google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2016年07月

人は何かの圧力に対して

不満を持ちやすいです。

自分が出来ると思っていても、禁止された場合。
上司からの命令に従えないとか・・?色々の理由とケースがあります。 
不満は疑いや心に外壁を作ります。怒りにも、争いにも変化してしまいます。

アダムとエバはエデンでは自由に行動できました。ただ一つを除いて・・!神はアダムとエバの二人に自由の意思を与えて、その自由から神に従うように仕向けたのです。彼らは奴隷として創られずに、神の子でした。 禁止されていた木の実を、サタンは、一つの不自由の不満感情を上手く利用しました。その不満を誘惑の感情、疑いに変えてしまい、アダムとエバはサタンの罠にはまってしまいました。



さて、同じように、神の命令 プレッシャーに背いた一人の人がいます。それがヨナです。
異邦人であったアッシリア人が悔い改めるように、ヨナを用いて命令を出しました。
へブル人だけの神だと思っていたヨナは不満を持ちます。神の命令はヨナの思いを越えていたので不満感情に発展してしまいました。聞きたくないと思ったのです。

ヨナ1:2〜3 「立って、あの大きな町ニネベ(現在のイラク モスール)に行き、これに向かって叫べ。彼らの悪がわたしの前に上って来たからだ。」
 
64621398
             
(アッシリアの城壁)
 しかしヨナは、主の御顔を避けてタルシシュ(スペイン)へのがれようとし、立って、ヨッパに下った。彼は、タルシシュ行きの船を見つけ、船賃を払ってそれに乗り、主の御顔を避けて、みなといっしょにタルシシュへ行こうとした。

 この後の展開は、旧約聖書のヨナ書をご覧になりますと、大変おもしろい展開がなされています。 
ヨナが乗り込んだ船に、神は嵐を送ります。当時の人々は多神教でしたので、誰かの神が罰を与えていると考えていました。くじを引くとヨナに当たります。嵐を沈めるために、ヨナを海に落として誓願します。
ヨナは大きな魚の腹に飲まれ三日三晩を過ごします 。この三日三晩は、キリストの十字架後、復活までの日にち、時間と同じです。

通説では大きな魚は鯨では無いかとも言われています。
 鯨では無くて絶滅した海獣
レビヤタンだったかもしれないです。
ヨブ41:1 あなたは釣り針でレビヤタンを釣り上げることができるか。輪繩でその舌を押さえつけることができるか。

その海獣が再び、ヨナを吐きだして、ニネベーアッシリア向かわせます。
 ヨナ3:1〜3:3 再びヨナに次のような主のことばがあった。
 「立って、あの大きな町ニネベに行き、わたしがあなたに告げることばを伝えよ。」
ヨナは、主のことばのとおりに、立ってニネベに行った。

神は一度。失敗した事を再度行わせる方です。 一つのハードルを越すまで、また違う課題で、忍耐なさって神の命令、願いに向き合うようにして導いて下さいます。
この繰り返してまでも、訓練して下さる神に感謝をしましょう。

神が私たちに願うこと。その時には、私たちの自由という権利を、神に服従するように変えた場合は
大きな祝福が後にやってきます。

ヨブ
9:10 神は大いなることを行って測り知れず、その奇しいみわざは数えきれない。
 9:11 たとい神が私のそばを通り過ぎても、私には見えない。神が進んで行っても、私は認めることができない。
 9:12 ああ、神が奪い取ろうとするとき、だれがそれを引き止めることができようか。だれが神に向かって、「何をされるのか」と言いえよう。

ヨブ
 27:2 私の権利を取り去った神、私のたましいを苦しめた全能者をさして誓う。
 27:3 私の息が私のうちにあり、神の霊が私の鼻にあるかぎり、
 27:4 私のくちびるは不正を言わず、私の舌は決して欺きを告げない。

神の御前では全ての権利は無いのです。罪の結果、黄泉に行けと言われたら・・従うほかに無いのです。 

ヨナはニネベの町々に、断食と悔い改めを呼びかけます。
その呼びかけに応じて、ニネベの王と民は悔い改めて神の怒りの裁きから逃れました。
エホバなる神はへブル人だけの神だと思っていたのでしょう。この事に再び、ヨナは不満を持ってしまいます。
願ったことと違っていたら、
私たちも神に対して持つ事があります。けれど素直な怒りに対しては
神様が応じて解消なさる 神格 人格が有る事がうかがい知れます。

ニネベの行く末を観察させるために、一本のとうごまを生えさせて、また一日の内に枯らして、教訓と訓戒をヨナに教える個人対応を、神様はなさいました。

20090828_599774

            (とうごまの木)
ヨナの不満を解消させて命の尊さ、神の裁きを逃れることの重要性を教えられました。
私たちも率直に、幼子のように、神への疑問をぶつけるのであれば、神は丁寧に教え諭して下さる愛のある神です。 あなたの持っている神への不満はありませんか?それを素直に 聞き治すことの大切です。
不満や疑問を持ったまま キリストから離れて、信仰を捨てることが無いことを、私は心から願います。私以上に、十字架に掛かってまで、あなたを救い癒やそうとしているキリストから離れないで頂きたいのです。

Ricinus_communis001

 神はとうごまを生やさない代わり、何か、あなたに一番良い物を示されます。
その事に、気づいて頂きたいです。神は見えないからですが、何かを通して、神様を知る事も大切です。
ヨブ
 9:11 たとい神が私のそばを通り過ぎても、私には見えない神が進んで行っても、・・
本来ならば目には見えない神ですが、熱心に願うのであれば 神はその存在をあなただけにソ〜と語られます。
  イラク サーマッラーのカリフ・アル・ムタワキルの尖塔
e0063212_1113723ダウンロード













画像 419

ニネベの遺跡後

画像 411

                塔の下に私がいます。
             バビロンの遺跡 下の画像

画像 417バビロンの獅子













現代のとうごまは クーラーかな?神の哀れみは永遠です。恵みも永遠。神からの愛と思いやり永遠です。神の救いも永遠に、信じる者に与えられています。
素直に訴えかけて祈るならば、神は回答し、回復してくださいます。


あなたに祝福を願い祈ります。
**********************************

お気に召したら下記のランキング用のバーバーをワンクリックをお願い申しあげます。
もしも、あなたがワンクリックなさると、福音が広がるチャンスに変わります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

幸せの法則 NO9より  
 
聖書の言葉信じたら、祈りの答えを期待しますね。 
 
してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良いものを与えることを知っているのです。
 とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうし聖霊を下さらないことがありましょう。」
                                           ルカ11:5〜13  ルカ18:1〜8


神様は全能ですので、わたしたちの祈りを聞いて答えて下さいます。罪人が神様に要求することができないので、罪なきイエスの名によって祈れば、わたしたちの祈りに答えて下さるのです。
(ヨハ16:24)
 

1.不信者の祈り<ノークリスチャン、キリスト以外の信仰者>はなぜ答えられるのでしょうか。
 
(1) すべての宗教はみな祈祷文を持っているか、祈携の形式を持っています。
      言葉は、アダムが神に似せて作られたときに、神との会話の手段として
   人間に与えられた物です。
言葉は神の霊の一部です。その祈りの対象者によって答えが来ます。
 
 ‘以を拝むのに、なぜ答えられているのですか。   
  背後の悪霊がその願いを聞きます。それはキリストの栄光を妬み、奪いたいからです。
 
◆ヾ筺大木などに供え物を棒げ持むのになぜ答えられているのですか。
 紙、絵、写真などに祈るのになぜ答えられているのですか。
ぁ(壇、神搬、手でつくったある形(偶像)、水晶の玉などに祈ると答えられるのは
  なぜでしょうか。
ァ‖召瞭端譴塀ゞ誼賃里了愼骸圓燭舛砲靴襪靴現われるのはなぜでしょうか。
   その答えはマタイ24:11に示されています。
 マタイ24:11 また、にせ預言者が多く起こって、多くの人々を惑わします。 
  
 
(2) 不信者たちは祈ればとにかく答えられます。良いものであれ、悪いものであれ、
   いったん目の前の欲は満たされます
が、結果はもっと大きく失敗します。
 
(3) 神様の子供には神様が次の三つの方法で答えてくださいます。
 
 ゝГ辰芯未蠅砲垢暗えてくださいます。
◆‖擦砲覆襪、不要なものは与えません。これが答えです。
 もっと良いもの(ほかのもの)をもって答えてくださいます。それは神様が
  その民を祝福しようとするからです。
 
2. 神様に答えられる者の資格があります。
(1) ヨハネ1:12   必ず神様の子ども
(2) ヨハネ16:24 イエス・キリストの名によって祈る
(3) 詩編66:18   罪を悔い改めることによって
(4) ルカ11:5〜12 信仰をもって祈る
(5) ルカ18:1〜8   最後まで忍耐をもって祈る
(6) ピリピ 4:6〜7 考え、思い、知恵を与えて答えて下さる
 
2. 神の子どもは 祈るときに注意することがあります。
 
(1) 『わたしの思い通りに。』ではなく、『神様の全き御旨通りに。』
(2) 『わたしの計画通りに。』ではなく、『神様の大いなる計画より。』
(3) 『わたしの環境をj。』ではなく、『神様の隠れた計画を。』
(4) 敵に『報酬する心で。』はなく、『赦す心!』
(5) 神様の御旨に従おうとする心でしなければなりません。
 
4. 祈りは霊的な、会話と似ています。
 
(1) 祈れば聖霊が働かれます。(ルカ11:13、マタイ12:28)
(2) 聖霊が働かれると必ず悪霊の力が縛られます。
                   (マタイ12:28〜29)
(3) 聖震が働かれると神様の天使たちが遣わされて主のわざをなします。
 
      ,悒屮襭院В隠
    ◆ 〔杣録8:3〜5
      ダニエル10:10〜20
 
(4)その時から周りの環境が変わり始めます。(エステル1:14)
 
(5)答えとして、人を送ってくださいます。(使徒10:1〜19)
 
 〜論さ18:2〜15 例 アブラハム 
◆´砧鷁Γ隠后В機腺掘 [磧.┘螢
◆´粁鷁Γ供В隠魁腺隠掘[磧.┘螢轡
ぁ´粁鷁Γ押檗В院腺隠亜[磧.劵璽ヤ
ァ〇氾味院В隠亜腺隠
Α〇氾味機В隠后腺横亜〇氾味隠亜В院腺粥〇氾味隠押В院腺隠
А〔杣録1:1〜20
 

 神様は理解を超えて人の心を動かして、あなたを助けます。 
異邦人であったペルシャの王クロスをもちいて、
ユダヤ人を助けたように、
あなたに敵対する人を排除したりもします。

エステル女王の物語を一読してみれば
わかります。
でも信じて祈らなければ起きません。それらの基本は、神の第一とすることです。
 
 また他に霊的に落ち込んでいたら、霊的に素晴らしいに出会う人々。
 多くの方々から素晴らしい励ましを、
聖書の言葉からの受けたりしました。
 
 燃え尽きない希望を胸に抱き続けることも重要です。 
 あなたが神に捧げたい事、 主のために、達成したいこと。隣人のために、キリストの愛と福音を
 伝えたいビジョンを燃やし続けると、様々な形の助けがあり 訓戒と注意もあります。

ヘブル 3:6 しかし、キリストは御子として神の家を忠実に治められるのです。もし私たちが、確信と、希望による誇りとを、終わりまでしっかりと持ち続けるならば、私たちが神の家なのです。 

 
私自身のことですが、願いはありましたが、神学校入学のための学費が貯まることが困難な状況下でした。
その頃、ある方の末期癌のために祈りましたら、3年近く延命、長生きなさいました。その後、私の願いを知って下さって、三年間の学費と捧げて下さいました。
 
ヘブル 6:11 そこで、私たちは、あなたがたひとりひとりが、同じ熱心さを示して、最後まで、私たちの希望について十分な確信を持ち続けてくれるように切望します。 

  最後まで、主に信頼をして祈る事が大切です。また御心捜して自分で出来ることはする事が
  よいです。大切ですね。 祈って待つだけでは・・・必要な行動しないのは良くないと思います。

祈りは神との会話です。信じて祈るなら力となります。それは神の力へと変えられるからです。
神ご自身を求めましょう!すると必然的に、 神の力を知る事となります。

ヘブル11:1 信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。

お気に召したら下記のランキング用のバーバーをワンクリックをお願い申しあげます。
もしも、あなたがワンクリックなさると、福音が広がるチャンスに変わります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

疑うことから、 
不信が生まれます。 

理性から、信じようとしますが、信じられない時は、ジレンマからウツ症状にもなりやすいですね。
 
期待していた人、愛する人が急に亡くなったと思っていたら、未だ死んでいないと聞いたら、通常の常識を越えてしまいますね。 
それを経験した人、トマスがキリストの弟子の一人でした。
彼がキリストの復活を、肌で体験した人です。
キリストの弟子からは、キリストが生き返った、復活したと聞きましたが疑い不信感を持ちました。

神はその不信感を、キリスト様の豊かな愛が、トマスの疑いを払拭しました。
彼の眼の前に現れ。トマスの心を癒して訓戒し励ましましたね。トマスは、キリストの手に大釘が打たれ穴が空くことを、その目で見ていました。トマスは泣き、心に深い傷を負いました。しかし、その穴の空いた手を出し、キリスト様が慰めた一番の理由、方法だったのではないでしょうか?
ペテロは逃げ出して、十字架の丘には行かなかったかもしれない。
ここに神の個人的対応が在ります。


神は奇跡を起こす方。
           
奇跡は、神には何でも無いこと。神を知らない人には、奇跡を持って、神は接して下さるね。奇跡を求めることが第一では無いけれど、神を真剣に求める人には奇跡やしるしが伴います。それは神ご自身の人格、ご性質だからです。

奇跡やしるしを求めることは、信仰が弱いからだとは?
(ヨハネ20:29 から癒やしや奇跡を求めなくても良いと言う方。求めるの不信仰だからと言う方も中におられます。)
 
色々の神からのしるし、奇跡 癒やしは、神をより深く知って信じる為なのです。このヨハネ20:31 に着目しなくてはいけないと思います。
トマスだけが、イエスの身体に触れること(復活後、マグダラのマリヤはイエス様の身体には触ることが出来なかった!) トマスだけが許された意味を知って下さい。

ヨハネ20:29 イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」 
この29節から、しるしを求めるのは信仰が弱いからだ!と言いきる方もいます。
けれど、30節から注意すると 神を信じるために必要でもありと書いて有ります。
 
 20:30 この書には書かれていないが、まだほかの多くのしるしをも、イエスは弟子たちの前で行われた。
 20:31 しかし、これらのことが書かれたのは、イエスが神の子キリストであることを、あなたがたが信じるため、また、あなたがたが信じて、イエスの御名によっていのちを得るためである。
 
キリストが天に昇られた後、ペンテコステの聖霊降臨が来ました。 
その後、弟子たちの祈りが変わりました。
 
使徒行伝 4:30 御手を伸ばしていやしを行わせ、あなたの聖なるしもべイエスの御名によって、しるしと不思議なわざを行わせてください。」

癒やしやしるしを求めても良いのです。決して不信仰だからしるしを求めるのでは無くて、神の栄光を、世の中に伝えるためです 。

名誉や自己満足のしるしと奇跡を求めても起きません。ご注意下さい。
諦めずに祈る、祈り続けることも必要です。 神の御心の時があります。

神に感謝します。私自身。母のアルツハイマー痴ほう記憶喪失からの癒しや私自身の癌からの癒し回復がなければ、こんにちの私、クリスチャンとしての、私がいませんでした。
しるしを求める人は信仰が薄いと言われがち!しかし、それは違うと思いました。
 
ご覧下さり有難うごさいます。神の祝福がありますように。
***********************
お気に召されましたら、下記のバーバーをワンクリックお願いします。
福音を広げるため、多くの方々に目が止まる機会をあなたのクリックで生まれます。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

幸せの法則 NO8    

 イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。
マタイ28:18-20

自分がだれであるかを熟知し、イエス・キリストがだれであるかを熟知する時、神様の力と祝福を実際的に体験できます。それは人間がどこから来て、伺をして、どこへ行くのかを知るときから始まります。           
HPTIMAGE
 
1. まず、七つの事実を確かにしなければなりません。
 
(1) 元来、人間は神にかたどり、神に似せて創造され、神様と共にいる時 平安であるように創造されました。(創世記1:27)
(2) しかしサタン悪魔によって、私たちの霊は死んだ状態になりました。
                                           (創世記3:1〜10、エペソ2:1〜2,ヨハネ8:44)
(3) それ以来、失敗、死、苦しみが絶えず続きます。(創3:11~20)
(4) この世では旅人として生き、永遠の住まい(天国・地獄)へ行きます。   
  (ルカ 16:19〜31)
(5) 神様は人間に神様のかたちを回復させるために、神様の力をもって悪魔の業を滅ぼすためにこの世に来られました。     (汽茱魯唯魁В)
(6) イエス・キリストは真の神、霊であり、真の人間、肉体を持つのです。 
   (ヨハネ1:14 ピリピ2:6〜10)
(7) イエス・キリスト(命)を受け入れる時にすべての問題は解決されます。  
    (マタイ11:28)
 
2. いまから三つの戦いを始めなければなりません。
 
(1) 自分自身との戦いです。(ヨハ8:32)
『そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。』
 
 〇笋燭舛隆超を主に委ね、主の計画を見つけなければなりません。
ァ,錣燭靴了廚い茲蝓完全なる神様の御旨を求めることです。 (マタイ6:9〜10)
 わたしの計画より神様の計画が完全であることを信頼するべきです。 (イザヤ 55:8〜9 ローマ8:28〜29)
ぁ,錣燭靴慮納垢塙佑┐榔廚砲覆蠅泙擦鵝(マタイ15:18〜20)
ァー分を完全に主に委ねなければなりません。(ガラテア2:20 )
Α/人はイエス・キリストであり、主は聖なるお方です。ですから聖別された生活はわたしを完全な自由へ導きます。
 
(2)終りの持が近づくにつれ最後の悪あがきをする悪魔と戦わなければなりません。
 ,錣燭靴領呂任禄侏茲泙擦鵑、イエスの権威によって出来ます。
◆/世了劼箸覆辰燭箸いΔ海箸藁呂任后(ヨハネ1:12)
 天と地においての一切の権威をイエス・キリストは持っておられます。  
  (マタイ28:18)
⊆腓慮威の前では汚れた霊も従います。     (マルコ1:27)
タ世了劵ぅ┘后Εリストが現われたのは悪躍の働きを滅ぼすためであります。 
   (汽茱魯唯魁В検
ΦГ蠅謀える力も主にあります。(ヨハネ16:24)
 
(3)この世と戦わなければなりません。必ず、聖霊の導きを受けなければなりません。
,い弔泙任盒Δ砲られる助け主(ヨハネ14:16)
△垢戮討里海箸魘気─⊆腓量鸞を思い起こさせる聖霊  (ヨハネ14:26)
Дリストによって注がれる油注ぎ、聖霊の御霊の満たしがすべてを教える。
   (汽茱魯唯押В横亜腺横掘
た世領遒臨まれると、そこが天の国と同様にになる。 (マタイ12:28)
聖霊の力を受けます。(使1:8)
 
3.神様のカはいつ現われますか。
 
(l) 神様の子となり、原罪が解決された時から既に祝福は始まりました。
(2) キリストの名によって罪を解決しようとする持、神様の力は現われます。
(3) 苦難、迫害、病、挫折の中から神様の計画を見つけることが出来ます。
 期待を持ち、諦めないで、神の定めた時を持つ事が重要です。
(4) 自分の人生において神様の目的を見つけなければなりません。
(5) 自分が置かれた状況、立場から神様のもっと大きい御旨を悟りましょう。
(6) それらを握って、それらのために祈る時に神様の力が臨みます。
(7) イエス・キリストに信頼し満足できるときに勝利することが出来ます。

聖書の中には沢山の教えはあります。 また牧師、教師からも、その解説を学びます 。
上記に揚げたことは ごく一部です 。
様々な教えに勝ることは、あなたはキリストに、父なる神に愛されている自覚をシッカリ持つ事だと思います。 

イザヤ
43:4 わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だからわたしは人をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。

神の存在は尊いです。

しかし空気に似て、なければ生きてゆけないが、時にはその存在を意識しないことが多い。
だから時に、存在に気づかせられるような不思議、喜び。はたまた病気、苦しみ、災難が与えられるということは、生の価値を認識するありがたい機会となるのだ。
喜びは、誰でもが感謝を捧げます。けれど、喜びの記憶、詳細な事は薄れやすい気がします。

しかし、苦しみ、試練、 病はどのように戦って、どのように向き合ったか?
全く 神を キリストを知っている人と知らない人が居て、 その経過体験は個々に違いますね。
その経験は忘れがたくて、のちに神を讃美することに変えられています。 

ヨブの経験を深く読んで下さい。誤解をしないで下さい。
病気、苦しみ、災難が来るのは、神が与えるのでは無く、サタンが自由に出来る権利を持っているのです。けれどその災いを遠ざけたり、保護するのは、サタン、悪霊に勝る力を持っておられる神の力なのです。
 
キリストを知っていると、乗り越え方が違うように成りますね。
同じような苦しみ、試練 
病の向き合い方が良い結果に成りますね。
それは、神にある永遠の希望を持つことが出来るからです。
 
その永遠の希望の中には、神の愛を深く知り慰めを受けることが出来るからです。
 
愛は空気の様に見えませんが、肌で感じますね。
神との愛の触れ合いから生まれた経過は忘れることは無い。
 
神様は、個人 個人に対して、それぞれに対応し愛を示される。
だから多くの愛の物語が生まれる。
全てに神は応えて下さる。このように期待することから、神に信頼という信仰が生まれます。

ヘブル
11:1 信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。

祈ったけれど、答えが直ぐに無いからと失望しては成らない。 きっと 神は応えてくださると 未来に希望し、確信をするように導かれる。信仰的な確信の無い方!どうか諦めないでください。
神はその時が来たら、あなたに突然、聖書から語りかけてきます。
御言葉の確信、信仰の確信を、。神ご自身を絶えず求める人には報いがあります。

ローマ 8:26 御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。
 
病の場合は強い確信が必要です。
神の愛。言葉を信じ切った人は幸いを得ることが出来るからです。
 
二つの癒しを与えられます。地上では心と身体の癒しを与えて頂けます。
天国での永遠の魂の癒しが与えられます。
 
永遠の魂の癒し、救いをシッカリ知り受けること、理解して神の言葉を信じていれば、地上では心と身体の癒しを受け易くなります。 まだ心と身体の癒しを経験していなくても、希望を切らさずに、神の時を待ちましょう。
 
癒しが先では無く、神ご自身を先に求めましょう。各自に与えられる神の言葉を待ちましょう。
幼子が、母の乳を慕うように 神の言葉を待ちましょう。

祈った事が答えられていない人も・・祈ったけれど また癒やされていない方も・・生きた神の言葉を味わい経験していなくても・・神の言葉とその時を待ちましょう。 聖書の言葉の一語でもを否定しないで下さい。それは神の人格を傷付けることに成りますから・・。
1DSC_0090

キリストへの希望、永遠の癒やしを切らさず 失望しないで待ちましょう。

汽撻 2:2 生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。それによって成長し、救いを得るためです。

私たちは様々な・

うわさや悪口を聞きます。 
その噂や、悪口は次第に心の中で大きくなり、知らず知らずに、
私たちの心を傷付けてしまうことが多くないですか? 人の心はとても繊細で弱くて、何か気になることがあれば、そればかり考えてしまう傾向があります。
 
聖書を読んで信じようとするときに、誰かが、悪い噂をあなたに聞かせたら・・?始めたその噂を振り捨てます。けれど何度も繰り返して、あなたの耳に入れるならば・・気持ちが少しづつ揺れてしまいませんか?
教会内のゴタゴタ、信徒同士の悪い噂、牧師の事、献金の扱い方など悪い言うさを立てる人はどこにでも居ます。

うわさ!その真偽には細心の注意が必要です。
それに囚われてしまって、あなたの信仰がぐらついてしまうことにも成りかねません。

噂話をして、第三者の信仰を傷付けていたら・・それは神をも傷付けることになりませんか?

汽汽2:24 子たちよ。そういうことをしてはいけない。私が主の民の言いふらしているのを聞くそのうわさは良いものではない。2:25 人がもし、ほかの人に対して罪を犯すと、神がその仲裁をしてくださる。だが、人が主に対して罪を犯したら、だれが、その者のために仲裁に立とうか。」

何気ない噂が 神様の心を傷付ける結果と成れば・・そのために神が仲裁に入らないとは!想像したら こわいですね!

私たちは、教会の中のゴタゴタ 噂を耳にしたら、冷静に神様の前に出てとりなして祈った方が良いと思います。
噂に囚われて、被害妄想して 私たちの信仰を傷付けないように、信仰から離れるような原因を心に持たないように細心の注意が必要です。

神様は噂話を 好まれないのです。
 
出エジプト 23:1 偽りのうわさを言いふらしてはならない。悪者と組んで、悪意ある証人となってはならない。
詩 34:13 あなたの舌に悪口を言わせず、くちびるに欺きを語らせるな。

信仰 キリストの尊厳に関わる話を聞いたのなら、その事を語る方とは、少し距離を置くことをお奨めします。
あなたの心や、信仰を傷付けて、キリストへの信仰を失う原因を作らないことです。

あなたが様々な原因から、あなたが傷ついても神に信頼を重ねて下さい。
神があなたを助けます。

詩 34:17 彼らが叫ぶと、主は聞いてくださる。そして、彼らをそのすべての苦しみから救い出される。34:18 主は心の打ち砕かれた者の近くにおられ、霊の砕かれた者を救われる。
 34:19 正しい者の悩みは多い。しかし、主はそのすべてから彼を救い出される

あなたが何か正しいと思えることをなそうとすると、敵対する勢力が交戦してきます。けれど最後まで神を信頼するのです。
神があなたの右の手を取って導いて下さいます。

物事を悪く捉えすぎると、 ウツになったり 被害妄想に陥ったりします。煩わしくなり、考えることを止めてしまいます。祈ることも止めてしまう危険があります。
祈りは神との会話。私たちの力の源となるのです。
妄想=思考停止をすれば、ある程度。心は楽になり、その考え方に逃げ込んで安息しようとします。

でも神の癒やしを願うのであれば、辛いけれども、その考え方や 思いの全てを神の前にはき出す・・。 つまり あなたの思いを全て十字架に付ける必要があります。
十字架に付けるとは?神が背負って歩いてくださるまで、キリストにお任せする心が必要になります。
13051481_1761989867371860_621908800367866805_n


 
詩 34:4 私が主を求めると、主は答えてくださった。私をすべての恐怖から救い出してくださった。

神様は、あなたの行いに拠らず、あなたを愛して罪には定めず、あなたを救い出してくださいます。
罪からの救い。日常生活の様々な問題から解決の糸口を示してくださいます。
示された糸口をたどれば良いのです。

もし日常生活の中で、祈りよりも 讃美よりも 神と人に愚痴を言うことは控えましょう。
愚痴は知らす、知らずに人や神を傷付けることがあるからです。

時折 SNSでツイートしていることを見かけます。日常の心配を何時も繰り返して投稿しています。
そのツイートに対して 優しさや、思いやりから、いいね 励ましのコメントをしている方も大勢おられます。何度も同じ事をツイートしていたら。見る方も・・またかと思いがちです。

ヨブ 1:22 ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。
上記のSNSのつぶやきを反面教師にすれば、このヨブの言葉は大切ですね。

一人で悩んでいるように思えても 神が助けると言うことを、愚痴をこぼしては、否定している気がします。実際には 神は静かに助け手おられると言うことを認識しなくては成りません。
『わたしたちは一人で千人追い払える。あなたたちの神、主が約束されたとおり、
御自らあなたたちのために戦ってくださるからである。
だから、あなたたちも心を込めて、あなたたちの神、主を愛しなさい。』
ヨシュア 23 : 10-11
神が私たちのために環境を整えて闘っておられるのです。 それは目には見えないですが、確かです。 では 何によって、見られるのでしょうか?それは、やはり信仰によります。
ヘブル11:1 信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。


色々の心配事はつきない。けれど、神を讃美しつつ待つことが最短の解決方法です。
色々の愚痴を言わず、神を見上げて讃美しましょう。
讃美は力、讃美の中に 神は住まわれます。
主を、神を愛する気持ちが 讃美を生み出します。
 
詩 22:3 けれども、あなたは聖であられ、イスラエルの賛美を住まいとしておられます。
大きな問題ほど一人で解決は出来ませんが、讃美の中に住まわれる神様歓迎する讃美を捧げましょう。 音痴だから歌えない? 讃美は歌ばかりでは無くて 過去に恵まれた素晴らしい 十字架の救いと罪の赦し、永遠の祈りの素晴らしさを言葉にして神様を讃える言葉を言うことは出来ます。
 
ヨブ8:6 もし、あなたが純粋で正しいなら、まことに神は今すぐあなたのために起き上がり、あなたの義の住まいを回復される。

幼子のように純粋になりましょう!乳を慕い求めるように純粋に成りましょう!
 キリストは私たちを見捨てません。!

 

私たちは様々な・

うわさや悪口を聞きます。 
その噂や、悪口は次第に心の中で大きくなり、知らず知らずに私たちの心を傷付けてしまうことが多くないですか? 人の心はとても繊細で弱くて、何か気になることがあれば、そればかり考えてしまう傾向があります。
 
聖書を読んで信じようとするときに、誰かが、悪い噂をあなたに聞かせたら・・?始めたその噂を振り捨てます。けれど何度も繰り返して、あなたの耳に入れるならば・・気持ちが少しづつ揺れてしまいませんか?
教会内のゴタゴタ、信徒同士の悪い噂、牧師の事、献金の扱い方など悪い言うさを立てる人はどこにでも居ます。

うわさ!その真偽には細心の注意が必要です。
それに囚われてしまって、あなたの信仰がぐらついてしまうことにも成りかねません。

噂話をして、第三者の信仰を傷付けていたら・・それは神をも傷付けることになりませんか?

汽汽2:24 子たちよ。そういうことをしてはいけない。私が主の民の言いふらしているのを聞くそのうわさは良いものではない。2:25 人がもし、ほかの人に対して罪を犯すと、神がその仲裁をしてくださる。だが、人が主に対して罪を犯したら、だれが、その者のために仲裁に立とうか。」

何気ない噂が 神様の心を傷付ける結果と成れば・・そのために神が仲裁に入らないとは!想像したら こわいですね!

私たちは、教会の中のゴタゴタ 噂を耳にしたら、冷静に神様の前に出てとりなして祈った方が良いと思います。
噂に囚われて、被害妄想して 私たちの信仰を傷付けないように、信仰から離れるような原因を心に持たないように細心の注意が必要です。

神様は噂話を 好まれないのです。
 
出エジプト 23:1 偽りのうわさを言いふらしてはならない。悪者と組んで、悪意ある証人となってはならない。
詩 34:13 あなたの舌に悪口を言わせず、くちびるに欺きを語らせるな。

信仰 キリストの尊厳に関わる話を聞いたのなら、その事を語る方とは、少し距離を置くことをお奨めします。
あなたの心や、信仰を傷付けて、キリストへの信仰を失う原因を作らないことです。

あなたが様々な原因から、あなたが傷ついても神に信頼を重ねて下さい。
神があなたを助けます。

詩 34:17 彼らが叫ぶと、主は聞いてくださる。そして、彼らをそのすべての苦しみから救い出される。34:18 主は心の打ち砕かれた者の近くにおられ、霊の砕かれた者を救われる。
 34:19 正しい者の悩みは多い。しかし、主はそのすべてから彼を救い出される

あなたが何か正しいと思えることをなそうとすると、敵対する勢力が交戦してきます。けれど最後まで神を信頼するのです。
神があなたの右の手を取って導いて下さいます。

物事を悪く捉えすぎると、 ウツになったり 被害妄想に陥ったりします。煩わしくなり、考えることを止めてしまいます。祈ることも止めてしまう危険があります。
祈りは神との会話。私たちの力の源となるのです。
妄想=思考停止をすれば、ある程度。心は楽になり、その考え方に逃げ込んで安息しようとします。

でも神の癒やしを願うのであれば、辛いけれども、その考え方や 思いの全てを神の前にはき出す・・。 つまり あなたの思いを全て十字架に付ける必要があります。
十字架に付けるとは?神が背負って歩いてくださるまで、キリストにお任せする心が必要になります。
13051481_1761989867371860_621908800367866805_n


 
詩 34:4 私が主を求めると、主は答えてくださった。私をすべての恐怖から救い出してくださった。

神様は、あなたの行いに拠らず、あなたを愛して罪には定めず、あなたを救い出してくださいます。
罪からの救い。日常生活の様々な問題から解決の糸口を示してくださいます。
示された糸口をたどれば良いのです。

もし日常生活の中で、祈りよりも 讃美よりも 神と人に愚痴を言うことは控えましょう。
愚痴は知らす、知らずに人や神を傷付けることがあるからです。

ヨブ 1:22 ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。
色々の心配事はつきない。けれど、神を讃美しつつ待つことが最短の解決方法です。
色々の愚痴を言わず、神を見上げて讃美しましょう。
讃美は力、讃美の中に 神は住まわれます。

詩 22:3 けれども、あなたは聖であられ、イスラエルの賛美を住まいとしておられます。
大きな問題ほど一人で解決は出来ませんが、讃美の中に住まわれる神様歓迎する讃美を捧げましょう。 音痴だから歌えない? 讃美は歌ばかりでは無くて 過去に恵まれた素晴らしい 十字架の救いと罪の赦し、永遠の祈りの素晴らしさを言葉にして神様を讃える言葉を言うことは出来ます。
 
ヨブ8:6 もし、あなたが純粋で正しいなら、まことに神は今すぐあなたのために起き上がり、あなたの義の住まいを回復される。

幼子のように純粋になりましょう!乳を慕い求めるように純粋に成りましょう!
 
キリストは私たちを見捨てません。!





 

キリストは癒やす神です

出 15:26 そして、仰せられた。「もし、あなたがあなたの神、主の声に確かに聞き従い、主が正しいと見られることを行い、またその命令に耳を傾け、そのおきてをことごとく守るなら、わたしはエジプトに下したような病気を何一つあなたの上に下さない。わたしは主、あなたをいやす者である。」

神が癒やす方法は様々です。上記の処ではモーゼに一本の木を水の中に入れるように命じました。

心のが心の病(現代風に言えば統合失調症かな?)にかかったときには、ダビデの竪琴を聞かせるように導かれました。神の霊が深くかかわっていましたね。
 
汽汽 16:23 神の霊がサウルに臨むたびに、ダビデは立琴を手に取って、ひき、サウルは元気を回復して、良くなり、わざわいの霊は彼から離れた
 聖書に書かれた登場する大勢の人物と、神の関わりを観ても、その事が分かります。

詳しく聖書掘り下げ見ると 。心の不安定さから迷い、罪を犯したり 神から逃げた人が書かれています。
それらの症状を現代風に言えばウツだったり 統合失調症だったとも言える気がします。 
それでも 神の前にへりくだり、求めて行った聖書の登場人物たちは, 一人 一人の個人対応で神様から癒やされています。

癒やされたいとの意思表示と信仰が要ります。
 信仰とは、聞くことからです。また過去を確認 未来に神がなさることを確信することです。
 
ロマ 10:17 そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。

ヘブル11:1 信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。

癒やされたら、神に栄光を返さないといけません。証をしないといけないですね。
ルカ17:15 そのうちのひとりは、自分のいやされたことがわかると、大声で神をほめたたえながら引き返して来て、。

癒やしは個人対応をなさる神です 。
神様に委ねて 明日のことは思い患うことを避ければ、心の内は癒やされていきます。

神様が状況変化させた上で環境からの癒やし 慰めが在ります 。神を見上げていきませんか?

今日の午後、家庭訪問して交わり讃美をしました。 この時の讃美や さりげない おもてなし
子供たちの歓迎 このような事からでも心に憩いや安らぎ 平安 癒やしを受けることも出来るのです。神が備えておられる中で、心の平安を見いだすことも出来ます。

image
 
不都合や納得がいかないと怒らずに、許し合う 自分から先に許すならば、心に
負担をかけません。自分で自分を許すことも重要です。それは隣人を許すこと以上に必要な場合もあります。

現代社会は

いろいろと複雑ですね。 
特に人間関係において、悩みが多いと心に傷を負ってしまいます。原因の一部としてあげられる、職場や生活環境における人間関係から心の傷を負っていまします。また予想もしなかった災い、災害、不幸な出来事から心に傷を負ってしまいますね。

結果として、寝つきが悪い。やる気が起きなく成ります。
私自身も妻に先立たれた時、中々寝られなく成りました。仕事をする元気、気力を失いました。
寝付けなくて、ウツ病という病名がチラチラど聞かれ始めた昭和52年。医師に相談しましたら、

『そんな場合は誰でもがなる。あたり前、寝られないのは一時的な事だ。今は辛いだろうが、あなたはキリストを信じてるようだから、神様に頼れば乗り切れますよ。』と言われた結果。
睡眠薬の処方はして貰えず、励まされて病院から帰宅しました。

**薬を絶対だと思わない、薬にたより過ぎないようにも注意して下さった医師です。昭和の医師 私の出会った精神科の医師は健全だった。 それが 今の姿勢 精神的な病の祈りをするときには随分と役に立っています。
平成の精神科の一部の医師は、大量の薬を何種類も同時服用させることが増えた気がしませんか。どの薬か、どれ位効いたか分からないと思いませんか?
私の出会った医師は健全なかたでした。

そして、キリスト様に 心を、悩みを明け渡す、渡したら お任せすると 下記の聖書の御言葉から決意したら 精神的に非常に楽に成りました。

『神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、私をとこしえの道に導いてください。』
詩篇139:23〜24


上記の聖書の言葉から何でも、話しかけています。


わたしの相談した医師が私には幸いでした。
人はそう簡単に本当のウツにはならない。なっても完全に効く薬は無い。睡眠薬他の精神薬は一時的に抑える効果はあっても 根本的に治す薬は無いと当時は言われました。

薬は癖になるから、よくないから余程の事が無いかぎり出さないとも・・
三日 四日間 寝る事が出来なくても 五日目には必ずと言って良い程 、寝られるから大丈夫だ と言ってくださった事が色々な薬 精神薬に手を出さずにすみました。
クリスチャンでは無い医師・・?が。心の問題はキリストにとアドバイスしてくださった事も幸いでした。

 キリスト様に自分の十字架を預けることは、心を軽くする秘訣かもしれません。自分で解決するよりは、神様に任せ気持ちを楽にすると言えばわかりやすいかな?
色々な心配も神様に任せて平安な気持ちを保つことですね。
 
自分の十字架を預けたら、神が背負いやすいくびきを与えます。 それは信頼して待つ?て、言う くびき かもしれないですね。クヨクヨと明日を心配し過ぎず 神を待つことですね。
自分で解決、闘うよりは天使に、環境を変えて頂区・・聖霊の助けを待つ・・要するに自分から焦って 解決しようと無理をしないことですね。

砧鷁
22:19 すると、ミカヤは言った。「それゆえ 主のことばを聞きなさい。私は 主が御座にすわり、天の万軍がその右左に立っているのを見ました。

私たちは一人で頑張っている 悩んでいると思えることも 、冷静になれば、神様の助けが在るのです。自分で闘う、処理する前に、神は下準備しておられるのです。

私たちはキリストの信じています。私たちのキリストの何を信じるか? 神の助けとは何か?第一には永遠の救い 十字架からの救いです。霊的な救いと守りです。

上記の 1列王22:19の後には 霊的な示唆が書かれてあります。天上の霊的戦いの影響が知らず知らず、私たちの生活の中に影響しているのです。その霊的な影響が、精神的に影響してくるのかもしれないです。

キリストの権威で、取り除いて頂くように、主キリストにお願いしています。
悪霊とは直接、対決はしないようにしています。悪霊はたちは偽り者、一度逃げても また偽って近づきます。

その悪霊の存在は認めますが その力は 主であるキリストには勝てません。
力ある権威者。勝利の主に直接お願いして祈りのです。
これは母の癒やしの歳に気が付いた祈り方の一つです。
 
エペソ 6:12 私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。
 

全ての信仰する者には、

癒やしは永遠のテーマ!
誰でも、なにがしらの信仰を持ちます。神は居ないという信じる人も、それも信仰かもしれない ?

私はイエス・キリスト信じています。 第一に十字架の救い。永遠の裁き=地獄からの救いです。
神は愛から地獄は無いという方もいます。救いの本質を聖書から読み解けば、キリストの救いは、私たちを第一に何から救うために十字架に掛かられたのかが、分かるのですけれど・・?

神は私たちが平安に暮らす事を願っておられます。

ヨハネ14:27 わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。
 

この平安を私たちから奪い、混乱させて、神の愛から引き離し。神は居ないと言わせようとする霊的な勢力の存在が在ります。サタン悪霊たちです。

エペソ6:12 私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。
 
この勢力は、私たちを混乱させて、 迷わせ、憎しみをもたらし、互い闘わせようとします。戦争やテロも利権=欲望、憎しみと誤解から生まれています。
一番、身近な混乱は病です。祈っても病気は治らないと宣言させて、神の子キリストへの信仰を失わせようとします。

癒やしを祈る人に向かっては、「あなたは異端です。!」と言えば、中には祈ることを止めて自粛する人もいます。しかし異端だと決める人も、癒やしを祈る方も、聖書に帰って常に吟味しなくては成らないのです。

私の祈り方は主に、聖書に書かれてある言葉を。その言葉通りに、私なりに応用して、私自身の祈りに変えています。

私の母が認知症で記憶をなくしました。その時 どのように祈れば良いのか?分からずに4年近くが過ぎ、ふと聖書の言葉を用いて祈り、神の権威に信頼を寄せてイエス様にすがりました。

『イエス様、父なる神よ。聖書には病の霊とかが書かれています。私はこの霊的な実態を事を一切知りません。
 けれどあなたは、全知全能の神ですから、もし母に関わっている霊的な存在。それは母の救いを妨害し手居るなら、どうかあなたの権威で取り除き追い出して下さい。母が、母の口でキリストは主で在ると告白できるようにして下さい。 キリスト様のお名前でお願いします。』 と祈りました。

悪霊と向き合わず、悪霊に出て行けとも言いませんでした! ひたすら、神の権威に信頼し、すがって、全能の神、キリスト様にお願いしました。だって! 悪霊の正体 病の霊の正体詳しいことは、全能の神が全てご存じだから、キリスト様に全部 お任せしました。

いじめられたときに、父親の処に駆け込んで、父親に助けを求める感じです。
犯罪に遭遇したら、警察に駆け込んで、警察にある取り締まる権利、権威があります。 
その警察に助けを求めた感じに似ています。
 
 その3日後に、母の記憶が戻り 癒やされました。神が癒やしたのだと確信するまでしばらく掛かりました。
医師さえも匙を投げていたことが分かったからです。 『お母さんが治ったのは奇跡だよ』言ったからです。

それから、下記の言葉を読んでから 私の癒やしのミニストリーが徐々に始まりました。
ただでうけた母の癒やしの経験から、癒やしを聖書の言葉を用いて祈るようになりました。 目の癒やし耳、癌 色々経験させて頂きました。

マタイ 10:8 病人をいやし、(死人を生き返らせ、ツァラアトに冒された者をきよめ、)悪霊を追い出しなさい。あなたがたは、ただで受けたのだから、ただで与えなさい。

私の祈りとなった聖書の言葉があります。
使 4:30 御手を伸ばしていやしを行わせ、あなたの聖なるしもべイエスの御名によって、しるしと不思議なわざを行わせてください。」
神様の癒やしの業を・・、キリストが行うことを見たいと願うようになりました。そして、主の御名を崇めたいと強く思うようになりました。

 キリスト様は、ご自身で、私は神。癒やす神だと一言も言わずに、私だけが、信仰によって治ると言えば、。それは異端になります。

しかし神は・・キリストは 癒やす神だと宣言しておられ、その言葉を信じて多くの人が癒やされ奇跡を経験しています。 もちろん、神は知識や科学さえも人間に与えましたから 医学も 活用すべき処は活用しなくてはいけないと思います。だから、私は祈りだけで治すとは決して言いません。
 
医学だけでは支えきれない 心 精神を包み込む キリストの愛と癒やしに期待し信頼を重ね 希望を見いだしている一人です 。

癒やされたいと願うならば、 神を信じ、信頼して、人を憎まず、自分自身を許し キリストの救い 十字架の意味を深く知らなくては 神の癒やしを受けることから遠ざかる気がします。

キリストに栄光が在りますように。

 
追記

癒やしは 聖書に書いて有ることです。
また、私は特別変わった祈り方をしません。 聖書に書いて在る祈り方をします。
すると・・癒やされます。

急に治るとき 徐々に治るとき その癒やしの工程の間。神さまとの交わりが大切かと・・

また基本では 十字架の救いを意味 意義を本当に知らないと癒やしを受け硬い。

悲しいけれども、癒やされたと言っても また元に戻る人さえいます。 

理由としては癒やされた喜びを、周囲の人々に伝えず、神に栄光を期さなかったのか?
十字架の意味を深く理解していなかったのか? 救い!その十字架の意味を知ってほしいです。

これの大切なポイントかもしれない。大病、難病には励ましが必要です。その時、気分が良くなって癒やされたと感じても、病の霊たちがまた騒ぎ、痛みや困難さを感じさせてきます。試練をまた次の手を運びます。

周りの人々が励まして信仰を燃やし続ける 希望を 信頼を積み上げる必要も感じます。
牧師先生、周囲の兄弟姉妹の助け、励まし、祈り指導が必要です。

あの時、アルツハイマーの母を医師も匙投げて、牧師も一度は祈ったけれども、継続して祈ってくれませんでした。母は、私がキリスト様を信じることには、理解していましたが、母の口からはキリスト様を信じるとは言わず、「キリストは主です。」とは告白していませんでした。
 
母の口で、告白出来るように祈り求めました。
 
具体的な祈り方があるか?色々のセミナ屋本を買いあさり読みふけりました。
三年半探して続けて、ブログの中に書いた、キリスト様の権威と母に関わる病に霊的存在ことを考えて助けを求めました。三日後に 全ての記憶が回復しました。

母が癒されなかった、今日に私は存在していませんでした。

キリスト様の権威、栄光が在りますように!ハレルヤ!!

このページのトップヘ