google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2015年11月

YouTube上に賛美の動画を

アップロードしてから、始めてカウンセリングをするために 自宅に来られた方がいます。
その方のために祈る前にベニヒン師の集会。賛美集の中の抜粋、八千名のハレルヤ の動画を流しました。
                      
 

その賛美を聞きながら祈り始めました。その方には事前に予備知識を与えていませんでしたが、3〜5分しない内に、聖霊様が満たして下さり、その方が後ろに倒れて小一時間、異言と霊の歌を歌い始めました。 
                          
IMGtee_0349

その間もYouTubeのハレルヤコーラスをBGMにして流し続けていました。
通常は座り会話して最後に祝福の祈りをしていました。 その方は1年以上も煙草を止めたいと願い続けています。 3ヶ月前には禁煙をしたのですが、また最近ストレスがあり、煙草を吸い出しました。
                        
IMG_0339

ある願いを持ってから、ビジョンを何年も保ち続けるには、私たちの意思と神の導きが無いと出来ません。
例え、一旦は挫折したように思えても、神の助けがあるならば立ち上がりやり直しが出来ます。

色々工夫努力してみますが、うまくいかないときには最終的には聖霊の助けを求めます。
聖霊に満たされて身体と内面と信仰が癒やされるために、継続的な聖霊の助けと満たしを祈りました。           
IMG_0343


起き上がってから、「先生の手が火傷しそうに熱かった!しっかり立っていたのに、何か変になって記憶が一瞬飛んで倒れましたら、何か清くとても綺麗な感じに包まれました!何故でしょう?」と言ったので、始めて説明をしました。
また「先生が煙草を止められるようにとは祈らなかったけれど、吸いたくなくなりました!?』とも言いました。                     
IMG_0345

                  
聖霊が気持ちを変えて下さったのですね。感謝です。

どうしたら、指導できるか?魂の導き カウンセリングは出来るか?霊をリフレッシュするには、私の言葉では無く神の言葉と助けが必要です。

『主のみおしえは完全で、たましいを生き返らせ、主のあかしは確かで、わきまえのない者を賢くする。主の戒めは正しくて、人の心を喜ばせ、主の仰せはきよくて、人の目を明るくする。」詩篇19:7-8 

 人の助言の言葉でなく、神のことばと聖霊の導きによって変えられます。


その後、ご馳走したくなりました。 『美味しいお茶を飲みに行きましょう。」と誘ってくれて少し自宅からは離れていますが、北鈴蘭台にある紅茶専門店に行き会話を楽しみながら、。聖書と信仰姿勢について話合いをしました。

別れる時に握手したら、一言。「今。先生の手を触ったけれど、熱くないですよ?あの時は なんであれ程。熱くなったのでしょう?」 と言ったので、。「それは聖霊があなたに望んだからだ!としか言えないよ!」と答えました。そして改めて、神に様に感謝を捧げました。

ゼカリア 4:6 すると彼は、私に答えてこう言った。「これは、ゼルバベルへの主のことばだ。『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって』と万軍の主は仰せられる。

                   
IMG_0346tee

ハレルヤコーラス、その集会からは何年も過ぎてはいますが、心併せるときに、聖霊が好まれる、環境を提示出来るかと思います。どうぞ、宜しければ活用下さい。

       

 

昔の信仰のセミナービデオを  
デジタル化をしています。
 
ベニ ヒン師二度の来日だったかなぁ〜?
名古屋で八千名が会した集会、賛美が特に素晴らしいです。語られたメッセージも誰もがアーメンと言える!
救われた人。癒されたひともいます。
ベニヒン師をFGBが、初めて日本に呼び東京の集会を開きました。

下記に、書いたURLから集会の模様のビデオを見て下さい。
その頃、私はカリスマ ベンテコスの事を全く知りませんでした。この集会前に アルゼンチンから来られた信徒伝道者、アナコンデアさんの集会が、私を変えるキッカケに成りました。 友人が誘うので、わけも分からず参加しました。
                   
SnapShot(4)

ベニヒン師の話 説教に共感、感銘を受け希望を持つことが出来ました。ベニヒン師の語られたことから聖霊にも人格?三位一体の実体的な教えを手にすることが出来ました。
教会では具体的な三位一体、また癒やしのことをあまり聞き手いませんでした。使徒行伝の時代によくあったとの説明でした。

私の母がハルツハイマーの記憶喪失でしたから、癒しと救いが不可欠でしたので、その後。キリスト様の癒しを具体的に知りたい乾き 探求心を持ちました。その日から、カトリック。プロテスタントから教派を越えて、癒しに関する本やカセットテープなどを買い漁りました。出席できる可能な限りの東京 大阪 名古屋など都会で開催されたセミナー 集会に富山から出かけるようになりました。

それから二年後に決意。始めて母に、手を置いて祈ることをしました。すると母が癒され記憶が戻りました。癒やされました。そのご、母の口から信仰告白を聞くことが出来ました。

国内外の牧師先生方の決意があり、色々な集会が模様されます。
私たちは信仰の宝を!特別な集会、通常の礼拝から信仰の宝を見つけなくてはなりません。

探し当てた信仰の宝を、今度は、私たちが活用 応用して、福音の実践していかなくてはなりません。ただ受けるだけ!聞くだけでは、もったいない! いくら良い話を聞いても信仰に励まし、確信を持って実行しなければ、母の癒やしは起きませんでした。

癒やしは3ッの様子があります。身体、心ー内面。そして信仰の癒やしの3ッです。
この3っを受けるに大切なこと。愛と許し。忍耐と希望。喜びと感謝。正確に言えば6つが絡み合っています。神に栄光を期すこと。全ては神の栄光を崇める為にとつながっています。
 
心に、信仰に傷を負った方々もおられます。 例えば「祈ったけれど、答えが来ない!」これから神に失望することもありますから・・。しかし再認識のためにも下記のURLにある、ベニ・ヒン師の動画と賛美をご覧下さい。  失望を希望に変える起爆剤としても、動画がお役に立つことを願い祈ります。動画の中の賛美に心併せて祈って下さい。聖霊はあなたの助けます。

天の父、キリスト、そして御霊の助けを求めて、日本に信仰の遺産を引き継き、広げることが大切ですね!

江戸時代の始まりには多くの殉教がありました。太平洋戦争時には信仰の迫害もありました。 
そんな患難時代が来ても? そんな激動時代よりも、今日の私たちの強くなれるのは、信仰の遺産、聖書を土台としてぶれない信仰をはぐくむ為にも色々の信仰の遺産を活用が出来たらと思います。

今後も可能な限り 新規にアップロードします。 チャンネル登録を合わせてお願いいたします。

  こちらからご覧下さい。 → キリストの信仰 動画チャンネル   

  黙想用に賛美と風景  → 賛美 ワーシップと風景のチャンネル  8千名を超える賛美が素晴らしいです。

ジョセファット・ガジマ師 

2010年神戸キリスト栄光教会での収録。菅原牧師了解の元に公開。

ここで語られたメッセージ 「神の権威で祈る!」をお聞きください。
 
                         
 
私は聖書に基づいて、ここで語られるメッセージに改めてなるほどな〜と!
素直に再確認して、受け入れる事が出来ました。 

このメッセージを聞いた後に、白血病の方に祈りました。 ドナーが見つかり回復しました。
 
伝えられている、ガジマ師<死人のよみがえるで>だけに、一部の方々が目をと囚われて
疑いを抱いてネット上では批判する記事も見かけました。いつも
悲しい思いになります。
                        
ジョセファット・ガジマ師


第一コリ6:6〜7
 
 6:6 それで、兄弟は兄弟を告訴し、しかもそれを不信者の前でするのですか。
 6:7 そもそも、互いに訴え合うことが、すでにあなたがたの敗北です。なぜ、むしろ不正をも甘んじて受けないのですか。なぜ、むしろだまされていないのですか。

行い囚われるよりは、基本の聖書の教えが正しいかは、各個人個人の判断になります。
わずかな情報で 井戸端噂みたいな・・批判したネット動画も見かけました。

 
 このビデオでも語られておられる、「情熱と、神の権威」の聖書のメッセージは間違いがありません。

 
幼子のように、純真な心で、一旦は、語られる聖書の話に耳を傾けて、再び。聖書を調べて読み返し調べてから、

使徒17:11 ここのユダヤ人は、テサロニケにいる者たちよりも良い人たちで、非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。

各個人の信仰の成長に役立つならば良いのでは無いでしょうか?
癒やしや行いは過ぎ去り、残るのは真理、神の御言葉です。 過ぎ去る物から癒やしは無くても良いと言う方もおられます。

しかし神の臨在を知る 愛されていること色々知るためには、祈りが答えられ 癒やしがあること多くを体験し神の御言葉を深く味わうこと 大切です。

主の祈りにもあるように、「主の御名が崇められるように祈りなさい。」 と書かれ教え諭されています。 色々癒やしや祈りの答えを体験すれば、 深い 深く 
「主の御名が崇められるように祈りなさい。」  に関しての動機と原動力になります。 

第一ペテロ 2:2 生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。
それによって成長し、救いを得るためです


心底、神と向き合い求める人には 神はその真理を明らかになさいますね。
疑いの眼差しよりは 神の真理を求める方が信仰を育み力となります。

昔のビデオテープを聴いて デジタル化をしています。信仰を燃やすには、感銘を受けたメッセージを繰り返して聞くことは良いと思います。
 
批判する人々は、ザルですくい上げたゴミ許りに目が行って、肝心の真理の恵みをこぼしている気がします。 

一昔前のビデオテープから

デジタル化して YOYUBRにアップロードしました。
2005年の名古屋で行われたベニーヒン師の集会

メッセージの内容は聖書の言葉、真理から外れていませんね。 今も 聞いても・・

カルトだと言い張っている人 異端だと警告しているTOYUBEビデオがあります。
ブログを書いている人がいます。

そんな人には、この聖書のお言葉がどのように見えるのかな?
第一コリント 1:5〜10 また同じコリント 第一 6:5〜8

異端だと警告は良いことですが、 一旦 ネットに載せると 未信者さんもみますね。
その影響が大きいです。 まともだと想っていても 1割は、間違いがあるのでは?謙遜なることも大事ではないかな? 異端は7割くらいは正しくて 残りが間違いがあります。
           
ベニーヒン画像1

行い囚われるよりは、基本の聖書の教えが正しいかは、各個人個人の判断になります。
幼子のように、純真な心で、一旦は、語られる聖書の話に耳を傾けて、再び。聖書を調べ-て読み返し調べて(使徒 17:11)から、各個人の信仰の成長に役立つならば良いのでは無いでしょうか?癒や-しや行いは過ぎ去り、残るのは真理、神の御言葉です。
          

汽撻董2:2 生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。それによ-って成長し、救いを得るためです。 避難批判は誰でも出来ますが、その方のために取りなして祈る方を、神は喜ばれると思い-ませんか?
 
 どんな牧師も 神に選ばれても ダビデも サウル間違いを犯しました。
神は悔い改めた人をいつまでも裁き退けませんでした。 

         神は執り成して良い祈る人を愛されます。

             

              
 
                  




 

北陸の旅

そんなテーマの長時間ビデオを作りました。 作業用 何かしながら お楽しみください。

              


                          下記の動画は、BGMだけを 讃美歌に変えました。

                  

お米を友人からもらいましたので、義理の兄の家族に届けるために・・
 
ビデオを撮りたくも しかし 雨ばかりでした。 

金沢白山神戸もとじ 074

兼六園の秋 紅葉も期待したのは 違い残念 写真は今回のものではありませんけれど・・・
 
44430

前記では、神との出会いを

お伝えしました。父なる神の愛によって救われた、私たちのアイデンティティーの再認識しなくてはいけません。また十字架の身代わり、罪のあがないから清い者と義任された上で、神。その臨在に近づき、神様と出会うことが出来ることをお伝えしました。

それらは私たちの行いとか、信仰の強さには関係なくて、大祭司であるキリストの血により契約だからです。

今回。この記事でお伝えしたいことは、私たち個人個人のことを、
よく神様に知って頂く必要性をお話ししたいと思います。

当然。神は全ての事知る全知全能であることは、言うまでもなく疑う必要も無いのです。
けれど、神は私たちには自由と人権を与えて下さいました。それを神は認めておられる以上。
私たちに認めて下さった人権から、神からの取り扱いを受けたいと願わなくてはならないのです。

このことを願う場所は恵みの御座とも言われるのです。
ローマ 8:33 神に選ばれた人々を訴えるのはだれですか。神が義と認めてくださるのです。
 8:34 罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。

キリストは、私たちの日常生活の思い悩みを知って下さり、父なる神の右に座して、私たち個人個人のために取りなしておられます。

ローマ8:26 御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。
 8:27 人間の心を探り窮める方は、御霊の思いが何かをよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです。

ロマ 8:34 罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、神の右の座に着き、私たちのためにとりなしていてくださるのです。

上記の御言葉から、いつも私たちを弁護して、父なる神の右に座して取りなして弁護して下さるキリストを、(何が何でも・・とことん) 信じ無くてはなりません。

時には、父なる神は私たち以上に考えて、ご自身の栄光をために、また私たちの最高の喜びを得るためにのために、祈りの答えを遅らすこともあります。その事知っていれば忍耐し楽しみながら、感謝しつつ、その時を待つが出来ます。

このとこを知る人は神には失望はしないと思います。
少し答えが、私たちが希望した時間や日にちとは違っていても、遅れているだけなんですから・・ね。このことを深く知れば失望は、望みと希望にも変わります。

キリストは、父なる神に 『 ごらんください、ああ父よ!あの子の願いをこれ以上 遅らせないで下さい。あんなに泣いているでは無いですか!』と取りなして下さっておられるのです。

私たちの謙虚に へりくだり 忍耐を持ち続けるときに。神の栄光を表すにために、一番良いときに、私たちの祈り、願いを答えて下さるのです。 キリストも主の祈りの第一番目で教えて下さいました。「父なる神の栄光があがめられるように。」と祈りなさいと・・

IMG_0243


神の義と栄光が第一の祈りで無くてはなりません。そうすれば、全てが叶えられるのです。
神に与えること。Give それは栄光への賛美の祈りです。そしたらTake 私たちの願いも与えられるのです。 Give&Take なんですね。 先に感謝と栄光を キリストを通して 父なる神に捧げなくては、私たちには本当の恵みは無いのです。

マタイ 6:33 だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。


そのためにも、私たちの取りなして下さる弁護者。キリストに近づいて、私たちのことをよく知って頂くことが大切です。
 
                  


                  

 

私たちが祈っても答えが見つからないと

不安になってしまいます。 どうしたら確信を持って祈る事が出来るのでしょうか?
ある意味では、クリスチャンの永遠のテーマかもしれません。

神に対して、私たちが語りかける出来るのは、本来。御心でした。そのように計画されてアダムとエバを創造されましたが、罪がもたらされたときに、神と交わり語るために必要だった清さが奪われました。エデンの園を歩いてこられた神様にアダムは恐れ隠れる存在となりはてました。

創世記3:9 神である主は、人に呼びかけ、彼に仰せられた。「あなたは、どこにいるのか。」
 3:10 彼は答えた。「私は園で、あなたの声を聞きました。それで私は裸なので、恐れて、隠れました。」

清くない、罪があると、神の前には出られ無くなります。 私たちの清さを取り戻すために、キリストが最後の大祭司となってその血を十字架で流されました。最初に、神様が人を創り計画なさったように、神と交わる事が出来る私たちに存在に返ることです。ここに神の深く寛大な愛があるのです。

私たちが怠慢であっても、神に逆らっていても、どのようなことをしても、考えたとしても、神はチョッとやソッとでは動じない方です。 キリストの十字架を見上げるときに、神の計画しておられた、神ご自身との交わる場所に戻れ、会話する場にとどまることが出来るのです。 キリスト、神の子の貴い犠牲の上に成立、成就しています。
1024-768 (1)

この原点の再認識をしませんか?
神の臨在を求めて下さい。 その臨在の中にいるならば、聖なる清さ  静寂の中 暖かいもののを感じたり  背筋がピーとする聖なる恐れそのほか言葉にならないです。多くの場合。強い臨在の中では人は倒れます。気を失いないます。

 濃厚な臨在の中では、私たちの色々の願いごとは、どこかに吹く飛んでしまいます。
その濃厚な臨在の中から、後に残る神に愛されている確信が重要なのです。 

神の霊は極端に強く下りたら 人は倒れる事が多いです
第一サム 19:24 彼もまた着物を脱いで、サムエルの前で預言し、一昼夜の間、裸のまま倒れていた。このために、「サウルもまた、預言者のひとりなのか」と言われるようになった。

倒れる事が重要ではなく、その力の源である神を知らなくてはなりません。臨在を求めなくてはなりません。
神が私たちを深く愛している存在であること確認、 確信しなくてはなりません。

その確信。 こそは祈りの原点なのです。
ただあまりにも強い臨在の中にいる。留まっているならば、神に何かを願う、要求することは忘れてしまいます。

神と自由に合えるほどよい距離、けれどサタンは妨害して雑念を運んでくることも多くなります。
それでも神に向き合うことが重要です。神は私たちの弱さ、雑念を飛び越えて耳を傾けて下さいます。
明石海峡大橋ライトアップ


詩 22:24 まことに、主は悩む者の悩みをさげすむことなく、いとうことなく、御顔を隠されもしなかった。むしろ、彼が助けを叫び求めたとき、聞いてくださった。
 
詩27:7 聞いてください。主よ。私の呼ぶこの声を。私をあわれみ、私に答えてください。
 27:8 あなたに代わって、私の心は申します。「わたしの顔を、慕い求めよ」と。主よ。あなたの御顔を私は慕い求めます。
 27:9 どうか、御顔を私に隠さないでください。あなたのしもべを、怒って、押しのけないでください。あなたは私の助けです。私を見放さないでください。見捨てないでください。私の救いの神。

 神の臨在と愛の確信を持つならば、神の前に出てj正直に、語り合えることが出来ます。

神と語り合うこと無しに 、祈りの答えも癒やしも無いのです。
キリストの愛と犠牲 十字架が 聖霊が 私たちの助けとなって 父なる神に 私たちの祈りを橋渡しをして下さるのです。 

戦争と再臨の噂を度々聞きます。 主のご再臨の噂も飛び交う。今日この頃。 災害=おおきな地震 火山の爆発などが頻繁に起き, 戦争の噂も以前に増して強まってきています するとクリスチャンの間からは、再臨の噂が出てきます。 確かに三里は素晴らしいですが、その場にいて  仰ぎ見られたら素晴らしいでしょうね。 しかし、アブラハムに語った神の約束の地が完全に実現には至っていないと思います。   ユダヤがユーフラテスの領域まで 広がっては未だいないのでは?。約束の地は、「エジプトの川」からユーフラテス川までの領域とされ (創世記15:18-21、出エジプト記23:31 
        
Greater_Israel_map

見解が別れる約束の地ですが・・またこの約束も、まだだと思います。 東の国で主が恐れられる位に= 日本人が多くは救われていない。 再臨、確かに素晴らしいですが、日本が救われていないので、素直には喜べない。 1980年代。ユーフラテス川の畔で、仕事をしていたことがある私は、 {ここまで・・この処までアブラハムに約束した地になるのだ!}といつも思っていたのす。 だから余計に、再臨と聞いて浮き立たれると ちょっと待てと、自分自身の心をブレーキかけてしまうのです。
少しでも、一人でも 日本人が・・『東の国が救われて、あなたを 父なる神を崇めて恐れる人が増えますように!』と祈っているのです。

私たちは祈ります。

その祈りは誰を介して祈るのでしょうか? 
旧約時代の初期には神は人に直接。会いました 。アラムに始まりノアやアブラハム達です。

 目には見えなくなった、神を中々信じられずに、人の罪が増えて、神から本意からでは無くの距離が遠のきました。神は清く聖なる方ですから、罪が在る者との距離を取らざるを得なかったと思います。

 それでも神。私たちを哀れんで、神は私たちに犠牲を強いた方法を持ちいて、その罪を清めてから会話、祈りをする方法を教えられました。それは幕屋で、犠牲を捧げて牛 羊 鳩などの血を流し罪の身代わりとした後に許されて、祭司を介して祈る事が許されました。
 
薬屋での祈りの時代から、キリストが最後の大祭司となりました。

ヘブル 7:27 ほかの大祭司たちとは違い、キリストには、まず自分の罪のために、その次に、民の罪のために毎日いけにえをささげる必要はありません。というのは、キリストは自分自身をささげ、ただ一度でこのことを成し遂げられたからです。

ヘブル 9:11 しかしキリストは、すでに成就したすばらしい事がらの大祭司として来られ、手で造った物でない、言い替えれば、この造られた物とは違った、さらに偉大な、さらに完全な幕屋を通り、

キリストは大祭司と成るための試練を、死の苦しみを味わい、牛 羊よりも高価な命、血を流し犠牲を私たちに与えました。
天が暗くなるほどの深い悲しみと苦しみでした。

マルコ15:34 そして、三時に、イエスは大声で、「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ」と叫ばれた。それは訳すと「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。

この流れた血によって 、幕屋以外で・・全世界の私たちが置かれている環境の中で祈る事が出来るように、父なる神は新しい契約を与えて下さいました。

それはキリストの愛の恵みなのです。
私たちの行いでは無いのです。エリヤのように、天候を動かず信仰が無くても祈ります。何か神に逆らって後悔の念があっても、祈ることが出来ます。頑固に意地を張って神と向き合うことが無くても、ふと私たちがつぶやく声に、神は耳を傾けて下さるのは、キリストの尊い犠牲に裏付けされた血が流されているからです。

父なる神は無関心 無感動で、私たちをほったらかしにはしていません。
原点に在る十字架を見上げるならば、その場に立ち返ることが出来ます。

既に捧げられた生け贄、キリストにより頼んで 信じて祈ることが出来るのです。
                        
daruma_002

神の臨在と知るならば、あれこれと、個人的な願いさえすることが惜しまれる程に圧倒されるのです。またキリストは、私の名によって祈る祈りには答えようとも約束して下さいました。
これは、私たちの信仰の強さでも無く 行いでも無く キリストの流された血の犠牲によってです。

資格のないものが、キリストの一方な恵みに拠って可能となるのです。

マタイ 18:19 まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。
 18:20 ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。」

ヨハ 14:13 またわたしは、あなたがたがわたしの名によって求めることは何でも、それをしましょう。父が子によって栄光をお受けになるためです。

キリストの名によってのみ叶えられる祈りがあります。 聖人、有名牧師の名前で祈って頼んでも正確な答えは無いです。<この人達の能力、権力にすがってもいけません!>
唯一 キリストのお名前です。

 第一には個人の願い事よりは、神ご自身の栄光を求める祈り。臨在を求める祈りが良いのです。神が第一も求めて折られるからです。

第二には、私たちの心を全部知っておられることに感謝する祈りと賛美なのです。
第三にも、隣人のための取りなし、許す祈りは神は喜ばれるのです。

自分自身に 正直に祈ることも喜ばれるのです。
私たちの心を知って下さる大祭司も大胆に近づいて祈れる幸いを感謝しましょう。 

新約聖書 ヘブル4:14 さて、私たちのためには、もろもろの天を通られた偉大な大祭司である神の子イエスがおられるのですから、私たちの信仰の告白を堅く保とうではありませんか。
 4:15 私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。
 4:16 ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。

痛ましい事件 テロが・・

パリで起きました。 126人とも言われている犠牲者が出ました。
かってない犠牲者がパリ市内ででました。
 
悲しみのパリ


数ヶ月前にも 新聞社が襲われ犠牲が出ましたが、それを上回る一般市民の犠牲者は、今までの記憶には無いです。
 東京タワー、スカイツリーが哀悼の意味を表明。フランス国旗の色にライトアップ

771cefa9パリに哀悼を!
 
あくまで個人的な見解で済みません!

ネットでも個人プロフィールにも トリコロールが出てきて面食らいました。

 「3」を 意味するトリコロールの通称で有名な、青・白・赤の縦三分割旗。「 自由・平等・博愛」を意味 しており、世界各国の国旗にもっとも大きな影響を与えた旗といわれている。 この3 は、フランス
革命のときにパリ市民軍の赤と青の帽章に白の帽章を組み合わせたことに由来しています。


前の新聞社は、イスラムに対しての偏見色が強い、それで反感をイスラム社会からかっていました。
白人社会、ネットからは Je suis Sharuri 私はシャルリー (無くなった記者の名前)が飛び交いましてイスラム批判が強くなりましたし。さらなる誤解が生じました。

Google FACEBOOKでプロフールにトリコロールに変えようと勧められていました。
その意図は哀悼を表現。その哀悼を表現は良いですが、
Google FACEBOOKは、何故?バリだけにして、トルコやシリアのテロのニュース 哀悼表明をしないのかな!

プロフィール変更は、人から言われておこなう事でも無いかなと思いました。
 
なぜならば 白人社会からのプレッシャ!?
私個人は このJe suis Sharuriに近い物を覚えて 変更をしませんでした。

けれど わたしが数年間滞在して、パリの思い出も一杯在りますから、哀悼の気持ちは表したいと思います。

トルコ シリアなどでも イスラムISのテロが沢山 あります。 その事を考えて 覚える。 
下記はテロ後の混乱するパリとマドンナが祈るシーンがふくまれます。


 

このページのトップヘ