google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2015年10月

ウツに悩む人が多いけれど、
少しもの言う知恵と、少し自分を変える努力と 

すこし自分を好きに成ることと 大切にすること。 
過ぎ去った日を振り返りクヨクヨ考え過ぎない。
だって終わった日々は取り戻せない。また明日に不安を抱きすぎない。

心配もしすぎないで。少しの良い計画を立てる!
少しの置かれた環境の中で楽しみ事を見つけられたらいいな〜。
だって、キリストに背負われて歩いている自分を知れば心が楽になるよ。
IMG_5863

困難に思えて行きつまりを感じ思えることも、神の手の介入を希望すれば、
必ずうまくいき、解決すると希望を持てば、生きる力も神は与えられる。
神様の守りを期待しなくては成らないよ。

神様に祈っていても、何とか自分の力で解決の糸口見つけようとし過ぎて、思い煩い
知らない間に、神から遠ざかっていないのかななぁ〜!?。

助け主の聖霊様はジェントル、私たちの人格を阻害しない。
100パーセント全権の許可を、私たちから心を開いて、
初めて働かれやすくなる。今日、明日生きているから、感謝の喜びを歌えばいいよ!

神は個人 個人の願いを聞いておられる。確信が要るね。心の底からの介入の認可をしないといけないね。
新しく始まることを恐れては いけない気がする。このまま何もない方が楽に感じることもあるからね。
私たちの前に数万の敵<問題>が攻めてきて不安に驚き失意しても、賛美と感謝は、私たちの目を開かせて天使の支えを見せてくるよ。
IMG_5743

ダニエル 10:12 彼は私に言った。「恐れるな。ダニエル。あなたが心を定めて悟ろうとし、あなたの神の前でへりくだろうと決めたその初めの日から、あなたのことばは聞かれているからだ。私が来たのは、あなたのことばのためだ。

神は個人 個人の願いを聞いておられる。賛美を聞いておいられる。今ある環境を感謝と喜びと感謝の声を出しませんか?神の支えて希望して感謝しませんか?
 
詩37:4  主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。  37:5  あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。  37:6  主は、あなたの義を光のように、あなたのさばきを真昼のように輝かされる。  37:7  主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、
    悪意を遂げようとする人に対して、腹を立てるな。<心配するな。>  37:8  怒ることをやめ、憤りを捨てよ。腹を立てるな。それはただ悪への道だ。
    <うつになる。>



明石海峡の夕陽 写真

撮影した写真からお気に入りの写真だけを取り出しました。
 この時期だけが、明石海峡大橋の間に太陽が沈みます。
太陽が沈む瞬間。海面に映し出された太陽が映り込んで2つの太陽に見えるのです。
ダルマ太陽とも言われています。 

だるまの太陽明石海峡

サンセットと船N1


                                         明石海峡大橋の下は多くの船が通ります。


歌詞海峡14


明石快挙婦大橋16



明石海峡NN12

明石海峡の夕陽20

明石海峡大橋の夕陽18



夕陽の大型船No1

夕陽の大型船NO2



この動画は

 

人はあらゆる環境の中で生きています。

しかし、その環境になじめない、ついて行けない人も必ずいます。
責任感が強くて、その場から離れられない人は、その環境になじめない拒否反応と、己の責任感の強さから来る、そのギャップに悩みます。
IMG_0094バラ

 色々のケースがあります。
そのケースに対応したり、切り抜けたり、はたまた、新しい環境に変わるとかの手立てもあります。責任感の強い方は辞めることをしません。また、親から言われ絶対に従わないといけないとか。また職場の上司から言われたこなさなくてはいけない命令。それで、もうまく出来ないときにも 適応障害が生まれてきます。

ストレスがたまりすぎて爆発する。暴力的な行動。暴言を吐いたりの行動をとってしまう場合もあります。失意から自殺願望さえ生じてしまう方もいます。生きていても勝が無いと諦めてしまうからです。

ストレスがたまりすぎないように、自分自身をコントロールし、息抜きを知れば解消もされます。
しばらくの休職。また退職と転職で環境を変えることも出来ます。

また自らが場環境がたとえ困難であっても、やり遂げる使命感、喜びを感じる方、目的がある方は努力してその環境に慣れていきます。人の心は繊細で複雑ですから、各自に合う方法を選択しなくてはいけません。

私は 若い頃に学校を卒業して調理師をして働きたいと思いました。プロの職場は厳しくて、また次々来る注文に追われますね。必然と動作の機敏さを要求されます。のんびり屋さんで育ちましたから、動作が機敏=素早く反応できませんでした。 これも適応障害でしたね。 先輩方怒鳴られついて行くのが一杯 一杯でした。

将来の目的、店を持ちたい願いが強かったのです。その気持ちは 先輩たちに怒鳴られても めげませんでしたので、次第に環境に、ゆっくりでしたが、なじみ始めました。のんびり屋さんの性格は中々 変えられませんが、動作が速くなるように段取りを工夫することを覚えました。 忙しく次々と注文が来ても オロオロしないで冷静に判断して身体が次第に動き始めました。それで調理師を止めずに済みまして長きにわたって、この調理の仕事をしてきました。 背後には、私の信じるキリストの助けがありました。

さて、いまから45年前。親からの責任有る仕事を命令されて、うまくいかずに、暴力的 暴れた時に、精神科に入れられた人がいます。
当時は適応障害と言う病名も無かった頃だと思われます。 親の不理解 分からない状態でした。

それ以来、いくつかの病院を変わりましたが、病院に隔離されたままの方がいます。
今も、安定剤を飲まされている状態ですが、入院していない人に比べては、服用している安定剤は少ないと思いました。

6年前に、私の記事が100万人の福音というキリスト教雑誌に掲載されました。
偶然にその雑誌を見てた、その方が私に連絡をしてきました。それから月に一度。または2ヶ月に一度の割合で訪問して聖書の話と祈りをしています。

随分前に関係があった教会からは、現在。訪問が途絶えているようです。
けれど 「私の心にはキリストが住んでいる。」と言って、クリスチャンなれたことを本当に喜んでいます。
霊的には救われていますね。 一般社会にて生活するには如何なものかと考えてしまいます。
45年の病院暮らし、60歳を超えています。当初は正直に癒やしを祈ることに躊躇しました。
45年間の病院暮らしから一般社会に出ても、55歳では仕事すること 就職して自活がとても困難に思えることが想像でしたからです。

それでも一般社会にて暮らしたいと、最近は願いを持ち始めています。精神的に完治 癒やされても、その方の年齢から鑑みると現状では難しい点が多いです。 しかし・・・。

難しいからと言って避けてもいけないと、最近は特に思い始めています。

先のブログの青年の例が有るからです。神には不可能はないと再確認しています。
明確な意思 希望があれば乗り切れますし、キリストの言葉もその事を指していると思います。

最近。精神的な病の方のために祈っていると下記の言葉が心に残ります。
この言葉は一般的に知れ渡っている言葉ですが、 如何に各自に適応 応用するかにその意識と意味が違って来る気がします。

マタイ6:34 「だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。」

色々心配や病むことがありますが、あすに持ち越さないように、心を切り替えてストレスを貯め込まないようにしています。 

マタイ16:24 {それから、イエスは弟子たちに言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。}}

一旦。自我 自分の思いを捨てること。 =心の重荷を取ってしまうこと。あれこれの悩みを捨てること。それからキリストの十字架を背負うことをにも応用。適応できます。
 
この箇所 本来の意味は、16:24 の言葉の前には、ペテロは自分の思いを優先、しかしキリストは戒めました。神の御心に叶うように、自分を変えることから、あらしい十字架を背負うことを指しています。

精神的な問題、鬱の原因。生活から来る各種の問題を、キリストに下駄を預けると、キリストが背負ってくださいます。あなたらしく背負う十字架は、キリストの生き方を背負って生きる事にも通じませんか?

私たちはキリストに在って、新しく生きていますから、神の助けは絶対にあるのです。
勝利の道を歩めます。

第二 コリント 2:14  「しかし、神に感謝します。神はいつでも、私たちを導いてキリストによる勝利の行列に加え、至る所で私たちを通して、キリストを知る知識のかおりを放ってくださいます。」

現在 精神的に問題を抱えて、またウツにもなっている方々。今が健康だが、紙一重で思い煩うとウツになり、心病む事が多い私たちですが、キリストに希望を見いだして、自分の問題をキリストに委ねるときに、キリストはあなたを背負い、一緒に歩いて問題を解決する力を与えてくださいます。

私はキリストの言葉により、カウンセリングをしています。教会で傷ついた人からも相談があります。 カウセリングをしながら 一番癒やされたのは 私かもしれないです。 色々 霊的なご相談をさせて頂いています、無僕の教会、特別な伝道集会 癒やしの祈りに ご一報下さい。

                





 

昨日、西宮の病院に・・


見舞いと祈りに行きました。

その帰り道、六甲山の北側を通りまして、有馬温泉に立ち寄り湯をいたしました。
IMG_0132

その病院に行き帰りには、有馬温泉を通過した方が近道に当たります。しかし先の大雨の影響で、谷上<神戸六甲山北側の町の地名>から 行くことが出来た橋桁が流されて、随分長い期間工事をしていました。
                            
IMG_0133

西宮に行く途中に、その工事が終わった事を知り、帰りには近道、寄り道をしたのです。

昨日は、市営の金の湯が、65歳以上が半額になるシルバーディでした。ラッキー!! 笑い。

IMG_0130

金の湯はとても温まります。42度と45度の湯船がありますが。しかし、42度でも10分もつかると汗が噴き出てきます。長湯が出来ないですよ。30分ほど滞在して帰宅しました。

金の湯と言われるのは、湧き出た湯は透明なのですが、しばらくして空気に触れると酸化して茶色に変色します。
鉄分を多く含んでいるようです。それでよく暖まるのでしょうね。

IMG_0136

有馬に着いた頃。夕暮れ時でした。大勢の観光客がお土産を買い求めて町を散策しておりました。

私自身も久しぶりの温泉気分を味わい、リラックス、癒やされました。
そして、神様に感謝しました。



 
IMG_0137

いつも私の・・

部屋に着て、くつろぎながら祈りとカウンセリングをしている青年が、急に「舞子海岸に行きませんか?」と誘いました。その誘いを受けて、私も「そうだ!夕陽の撮影をしよう。」と思いました。
 
長い間、精神科の 安定剤を飲んでいました。彼の家族が心配で、精神科に通わせた結果。安定剤を飲み始めて仕舞ったのです。私と会うときにには、薬害の悪影響を感じましたが、その心、精神状態は、キリストの御霊によって普通だと思いました。それで祈り初めて8年目に・・・。
                    
明石大橋の夕陽

ある日。私のアドバイスを 真剣に受け止めて、減薬から断薬へと切り替えました。断薬中は部屋に籠もり、副作用と闘いました。その間は、私とも連絡が取れなく有りました。心配で心配でたまりませんでした。「医師と相談して減薬をします。」とは聞きましたが・・急に断薬する事を聞いていませんでしたのです。

半年くらい過ぎたところに、ひょこりと現れたときには、驚きとうれしさから ハグをしてしまいました。
まるで長い間、会えなかった息子か返ってきたみたいだと目頭が熱くなりました。

目的地に行く車の中で、彼は献身する話をしました。
彼の経験、精神的に病んだ人々のために、献身したいとの決意を聞きました。
来年。神学校に行けたらいいと言いました。 問題は学費を用意しなくてはいけないのです。
それまでは、教会奉仕とその教会が運営する塾に寝泊まりして奉仕をするとのことでした。

2ヶ月前から社会福祉して働いています。少し迷いもありましたので、アドバイスをしました。奉仕先の牧師とよく相談してすることも具体的にどのような話をすれば良いかを伝えました。
献身に当たって、切っ掛け 使命感を支える聖書の言葉を持つように勧めました。
それは挫けそうになったときに、聖書の原点、神の使命を明確に受け取っているならば、立ち上がれるからです。

彼はエゼキエル書の22章30から、精神的に病む人々のために、働く人が少ないから、自分がなりたいと決意していました。現在、在職中ですから、その職場を綺麗に辞めることを伝えました。現在、その職場は、彼を必要としているのです。

さてビデオ撮影をしている間も、彼は苛立つ事も無く落ち着いていました。以前ですと、同じ事を長い時間 出来ない、落ち着かないでイライラしていましたが。完全に回復し癒やされていました。

夕陽が海岸線に沈む瞬間を、二人で感動しつつ眺めていました。
この動画を彼の回復を記念して、癒やす神であるキリストに捧げます。

               







 

嬉しいことがありました。

 長きに渡って精神障害のために、祈りとカウンセリング&ケアーをしてきた方が、社会復帰をして感謝の捧げ物として、彼の願いから初めての献品、食事をごちそうして頂きました。
嬉しかったですよ。

食事とはいえ自発的な捧げ物でもあり、神様が私たちを導かれて支えてくださった。彼を精神障害から回復にと導かれ癒されたと信じるからです。
病気のために10年以上も働いていませんでしたので、はじめの時給は、兵庫県の最低時給でした。「それはひどいな〜!」と思い、普通になるように祈っていたら、時給もあがりましたよ。

初めての給料が、昨日支給されました。彼の喜びは、この日を待って、私を食事に連れて行くことでした。ここ数日間は、彼は日々。指を折りながらメールをしてきていました。ひしひしとその喜びが伝わって嬉しくて、神に感謝をしていました。
IMG_0054

初めての初穂の捧げ物を神は喜ばれます。 これは私にしたのではなく、神への捧げ物をしたのどだと、心からの祝福を一杯 一杯 彼のために祈りました。

IMG_0055


出会って9年目になったのかなぁ〜? 当時は安定剤の影響で、時々 目がうつろでした。
精神障害との医師の診断から クリニックに通っていました。インターネットから私を見つけて会いに来てくれました。そこからカウンセリングと祈りが始まりました。

薬を大量に出していた医師を変えたり、彼にとって良い信仰の友が出来そうが教会を紹介したり(自分でも見つけてきては、相談されました。)  心の状態に沿った聖書の言葉を伝えたり・・、基本的には信仰から・・キリストから離れないことは、彼にとっては一番良いこと、回復の原点でした。

彼を見守りながら願いに沿って祈ってきました。祈りながら願いながら、減煙していました。有るとき。かなわなかった禁煙を決断を促して、聖霊の助けがあるようにと、一ヶ月分くらい買い貯めていた煙草を半強制的に・・促しながら取り上げました。すると、聖霊の風が吹きました。スパッと止めました。

その前にも、大量の安定剤を飲んでいましたが、減らすように医師の指導を受けるように伝えました。不安がありましたから難しい決断です。でもキリストが・・聖霊が彼を回復させるとであったときに確信していました。その決断するタイミングを見計らう必要はあります。
キッと治る、実行できるという確信の元で決断することは何事でも大切です。

神はその決断を祝して、一切の安定剤を断ち切ることが出来ました。するとたちまち、正気になりました。霊的戦いの祈りも背後でしていましたが、何よりも彼の決断を神様が祝福されたのです。
そして、社会復帰をして働き始めたのです。その心からの喜びを、私にも与えられた日でした。
感謝してキリストに栄光を返します。
彼の経験を生かし、社会棒無視資格、また聖書を読み始めています。精神疾患者のためにも献身したい願い持ち始めています。神学校で学べるといいのですが、神が道を開けば可能になります。


 さて、キリストは癒す神であることには変わり有りません。
精神疾患になる原因は様々です。甘んじていれば楽な場合もありませんか?
けれど キリストは聞いています。
「良くなりたいか?」 と・・人のせいでもありません。今あなたの環境において苦しんでいても、もがいていても、もう一度立ち上がろうと試みて決断することも大切だと思いませんか?
キリストはあなたの決断を助けます。キリストに期待して減薬から始めませんか?一番の心の安定剤は聖書を読む事だと私は思うのです。

ヨハネ5:1〜9
 そこに、三十八年もの間、病気にかかっている人がいた。
 イエスは彼が伏せっているのを見、それがもう長い間のことなのを知って、彼に言われた。「よくなりたいか。」
 病人は答えた。「主よ。私には、水がかき回されたとき、池の中に私を入れてくれる人がいません。行きかけると、もうほかの人が先に降りて行くのです。」
イエスは彼に言われた。「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」
すると、その人はすぐに直って、床を取り上げて歩き出した。

IMG_0061




 

この世を旅する者として

大切なことはいつも喜びを感じていることがあげられます。
喜びが無いと、私たちの人生は暗いものとなってしまいます。

パウロも聖霊によって示されたまま語っています。
 
「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって 神があなたがたに望んでおられることです。」
汽謄薀蹈縫院。機В隠供腺隠

 キリストの救いや癒しとは何か?考えて祈っています。
「いつも祈り感謝しなさい」から、私たちの魂に喜びがあるか? 末期癌と闘っている友人が、今までなぜ気がつかなかったのか?なぜ!?こうなったのか? 自問しながら癌の友人に癒しの祈りをして、その友人はあっさりと
これも御心だよ」と喜んで 奇跡もあるからと神を信頼している姿勢。天国にも行けるからと喜んでいる兄弟を見てからは、キリストは、私たちの願い事ばかりを叶える為に十字架にかかったのではなくて、永遠の祈りを与えるためだと、改めて深く深く信じ感謝をするようになりました。

人は命の瀬戸際を見たときには、天国を見る心が与えられます。その上で、新しく願いをすることが出来ます。天国を見ないでの各種の願い事を、神に申しあげても空しく終わる気がします。


           
12sheep

キリスト様ご自身も
 
「その日には喜びなさい、おどり上がって喜びなさい。天ではあなたがたの報いは大きいから。」ルカ 6:23  まずは天国における喜びを第一にと語っています。 魂の救いが無くては本当の喜びを知らないのですね。

天国の喜びの価値観は、この世のものとは違う大きなものだとも、たとえを用いてキリスト様は語られました。

「天の御国は、畑に隠された宝のようなものです。人はその宝を見つけると、それを隠しておいて、大喜びで帰り、持ち物を全部売り払ってその畑を買います。」 
 マタイ
 13:44  

キリストの十字架の救いは、永遠の裁き=地獄からの救いなのです。紛れもない十字架の救いは、キリスト様が私たちの身代わりになって死んでくださり復活して、私たちを救い出したのです。

近年は、罪や地獄の事を語らない教会もあるようですが、キリストの本質は、ここに 永遠の裁きからの救いにあると思いませんか?

「キリスト様もご自身を 「私は良い牧者です。良い牧者は羊のために命を捨てます。」ヨハネ10:11と証しなさいました。

「神の国とその義とを先ず第一に求めなさい。それに加えて、それらのものは全て与えられます。」マタイ:633 とおしえられました。

永遠の命が・・永遠の癒しが・・キリストの命とその義によって与えられたことを喜んでいるか?永遠の救いの喜びがあるか?

いつも自分自答 信仰確認を 原点からわき上がる喜びを感じて感謝をいつもするようにと、私たちが常に思うことではなかなぁ〜と思うようになりました。

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。ヨハネ 3:16

 

ウインドーズPCとアップル 

どちらはいいの?好みだと分かるけれども、ウインドーズが次々とシステムを変えていく?
XPからW7へ。今度はW10になる。
cbfab8b3

私のPCメーカーがそのW10に対応していないと言った。次々ソフトを変えて、パソコンを使えなくするのは変だよな〜!
そんなメーカーにも小腹がたったよ。


アップルのパソコンは使ったことがないので、ウィンドーズのように次々とオペレーションシステムを変えた話は聞いていないですね。ニュースにもあっていないから、たぶん変えていないと思う。
iphone6s

私がパソコンを自分専用にしたのは、2003年でした。ある方を自宅まで送る途中に、『この車。結構古いですね。 そうだ!あなたに自動車を買いましょう。伝道で出かけるときに必要でしょう! これはいいですね。』見せられた車が3ナンバー 自費費がかかります死、古い車も未だ使えるので辞退しました。

辞退したけれど、ほかに何か必要な物は?と聞かれ パソコンを思い出しました。外国滞在していたときの友とのメール交換がしたかったのです。


車ほどの出費負担にもならないかな?とも思いました。
奉仕教会の事務ではウィンドーズでしたので、大型電気店でウィンドーズのXPを買って頂きました。 二代目のパソコンウィンドーズ7もある方、初代のXPのPCとは違う方からの献品{その方ホームページ作りをする条件で買って頂きました。}

パソコンを買った頃に、人から勧められてミクシー、またブログを書き始めたのが日常を書いた心の旅路でした。

そのスタイルは今も変わっていません。多種多様の分野で書いています。
はじめの頃はあまり聖書に関して書いていませんでした。聖書の説教と言うよりは、聖書を読んで感じたこと、体験した証のスタイルです。
だから、聖書の箇所も飛ばして書かないこともあります。クリスチャンならばよく知っている言葉が多いからです。

はじめてミクシーやブログを始めた頃に比べても、スマホが普及。インターネットをする方が急激に増えました。コツコツ書いていたブログのアクセス人数も増えてきました。感謝です。あるとき聖書のことを書いたら、1000名を超えた日もありビックリと感謝で一杯になりました。普段でも、多い日に2〜300名の方が見てくださりうれしいです。

教会に来て2〜300名に話すことは、今日の教会では難しいですが、気楽にこのブログを見てくださるとうれしいです。

皆様にキリストや感動する話を毎日書けるといいのですが・・がんばりますね。
日常の生活からと、聖書のこと信仰に関しては、神と私の関係から、子供ように感じたありのままを書いています。

これからも どうぞ!続けてご覧ください。宜しくお願いします。
 

最近やたらに 

「携帯の通信容量が低速化にします。」と、出てきてインターネットにつながりにくくなりました。FACEBOOK Twiter  ブログをしています。それは未だ良いのだけれど、メールの着信が開けなくて困りました。
通常は節約のために 、最低の通信容量なのです。ところが8月、入院したために9月、パソコン修理で、ほとんどがスマホから投稿をしていたためだと分かりました。
iphone6s

パソコンからの投稿と時々、スマホだと2Mの通信で済むところ、5Mを超えていました。
契約を変更しますか?と聞かれました。3〜4000円の違いです。 一年では45〜50000円の違いは、わずかな年金収入ではきついです。
決めかねていたら、次のプランを言われた!「今月だけ通信速度(メール受信ほか)を 上げつには1000円プラスする方法が有ります。」 と・・だったら先に話してくれたら良いのに〜〜?
 
もう一つのプランも勧められました。 それは、新機種の携帯を携帯を取り替えて、NTTの接続を切り替える方法です。<ソフトバンク光に変えて、接続プロバイダーも変える方法です。>現在使用中の携帯も下取りにすれば、新機種の料金が0円になると言われました。
NTTには毎月5400、それとソフトバンク携帯には7〜9000円の支払いがあります。
年間では併せて11,000〜120,000円支払っています。  それは、1万5千円ほど安くなり 新機種も0円と聞いて取り替えることにしました。

image

 インターネットから、私を見つけて霊的な相談 癒しの祈りを依頼してくる方がおられます。毎月、全国から新しい人が20名くらいになります。カウセリング(基本無料)を受けてくださり満ちたり、一段落したら、連絡はあまり来ません。子供を送り出すような心境です。キリストに見守られて無事に元気で暮らすことを。連絡が途絶えても祈っています。基本的にはこちら、私からは積極的には連絡はしませんが、祈りのリストには加えて・・積み上げた人は200名以上はいますね。 そんな方々のためには、インターネット接続は不可欠ですから、先行(宣教)投資になります。大勢の方々がブログの閲覧、動画の閲覧をしてくださりますから・・

私自身の教会成長には、直接的にはつながらない、全国からの相談者、祈り(癒しほかを含んだ)の依頼です。しかし神の国を立ち上げるクリスチャンたちのためにと心に決めて奮闘しています。

個人的な相談が多いから、秘密厳守(牧師義務)が必要です。

以前は、癒しの祈りの依頼には所属していいる教会を聞いていました。癒しやほかの賜物は教会を立ち上げるためにあると信じていたからです。

今は秘密厳守の観点からやめました。ある牧師先生の教会員から、私に癒しの祈りの依頼がありました。「あなたの牧師先生の承認をとってくださいませんか?『一人で祈りより2〜3名で祈ると、その場にイエス様が来てくださり、祈りを聞いてくださいます。』からと聖書に書かれてありよいですね。」とお伝えしたのです。

喜んで、その方が所属する教会の牧師先生と再度、「私と一緒に祈ってください」と申し出をなさいました。ところが「その必要はない!私が祈りから・・」と断られました。私宛のールでその必要は無いも言われました。大変な驚きを受けました! ただ、
私のショックは別としても、牧師先生が依頼者のために祈っても癒されませんでした、そのことが余計にショックでした。 改めまして、神を キリスト信じて求めて2〜3人集まって祈ることの大切さ、重要性を実感しました。

その件があってから、個人の秘密 インターネットからの依頼は 神の国にあると思うように心が変わりました。
その方が、依頼者が神からキリストから離れずに、神の国の一員として立ち上がって下さるようにと祈っています。

皆様方の ご加祷をお願いいたします。
所属なさる教会動画も、ご依頼があれば奉仕で作ります。

                 
 

秋空の下。

コスモスがきれいに咲く、季節ですね。 
自宅から近い神戸運動公園には、コスモスの丘があります。 
ピクニック気分で散策に出かけました。
陽気に誘われて、大勢の方々、幼稚園児たちも着ていました。
IMG_6358
 
自宅で一人。食事をするより、誰かと一緒、また外で食べると楽しいです。
ビデオ撮影をして、秋の日を楽しみました。
IMG_6348


ビデオ編集後、賛美歌の243番 「ああ主のひとみ」をBGMに使用しました。
信仰に疲れたり、疑いが生じたり、それでも神、キリストの存在を示してくださいます。

ペテロがキリストを拒否しても、トマスが復活を信じなくても、キリストの刺された手のひらと脇腹を見せて真実を。信じることが出来るようにしてくださいました。 
 
信じないものではなく、信じる者で在りなさいとキリストは、私たちを励ましてくださいます。
下記の歌詞を味わって、神を賛美したいです。 

 ああ主のひとみ まなざしよ きよきみまえを 去りゆきし
富める若人 見つめつつ    なげくはたれぞ 主ならずや
ああ主のひとみ まなざしよ
               
八重のコスモス
三たびわが主を いなみたる よわきペトロを かえりみて
ゆるすはたれぞ 主ならずや ああ主のひとみ まなざしよ
うたがいまどう トマスにも み傷しめして 「信ぜよ」と

宣らすはたれぞ 主ならずや きのうもきょうも かわりなく
血しおしたたる み手をのべ 「友よ、かえれ」と まねきつつ
待てるはたれぞ 主ならずや

IMG_6366
 
信仰生活、長きにわたると、色々の問題が生じて、その問題、病気、経済的 争い 人間関係 キリストの信じたのに なぜこんななるのか?と 疑いも生じませんか?
そんなとき問題を冷静に見直す見方を変えてくださるキリストです。
神の存在をそぉ〜と 静かに教えてくださいます。

キリスト様の第一の救いは、各種の問題からの救いも含みますが、第一の目的は、永遠の裁きからの救いであることを、再認識しています。 

それは前期 ブログの末期癌のクリスチャンがあんなに元気で 明るくて、神に不満も言わず、コツコツと 今日できる事を 喜びながら感謝の祈りを捧げているからです。


永遠の命の救いが与えられた確信からの喜び 神への信頼のほかにはないのですね。
いつも喜んでいなさい。 絶えず祈りなさい。
 すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって
神があなたがたに望んでおられることです。
汽謄汽蹈縫院。機В隠供腺隠

いつも願ったこと、祈った事が全て叶えられるとは限りません。 それでも、喜び祈りをするようにと勧めています。なぜでしょうか?

その魂の基本は、地獄=永遠の裁きから、キリストが購いだして救い出してくださった霊と魂の喜びがなくてはなりません。

この喜びがなくては、祈って、願っていたこと、人生の中の試練、苦難、苦しみから解決したり、色々のしがらみと人間関係から解放された! 身体や心の病気から一時的に癒されたとしても、永遠には続きません。

ここに永遠に続く喜びの土台が必要です。 それはキリストの十字架による身代わりの死と救いが必要になります。 この喜びが、またすべての 恵みの土台となります。

救いが土台であり、これが 汽謄汽蹈縫韻隆遒咾侶辰澆氾畋罎覆里任后
つまり、この喜びが無くしては身体や心の癒し、人間関係からくる苦しみとしがらみ、あらゆる生活面の問題からの解決も、一時的な通り雨のように消えていくのです。

しかし それもこれも全ては父なる神からの恵みなのです。
 

コスモス3



コスモスと列車

このページのトップヘ