google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2013年11月

久々のドライブ

兵庫県の浜坂漁港でかに祭りがありました。昨日、開催されるとしり、出掛けました。

せこかには日本海でとれる子持ちメス蟹五杯で千円、少し小振りのズワイガニが四杯五千円でした。姉に贈るたむに、買いました。三歳年上で、一人暮らしの私を何かと気を使ってくれているので、いつも受けるだけですが、今日は大奮発さました。 無料で配られる 蟹汁もありましたが 間に合わず残念でした。

小振りの生かにを買いその場で調理するコーナーも有りました。
普段は節約していますが、今日は贅沢をしました。
神様に感謝です。 帰りには遊覧船が丁度でるとこでしたから乗ってみることにしました。

ジオパークの海岸を船から眺めるのです。
日本列島が中国大陸から別れてきた頃の色々の地層が観られるのです。
アフリカでサハラ砂漠を観たり リュウの背骨のような地層の山  これも元は平らに堆積したもの
地中海が出来るときに,真横になったのですね。

地層や化石を見る事が好きになりました。 サハラが海だったことの化石を持っていますよ。

この蟹祭りの後に 鳥取砂丘にきました。
画像1



画像1



 出会いたい方が来日して・・

この来日の情報は、FACEBOOKの釘宮先生の投稿に書かれておられて知りました。それで、関西にも来られるという事をお聞きしました。

その私が会いたいと願った方・・それはヘンリーグルーパー先生です。それで、いわき市の森 章宣教師の教会に電話をして予定を伺いましたが、関西地区では余り知らない今日かばかりで二の足を踏んでいました。 

 半ば諦めかけても祈っていました。1カ所だけ知っている教会がありましたが、来られるとき伺った予定日には、私も予定がありました。神様には、しばらくぶりだから合いたいですと祈っていました。 

そのような中で、前記のハレルヤ牧師会に参加をしました。
するとその関西ハレルヤ牧師会にゲストスピーカーとして、私が会いたいと願っていたヘンリーグリーパー師がこられたのです。 この事は 京都シオンの丘キリスト教会 後藤牧師からは事前には知らされてはいませんでした。 とても神様の取り扱いに深く感謝を捧げました。

またこの牧師会が終了後に、奈良か京都の出向いて紅葉のビデオを撮影したいとカメラも持って出かけていました。偶然が重なり、ヘンリーグリーパー師の祈りの歩行 とりなしの祈りのティーチング 第一賞を改めで聞く事が出来て、初心に帰る事が出来ました。

 私がヘンリー先生に出会ったのは、1997年の春先でした。<富山県>
雑談の中から、私のために祈り初めて・・『兄弟!あなたが神に願っていることは実現しますよ。私学校に行きたいと思っていますか?』と言われ どうして分かったのか? 驚き嬉しかったです。
5年あまり祈り続けていましたことですから・・ただ、母が痴呆で記憶も失っていて、私が看病していました。 経済的にも自営のレストランを辞めて借金もありました。とても神学校には行ける状態では無かったのです。

 しかし、ヘンリー先生のとりなしと祝福によっても 、神は動いて下さって 母の痴呆が癒やされました。また神学校にも、ある方の献身的な支え 300万円近い献金があり、無事に神学校で3年間学べました。

ヘンリー先生を御案内して、初めて徳島にも行きました。市内を見渡せる眉山に登りましたら、ヘンリー先生は「あの大きな建物の人たちとこちらの建物の人が争ってる気がする。又と徳島市内にリバイバルが起きるようにと・・・」と言って祈られました。
あとで知りましたが、争っている建物の人たちとは 県庁と市庁舎で、徳島市内を流れている吉野川のせき止め利権で争っていたのです。驚きましたね。

 その後も何度かヘンリー先生にお目にかかる度に、愛に溢れたとりなしの言葉一つ一つに励まされ、言われたことが半分以上は実現に至っています。

私が経済的に辛いとき、偶々 出会ったときには、『兄弟、神様からのプレゼント』言われて 私はキョトンとしていたら 献金を下さいました。 今回も財布を取り出して・・・一言も言わないのですが・・
ヘンリー先生の愛にあふれたおもやり有る御言葉と行動力 祈りに感謝です。

私が癌になって落ち込んでいたときも、病院にヘンリー先生からの手紙が来て 「兄弟。私も祈っている。」との御言葉に励まされました。

 ヘンリー先生が日本を愛して 祈りの歩行を18年以上も通い続けて下さっています。
とりなして祈られて地域では、霊的な変革が起きています。信じて祈り続けた地域教会と一回だけのゲストとして・その後 祈らなかった?地域の違いも在ります。

数年に1度くらいしかお目にかかれないのですけれど・・私のこともしっかり覚えて下さって 感謝です。今回も お目にかかれて  ハグをして頂き しっかりと抱きしめて 受け入れて下さり。。胸が熱くなり涙に溢れました。 神様に逆らっていた私も責めることなく 受け入れて下さいました。とりなして祈って下さってると感じたから余計 嬉しいです。

とりなしの祈りとは、強制して悔い改めなさいとは言わずに 相手を責めることなく、愛の祈りによって、信仰の外堀を埋めていくようなことですとおしえてくださいました。
諦めかけて、神が報いてくださいました。 神様に感謝です。

ヘンリー先生のメッセージをご覧下さい。
             

又私のYouTube動画もご覧下さい。チャンネル登録もお願いいたします。


チャーチ オブ エル・シャダイのチャンネル http://www.youtube.com/user/speechsOguri?feature=watch  再編集してメッセージ用の別チャンネルを作りました。



ミカエル小栗 讃美のチャンネル http://www.youtube.com/user/oguri66mickael1





 パンフレットを頂きました。

先日の関西ハレルヤ牧師会で頂きました。
滋賀県の幾つかの教会が集まってミュージカルを公演なさいます。

 クリスマスにむけた福音的な内容ですね。
「十字架の愛」というミュージュカルです。

聖書題材の物語は映画や舞台にもなっています。
聖書には飽きない歴史的出来事から、人間の愛憎劇 色々のテーマには尽きないです。

1度。小説的感覚でも読める本ですから お手にして読んでみて下さい。

私は最初はそうでしたが、意味が分からない箇所他は・・家系図などは読み飛ばしていました。

観劇に興味ある方は、どうぞ、 電話 077−566−2052 クライストチャーチ玉川にお問い合わせ下さい。入場料が必要です。

聖書題材の映画 ベン・ハー キングオブキングスなどは深く印象に残っています。

東京メトロチャーチ 林牧師が演出した劇も印象に残っています。

十字架の愛ミュージュカル

京都シオンの丘キリスト教会での

関西ハレルヤ牧師会にクロアチアのミラン牧師先生も参加なさっておられました。

みなさんはクロアチアをご存じですか?地中海の真珠とも言われています。若い頃に、イラクでのプラント工事に
参加していた頃、その工事のエンジニアとして参加していたクロアチア。当時の名前でユーゴスラビアからもエンジニア労働者をして参加していたときに、その国の様子を聞き関心を持っていました。

共産圏で在ったり、民族闘争があったりしながら独立してきました。自由に発言や信仰を保つことが出来ないときがありました。

歴史的には、キリストの12弟子もそれらの地域に伝道しています。それは一つの誇りのようなものかな・・?
イラクでも、アブラハムが旅して通った村でも、そんな話をしたら、そんな住民も聖書に書かれている村の名前を誇りにしていたのにも観ているかな?ちなみに私が出会った村の人はイスラムです。

私も東欧州には宣教したい願いと関心があります。神学生の頃にルーマニアに出かけ、幾つかの教会に福音を伝えて回りました。その帰り道に、ハンガリーのブダペストの駅階段で祈っていたら、一人の婦人に声をかけられました。婦人は駅でキリスト宣教チラシをくばっていたのです。私は「知らない町で教会に行きたいから祈っていた」と伝えると、私の教会に行きましょうと誘ってくれました。

自宅にも招き入れてくださって食事も提供して下さいました。お礼の祝福の祈りをした・・家族の過去から神が見守り、祝福していると伝えました。それはインナーヒーリングでした。初めて出会いましたが、私は過去にあった辛い出来事を、聖霊様が感じさせてくださり、その経験した内容を告げて、神が導き祝福するから安心するように伝えると、驚き喜んでいましたね。初めてで出会って、その悲しい出来事は当然知らないのですから・・当然。私も私は感じた出来事は本当になったんだ!!驚きましたよ。感じさせて下さった聖霊様に感謝讃美を献げました。

その事があって・・私を更に認めて下さったと思いますが、夕方には1000名くらいの教会にもつれて行きました。そこで、講壇に立ってたどたどしい英語で、キリストの愛と福音を伝える事が出来た思い出があります。ですから余計に、東欧州への宣教関心が高いです。
共産圏だった時代に多くの牧師達が投獄殺害されて 働き人が少ないのです。神学生だったので、急には行く事が出来ないと思いましたが今も祈っています。

そんな中で、クロアチアからの牧師と短い時間でしたが交わり感謝でした。

明治の時代から日本には多くの宣教師がきて、キリストの福音を伝えてリバイバルがありました。その恵みで私たちが、キリストの福音 救いに預かっていますね。私たち日本人も、海外に出て福音を伝えるためにも祈り、実際に出て行く必要もあります。

明治のリバイバルのように、現代の日本も再びのリバイバルを願っています。


kuroatia

クロアチアのミラン牧師を支援する。経済的には日本より遅れています。
大阪 泉キリスト栄光教会が支援窓口となっています。 詳しいことは楠堂牧師 TEL 072−556−7277にお訪ね下さい。支援献金は 郵貯銀行 14480-02050931まで


クロアチアの教会


googlee5b9c25112886ac9.html

招待を受けていた牧師会に参加させて頂きました。

この牧師会。名称ハレルヤ牧師会の発足は数年前の事です。当時は宇治福音教会の後藤牧師に、ビジョンが与えられて関西の牧師達が共に集まり、分かち合い、祈り合う会として発足ビジョンが与えられました。

私も神戸に開拓伝道を始めた頃でした。 関西には沢山の教会があり、牧師が居ます。
そんな頃に、後藤牧師にお目に掛かり、私自身の小さな証をする機会が与えられました。

私には目立つような教会(建物)も無く、信徒と言える教会会員も居ませんでしたが、なぜか?招いてくださった事に感謝して初めて、そのハレルヤ牧師会に参加した日を覚えています。
その後 数回 参加させて頂きました。 自分自身からは『牧師をしています。』と言う事は余り好きではないし言わないようにしています。やもえず職業として言う事は必然的に在りますが・・

聖書の言葉の中に「自分で推薦するより、人に推薦されなさい。」という御言葉が書かれていますね。  初めて牧師会に参加させて頂き、その自覚がましたことは事実です。

何度目かの牧師会で、 雑談の中で、当時の宇治福音教会に新しいビジョンが、神様から与えられていると感じました。その一つが教会建設でした。 それが実現して 昨年 春に新会堂が与えられました。 献会堂式にも招待されたのですが、生憎と仕事が有り参加できませんでした。



京都京田辺 京都シオンの丘教会後藤牧師


それから、私の仕事などで中断していた牧師会に数年ぶりに、参加させて頂きました。
 どれ位の教会牧師に案内状を送られてかは存じませんが・・・。色々の都合が付かなかったのでしょう。 20名前後の牧師達が集まりました。 現状の証と祈りの課題 共に食事をし、特別ゲストからの教えと励ましを受けました。 この事は後ほどに書きます。


さて、この牧師会を主催された大倉牧師、後藤牧師先生ですが、京都宇治から 京田辺市に移転されて 教会名も当然 変わって・・ 京都シオンの丘キリスト教会と改名されています。

 とても大きな建物 教会でした。  教会は建物じゃ無いと以前は色々教えられ喩えられて来ました。と言っても・・最近の実感はやはり集まる処は必要だと思いが変わって来ています。

私の家の教会は生活感が出過ぎますから、まして男やもめですし・・ 癒やしの祈りとかカウセリングは、自宅ー家の教会では無い外で行っていました。

 京の新しい新会堂を観てチャレンジを受けました。 『神様! 私には、やはり必要です。会堂を与えて下さい。』と改めて祈りました。



後藤牧師の京都シオンの丘キリスト教会 ホームパージ
http://www.mt-zion.jp/church.htm

この建物は天理教の所有するものでしたが 教会に変わったのですよ。
全国的にも珍しいケース 詳細はこちらに書かれていました。
http://jpnews.org/pc/modules/xfsection/article.php?articleid=2258

この時期を読まれて チャレンジを受けて下さったら感謝です。
google-site-verification: googlee5b9c25112886ac9.html

13年前に知り合ったクリスチャンの方に

合うために 久しぶりに大阪に出ました。

皆さんはイリエ・コロアマ師をご存じでしょうか?

 1940年 ルーマニア生まれ。末期癌から神の奇跡的な癒しを体験した母親の熱心な信仰とともに育てられて、18歳の時からチェウシスク独裁政権下の迫害の中で伝道者としてルーマニア、ソ連において地下教会を組織、指導し、何度も投獄と拷問を受けながらもリバイバリストとして活躍。多くの聖書をソ連に運ぶ。
チェウシスク独裁政権下では、彼 チェウシスクが神でした。 それに反対し投獄されて死刑を宣告された。
電気椅子に座ったが、その電気椅子が突然故障。看守の計らい並び法律で2度目の死刑無いために解放された。

 1974年、神からの光に導かれルーマニアを脱出、数年後家族全員合衆国の援助により出国。ミズーリー州に移住。欧米、又日本の諸教会を預言者としてその体験的、預言的ミニストリーにて多いに励ます。1990年、ルーマニア革命後直ちに帰国。欧米、日本の諸教会からの援助で2つの孤児院をルーマニアに建設、運営。現在WALK IN THE LIGHT MINISTRYの代表として又預言者として主に東欧、西欧、米国の諸教会で活躍。日本にも特別の重荷を持っておられる。数年ぶりの来日です。

彼のミニストリーの特徴は迫害下の中に現された主の力ある御業の証、預言者として祈りを通して現される知恵と知識の賜物、及び力の賜物などなどです。

                       
IMG_1434


左が息子さん、中央がイリエ・コロアマ師。

そのイリエ・コロアマ師の集会があるので、私の友人が声をかけてくれたのです。
  本当は昨日がその集会でした。大勢が祝福と予言を受けに来ておられると思いました。
又昨日は、私が、ある方のカウセリングのための面会予定がありましたのでいけませんでした。

本日は、イリエ コロアマ師の集会は無かったのですが、未だ大阪を離れないで居られました。 なぜならば、昨日 全員に祈ることが出来なかったので 大阪を離れないで居られたのです。 

私自身も10年ほど前になりますが、ルーマニアの幾つかの教会で宣教活動、メッセージを伝えた経験がありますから 待っておられた人が終わった時に、少しの時間 交わることが出来ました。 先生ご自身は大変疲れたご様子でしたから、私自身が預言の祈りを受ける事は遠慮しました。

イリエ・コロアマ先生からは ルーマニアの教会に一緒に行こうとも声かけられました。嬉しかったです。

さて、私の友人。4年前からは 彼はいま。糖尿病のために全盲になってしまいました。
彼は随分と気落ちしましたね。 「命を取り去って下さい」と祈っていたと聞きました。
それから時々 出会っては励ましてきました。癒やしを祈って来ましたが、未だ癒やされていません。

木場サン098


 ところが・・今年の8月頃から 再び出会う事が出来るように、癒やしを祈るように 導かれてきました。
今日。彼のからの口からは、私が感じた同じ8月頃から。神様に対して希望が持てるように変わって、『死にたいとは祈らなくなった!』と聞きました。

この希望が持てるようになったので、本格的に 癒やしが動き始める思いました。 希望は癒やしに対し不可欠な条件の一つです。 神様に対しての希望が無いならば 癒やしは起きないです。

 神戸に帰る前に 梅田大阪駅で乗り換えです。
大坂グランフロントビル街のオープン前日に来て依頼 久しぶりの大阪です。

IMG_1446



 大阪駅横の貨物駅が壊されて更地に変わっていました。
このグランフロントビル街の跡には何が出来るのでしょう? 少し広場での催し物をみていました。Twitterしたように 大阪駅長の立ち会いの結婚式やダンスコンテストを観て帰路につきました。 何でも日本初の店がたくさん入っているグランフロントビルですが、 サッ〜と見て回るだけでも 丸一日はかかるような広さでしたから 

IMG_1452


 夕日がビルに映えて綺麗でしたよ。
画像1

 秋晴れが続いて心地よいですね。


前日に秋晴れ、翌日の朝に冷え込んだ朝には、兵庫県 朝来市 和田山の山にそびえる 但馬の竹田城跡に 多くの人が詰めかけるようになります。それは、その城を浮かび上がらせる雲海がわき上がるからです。

その風景はとても幻想的です。 写真撮影が好きで 何度も行きましたが、そのたびに違った表情観せてくれる城です。 全く飽きないです。

 近年、テレビでは日本のマチュピチュとして紹介されてから、普段でも全国から観光地の人気をを集めるようになりました。 あまりの人の押させ管理上 入山料300円が今年の秋から徴収されます。

 管理上 よい事だとは思います。 反対者も居ましたが・・


 雲海の季節は、早くても 10月半ばから・・ 12月末頃まででしょうか?

 今期のシーズには未だ出かけていませんが、楽しみにしています。


 


 今日は収穫感謝の日とハローウィン。そして宗教改革の日です。


宗教改革記念日(しゅうきょうかいかくきねんび)は、マルティン・ルターが宗教改革を始めたことを記念する日で、ユリウス暦の10月31日である。 いくつかの国では、この日は休日となっている。日本をはじめ多くの国のプロテスタント教会では、10月31日の直前の日曜日に宗教改革記念日礼拝が行なわれる。

1517年のこの日にマルティン・ルターヴィッテンベルク城教会の扉に『95ヶ条の提題(公開質問状)』を張り出した。

ルーテル教会の伝統では、ルターが作曲し、J.S.バッハが編曲したコラール神はわがやぐら』が歌われる。 また、他のプロテスタント教会でも、讃美歌集(教派によって歌集の書名は異なる)に所収されている同じ曲が歌われます。

              

アメリカでは収穫感謝祭にも成り、カボチャを食べるようです。謝肉祭は七面鳥ですね。

 ふと そんな事を持っていたら カボチャを煮て食べたくなりました。
鶏肉とカボチャと野菜を一緒に醤油で下味を付けて、電子レンジで蒸し上げました。
蒸し料理も出来るシャープのヘルシオ レンジです。

BX5t7W7CAAAf8m4

又 今日は、ハローウィン。参考に http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3

元々の土着信仰とキリスト教が混ざり合って出来た風習や週間が在ります。
他の宗教を弾圧したり、否定はできませんが、混合のしすぎにも困惑します。
知恵を使って福音を伝える事は良いとは思います。死者の霊を歓迎崇拝は、行き過ぎは良くないですね。 

 クリスマスも、土着の信仰記念日が変化して仕舞ったのです。これは有る揖斐では良い例ですが・・キリストの誕生した日はユダヤ人の歴から観たら過ぎ腰の祭りの前後・・夏場から秋にに当たります。秋になって急に冷え込んだ日だったと思います。

 インデオ メキシコでは土着の信仰から改宗させるために 一部のカトリック教会は譲歩しすぎた為に、キリスト教徒は違った儀礼が生まれました。

ストレートに神を信じた方が良いです。人間的な知恵が入る過ぎて、免罪符 政治的な配慮が入り過ぎても キリストの御心からは離れていきます。

余り深い意味を持たせない事、土着の信仰 日本では村単位の祭りも在ります。参加しないと村八部にも・・

しかし。クリスチャンになったら、恐れないで 神様にとって何が良いかを考えたら良いですね。

猫のハローウイン

このページのトップヘ