています。

地上でキリストの父となったヨセフ、聖書は多くの書面を割いては書いていません。けれど幼子ヨシュア。のちにキリスト(我が救い)と呼ばれるようになりました。幼子イエス=ヨシュアにモーゼの教えをこよなく教えた地上の父親ヨセフことが聖書を見れば分かってきます。イエス様は良く旧約から引証なさいました。

また、モーゼの律法、神殿での礼拝、会堂でもユダヤの習慣やトーラーの解き証をなさったイエス様は、地上での父親ヨセフを見て育ったことも、聖書の含み(これくらいは詳細に書かなくても、必然的に分かる範囲。と言いましても御心全体の聖書本筋の流れから離れた解釈は避けるべきだと思います。)として理解し想像が出来ます。

弟として育てられたヤコブも同じようにユダヤ人が当然行っていた神殿での礼拝と捧げ物、モーゼの律法とそれを日常生活に適応するためのトーラーも知り守っていたのは、父親ヨセフの信仰遺産でした。 父なる神は何故?ヨセフに御子を託されたのでしょうか!父親ヨセフの信仰生活を見たら分かってきます。

ヤコブはキリスト復活後にナザレ派ユダヤ教徒としてモーゼの律法を重視するエルサレム教会の重要な役割を果たすようになり、パリサイ派や他のユダヤ人からも、義人のヤコブと呼ばれるようにも成っていました。

パウロが迫害していたキリストです。しかしパウロの旅の途中に復活したキリスト出会い改宗。その数年後に世界各地に散ったユダヤ人に対してのキリストは主で在ると宣教。{復活したキリストの声を天から聞いたパウロ、その出会いの後、直ぐには活躍しませんでした。 砂漠に退き、神からの訓令を受けたのではないでしょうか?}

そこから生じて来た異邦人のクリスチャンが現れました。異邦人の中からは信仰だけでも十分だろうと云う主張もされました。

ペテロに対しても、神は聖霊によって啓示が異邦人伝道が始まりました。

使徒10:19 ペテロが幻について思い巡らしているとき、御霊が彼にこう言われた。「見なさい。三人の人があなたをたずねて来ています。
 10:20 さあ、下に降りて行って、ためらわずに、彼らといっしょに行きなさい。彼らを遣わしたのはわたしです。」
       つづく!
lgp01a201308261600

 

 
*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなり為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

地上でキリストの

父となったヨセフですが、神は彼を若くして天国に引き上げました。キリストが十字架に掛かる前に亡くなったと思います。その事は、詳細には聖書には書かれてはいません。

聖書はヨセフの死に関しては、人生の一ページとしておさめて、彼の信仰遺産を引き継いだ、キリストの弟として育てられたヤコブを特筆しています。

キリストの教えは当時はユダヤ教ナザレ派と呼ばれて、限られた地域のユダヤ人の間に広がりました。その中心的な存在はキリストの弟ヤコブでした。
ペンテコステの日に聖霊が注がれ世界宣教が始まりました。しかし、宣教拠点はユダヤ教教会シナゴクでした。次第に異邦人にもキリストの教えが広がりました。
ある時。パウロにキリストが現れて異邦人への宣教がパウロを中心に始まりました。
のちにパウロとキリストの弟ヤコブがエルサレム会議で対決意見交換します。
続く。
 *いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなり為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ 
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ 
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ 
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ 
にほんブログ村
blogmura_pvcount

地上でのキリストの父となったヨセフ。

その子供にはヤコブと呼ばれた人がいます。

モーゼに神が与えた教えに忠実であった為に、神の子キリストの地上での父親、養育係を、天の父なる神は、地上での父親のヨセフを指名して託されました。
その後マリアとの間に子供が与え、祝福されました。その子供の1人はヤコブ、後に義人ヤコブと呼ばれるようになりました。

モーゼの律法と教えにも、父親ヨセフに習って忠実であったために、当初はキリストのことを理解不能だったようです。
だって・・あなたの兄が急に、今まで無かった考え方、教えを説いたり、奇跡を起こすために安息日〜神の命令ーモーゼの教えをを守らなかった ら・・想像してみて下さい。

キリストが十字架に掛かり復活後に、キリストのことを理解して、キリストを信じるように変えられました。
汽灰螢鵐15:7 その後、キリストはヤコブに現れ、それから使徒たち全部に現れました。
 復活を通して、自分の兄だと思っていたイエスが、神だったと知ったのです。
当時の聖書は、当然。旧約聖書でした。幼かったキリストも、ヨセフから聖書を学んでいました。同様にヨセフの信仰遺産を弟ヤコブも受け継ぎました。他の兄弟たちも同じです。

キリストは良く聖書(旧約)から引用なさって話されています。その聖書の言葉、知識は幼いときに種蒔きされたヨセフの信仰からでした。何時もヨセフは、イエス様や弟ヤコブ他の家族を連れてユダヤ教会に行って聖書を勉強し学びました。
この学び、つまりヨセフの信仰遺産が、キリストの聖書を引用して話された基礎。弟ヤコブを義人と呼ばれるように育てたのでした。

このヤコブが義人と呼ばれるにはさらなる理由がありました。 つづく!!

 *いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記の投票のボタン 各項目バナーを押して下さいませんか? 未だキリストを知らない人々にも 目が止まりやすくなり為です。感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

イエス・キリストを

守り育てたヨセフ。キリストは12歳の時にエルサレムの神殿に行きました。イエス様は両親からはぐれて3日後に、宮の中でイエス様を見つけられました。

ルカ2:46 そしてようやく三日の後に、イエスが宮で教師たちの真ん中にすわって、話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。

3日間も行方不明に。。?イエス様の行動には、ヨセフもマリアも驚きましたが、その行動の意味を完全には理解できなかったようです。
その後、イエスの地上での父親ヨセフ の事は、聖書には書かれていません。若くして亡くなったのでは?と云われています。
何故なら十字架に掛かったイエスの側には、母と成ったマリヤがいました。ヨセフは十字架の側にはおらなかった。それとも見るに堪えられず、あえて十字架の側にいることを裂けたのでしょうか?

聖書は、ヨセフのことをキリストが12歳の時以来 多くを語っていません。 
思わず人は若くして亡くなること事は有ります。 神様 何故ですか?神がいるのにこんな事が起きるのですか?と言う質問には答えず。別なことから回答を示すことが多い天にます父なる神です。
大きな神の計画は、単に何故ですかでは、理解できない大きな時の流れに包まれることもしばしあります。

ヨセフに関しても幼子イエスを守るように使命が与えられ、それを実行しイエス様を守りました。
神の目から見ると、これが第一の目的でした。 これがクリスマスにつながっています。
キリストが成長して、ヨセフの支えという物が要らなくなり、父離れ 子離れが進んだようです。成長することが第一に、神が与えた使命、ヨセフへの願いだったのです。この使命を立派に果たして、神は引き上げたと思います。

神の隠れた計画もヨセフを通して着々と進んでいました。
それはイエス様の後に、マリアとの間に生まれた子供たちを通して、、ヨセフの信仰遺産として継承されていきました。ヨセフの信仰遺産を引き継いだ子供は、後に大きな働きをすることになりました。 
私たちは子供に、神の救いをしっかりと継承して信仰遺産を残していきませんか?
   続く。
Foi0

使徒20:24 けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、神の恵みの福音をあかしする任務を果たし終えることができるなら、私のいのちは少しも惜しいとは思いません。
 
*いつも心の風景から、聖書の愛と福音からの癒やしの記事をご覧下さり有難うごさいます。読まれた後。もし宜しければ、下記のボタンを押して下さいませんか?感謝申しあげます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教 福音派へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

このページのトップヘ