google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2016年07月

こんにちは。 

私たちの主キリストの御名を賛美しつつ、
あなたの重い病からの回復を祈りながら、この手紙を書いています。

キリストに在って あなたが生きる決意をすれば、手術する恐れと不安と向き合い 勝利します。
悪霊は自分の存在を隠して、私たちの恐れを悪用、不安を増長します。
完全に罠に掛かれば 死んだ方がマシだと 思わせて、神が救いに導く事、癒す事から引き離して、私たちの霊、魂を侵略し、キリストの信仰からも引き離し地獄に連れて行こうとします。
 
悪霊たちは、キリストの御霊である聖霊をあなどる馬鹿にする言葉、無視するように導き、聖霊様を悲しませて、救いを困難にさせます。
 
私の信仰は、弱いから駄目だ!と言わせたり、思わせてキリストに在る真の希望から、信仰や愛からさえも引き離そうとします。
エペソ6:12 私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。

今は、あなたはキリストを受け入れました、洗礼も受けたから、地獄に連れて行こうとしても、悪霊には出来ないのです。聖霊を悲しませる言葉を言わせようとします。どうぞ、注意して下さい。
私たちはキリストの衣を着たのですから、強い信頼を天の父に持たれたキリストによって、強い信仰を保持できます。 

ローマ 3:22 すなわち、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、それはすべての信じる人に与えられ、何の差別もありません。

ローマ13:14 主イエス・キリストを着なさい。肉の欲のために心を用いてはいけません。

元々が罪を犯していた私たちですが、キリストによって義とされたのは、私たちの強い信仰からでは無いのです。私たちはキリストの義の衣を着たのです。その義によって、私たちの信仰が義とされ強いのです。

 しかしサタン、悪霊たちは、私たちを だまし欺き、何とかして、キリストの愛と救いから引き離す事に躍起して来ます。信仰が弱いから駄目だ。とは決して口にしてはいけません。

私の祈りには。神は答え無いとは一言も言ってはいけません。

信仰が弱いと言えばサタン 悪霊たちが喜ぶ言葉であり、キリスト様が涙なさる言葉だからです。

私たちは病と闘う前に 血肉の戦いをしています。エペソの言葉を、見てください。
戦いにはキリスト。聖霊様が同行しますから、安心してください。あなたの信仰と身体、心を委ねる気持ちとあなたの意思。闘う意思を必要とします。

キリストはどんなことでも、天と地をつなぐ祈りをすれば、答えるからと約束して下さったのですから、最後の最後まで忍耐し待たなくては成りません。

マタイ 18:18 まことに、あなたがたに告げます。何でもあなたがたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたがたが地上で解くなら、それは天においても解かれているのです。
            

なお一層、キリストにすがり信じて 下記の祈り方を参考にして、あなたなりに意味を変えず、あなたの意思と言葉で祈ってください。

『神様。私には悪霊からの声が聞こえます。誘惑する思いなど。しかし、私は恐れません!あなたを信じます。彼ら悪霊を、私から引き離し、その誘惑 誘う声を聞かせないようにしてください。
あなた様 キリストの力ある権威に信頼し、悪霊が、誘惑が、わたしの内より出て行くように命じてください。完全に消えるように命じてください。私はその声を聞こうとしたり 気に掛けませんから、彼ら悪霊が私から離れることを命じてください。

私は癌の手術を恐れて生きることを放棄しました。

私は過去の恐れ、医師が語った言葉から生きることを放棄してたことを、あなたの名前によって、
キリストによって悔い改めます。私に生きる力、新しい細胞を与えてください。キリスト様が復活した時と同じく新しい細胞 身体に作り変えて下さい。癌を私の体から追い出してください。病の霊に心を明け渡したことを許してください。悔い改めます。

私を癒してください。医師が良い判断して、手術するでの技を、あなたのお名前、キリストの権威と名前によってわたし自身を 祝福します。
この願いと祈りを あなたのお名前によって祈ります。アーメン』

{ アーメンとは、真実です。同意する。等のヘブル語の意味がある}
 
神が祈りの最後に言うように命じた言葉です。
契約書にハンコ サインするような事、神は正しい契約書だと認める言葉ですね。

キリスト様は真実で正しいお方です。愛の内に成し遂げます。神には不可能は無いです。この事を 深く心に刻んでください。

重い病は 死の影の谷にいるようなものです。しかし、目を上げて先を見てください。 癒しと言う 緑の牧場が見えます。その緑の牧場から目をそらさず。歌い賛美しつつ、祈りながら その時を待ちましょう。
 
私たちには、キリストの十字架からの恵みの最大規模の癒し、永遠における霊の癒しが有ります。そのキリスト様の十字架、霊的癒しに基づき肉体の癒しが保証されているからです。

あなたが神の愛と力強い 神の栄光を体験するように祈ります。
私たちのキリストに栄光が在りますように。
終わりにお伝えします。

手術出来るか?でき無いか? それは人が、医師が決めます。手遅れと言われても、その事を挫けずに出来る感謝を、?つまり、今日。生きている事を感謝しながら病院内で福音を語って元気に暮らす方がいます。癌の末期と言われてから三年近くに成りますが、現在も元気なんです。 
動画を観てください。

神には出来無い事は無いのですよ。

奇跡がありますから、それを引き出すのは私たちの熱意 真剣な信仰です。
最後まで諦めず 放棄しない心と祈りです。
私も、母の痴呆症からの癒しに、私の癌の癒しなど、奇跡的な癒しを経験していますからね。
神は求めて止まない人を見捨てません。

あなたの祝福を祈ります。
    

前回も映画を見ての感想を少し書きましたが、

私たちは、知らぬ間に、サタン・悪霊の影響下に置かれています。
悪霊はいないと言う方がおられたら、それは聖書を否定する事にも成りませんか?
キリストは、その生涯の宣教活動を始められる前にも、十字架に掛かり前にも、サタンの誘惑に勝利しました。
私たちは色々の祈りますが、祈る対象はキリストだを思っています 。
私たちの信仰が御心に添った良い方向に向かえば向かうほど、その信仰を駄目して神から引き離そうと勢力は活発になります。

       

有名な聖書箇所にも書かれてあるように。
ヨブ1:9 サタンは主に答えて言った。「ヨブはいたずらに神を恐れましょうか。などと言って、神様にヨブしています。
けれど、これはヨブだけでは無いのです。
あなたの信仰が燃えれば、燃えるほど、神と私たちの間に介入して信仰を駄目にしょうとしています。
神さまから許可を貰うのは、最終段階の私たちの命を取り去ろうとするときです。永遠の命を奪ってサタンに跪かせる為です。
聖霊はエペソの教会を通じて、私たちに警告をなさいました。 
エペ ソ6:12 私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。
 
血肉とは何?? 

そうです。私たちの身の回りの人々に働きかけているのです。働きかけてきた人々も、自分の感情や考え方の根底。奥の奥にある思考の影響を受けていること、出来事の事柄、一つ一つにサタン・悪霊の影響を受けていることさえ気が付きません。

案外教会内の出来事で傷つく人も多くおられます。家庭内では親子げんか、兄弟喧嘩 夫婦の離婚絵と発展しています。 感情の爆発です。けれど、冷静になり、キリストの言葉と、神のご性質からみて、その視点から冷静なれば、許すこと愛することが、とても深く重要な意味を持ってきます。

一旦。問題が起きるとその事だけに考え方が停止してしまいます。それど神様の基本的な考え方に戻ると、愛と赦しになりませんか?

私たちを悲しませ、苦しませて、神は居ないとか! 神は無力、神は私のことな、どどうでも良いのだ!思わせるのです。その問題や事件、人々に注目が行くと、サタンの仕業とは一層、思えず見えなくなってしまいます。

キリストはサタンに勝利なさいました。この神の権威は、十字架を通して、私たちにも付与されているのです。十字架の救いを信じた者は、神の子であり、神の財産と権利を引き継ぐことが出来るようになっています。
この神の権威と力を信じて、
エペ ソ6:12 私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。

勝利できるのです。色々の出来事を恐れず、不安に(ヨブは息子たちの件で不安を抱いていました。その点をサタンは、手始めにその不安を用いました。)おちいらず、神を見上げて信頼し、勝利宣言を、私たちの口ですれば良いのです。

明日の計画を立てても、上手くいかないのでは?と不安に陥らない。
色々の病になっても、死ぬのでは?治らないのでは?と不安を抱かない。
神は全能者。神には出来ないことが無いとキッパリと告白するようにお奨めします。
神様ご自身が宣言しておられることなのです。『わたしは
は全能者。神には出来ない事は無い!』と宣言しておられるのですから、この観点、視点から考えて祈れば良いのです。
神の神格、人格とも言いますが、かたくキリストを信じれば良いのです。中途半場に信じないことです。
『神は、私のことなど、どうでも良いのだ!」と告白しない事です。
神はあらゆる点で、神の子である、私たちが幸せに。平和に暮らせるように、祝福して癒やそうとなさっておられるのです。 人を赦し、自分自身を許し、そして、神様への怒りと疑問を許すことが、祈りの回答を引き出すポイントになる気がします。

神の権力と祈りには力があります。その神の権威を酷使してサタン エペソ6:12のごとくに立ち向かうことが問題解決の近道です。恐れるのはサンでは無く、問題や出来事では無くて、神ご自身を恐れなくては成りません。キリストの十字架の力と救いを信じる事です。




 

久しぶりに三宮に、

出て 映画 祈りの力を見ました。
前には復活したキリストに出逢った兵士の映画を見て感動しました。

今回の祈りの力は、私たちの生活の中に起きる様々な問題の解決方法の視点を変えさせるヒントが沢山有りました。
            

細かい説明をするとネタバレに成るので控えます。
問題を見るのでは無く、問題を起こし背後にあるサタンへの戦いだからこそ、キリストを、各自の持ち場に、領域 住まいに  お迎えし。委ねて祈る大切さを知る映画でした。
祈りの答えを引き出す前には、私たちは許すことをしなければなりません。

ヨブも、三人の友人と従者の若者を許してから、神は全てを、回復させて祝福しました。
下記の動画を合わせてご覧ください。

遅い昼食を三宮地下街にある長田食堂の 豚ネギぼっかけ焼きそばを数年ぶりに頂きました。


此処は自分で、焼かず 目の前で焼いてくれます。広島焼き風 神戸長田風のミックスかもしれないです。

神戸キリスト書店にも立ち寄り 刑務所の入所者に送る本を買いました。差し入れには色々規定がありますからね、ややこしいです。

また、カウンセリングとメール、電話で救いに導き、教会を幾つか紹介。
本人が選んだ福音派教会で洗礼を受けた人に送る本と病の回復を願い、わたしが手を置いて祈る為のハンカチも併せて買いました。
 
候補に上げた教会のグループは知っていますから、紹介先の候補に上げて紹介。
その教会の牧師とは面識が有りません。
 
わたし自身の開拓中教会成長には直接 繋がらず関係は無いのですが、神の国から見れば、キリストの救いによる栄光が実を結んだ事に成ります。
 
全国からの相談者が、地元神戸より多いです。落穂ひろいですが、御心のままにと、一人でも救われ、教会につまずいた人が 再び キリストに帰れたら、神は喜びます。


           
            

私たちは、神に祈ります。

私たちは、どのような気持ちを第一にして祈れば良いのでしょうか? 
祈りのことを書かれた書物は非常に多いですね。それだけ 私たちには親しみがある祈りでありながらも、難しい側面もある気がしませんか? 
私が宣べることは、ごく僅かです。

(29)天と地をタイトル

マタイの福音をに書いて有るように、 

祈りに関する一つの条件があります。 
マタイ18:18 まことに、あなたがたに告げます。何でもあなたがたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたがたが地上で解くなら、それは天においても解かれているのです。
 18:19 まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。
 18:20 ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」

私はいつもこの箇所を拠り所として祈ります。
また神の国を求める祈りが有ります。

マタイ 6:33 だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。

二人〜三人で祈り会うようにも書かれています。ある時、癒やしの祈りを依頼されて、その方と、もうお一人と一緒に祈りませんかとお願いしました。有名な方でしたから癒やしを祈りたいとお願いしました。あっさりと拒否されて、私は随分 泣きました。泣きました。一週間ほと寝込むほどに心か折れました。 次に神は その方を赦しとりなすように訓練して下さいました。祝福が私に返るからとも言われた気がします。 それから半年後 風の噂で、祈りの要請を拒否した方が酷い怪我をしていたことを告げられてビックリ!! 聖書は間違いない!と思いました。ともに祈り合うべきだし、許し合うためだと思い知らされました。 私の赦し方が不十分だったのです。

主の祈りの第一声は
ルカ11:2 「祈るときには、こう言いなさい。『父よ。御名があがめられますように。御国が来ますように。で始まります。

イエス様は、何でも祈れと云われたので、私たちの願いを申しあげます。
けれど第一には、神の御名を呼び求めることです。 祈りは礼拝、捧げ物です。

ですから、アレをして下さい。 これをして下さい。癒やして下さい。悪霊を追い出して下さいが第一では無いのです。

祈りには神が喜ばれる事を願うことが大切ですね。 神が一番 喜ばれることとは何でしょう?
それは御子の栄光です。多くの人々がキリストは主です。神の子です。十字架の尊い購いを賛美することです。またその福音を知らない。信じて居ない人々に、福音が伝わるようにとりなして祈る事では無いでしょうか?
 
 様々な願いを通じて叶えられたら・・キリストは復活して、今も私たちの願いを聞いて下さる唯一の神だと福音を伝える為に、神はその力を貸して下さり、祈りに答えを叶えて下さいます。

前記のマタイ18からも、二人〜三人が集まり祈り合う事、とりなし会うことも、祈りが叶う一つの条件だと思います。

ヨブ記の中を見れば、3人の友人と、一人の若者が、ヨブに意見をしエスカレート、御心から外れた意見も述べたと思います。 ヨブは大変な心の痛手を彼らから受けます。

神様は、彼らに、生け贄を携えて、ヨブに祈って貰うように命じました。
ヨブ自身も心の痛手が大きかったと想像できます。しかし神の命を受けて、彼らの持ってきた生け贄を、神に捧げて、彼ら4人のためにとりなします。

すると、神はこの事を喜ばれて、3人と一人を許されます。また彼らを赦しとりなしたヨブにも過去の2倍以上の祝福をお与えになりました。

ヨブ記42:8 今、あなたがたは雄牛七頭、雄羊七頭を取って、わたしのしもべヨブのところに行き、あなたがたのために全焼のいけにえをささげよ。わたしのしもべヨブはあなたがたのために祈ろう。わたしは彼を受け入れるので、わたしはあなたがたの恥辱となることはしない。あなたがたはわたしについて真実を語らず、わたしのしもべヨブのようではなかったが。」
 42:9 テマン人エリファズと、シュアハ人ビルダデと、ナアマ人ツォファルが行って、主の彼らに命じたようにすると、主はヨブの祈りを受け入れられた。
 42:10 ヨブがその友人たちのために祈ったとき、主はヨブの繁栄を元どおりにされた。主はヨブの所有物もすべて二倍に増された。

とりなしも神が喜ぶ祈りです。特に、あなたを傷付けた人のために祈ることは喜ばれます。
ヨブの友人3人と一人の若者のタイプは、現代の私たちの身の回りにはいます。
罪の代償の生け贄を受け取り、一旦殺して 火に焼き その香りを 神に捧げる。
一旦殺すとは・・十字架を意味しています。 火に焼くとは 黄泉を指した意味です。
香りとは祈りを意味します。

ヨブの相対的な行動は キリストの十字架と購い型を意味しています。
あなたが叶えられたい願いがあるので有れば、あなたを傷付けた方を許すことが大切です。
すると、神はあなたの願いを叶えます。
祈り事は私たちの任務、犠牲です。とりなしです。捧げ物です。

答えられるのは、神様の意思です。その時を待つ忍耐も必要です。
どのような状況下になっても呟かず、不満を述べないことも御心に従う秘訣です。
ヨブ1:22 ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。

この事を語っている動画があります。字幕付きと、字幕なしを動画サイトYOYUTUBR にアップしました。

どうぞ、ご覧下さい。  字幕付き
    



           字幕なし
             

父なる神 神子キリスト、そして聖霊様の御名を讃美します。

信じること、祈ること、行動すること、讃美することは、神は神を喜ばせて、恵みを私たちに与えます。その一つがキリスト様からの癒やしですね!
神様のご性質、神格の一部に癒しが在ります。

ルカ
7:7 ですから、私のほうから伺うことさえ失礼と存じました。ただ、おことばをいただかせてください。そうすれば、私のしもべは必ずいやされます。
 7:8 と申しますのは、私も権威の下にある者ですが、私の下にも兵士たちがいまして、そのひとりに『行け』と言えば行きますし、別の者に『来い』と言えば来ます。また、しもべに『これをせよ』と言えば、そのとおりにいたします。」
ルカ 7:10 使いに来た人たちが家に帰ってみると、しもべはよくなっていた。

マタイ 8:13 それから、イエスは百人隊長に言われた。「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」すると、ちょうどその時、そのしもべはいやされた。
 
BIBLE&(29)


 私が神戸に居ての電話のカウンセリング。
九州在住するカウンセリーに、話をしていると、神は始めに、その方の心を癒されました。
その方は、乳がんで、自分の乳房を失う事への不安でいっぱいでした。
手術することを勧め、自分の皮膚移植法や新しい人工皮膚で乳房を作ることが出来ることを伝え、キリストが必ず寄り添って下さるからと祈りました。 祈りのハンカチを握って手術を受けられました。

 手術成功の知らせを受ける半年間、祈りました。
神様は真実なお方です。そのご性質から、信じる者に恵みを与えます。
互いに離れて居ても、心を合わせるなら、聖霊様が助けて、聴いて下さいました。

マタイの18の20
ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」
離れていても、特別な距離はないと 思います。確かに、一緒に、同じ場所で祈り会うことの微妙な温度差を感じてはいますが・・<あくまでも個人的な感情、認識の違いです。> 神様には不可能はありません。

この不可能は無い神のご性質、ご神格を、私は強く信じています。
とは云え、一部の人が言われる、祈りだけで癒やす、医師は入らないとは決して云いません。
彼らの知識を知った上で、適切に患部の癒やし、キリストの十字架後の復活後からが、患部に与えられるように祈ります。
むやみやたら、油を振りかけません! 行き過ぎた、間違い。嫌な事件がありましたね。

カウセリー 祈られる方の意識、信仰を尊重なさる神様に、私も従います。
むやみやたらに、桉手をして押し倒すことはしません! 私の信仰ですが、聖霊様の助けで、私の息を聖別して下さるように祈った後に、望む方には息を吹きかけます。その時、聖霊様が満たされて倒れる人も中にはおられます。

ヨハネ20:22 そして、こう言われると、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。」

 倒れる事が目的では無いのです。聖霊に満たされることが重要です。
神からの賜物は全ての人に同一では無いと思います。 中には倒れなくても、見張り役として素晴らしい聖霊の力だと思う働きをなさる方がおられます。

異言もそうです。異言が全てでは無く、如何に神の御心を知って祈るかが重要です。
異言は、祈る本人は分からないことが多いです、その方の霊が祈るのです。
つまり内住の聖霊様が、父なる神に、その方の霊の状態を伝えて祈るのですから、これも賜物です。
一部の人には別な賜物、異言の解き明かし力を与えます。 
異言がでないと悩むことでは無く、心解放して、聖霊様を歓迎して、待ち望めば異言は与えられます。 異言のいの字も教えていなかった、90歳の母親が、賛美の途中に、異言で歌い始めました。やはり、賛美することが、全ての信仰の要だと思いました。
その時、母が涙を流して賛美し感謝をしていました。本人、母が異言だと知らすに賛美して歌っていたのを見ながら・・私は感じ、思いました。 

賜物という意味がカリスマです。過去に間違ったことを聞いてしまったり、行き過ぎから嫌な思いをした方々が確かにおられます。冷静になれば、カリスマ=賜物は、神からの贈り物です。
カリスマを全否することはなさらないで下さい。それは、神様の気質=神格から現れる事ですから、これを全否定すれば、知らずとしても、神様の神格を否定するのと同じになりませんか?

カリスマ
ローマ1:11、5:15-16、6:23、11:29、12:6、第一コリント1:7、7:7、12:4,12:9,12:28,12:30,12:31、第二コリント1:11、第一テモテ4:14、第二テモテ1:6、第一ペテロ4:7にギリシャ語のこの語が出て来る。ローマ5:15は救いの恵みの賜物、6:23は神の賜物「キリスト・イエスにある永遠のいのち」、11:29は「神の賜物と召し」です。

 
私たちへの最大のカリスマはキリスト様です。

大いなる父なる神様を 御子キリスト その流された血潮と救い。
私たちの助け主 聖霊様を讃美します。

追記、もう一人、乳がんの方の為に祈っています。彼女は現在。手術することを拒否、祈りだけでと言っていますが、間違っていないかと・・御心なら癒やされずに死んでも良いとさえ云っています。・・しかし、生きる事自体が神の恵みです。 それを放棄しないで、手術できるチャンスも神の恵みだと私は伝え云っています。 その方のためにとりなして下さい。名前は仮に・・O.Mさんとしましょう。
 どうぞ、とりなして お祈り下さい。

いつも心に

留めている言葉があります。それは下記の言葉です。

 旧約聖書の詩編 103:2 わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。と言う聖書からの言葉です。

日常の生活の中で感謝な事があれば、心の留めて繰り返して感謝し賛美します。
何か良いことが有れば、神に感謝を捧げます。何か人から親切にされても、何か頂いても、その背後にある神の支えや恵みを感じられるならば、その方、個人と神に感謝を捧げます。
只。一度の感謝や賛美ではあまり意味が無い気がします。 

繰り返すことを聖となさった神様です。 何のこっちゃ?(^0^) 

申14:4 あなたがたが食べることのできる獣は、牛、羊、やぎ、
 14:6 および、ひづめが分かれ、完全に二つに割れているもので、反芻するものは、すべて食べることができる。
サックリと言うならば、反芻する動物を神は好まれました。その行動から甲斐が見ると、神の御言葉を繰り返して、繰り返して::神の御言葉を味わうことを喜ばれる神の気質がうかがえますね。

さて、昨日は繰り返して賛美できる嬉しい出来事。知らせが届きました。

kasaburannka_0 (1)


九州にお住まいの方に、祈りのハンカチを、お送りして、乳がんが癒やされたとの連絡を受けました。 誠に、誠に感謝。神を賛美します。

乳がんは女性の大敵!悩みの深いです。乳房を失う悲しみは深いです。
家族の方からの相談で、手術をためらっていた方の為に、祈りのハンカチをお送りしました。
今は、乳房を失っても、人工皮膚を使用した乳房を作れるようになっています。

早めの手術を行いながらも、神の癒やしを求めるようにお奨めしました。そして、昨日、術後の経過が良くて、感謝のお手紙が届きました。今朝に成って、電話でそのようする伺いました。
乳がんの方はクリスチャンでは無かったのですが、親族=相談者から渡された祈りのハンカチを握り手術台に乗られました。

 手術が成功して、キリストの信仰も芽生えたようです。感謝ですね。
私自身の記憶に深く残り、繰り返して神を賛美できる出来事です。
良い知らせは何度。聞いても嬉しく、何度も神様を賛美できます。
牛が食べ物を繰り返して反芻するかのように・・

一度あった 受けた恵みを繰り返して思い起こすと、また別な角度から、神様の御心の深さを味わい知る事が出来ますね。

生きる事、この世に生を受けたこと自体が、神の恵みであり御心です。
その事をどのように活用していくかは、私たち自身の責任、考え方 とらえ方次第です。

乳がんで、乳房を失うことをを、拒否なさる方もいるようです。

それは死を待つことになりませんか?それは自殺では無いでしょうか?生きる事は神の御心ですから、手術が受けられるチャンスも神の恵みです。

生きるために必要な衣食住を、幼子のように成って求めます。神は必ず答えます。幼子のように求めること事態が神の心です。答えを出すことは神さまです。

 この間には・・つまり父なる神さまが、回答を出すまで時間差が伴います。そこには忍耐が伴い試練とも受け取られることも多いです。でも答えられるときまで食い下がっても祈りましょう。

 さて信仰だけで病気を治すとか言う人。行き過ぎには、私は反対です。
医師の知識も活用して、分かった患部に合う用に、細胞の復活など適切なあらゆる面からの祈りを、私は行っています。 

 逆に祝福の祈りをしていると、身体に癌が有る事が分かった例が3件あります。 私の忠告=病院での検査をするように伝えて無視した方が、お一人が手遅れになり、お二人が病院の検査を受けられて手術を受けられて、今もお元気です。

 
cあじさい42

癒やしの祈りには様々な問題 信仰姿勢がためされます。 クリスチャンでも真っ向から癒やしを否定する方には、悲しくなります。何故かと申しますと、神のご性質 人格の一部をなしているのは癒やしなのです。
癒やしを否定することは、神様を否定するのと同じでは?とそんな気がします。

父なる神の最大の癒やしは。私たちの魂の癒やし 永遠の救いのために。御子キリストを十字架に架けてさえも救い、癒やしをお与えに成られたことではありませんか?

おはようございます。

今日は選挙の日。
今回は、選挙権引き下げどうなるかなぁ?
今回は、どのようように影響を受けるか?
  
報道関係各社は、余り言わない気がする。安倍内閣からのプレッシャーが影響を受けたのかな?
その分、SNSが発達し様々な意見が飛び交います。どれが正しく 正しく無いのか?見極める事がより必要に成りました。

個人的にはアメリカに負んぶされず、戦争放棄する国が良いです。負んぶに抱っこだから アメリカの要請?又は安倍首相の見栄張りか?武器使用する国に変えるのは行き過ぎ感があります。

世界には武器使用し無いで戦争放棄している国が有ります。
安倍内閣が海外に行くたび。外貨の置き土産。悪くは無いが 額が多過ぎかな!
その分 自国の予算が 福祉予算額減るのはおかしく無いですか?
置き土産の見栄張りコメントが、日本がISからのプレッシャー、テロ攻撃の可能性を引き出した感がしませんか?

情報不足故も有りますが、オリンピック誘致する安倍首相の見栄張りコメント?放射のは完成にコントロールされていると発言?情報開示より早く、秘密なコントロールされた気がする。
原発再稼働している。万が一の時を想定してはい無い!これは戦争する国に変えるより危険な事だと分かってしまったはずなのです。

正しく伝える、情報不足故の無関心に人を変える。
若い頃は選挙にはいけなかたった!日曜日も仕事だった。選挙権引き下げられた若者は将来をどうするのか?
私自身は若い頃は、期日前投票するには至っていなかった。反省!
自分の将来を考える40歳台からは、期日前投票するように成りました。
クリスチャンとしても 日本国と世界の国の為に、祈らなくてはなら無いですね。

イスラエルの平和の為に、 イスラエルが平和であれば、再臨が先伸ばされて、日本人が救われるチャンスが増えるかもしれない!

天皇家の為に祈ることも大事です。嫌が追う無しに、国を動かす、内閣のためにも祈ることが大切です。 国のために、平和を祈ることを、神が喜ばれます

レビ 26:6 わたしはまたその地に平和を与える。あなたがたはだれにも悩まされずに寝る。わたしはまた悪い獣をその国から除く。剣があなたがたの国を通り過ぎることはない。

競汽 21:14 こうして、彼らはサウルとその子ヨナタンの骨を、ベニヤミンの地のツェラにあるサウルの父キシュの墓に葬り、すべて王が命じたとおりにした。その後、神はこの国の祈りに心を動かされた。

ゼパ
3:9 そのとき、わたしは、国々の民のくちびるを変えてきよくする。彼らはみな主の御名によって祈り、一つになって主に仕える。

競汽 24:25  主が、この国の祈りに心を動かされたので、神罰はイスラエルに及ばないようになった。
 
砧鷁8:39 あなたご自身が、あなたの御住まいの所である天で聞いて、赦し、またかなえてください。ひとりひとりに、そのすべての生き方にしたがって報いてください。あなたはその心を知っておられます。あなただけがすべての人の子の心を知っておられるからです。

詩122:6 エルサレムの平和のために祈れ。「おまえを愛する人々が栄えるように。

122:6 エルサレム{国}の平和のために祈れ。「おまえを愛する人々が栄えるように。

ステパノとパウロに魅せられて

ローマのアッピア旧街道。
アッピア街道


そこにあるサン・セバスティアーノ聖堂の脇から入れるカタコンブには、ステパノ{セバスチャン}の棺が安置されています。彼の物語は皆さんがよく知っています。キリスト教における最初の殉教者です。ステパのは語学に長けていました。それで、へブル語を話す人々とギリシャ語を話す人々の調停役でもありました。 またキリストの聖霊を受けて不思議としるしを行いました。
カタコンブ1986年


当時のユダヤ人 ユダヤ教徒からは、キリストの宣べることから反感を買ってしまい石投げの刑罰で殉教しました。
アッピア街道地下墓標 カタコンブ

最後の一言は、「天におられるキリストが見える!」でしたが一層の反感を引き出す言葉となりました。
聖霊を受けたステパノにしか解らない世界がありました。使徒行伝7章=旧約の歴史も解ります。

その場にいた青年がパウロ。後に、復活したキリストに出会って改心しました。また異邦人宣教の立役者となりました。


ステパノの墓から歩いて行ける距離に あるクオバディス Quo Vadis 記念教会で、復活したキリストを思い巡らし半日程。祈りました。福音を、語りたい原点に成った場所。その所にはキリストの足跡が大理石に彫刻されて残されています。
 
Quo_Vadis_Via2
Quo vadis, Domine? クオ バディス ドミネとは、主よ いずこへ の意味。 
参考 ヨハネでも使われて言葉です。
キリストの足跡1986年

ヨハネ 13:36 シモン・ペテロがイエスに言った。「主よ。どこにおいでになるのですか。」イエスは答えられた。「わたしが行く所に、あなたは今はついて来ることができません。しかし後にはついて来ます。」
クオバデス教会

パウロがローマの宣教に 困難を覚えて 撤退します。 ネロ王他がローマ皇帝が神でしたから、キリストを神と言うだけで捉えられ殺される時代でした。コロッセオでライオンと闘わされたり、多くの殉教者が生まれました。

ローマ帝国におけるキリスト教徒への迫害は日を追うごとに激しくなり、虐殺を恐れた者たちが国外へ脱出する事も当たり前になっていた。ペトロは最後までローマにとどまるつもりであったが、周囲の人々の強い要請により、渋々ながらローマを離れるのに同意した。夜中に出発してアッピア街道を歩いていたペトロは、夜明けの光の中に、こちらに来るイエス・キリストの姿を見る。ペトロは驚き、ひざまずき、尋ねた言葉が『主よ いずこへ?」でした。

その街道で 復活したキリストがローマへの道を歩いていると気がついたパウロが 発した言葉に主キリストは答えます。

 キリストの返事は、『私はもう一度 十字架に掛かる為に ローマへ行く。あなたが私の民を見捨てるから、私がもう一度、私の民を救うために十字架に係に行く!」とパウロに語ります。

キリストの栄光に圧倒され気を失うパウロ! しばらくして気が付き起き上がり、
ハッとしたパウロが再び ローマに戻り宣教活動を続けます。
そしてその後 パウロは宣教し大きな収穫 大勢の信徒に成りました。
しかし 迫害は益々激化します 

パウロは捉えられて パウロは十字架に掛かる。 キリストと同じではもったい無いと逆かさに十字架に掛かる事を望み 殉教しました。


1986年のことですが このクオ バデス教会で半日ほど キリストの足跡の側に座り祈っていました。
私は当時、アルジェリアに滞在仕事をしていました。短い休暇中に訪ねました。

その場所 クオバデス教会で祈っていると献身したいと思いが沸いてきました。
現実とは色々の条件や環境からはかけ離れてもいました。 まして罪深い自分が献身してはいけないとも、キリストの足跡に触れながら泣きながら格闘していました。

今振り返ると当時を思い出します。死に至るまで、福音を伝えていきたいと思いと、自分はふさわしくない思いとが交差して祈りました。

自分の力や行いで福音を語るのであれば、今日の私は存在しません。
ただキリスト!その恵みとキリストの業によって福音が語られます。
 
今頃になって本心からキリストに在って 決意が出来る最近です。
 
黙 2:10 あなたが受けようとしている苦しみを恐れてはいけない。見よ。悪魔はあなたがたをためすために、あなたがたのうちのある人たちを牢に投げ入れようとしている。(中略。)
死に至るまで忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。


日本や世界の情勢が刻々と変わりつつあります。その中でキリストの信仰を固く守り持ち伝えていきたいと願っています 。

皆様からの御加祷を 此所にお願いする次第です。主にありて!

*キリストの足跡、 
サン・セバスティアーノ聖堂に有る足跡がオリジナルとか?

キリストの足跡 1986年
 

自分を愛せない人がいます。
  
 父なる神。キリストは私たちを貴重で高価な存在に例えて下さいました。     

イザヤ 43:4 わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だからわたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。
                    
  どうすれば、神と自分を愛せるようになるのでしょうか?  
どのようにすれば、もっと自由になれるでしょうか?
どのようにすれば、よいのでしょうか?

詩 49:8 ──たましいの贖いしろは、高価であり、永久にあきらめなくてはならない──


キリストの言葉には愛と思いやりが溢れています。それらの言葉は、全て私たちに向けて語られています。その言葉を信じて、十字架で私たちの悪い行い。考え方。神の望まない生活から生まれた考え方が行動を悔い改めてやり直すことが出来るチャンスが、キリストの身代わり、十字架の死を、自分のためだったと・・信じるだけです。

何故?キリストの十字架の死が、私たちの身代わりなのか?

罪を犯した物は裁かれます。罪は死をもたらします。キリストは私たちの罪を背負い身代わりとなって死んで復活をしました。

聖書では、神の意志から的外れになったことを、一般的に罪と言います。国の法律上の罪とは意識が・・性質が違います。アダムとエバは、神に従うように創られましたが、神は奴隷としては創らず、自由=選択できるように=神の性質の一部も与えました。
その自由を利用されて、サタンに騙された結果。神の本来の意思とは違い的外れなこと。創造主の父なる神に対して罪を犯してしまいました。

現代に生きる私たちも、神の目から見たら、私たちは神の思うことからは的外れな生活をしています。
その結果。キリストの再臨後に、永遠の裁き(地獄とも言います。)が待っています。その永遠の裁き、苦しみから回避できる唯一の方法がキリストの身代わりの死を選択して信じる事です。

 聖書ではハッキリと書いてあります。
ローマ書6:23 罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。

キリストが天に上がる前に愛の言葉を残られています。これはあなたご自身に向けられた、愛と思いやりの言葉です。

 私はもういなくなります。彼らは世におりますが、私はあなたのみもとに参ります。
聖なる父よ。あなた私に下さっているあなたの御名の中に、かれらを保って下さい。それは私たちと同様に、彼らが一つと成るためです。私は彼らと一緒にいたとき、あなたが私に下さっているあなたの御名の中に彼らを保ち、また守りました。

彼らの内に誰も滅びた者はなく、ただ滅びの子が滅びました。それは聖書が成就するためです。
キリストの祈りより → ヨハネ17:11〜12


  キリストの幸せになる法則を受け入れて、霊的な完全な自由を得て下さい。これから生きてゆき為に,幸せの法則から外れないための注意を少し書きます。
 
 1 この世の終わりの時(最後の審判)まで悪魔は存在しています。このことを良く心にとめて下さい。実際的に知り、気を付けなければ成りません。
 
      地上に存在する色々の教えや宗教の中で,明確に悪魔の陰謀ことを
    書いてあるのは聖書のみです。 
       神の契約、約束通り 悪魔の頭は打ち砕かれました。創世記3:15 
   その力に制限が加えられました。  しかし、とてつもなく悪あがきをして
   暴れています。 汽┘撻州機В
 
       悪魔が完全に縛り上げられる日がこの世の終わりの日です。
   マタイ25:41
       しかし、油断してはいけない。悪魔は汚れた霊や惑わす霊、
   偽預言者の霊、占い者の霊 異端、偽りの教え、悪霊などを使って信者で
   なくても、その生活を失敗させようと必至です。
          
       人間関係、家庭などを破壊させようとしています。  マタイ12:25
       不信仰な者 確信がない者を捜しています。    汽撻謄蹌機В掘腺
    А^貪戞気を許して信仰や気持ちを譲ると攻撃を開始します。
              マタイ12:44〜45
       悪霊に憑かれて病を引き起こします。 (イエスはこれらを癒します。)
              マタイ8:15〜17 

マタイ 4:24 イエスのうわさはシリヤ全体に広まった。それで人々は、さまざまな病気や痛みに苦しむ病人、悪霊につかれた人、てんかんの人、中風の人などをみな、みもとに連れて来た。イエスは彼らをいやされた。
 
    精神的な混乱をもたらす。 マルコ5:1〜10 使徒16:16〜18
       確信のある者は避けます。 ヤコブ4:7
 
   悪霊は住み心地の良い処<魂>を捜しています。マタイ12:43〜45
      特に 霊的な空き家(無関心)を探しています。マタイ12:45
       常に祈りを持って,神の助けを得て勝利をしなければ成らない。  エペソ6:11〜18
 
      悪魔は祈る事と聖書の神の約束を知ることを一番嫌います。
                                    汽┘汽蹈縫 5:15〜19
      霊とまことを持っての礼拝を,悪魔は一番嫌います。  マタイ4:8〜11
 
  亜 ‘曜日=復活した曜日の記念の感謝礼拝、イエスの伝道を恐れます。

   2 上記のことから,下記の5つのことを常に覚えて生活し現実化しなければならなりません。
 
     .ぅ┘后Εリストを正しく、深く知る事です。イザヤ53:5 轡茱魯唯院В押
    汽茱魯唯魁В
         イエス・キリストの名と十字架の身代わりの死で流された血の力を
    知って下さい。その力は悪魔の力を打ち砕きます。悪魔はその御名の前では何の力もありません。
 
   ◆\蚕颪房┐気譴討い觧旭粍貘里凌世領呂鮨じる信仰が強くならなくては行けません。 ヨハネ3:16 
* 三位一体=父なる創造の神、御子なるキリスト、聖霊の神
 
     イエス・キリストを心の中心に据え置くこと。家庭の中心、職場の中心、生活の中心に受け入れる祈りを持ち、歓迎しなくてはいけません。
 
      イエス・キリストの御名と力を認め、現し、証しする事が生活の中心になれば勝利します。ローマ10:9〜10 マタイ10:32〜33 16:13〜18 使徒2:21
 
     イエス・キリストがあなたの主人になれば、聖霊があなたの能力、環境、知性、背景と無く働いて下さいます。使徒1:8

3 内なる人の変革があなたに起きます。そのステップ、あなたは今どこですか
 
               jika 34059
     
生まれながらの人 の状態を絵にすると右の様です。自己中心的です。  
 








肉に属する人         キリストを信じたが自我が残る人は
右の絵のようです          自我ー











霊に属する人 右が神を中心の生活、考え方をする人
                     IMG_1057 - コピーのコピー


1 キリストを中心に受け入れ、悩み。罪の問題等を、解決しましょう。恵みとしても癒やし、主にある幸せ、祝福を得ましょう。
マタイ11:28
 




IMG_1030

 2 キリストを中心にして受け入れ、自己を捨てなくてはいけません。マタイ 6:31〜34
 
3 キリストを中心に受け入れ、 様々な心配を捨てなくてはいけません。
   マタイ6:31 そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。6:32 こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。

自分から考え方を閉ざして、閉廷的な考え方をしないようにしましょう。神は多くのチャンスも与えます。一定では成りません。多様性の一致があります。

4 キリストを中心に受け入れ、 経験を先立たせてはいけません。常に心を柔軟に
神のお声を聞きましょう。神は新しい道に、新しい経験をさせて下さいます。
 
 閉廷的な考え方から、神はこうであると決めつけないようにしましょう。神は自由で意のままに変えられます。いつも熱心に、神を知りたいと飢え乾く事が必要だと思いませんか?
神に出会いたいと願い続けるならば、神は応えて下さいます。
神の御心、聖書の奥義を そ〜っと教えて下さる方です。聖書の深読みが必要です。
議論と裁くことを止めて、許し合う人には。神は来て下さいます。
 
 5 キリストを中心に受け入れ、先入観も捨てましょう。
 
   * キリストを信じるなら、助けぬ主である聖霊様が、
     あなたの心に来て下さいます。
     聖霊の助けは完全です。素晴らしいお方です。 
  
       全知全能の神に委ねることの素晴らしさを味わうことが出来ますように。
愚痴をこぼさずに、神について行けます。神の恵みの深みに入れます

ヨブはこのようになっても罪を犯さず、
      神に愚痴をこぼさなかった」
ヨブ 1:22
 

暑い日が続くようになりました。
 
私のリビングの壁には少年ダビデの絵があります。
スペイン マドリッドプラド美術館で購入した複製画です。
この絵を見て 旧約聖書の時代を空想します。
 

さて、私たちは色々な願いを神様に!けれど、賛美する事を忘れたいけないと思う、。

祈っても答えが無い、『神は私の事なんか忘れてる』と不満を持ちます。
 
色々な願いをする前に、賛美をささげて神様が喜ばせたら、神様はその人の願いを快く引き受けてくださいます。

神様にも人格が有ります。その人格に対して、いつも不満や疑心行脚ばかりだと 神様はどう感じてしまうかな?
 
いつも色々な願いや祈りの前に、喜ばせる賛美をささげていたなら、きっと神様にも喜んで、その賛美する人を注視して下さると思う。

癒しも、賛美なしではありえません。ウツの方も多いですが、寝られないとか、明日が不安であるならば、先ずは過去を思い出して 神が良くしてくださった事を賛美します。
 
一番の素晴らしい良い事は 十字架の救いです。これを賛美しないで何の意味も無い。
私たちの癒しと願いは消え去ります。

 

このページのトップヘ