google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2013年09月

 少しの秋色に 時を重ねて


昼から、ある青年と会食してから、癒やしと将来の為に、キリスト様にいのりました。

彼と出会って、かれこれ四〜五年になるでしょ。私のインターネットのブログ、ホームページを見て、連絡して下さってからのカウンセリングと祈りをしています。

精神的損害、病気でしたが、始め出会った時から、社会復帰が出来るように祈ってきました。
精神科医の大量の薬と神からの恵みの癒やしのバランスをいかに保てば良いかを伝え、キリストの十字架により流された血の力をどの様に現実化するかを話していました。

薬を辞め、医師にも掛からないように言う、新興宗教とは違いますからね。

画像1


薬の軽減を祈りセカンドオビニオンも実行し、社会復帰の就労支援を受けたら?とも祈りました。
私から押し付けられないからです。

するど前向きに、取り組み、一箇所は、余り 彼には不向きだったようで、暫く通い辞めて仕舞いました。

その頃、彼の為に小さな予言的な言葉から、諦めたら駄目とだけ伝えたら、別な就労支援センターに行き、今度は、彼には適合した様です。

大分、慣れた様で、来月、再来年には、就職出来そうだと、今日、報告を聞いて、大変、嬉しいです。
たいぶ、うつ病、精神的損害の薬も徐々に減らして、医師に頼み込んでいるみたい。

彼を自宅迄、送り、その途中に、一部の木立が秋色に色付いていました。

秋色といえば、今朝は、農家の友人が新米を届けてくれました。
矢張り、採れたて、新米は美味いですね。今週に収穫。刈り取りをしましたから、

物事に神の時があります。
神様に感謝、

画像1

 須磨水族館に行きました。


敬老の日の記念に、65歳以上は無料の日がありました。

大人通常1200円が無料・・ 神戸市の管理下にある施設は 身分証明書 年齢の分かる物を提示すれば 平日でも半額もしくは 割引があります。

 その割引に便乗して 水族館を楽しみました。

日本で一番。最初に出来た歴史ある水族館です。

此処には多種多様の魚たち。イルカ、アザラシ、ペンギンからヒーリングを受け取って下さい。

BGMの賛美歌から癒やしを受け取って下さい。

部屋を少し暗く為てご覧下さい。
一層、水族館らしく見えます。

映画館で無料配布される3D眼鏡を使って、インタースリープ方式でご覧下さい。


          
 

 祈りの解答があるまでの時間も・・

信じて待つ間も、祈りを漬け込む事が大切です。

一旦、。神が決められたこと。また変更されることも、神様との関係が大切です。

ヒゼキヤは重い病気になり死の宣告を受けました。しかし神の、ヒゼキヤ王のへりくだりと祈りを聞かれて、御心を変えられました。

 病は罪や悪霊からの病が原因の場合と高齢による肉体の衰えからきます。原因は様々です。

ヒゼキヤ王の場合は、神の考えで、命が無くなると宣言されました。けれど御心を変えられたもの神様でした。

DTwiegraphics-1175665367


粁鷁
20:1 そのころ、ヒゼキヤは病気になって死にかかっていた。そこへ、アモツの子、預言者イザヤが来て、彼に言った。「主はこう仰せられます。『あなたの家を整理せよ。あなたは死ぬ。直らない。』」

彼は、衣を裂いて<非常な哀しみの表現として、衣を裂きました。>祈りを捧げて聞き入れられました。

粁鷁
20:4 イザヤがまだ中庭を出ないうちに、次のような主のことばが彼にあった。
 20:5 「引き返して、わたしの民の君主ヒゼキヤに告げよ。あなたの父ダビデの神、主は、こう仰せられる。『わたしはあなたの祈りを聞いた。あなたの涙も見た。見よ。わたしはあなたをいやす。三日目には、あなたは主の宮に上る。
 20:6 わたしは、あなたの寿命にもう十五年を加えよう。わたしはアッシリヤの王の手から、あなたとこの町を救い出し、わたしのために、また、わたしのしもべダビデのためにこの町を守る。』」
 20:7 イザヤが、「干しいちじくをひとかたまり、持って来なさい」と命じたので、人々はそれを持って来て、腫物に当てた。すると、彼は直った。

直すと共に、新たな使命も与えられます。

癒やすときに 干しイチジクを患部に当てること? こんな事で病気が治るかと思ったら治りませんでした。 かみは、ここでヒゼキヤを試しておられます。

同じようなことが聖書に書かれています。 ある将軍が重皮膚病気になり、イスラエルの神に癒やしを求めて、神が、泥の川に浸かるように予言者に伝えました。最初は彼は怒りました。「わたしの古里にもっと綺麗な川があるのでは無いか!」と・・ しかし思いを変えて、汚い川に、浸かると、その皮膚が赤子のように綺麗に成り癒やされました。

 癒やされる方法は様々ですが、神を信じなくてはどんな素晴らしい方法も虚しいです。
良い医師に掛かるだけでも無いし、よい薬だけでも無い、神の心に従うことです。


日頃から神との個人的な関係を深めなくてはいけません。
ヒゼキアも、日頃神との関係を深めていましたが、病気になりました。何故?分かりませんが
率直に神の前に出られる関係がありました。

粁鷁
18:5 彼はイスラエルの神、主に信頼していた。彼のあとにも彼の先にも、ユダの王たちの中で、彼ほどの者はだれもいなかった。

粁鷁
19:1 ヒゼキヤ王は、これを聞いて、自分の衣を裂き、荒布を身にまとって、主の宮に入った。

粁鷁 19:16 主よ。御耳を傾けて聞いてください。主よ。御目を開いてご覧ください。生ける神をそしるために言ってよこしたセナケリブのことばを聞いてください。


 
私たちにはキリストの十字架の血によって、神のことしての権利が、関係が与えられています。

十字架の血によって・・打たれた傷によって癒やされます。癒やしの最大は 永遠の命が与えられます。 又ヒゼキアのように使命を果たすために癒やされます。

キリストのとりなしによって、今も父なる神の前で祈って下さっておられます。
 
今一度 下記の御言葉を噛みしめて頂きたいです。

イザヤ
53:1 私たちの聞いたことを、だれが信じたか。主の御腕は、だれに現れたのか。
 53:2 彼は主の前に若枝のように芽ばえ、砂漠の地から出る根のように育った。彼には、私たちが見とれるような姿もなく、輝きもなく、私たちが慕うような見ばえもない。
 
 53:3 彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。
 53:4 まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。
 
 53:5 しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。
 53:6 私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。

 53:7 彼は痛めつけられた。彼は苦しんだが、口を開かない。ほふり場に引かれて行く羊のように、毛を刈る者の前で黙っている雌羊のように、彼は口を開かない。
 53:8 しいたげと、さばきによって、彼は取り去られた。彼の時代の者で、だれが思ったことだろう。彼がわたしの民のそむきの罪のために打たれ、生ける者の地から絶たれたことを。

 53:9 彼の墓は悪者どもとともに設けられ、彼は富む者とともに葬られた。彼は暴虐を行わず、その口に欺きはなかったが。
 53:10 しかし、彼を砕いて、痛めることは主のみこころであった。もし彼が、自分のいのちを罪過のためのいけにえとするなら、彼は末長く、子孫を見ることができ、主のみこころは彼によって成し遂げられる。
                        

images (3)



 53:11 彼は、自分のいのちの激しい苦しみのあとを見て、満足する。わたしの正しいしもべは、その知識によって多くの人を義とし、彼らの咎を彼がになう。
 53:12 それゆえ、わたしは、多くの人々を彼に分け与え、彼は強者たちを分捕り物としてわかちとる。彼が自分のいのちを死に明け渡し、そむいた人たちとともに数えられたからである。彼は多くの人の罪を負い、そむいた人たちのためにとりなしをする。



あなたが神を深く知ることが出来、癒やされ(永遠の命を持つことが)ますように。

 祈りの形は・・?

私たちが祈り時には、色々の形を取って祈り事が許されています。
神の前に出て、私たちが神の子として認知されていることを知ることが第一です。
神から十字架で流された血によっての血縁関係を伴って認知されている子供である知ることが、
soaking Prayer基本です。

聖書 詩編の御言葉からも
46:10 「静まって、わたしこそ神であることを知れ。わたしはもろもろの国民のうちにあがめられ、全地にあがめられる。」 神を知ること。私たちの神の子としての立場や恵みを知ることです。

神の子としての確信を得るまで、静まる必要があります。

                 repentance-prayer1

 アダムの犯した罪を、命の代価 血を流して贖われました。 創世記 3:21 神である主は、アダムとその妻のために、皮の衣を作り、彼らに着せてくださった。

神との間には、神の友としての会話があったと思います。この会話が、カインの時には、お願いとなっていきます。

創世記 4:13 カインは主に申し上げた。「私の咎は、大きすぎて、にないきれません。
 4:14 ああ、あなたはきょう私をこの土地から追い出されたので、私はあなたの御顔から隠れ、地上をさまよい歩くさすらい人とならなければなりません。それで、私に出会う者はだれでも、私を殺すでしょう。」
 4:15 主は彼に仰せられた。「それだから、だれでもカインを殺す者は、七倍の復讐を受ける。」そこで主は、彼に出会う者が、だれも彼を殺すことのないように、カインに一つのしるしを下さった。


本来は、弟を殺したカインは、死を持って償わなくてはいけませんでしたが、神はアダムの名によって、彼を追放だけで、命は取りませんでした。

 ここにキリストのとりなしの原型があります。 キリストはアダムとしても喩えられています。
アダムは、一人の息子を失いました。けれど、カインの罪を父親として悔いて、創造の神にとりなしを申しあげたのです。


神を崇めて礼拝すること。祭壇の前で礼拝

神の栄光を讃えてひれ伏して崇めること行為が聖書に最初に書かれている箇所は・・
創 8:20 ノアは、【主】のために祭壇を築き、すべてのきよい家畜と、すべてのきよい鳥のうちから幾つかを選び取って、祭壇の上で全焼のいけにえをささげた。

命の犠牲を伴って家畜が献げられています。これは、この箇所と同じですね。創世記 3:21 神である主は、アダムとその妻のために、皮の衣を作り、彼らに着せてくださった。


「申しあげる。」 祈りと、とりなしの原型が流された血によって成立しています。

アブラハムの願い、申し上げたことを、神は聞かれました。

血を流さないお願い、申し上げる事が成立して箇所は
創世記18:2 彼が目を上げて見ると、三人の人が彼に向かって立っていた。彼は、見るなり、彼らを迎えるために天幕の入口から走って行き、地にひれ伏して礼をした。
 18:3 そして言った。「ご主人。お気に召すなら、どうか、あなたのしもべのところを素通りなさらないでください。

申しあげる、謙遜さを必要としますが、神とのつながり、関係の深さ、確信の上です。

ソドムを滅ぼすことを、事前に告げられて、その問答が有名です。『もし5人の正しい人が居たのなら・・』  ソドムを滅ぼした後にも、『遠くに逃げなさい。』とロトに言われた御使いですが、近くに逃げたいと申し出たロトの願いを聞き入れられました。 これも祈り、願いの原型ですね。

伏して拝む。
砧鷁 17:21 そして、彼は三度、その子の上に身を伏せて、主に祈って言った。「私の神、主よ。どうか、この子のいのちをこの子のうちに返してください。」

砧鯊 16:29 御名の栄光を主にささげよ。ささげ物を携えて、御前に行け。聖なる飾り物を着けて、主にひれ伏せ。

祈りの行動とその形が書かれている箇所です。

あなたが祈る時の形、スタイルは、椅子に腰掛けていますか?自由な形で祈ることが許されていますが、神経に神の前に伏している心ですか?神はその言葉や態度よりは、私たちの心を観られます。

ルカ
10:27 すると彼は答えて言った。「『心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』、また『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』とあります。」


詩編 62:8 民よ。どんなときにも、神に信頼せよ。あなたがたの心を神の御前に注ぎ出せ。神は、われらの避け所である。 セラ

私たちが心から、神に尽くすなら、神も私たちに応えて下さいます。

砧鷁 8:23 言った。「イスラエルの神、主。上は天、下は地にも、あなたのような神はほかにありません。あなたは、心を尽くして御前に歩むあなたのしもべたちに対し、契約と愛とを守られる方です。
                images (5)

困難と哀しみの断食

イスラエルは敵との戦いに負けて、危機に直面したときに断食をして祈りました。
敵に負けるとは、色々の出来事にも喩えられます。迫害、仕事上の危機、病気など・・そんな時には、あなたの心の真剣さを表現するために断食の祈りをすることも良いと思います。

花嫁であるキリストが来られたから、断食は必要ないと主張なさる方もおられます。
しかし個人的な、神との関係を築きながら祈り為には、断食は有効な祈りだと思います。

士師記 20:26 それで、すべてのイスラエル人は、全民こぞってベテルに上って行って、泣き、その所で主の前にすわり、その日は、夕方まで断食をし、全焼のいけにえと和解のいけにえを主の前にささげた。

又特別な聖霊の助けを求めて断食することも大切です。断食することによって霊的な感覚は研ぎ澄まされることがあります。40日断食の経験であり聖書の言葉からですね。

マタイ 17:19 そのとき、弟子たちはそっとイエスのもとに来て、言った。「なぜ、私たちには悪霊を追い出せなかったのですか。」
 17:20 イエスは言われた。「あなたがたの信仰が薄いからです。まことに、あなたがたに告げます。もし、からし種ほどの信仰があったら、この山に、『ここからあそこに移れ』と言えば移るのです。どんなことでも、あなたがたにできないことはありません。
 17:21 〔ただし、この種のものは、祈りと断食によらなければ出て行きません。

断食よって
、自分の弱さを乗り越えて、神が助けて下さることを知ることが出来ます。
ミカ
 7:7 しかし、私は主を仰ぎ見、私の救いの神を待ち望む。私の神は私の願いを聞いてくださる。
 7:8 私の敵。私のことで喜ぶな。私は倒れても起き上がり、やみの中にすわっていても、主が私の光であるからだ。


【新共同訳】 詩 46:11 「力を捨てよ、知れ/わたしは神。国々にあがめられ、この地であがめられる。」 自分の誇りを捨てる、力、努力を排除する。多々神の恵み、キリストの十字架の購いのみです。

伏して祈っても、心が伴っていないと寝てしまいます。

マタイ 26:40 それから、イエスは弟子たちのところに戻って来て、彼らの眠っているのを見つけ、ペテロに言われた。「あなたがたは、そんなに、一時間でも、わたしといっしょに目をさましていることができなかったのか。

soaking の基本が普通30〜60分間、神の前で静まり、礼拝讃美 祈りを捧げます。異言で祈り、各自の言語でも祈り、霊の讃美を献げます。 基本は主の祈りから入ると良いと思います。

神の願いである、この地に神の栄光が現れるように祈りましょう。 あなたの願いも、祈りも神の栄光の中に含まれていますから・・

ただ、私たちの祈りの形と力で、神からの答えがあるのでは無いですね。

キリストの十字架の上で、私たちを思われた愛と、流された血による購い、とりなしの祈りの力があるからです。


            
                     

 テレビドラマの半沢直樹が終わりました。

皆さんはご覧になりましたか? 私はドラマを見ると、又次が観たくなるので連続ドラマは余り見ていないのです。話題になっているので、最終回を観ました。

銀行融資を断られた、主人公の父の恨みを晴らしたい願いを持っていました。彼、半沢直樹が言い放す「倍返し」は流行語にもなりました。

余談ですけれど・・銀行融資を受ける苦労は、私も知っています。海外から帰国して飲食店を経営したいと思いましたが、私が長い間。海外にいたので断られました。理由は何かで、飲食店を失敗したときに、海外逃亡する恐れも在るから・・・?と言われました。 80〜90年代のバブルが始めた頃でした。地方銀行でしたが、変な理由だと思いました。その頃は未だ海外旅行&駐在が一般的では無い時代でしたね。
1f91ae951a2689930581.JPG

 さて、主人公の半沢直樹が、ラストで大和田暁常務を土下座させます。今までの恨みを果たしました。 その後、彼の処遇で、頭取から言い渡される半沢直樹の栄転を思った方も多いですね。しかし彼に言い渡されたことは、東京セントラル証券の出向でした。 頭取にむけられた彼の目が恨みに満ちた目つきで、ドラマが終わりました。


私はドラマの運びで、このラストしか見ていません。取り締まり会議での、大衆の前で、大恥をかかせる土下座ですが、彼の行動には賛成できないです。

それは人間関係を築くためにも、彼 半沢直樹の行動には賛成できないです。

組織の中で人を動かすためには、一人を叱る。正すことは大切な事です。
けれど、公の前では絶対に行わないで個人対個人の場所で注意したり怒ったりしないと、正しい人間関係は気づけません。 個人的な恨みだけではいけないです。

何かで、叱る、注意する場合は、別屋で個人対個人で行うべきです。


半沢直樹の行って事は、旧約聖書に出てくる、責任の追究です。責任の重さの追究だけです。
そこには和解はないです。人間関係も築けない。頭取はこの点を付いて、利用して大和田常務を、手中に入れました。

出エジプト記 21:24 目には目。歯には歯。手には手。足には足。
レビ24:20 骨折には骨折。目には目。歯には歯。人に傷を負わせたように人は自分もそうされなければならない。

犯罪に対する責任の重さと償い方の重さです。長い歴史の中では、この償いの重さを説いていたことが、単に恨みを晴らす言葉にすり替えられてきました。

キリストはこの責任の追及、恨みの言葉から 愛の責任の重要性を・・赦し事の価値を解かれました。 キリストは倍返しでは無いのです。

私たちが犯した失敗、罪を許しされて、愛の倍返しで、私たちを生かして下さいます。
一つの例として、弟のアベルを殺してしまったカインがいます。本来はカインには死が与えられるはずでした。神は許されて、その罪。死には死から解放されました。
神はいかなる罪を許されます。『その罪が許されいるのだから、 あなたに罪を犯した人も許しなさい。』と勧めておられます。

前記のブログにも書きましたが、 洗礼を受けて、何年も何年も過ぎていても、「私の罪を許して下さい。」と祈る方がいます。何度もキリストを十字架に貼り付けするのと同じだと思います。 謙遜、謙虚さでは無いと思います。

マルコ11:24に祈り求めるものは、すべて既に得られたと信じなさい。この御言葉からも、キリストの救いと購いが完全です。

人から受けた罪に対しては、人に対して倍返しをするのでは無く、倍の愛情を与えて、許すならば、許された方は、あなたに一生尽くす人に変えられるでしょう

許しがたい人には、聖霊の助けを借りて、許すことが出来るように祈るようにお勧めします。
此処にキリストの赦しを愛があなたの人生に注がれます。

マタイ
5:38 『目には目で、歯には歯で』と言われたのを、あなたがたは聞いています。
 5:39 しかし、わたしはあなたがたに言います。悪い者に手向かってはいけません。あなたの右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい。
 5:40 あなたを告訴して下着を取ろうとする者には、上着もやりなさい。
 5:41 あなたに一ミリオン行けと強いるような者とは、いっしょに二ミリオン行きなさい。
 5:42 求める者には与え、借りようとする者は断らないようにしなさい。
 5:43 『自分の隣人を愛し、自分の敵を憎め』と言われたのを、あなたがたは聞いています。
 5:44 しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。
 5:45 それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。
 5:46 自分を愛してくれる者を愛したからといって、何の報いが受けられるでしょう。取税人でも、同じことをしているではありませんか。
 5:47 また、自分の兄弟にだけあいさつしたからといって、どれだけまさったことをしたのでしょう。異邦人でも同じことをするではありませんか。
 5:48 だから、あなたがたは、天の父が完全なように、完全でありなさい。

812d7afd9326969a9c68.JPG

 大阪府の岸和田にカウセリング。

癒やしのために出かけました。

個人的な内容は話せませんが、 途中時間があるときに、岸和田城に立ち寄りました。

山城では無く、丘の上に造られた城でした。 火事で消失したようですが、市民の意思で再建築された城です。時間待ちのため、簡単に観ただけでした。藩主の方 子孫がクリスチャンになって岸和田のために尽くされたようです。

とても綺麗な容姿の城でしたね。
岸和田城


先週は岸和田のだんじりが走っていたようです。 NHKの朝ドラのカーネションでも有名になったコシノジュンコファミリーの出身ですね。
IMG_1383

午後からはカウセリングと癒やしおための時間を過ごしました。
クリスチャンでも、こうであるべきと自分の考えているルールに縛られている方が多いですが、神の前には自由です。
夏の岸和田城。


夏の日差しが綺麗なお城でした。
IMG_1388

IMG_1392


IMG_1391

 前回からブログ、祈りを浸けるの反響です。

クリスチャンになり、神様との讃美、感謝 神様との会話として祈り始めます。
そのような日々の中でも人生。あやゆる局面で問題が起きてきます。

祈りや讃美が、人生で次々起きてくる問題と向き合うときに、どの様に続けて行けば良いのか?

前記のブログを読んで下さった沢山の反響(メール相談も)がありました。
神様に感謝です。

DTwiegraphics-1175665367



その中から・・  この方は精神的な病から立ち上がろうとしておられるからでした。

個人的な箇所を除いて 結論部分。


祈りで何度となくお救い下さいと祈るのはナンセンスで、既に救われていることに感謝すべきですね。マルコ11:24に祈り求めるものは、すべて既に得られたと信じなさい、と書いてあります。自信を持ってみ救いが体のうちにあることを力強く意識し聖霊に依り頼むこと、
これこそクリスチャンであり心の病という悪霊を寄り付かせない唯一の道ですね。
>

傷病からの癒やしはすでに受け取ったと考えていくべきだと思いました。まずは神様を崇めて、自分は救われているのだ、と確信を持つ。酒・タバコ・情欲・ギャンブル・高慢・嫉妬・・・などから遠ざかり、周りの者たちのために祈る。自分を裏切ったりバカにしたりした者たちのために祈る。自分自身の体を聖なる宮とする。先生のブログを読んで首の後ろの痛みが消えました。自信を持っていくこと、主は生きています。
アーメン。
>
 
おはよう。ソァーキングは、神の前に静まり、神の言葉、愛を受け止める時ですね。神の子供の立場を受け止め理解する時間です。理解し深めると、自然体から溢れる感謝、賛美から、心、魂、身体の全ての救い、癒しを受け始めますね。

 祈りを漬けるとは、神と私たちの関係、間柄を深める祈りですね。

> アレコレと、私たちの願いを言うのでは無く、神様からの御言葉を聞きたいと、霊的感度を上げる為に、神との交わり、交流を深めたいと願う祈りです。そこには賛美だけがあります。
> 私たちの行いでは無くて、キリストの十字架の業だけが、父なる神を満足させます。神の愛の深さを再認識しながら、神様の癒やしの意味、業を知る様に成ります。 シリーズはまだ、続きますよ。

>
> 今日も良い日を過ごして下さいね。祝福を祈ります。

                      

yuri7029554


 祈りの形には・・

色々自由に選んで祈りが出来るのも、クリスチャンの特権です。何か題目、決められた言葉では無くて、自分自身の選んだ言葉と神が与えて下さる霊的な言葉=異言でも 、キリストの御名によって祈る事が出来ます。

キリストの無いよって祈りが捧げられたなら、神のそのことを、神ご自身の栄光によってお答えを下さいます。

天、御国において御心が行われるように、地にも行われ、あなたの身の回りにも起きると信じている方の上に実現します。

神があなたのために残しておいた、祝福も、実現します。

ヨエル2章には、12〜14節
 
2:12 「しかし、今、──主の御告げ──心を尽くし、断食と、涙と、嘆きとをもって、わたしに立ち返れ。」
 2:13 あなたがたの着物ではなく、あなたがたの心を引き裂け。あなたがたの神、主に立ち返れ。主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを思い直してくださるからだ。
 2:14 主が思い直して、あわれみ、そのあとに祝福を残し、また、あなたがたの神、主への穀物のささげ物と注ぎのぶどう酒とを残してくださらないとだれが知ろう。

 へりくだりとは、何度も、あなたの罪を許してくださいと嘆くのでは無く、人のために人が犯した罪のためにとりなすことでは無いでしょうか?

私たちはキリストの血を携えて、父なる神の前に立つ祭司の役目も、背負っています。
祭司の勤めは、とりなしの祈りです。 祭司の勤めのとりなしによって、隣人、国のために祈り人には、大きな祝福が訪れます。
祝福を残され与えられるのは、その祝福によって得た恵みを神に返すためです。

 断食の祈りは悔い改めの祈りの形です。
短期でも長期でも断食をするときに、行いよりも重要なのは、断食をしたときの献身の心ですね。

断食は必要ないという方もおられますが、差し迫ったときには、断食をなさることも良い祈りの機会を与えられます。


yuri7029554

私の母が痴呆症に成り記憶を失いました。その時に1週間ほどの断食をして、救いを求めました。
そのためには前提として、母が癒やされる必要も在る事も、神様に訴えました。
{救われたら、一生涯、神のなさったことを伝えます。」と、約束を献げました。

第一にキリストは救いを与えるために、この世に来て下さいました。 癒やされることは第二。結果でした。 

癒やされる前には救いが必要です。結果は神さまのものですからといのりました。


断食の祈りには力が与えられます。
マタイ
17:19 そのとき、弟子たちはそっとイエスのもとに来て、言った。「なぜ、私たちには悪霊を追い出せなかったのですか。」
17:20 イエスは言われた。「あなたがたの信仰が薄いからです。まことに、あなたがたに告げます。もし、からし種ほどの信仰があったら、この山に、『ここからあそこに移れ』と言えば移るのです。どんなことでも、あなたがたにできないことはありません。
 17:21 〔ただし、この種のものは、祈りと断食によらなければ出て行きません。〕」

この種の物は・・霊的なことに関わることを指しています。癒やし 預言等・・色々霊的なことはあります。 祈りづけの中から、あなたの使命にも、断食を通して力が与えられたり、方向性が示されたりします。


白血病になった方のために・・霊的な娘のために。初めて雪解け水の中 2月に滝に打たれながら祈りました。 神に必死、真実の気持ちを表現して祈りたかったのです。
衣を裂いて嘆き祈り代わりに、冬の滝に打たれながら祈ろうと思いました。日本人的な発想です。

           

その子は回復して 一時 病院からの外出が許されたときに、洗礼を授ける、救われました。 白血病は回復に向かいましたが、余病の感染症で亡くなりました。
何故ですか?神に聞きましたよ。 ただ亡くなった理由は教えられませんでしたが・・

 この子の魂が救われ、神の御許にいることだけが伝えられました。 

必死な思いを神に伝えるためには、断食は良いと思います。神様との距離感を身近にするためにも、きっと役に立ちます。40日の長期断食もしたことがあります。長期、短期関係なく重要なことは、あなたの心です。

祈りの形は自由に選べます。 日本人はややもすると形式に、囚われかちですが
大切な事は 私たちの行いでは無く 神様の御心に献身することです。

   
ダウンロード1209

 私たちが祈り求める事で 第一に答えられることは・・

神様ご自身の臨在と栄光です。けれど、エリヤの一時期のように不安を抱いた時には、その臨在と神のお声が聞こえにくくなります。

砧鷁Φ
19:4 自分は荒野へ一日の道のりを入って行った。彼は、えにしだの木の陰にすわり、自分の死を願って言った。「主よ。もう十分です。私のいのちを取ってください。私は先祖たちにまさっていませんから。」

19:11 【主】は仰せられた。「外に出て、山の上で【主】の前に立て。」すると、そのとき、【主】が通り過ぎられ、【主】の前で、激しい大風が山々を裂き、岩々を砕いた。しかし、風の中に【主】はおられなかった。風のあとに地震が起こったが、地震の中にも【主】はおられなかった。
 19:12 地震のあとに火があったが、火の中にも【主】はおられなかった。火のあとに、かすかな細い声があった。

神ご自身の臨在を求め、そのことを信じなくてはと思います。
エリヤにも祈りに答えられるまでの、タイムラグ 時間差がありました。

この点にも注目するならば・・

祈ったことには、必ず答えを運んで来て下さる、神様のご性質を信じ無くてはいけないと思います。
この祈りには不可欠なことは信じて待ち続けること・・このタイムラグには、祈りを漬け込む事、聖霊に満たされる時間、Soaking Prayerが不可欠ですね。

信じて待つこと・・ 

汽茱魯諭
5:14 何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いてくださるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。
 5:15 私たちの願う事を神が聞いてくださると知れば、神に願ったその事は、すでにかなえられたと知るのです。

あなたの願い、祈りが、叶えられたときには、神の栄光を表す事であるか?無いかが、祈り前に吟味しないといけないです。私利私欲からの祈りには、神は答えられるとお思いますか!?


また、神様が必ず私たちの祈りを叶えて下さると信じて待つ事と同時に 神の愛とその力も信じなくてはいけないですね。
マルコ
 11:22 イエスは答えて言われた。「神を信じなさい。
 11:23 まことに、あなたがたに告げます。だれでも、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言って、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。
 11:24 だからあなたがたに言うのです。祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。
 11:25 また立って祈っているとき、だれかに対して恨み事があったら、赦してやりなさい。そうすれば、天におられるあなたがたの父も、あなたがたの罪を赦してくださいます。」

あなたが心に思った事、声にした祈りには、神は答えられます。
直ぐに答えが無いときにも、何年でも待つ心を信頼が不可欠だと思いませんか?
前記の、ブログにも書きましたが、トロントのリニューアルの信仰運動があった教会に出かけたいと思っても金銭的には旅費の捻出で出来ませんでしたれど、10年以上が過ぎて、ある婦人の献金によって、3ヶ月間の長きにわたって滞在が出来ました。 

癌の方、歩けなかった方、目が見えなかった方の癒やしも信じて待ちました。
痴呆症で記憶を失った母が、癒やされて洗礼を受ける事が出来ました。

信じて待って、答えられる期間が掛かる時もあります。 直ぐに答え叶えられる場合もあります。
父であられる神がベストタイミングな時に、栄光をあらわして下さいます。私たちの人間側の時間では無く 神の時間で答えが叶えられる。
信じて待つ時間が 祈りを漬け込むのですね。

一旦。神様が決められた事でも あなたの熱心=神の栄光を現したいという願いに応じられて、お心を変えられる例も聖書には書かれています。
神はユダヤの王に、『あなたの命を、終わりにする。』と預言者によって伝えましたが、王は祈りへりくだり、その命をのばされました。

又、あなたが誰かを許していないときには、あなたの願いを排除されます。

マルコ11:25 また立って祈っているとき、だれかに対して恨み事があったら、赦してやりなさい。そうすれば、天におられるあなたがたの父も、あなたがたの罪を赦してくださいます。

神への信頼を保ち不安を抱かない事も大切です。

ヨブは家族、息子達に対しての不安を持っていました。 サタンはその点を利用して、ヨブに対して試練を運びました。
ヨブ
1:5 こうして祝宴の日が一巡すると、ヨブは彼らを呼び寄せ、聖別することにしていた。彼は翌朝早く、彼らひとりひとりのために、それぞれの全焼のいけにえをささげた。ヨブは、「私の息子たちが、あるいは罪を犯し、心の中で神をのろったかもしれない」と思ったからである。ヨブはいつもこのようにしていた。神は家族を許して祝福しないという不安を持っていました。

後に、神は試練から回復しました。
神のなさったことに対しては、一切の不安や愚痴を言いませんでした。

ヨブ 1:22 ヨブはこのようになっても罪を犯さず、神に愚痴をこぼさなかった。
神のなさる事にお任せもしますし、従います。愚痴をこぼさない態度姿勢ですね。
けれど疑問もぶつけて 変えられることも出来る時もあります。
それは神との距離。あなたがどれだけ神の子供としての信頼と自覚を勝ち得ているかだと思います。
それらを、育む事が出来るのも Soaking Prayer 神の前に出てひれ伏す時間です。

聖霊の霊に浸けられて 栄光に満たされたいと思います。

images (3)





 神と私たちの立場、距離感。

 前記に、私たちに罪を犯した人を許すことを書きました。又理解できない苦難、試練 苦痛を与えた神に対しても、愚痴をこぼさないようにとお勧めしました。

 私たちの罪のために、十字架に掛かってくださったキリストを感謝します。その感謝と讃美を献げる事を忘れて、何年過ぎても・・ いつも自分の罪を許してくださいと祈り始める方がおられます。
それが謙遜と思っておられるのでしょうか?

 何時までも「許して下さい。」と嘆き悲しむ何時までも「許して下さい。」と嘆き悲しむながら祈るながら祈る心意が問われます。

信仰は一つ、洗礼も一度だけです。キリストの購いは完全です。


紫のバラ

何時までも「許して下さい。」と 日々 嘆き悲しみながら祈る事は・・・何度も、キリストを繰り返して、繰り返して 主キリストを十字架に繰り返して付ける事と同様の祈りはしているのと同じです。

十字架の購いは決して不完全では無いのです。

そのような方にも、自分の霊的な立場を理解して深める為にも、Soaking Prayer 祈りを漬け込む事も出来ます。

キリストと同様な神の子としての立場が、十字架の上で流された血によって与えられているのです。

この事を確認できることも、自分の願いを変えて、神の子としての特権を知るように聖霊の中で、神の子のと関係を気づくこと。あまりがままの自分をさらけ出す、祈りがSoaking Prayerです。

pr011_1

 聖霊に満たされて倒れるというブームメントとのようになりましたが、、自我を捨て、聖霊に委ねることが出来れば 倒れると言う事も起きます。人によっては聖霊に満たされても倒れる事も無いです。

自我を捨てるならば、聖霊様の思いを知ること、助け、癒やしを受けます。

聖霊が臨むとその現れは様々です。顕著なことは異言が口から溢れます。
祈りたい気持ちだけ、感謝だけ 讃美したい気持ちが、言語に寄らないで口からあふれ出る現象が異言とも言えます。

注意すべきは感情や現象に囚われてはいけないです。大切な事は信仰によることです。

soaking_prayer_pic

神に委ねる心が一番重要です。 祈りの言葉も無くして この委ねる時間も Soaking Prayerの一つです。

このページのトップヘ