google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2013年08月

 FACEBOOKに下記の記事が書かれました。

 同感だと思う点が多くて、このブログにも書きました。 

 
祈りは通じる

 アメリカの研究で,こんな実験がありました。
末期がん患者を無作為に選んで、 AとBの2つのグループに分けます。
 彼らから遠く離れたところに住む10人の健康な人に、Aグループの患者さん10人の名前を伝えて回復を祈ってもらいます。
ひまわり

 Bグループの患者さんには、まったく何もしません。
その結果は、驚くべきものでした。
祈ってもらったAグループの患者さん(自分が祈ってもらっているとは知らない)は、あきらかに回復率が高かったのです。
 祈っている人は、相手が誰かも知らないし、 祈ってもらっている人は何も聞かされていないにもかかわらず。 何回実験しても、またニューヨークの病院の患者さんでもロサンゼルスの病院の患者さんでも同じ、という結果になりました。

 祈りの効果には、距離も関係がないことがわかったのです。

 現代の科学では、そのメカニズムはまったく解明されていませんが、
その効果は、科学的に証明できたわけです。
それほどまでに祈りには力があるのです。


 私がおもしろいと思ったのは、祈るほうもたいして信心深い人ではなく、

 特別に気合いをいれて(!?)祈ったわけでもないのに、効果があったという点です。
キリスト教や熱心な信者でなくても、自分の祈りの効果を信じていなくても、効いたというのですから驚きです。
自分のために祈っても無心の状態にはなれませんが、誰か自分よりも大変な人を思い浮かべて祈ってあげると、一生懸命になれます。

あなたよりも経済状態が悪かったり、病状がひどかったり、 人間関係に苦しんでいたりする人のために、ぜひ祈ってあげてください。


そういう人がまわりに思い浮かばない人は、

 外国で戦争やテロの犠牲になったり、食べ物を満足に食べられない子どもたちのために祈ってあげてください。

すると、不思議なことに、心が安らかになってきます。 無心になって人の幸せを祈ると、自分にもそれが返ってくるからです。

愛は、差し出すことで、いくらでも自分の中から湧いてくるという不思議な性質を持っています。
でも、相手からその見返りが欲しいと思った途端、 愛が返ってこないと感じてイライラしたり、落ち込んだりします。

 欲しいと思うと手に入らないのに、他人にあげようと思った途端に手に入るとは、ユニークな仕組みです。

 人間の心に、この仕組みが プレインストールされているのなら、父なる創造の神の摂理がそうなっているのかもしれません。
あなたが神を知らなくても、父なる創造の神様は、あなたを知っているからです。

 以上の記事でした。 そうだと思う点が多いですね。
 
神が知らせる啓示の祈りもあります。 私が滝行中で、私自身が神学生の時に、お世話になった方の為に、 祈るように示されました。祈れと言う命令、啓示から導かれて異言で祈りました。
後日に判ったのですが、そのとりなしで祈った方が 、片足切断をする手術の日でした。
全く事前には、知らされていませんでした。 報告を聞いて電話口で、私は泣きました。 

 啓示の祈りは、他にもあります。印象深いのは、阪神淡路&東北地震の三日前に祈ったことです。 一部の人に伝えて・・その方々は、地震の被害から逃れることが出来ました。

 また、滝行中には、糖尿病の癒やしの依頼があると示されていました。やはり後日にメールにて、糖尿病の癒やしの依頼があり、直ぐには行けない遠方の方でしたので、祈りのハンカチを送りました。

 又、私の滝行の動画を見た方が、癒やされたという報告を受けました。
神様、キリストに感謝、讃美を献げます。

 神癒には、積極的信仰、前向きな告白 が不可欠です。私が手を置いて祈ったとき回復して、後日。不調が続くと、元に戻る方も居ないとは言えません。 前向きに祈り信じ続ける事が大切です。
『私は主。あなたを癒やす神である。』という御言葉を、十字架の購い=身代わりを何処まで信じ切る事も重要ようです。 絶望からも立ち上がる事が出来るのは、私たちの助けてである聖霊の力です。

又、神の決定権に従う幼子のような心も必要です。 
もしかしたら、神はあなたを天国に ・・神のお側に召されたと思っておられるかも知れません。
癒やすと言う決定権も、神に委ねる必要もあります。 癒やしを祈りの前に重要 な全ての決定権を神様に委ねることも大切です。この全能の神の決定権に関しては癒やしに限らず、私たちの人生、生活の全てに関わりがあります。

又情熱も不可欠です。 一旦、神さまが決定されたことでも、それを変える事が出来るのは、私たちの情熱と幼子のような心からの祈りです。

旧約聖書には、神はある王様に対して、あなたは間もなく死ぬと決定の宣言をなさいます。
しかし、その王は、神に嘆願し訴え祈り、命が延びて・その使命を果たします。
この様な場合も、私たちには起きます。  さて、この王様は誰でしょうか? 聖書クイズですね。


YouTube動画から、滝行。この動画を見て、癒やされる人が現れるようにも祈りました。
現実にも、癒やされたと報告も受けましたから感謝です。今後癒やされる人が増えるように祈っています。
 事前のお断り。 途中からは褌姿に変わります。観たくない方はご遠慮ください。
途中までは、滝の様子だけですから、そのシーンだけを観てお祈りください。

        



 滝行に多く用いられている一つの衣装が褌です。包み隠さずに、全身全霊を神に差し出して祈りたい気持ちの一つ祈りの形の意味合いが、古来から伝わっています。日本人独自?精神文化かも知れません。<白装束の持ち合わせが無くて・・必然的な姿になっています。随分前の滝行の姿のコメントに女性からと思える卑猥だという反対意見がありました、多分? 見方が違っていたと思われます。>

 滝行の祈り形式をクリスチャンとして応用して祈っています。聖霊様をお迎えして、その地の悪霊を追い払い、自分自身も清めてから祈っています。夏でも非常に冷たいの水では、無心に成りやすいです。40日断食の祈りの時間と比べると。これも非常に短い時間ですが、祈りには、量も大切、質も大切、このバランスが不可欠です。神様と向き合う時間と語りかける時を、神は喜ばれると信じています。私たちの純真な祈り、語りかけを喜ばれる神です。


あなたの多くの癒やしと、生活環境の祝福を祈っています。

  

 カウンセリングをしています。


今日の夕方に会食をしながら話を聞き、カウセリングをしました。
出会ったのは数年前、出会う度に、話を聞き アドバイスと祈りをしてきました。

ネットで、私の事知り、連絡を下さいました。

本人は、精神的な病があると言っていました。確かに出会った頃には多少、落ち着かない点も希に感じましたが、それ以外 特に気になる言動行動は無かった。
普通の人、青年でしたね。

精神的な圧迫を受けた人には、多少 キレる傾向があると自己判断をしている冷静な感じでした。
精神病で無くても、それは誰でもおなじ事ですが・・

家族からの判断と、そのこと受け入れた医師からの渡されて、安定剤を飲んでいました。

躁鬱病=精神病の判断が、一旦なされると、医師は薬の処方を止めないですね。処方さえすれば、医師(多少偏見のある意見ですが・・)は収入源にもなりますから ・・手放さない患者としてもあるのでしょうか?

半端でない薬を処方して飲ませる医師もいます。問題になってニュースにも流れたりします。

出会う度に、出来るだけ、自分から医師に頼んで薬を減らすようにとか、セカンド&サードオピニオン 医師と病院を変えても診断して貰うように勧めていました。
聖書からの言葉も、アドバイスの言葉の織り交ぜて 祈りました。私と話して会食をしたり
大阪の奉仕先の教会にも、一緒に出かけていたときもあります

彼とおなじ青年が、私の教会には居ませんので、おなじ年齢層が在籍している教会を紹介。
又 彼も 彼自身に会いそうな教会をネットで探して訪ねたりもしていました。

将来のこと考えるように進めてから、積極的に前向きになるように勧めて祈ってきました。
幾つかの預言もして、その順に叶えられても来ました。

就労支援センターにも通い始めるようにもなりました。
彼が苦労した件で、おなじ苦労や苦しんでいる人々にも関わって、救いに導きたいと新たな
願いが起きています。

神学校に行き学びたいと新たな願いが起きています。 そのための基本条件を今日は教えて話し合いました。

 少しずつ着実に 癒やされて来ていますね。私にとっても嬉しい事です。

今日は 久しぶりに ステーキガストで会食したあと 癒やしと将来の導きと、祝福を祈って来ました。

会食1




 滝行に出かけた時に・・

偶然にも、 その滝行をした処から近くには、宮本武蔵の生家とか、彼が始めて決闘した平福宿、陣屋などが点在していることが分かり訪ねることにしました。

武蔵の生家
 
 上記、画像の家は、旧街道の因幡街道の美作市にある武蔵の生家です。
 かやぶきの屋根が火事で燃えたために、多少作り替えられましたが大黒柱とか間取りは昔のままとか・説明書きが書かれてありました。

武蔵記念道場
  
武蔵を記念する武蔵道場です。道場生が心地よい挨拶を交わして下さいましたよ。
青年男女が剣術に励んでいました。

この生家から近くには、因幡旧街道が有ります。瀬戸内から鳥取県に通じています。
大原の宿には昔の街道筋が残り陣屋も残っていました。

因幡街道大原本陣
  
上記は、大原宿の本陣です。

大原宿23
 造り酒屋=酒の名前も武蔵の里でした。

武蔵像
 武蔵の生家の近くにある記念像ですね。NHKの大河ドラマの影響もあるのでしょうかね?

武蔵が始めて決闘した13歳。その場所がヒマワリを観に出かけた作用町の平福です。
此処にも陣屋の門が残っていました。

               
平福宿
 この平福にも古い町並みが残っています。
この平福を流れる川 川辺には、その町並みを見る事が出来ます。
 
平福川辺の町並み
 
 昔の人はしっかりした建物を建てていましたね。

また 帰り道に 三日月町の陣屋城を見学しました。生憎と土日祭日しか内部を観られませんでしたが、昔の姿を再現した立派な建物でした。
三日月陣屋
 

大名だけが通る事が出来る正門と家来が入る通用門がありました。
私はキリストの家来として 主キリストの後に従い活躍したいですね。 

陣屋昔風jpg
 
これらを纏めたYouTube動画をご覧下さい。

                  

 残暑 お見舞い申し上げます。

連日暑い日が続いております。如何お過ごしでしょうか?
冷夏も色々影響して困りますが、この異常な暑さが早く通り過ぎて欲しいですね。


飛龍の滝前39


皆さんは海に出かけられたでしょうか?

私は、西明石の仕事帰りに、少しの時間、海に浸かってきました。僅かな時間でしたが心地よかったです。西明石の職場から転勤しましたから、仕事帰りの海には行けなくなりました。


海岸

  数年ぶりに、海に浸かったと思います。

念願だった滝にもこの夏、1度だけ。滝に打たれながら祈ることも出来ました。
クリスチャン的な滝行ですね。数日間の断食も併せて行いました。

クリスチャンが滝行を?と思われるでしょうが・・

白血病になった方の癒やしを祈る為が・・必死で在る事を、神様に知って貰いたいと
日本人的な発想の祈りから、始めたことが動機でした。

他の宗教との差別化も図って、導かれた・・考えてクリスチャン的な滝行を始めました。
白血病の癒やしのために、2月の冷たい雪解けの滝に打たれて祈りました。

今回は、色々問題を抱えている方、心と身体の癒やしを滝に打たれながら祈りました。
重度の糖尿病からくる弊害を持っている方のためにも祈りました。

遠方で、自宅からはで離れていている方には、手ぬぐいまたはハンカチを購入後、
数日間祈ってから、お送りしています。

癒やしのための祈りのハンカチです。

聖書にも、長血の女がイエス様の衣に触れるならば、癒やされると信じ癒やされました。
パウロの仕事着の前掛けに触れば癒やされると信じた人も癒やされています。

そんな聖書の記述から、信じて遠方の方には、私が祈った後、ハンカチを送っています。
祈る側と、祈られる側との、お互いの信仰を目に見える方とをして現したハンカチです。

ハンカチそのものには力は無いですが、信仰によって・・キリストの十字架の血によって
癒やしの力が信仰によって表現されているハンカチです。

祈りのハンカチ

過去に受け取った方の中では、失明しかけていた人が癒やされました。
心臓病の悪化が止まりました。
歩けなかった方が、ハンカチを足に当てて、祈り続けて歩けるようにもなりました。
遠方で、毎日祈りには行けない、私の代わりに、送ったハンカチですが、
他に癒やされてという報告を多数聞いています。
何よりも私以上に、祈られる方(側)の信仰が在ります。


ハンカチが無くても信仰を保つことが出来ますが、
病で心が弱っているときの信仰の補助的な支えを持っていると思います。
否定的な考えを持たずに、前向きになる支えにもなりますね。

癒やしには肯定的な考え方を・・・主キリストが十字架上で流された血によって、癒やされると
信じ続ける信仰が不可欠です、信じる力は、私たちの助け手である聖霊によって与えられます。

お互いのために心を合わせて祈り合う姿勢を神様は祝福して下さいます。
その一つの形、信仰表現が、祈りのハンカチ、滝行 断食です。
行い・・断食などをしなくても、祈りが
聞かれるときがあります。

必死さを現して祈り時には行いを持って、
父なる神様に表現することも、聖書は記述しています。
哀しみ怒りの表現には、自分の服を裂いて祈ったとも書いてあります。

癒やしの信仰表現、衣の裾に触れるならば・・
信仰表現の祈りのハンカチです。


 赤い立木へごニアが綺麗に咲きました。
  (映画 終戦のエンペラーを観て)


長崎、広島に落とされた原爆記念日に、真っ赤な血のようなベゴニアが咲きました。

原爆投下は多くの苦しみが始まった日、流された血潮の色にも似ている。
二度と繰り返さない、核廃絶を進めて欲しい。原発も利益だけで進めず、事故は繰り返さないで欲しい。 原発は発電費用は安いという人々もいるけれど・・
核のゴミの処理には100年以上・・1000年とも言われる処理管理がかかる。

この核のゴミの問題が、解決しないまま。。特別費として、私たちが現在、電気代の中に上乗せされて払っています。

原発の事故依頼、問題処理が後手後手です。汚水問題もまた後手後手・・そんな問題処理が進まずに電気代の値上げと、原発再開だけの話が進んでいる。

立木ベゴニア


原爆投下後に、終戦の決意をなさったのは、昭和天皇自身。それだけは間違いないと、先日の映画を見た・・終戦のエンペラーでも語られていました。 

戦前の天皇は政治を任せて、神 祭祀をして発言は出来なかった。御前会議も、ただ聞くだけの人だったようです。USAの情報公開方法が、日本より進んでいますよ。だから、おおよそは間違いが無いと想いました・・

開戦は、神としての天皇が、発言権を持っていなかった、言えなかったようですけれど・・
終戦だけは、天皇の意志が遂行されました。
その天皇の決意と言葉を封じ込めようとした人々がいた事も事実として語られていました。
何故?彼ら等が命を落としてまでも、天皇の放送をとめようとしたのか?>その経緯や事実を、私たちに走らされていません。

しかし、そう思って、あのお声・・終戦を決意なさって、ラジオから流れた。。有名な放送を想うと・・少し胸が熱いですね。

終戦後に、ポツダム宣言 その後の法律決定で、アメリカ軍の駐留が出来る安保条約が法律で決められました。軍を持たない代わりに、アメリカ軍が日本の防衛をする保証。日本国内でアメリカ軍が自由に活動できる法律。地位協定が出来ました。

日本の空 海の権利はアメリカ軍が第一優先となりました。 占領状態が未だに続いている状態です。
おなじ敗戦国のドイツでも無い協定であり占領状態です。

民間の土地にアメリカ軍のヘリコプターが墜落しても、日本がでを出せない。
JALやANAが最短距離で飛行機を飛ばしたくても、アメリカ軍がノーと言えば飛ばせない。
アメリカ軍兵士が、訓練中に(それ以外でも)事件を起こしても、日本側が、事件を起こした犯人を逮捕して裁けない。

この変な法律を変えないといけない。でも無止むやたらに、法律改正反対する人がいる。
表向きとは違った利益を受けているからではと思う事も在る。

日本が防衛費を削除してアメリカに守って貰う協定・・このために地位協定と、戦後の占領状態を解除するためにも、どうすれば良いのか?日本が考える時が来ている。

自衛軍隊を持つべきか?どうか? 法律改正をどの様にすれば良いのかを・・・

 アルバイト先がかわりました。

今までとおなじ会社内での勤務先の配置転換ですね。

西明石から、神戸灘区摩耶ケーブルの近くの老人ホームでの食事作りに変わりました。

摩耶ケーブル
 
色々問題?職場内のことでよくある事ですけれど、対人関係が難しくて、前任の パートさんが辞めましたから・・

 前の処は閉鎖になりました。 病院でしたが、その病院の閉鎖統合により変わりました。給食業界の入れ替わりが激しいですね。  おなじ会社に属しながら、勤務先が違ってきます。派遣業みたいな会社ですね。

6時間のパートです。朝の5時には起きて出勤します。夜型から1度に朝型に変わりました。帰宅しても少し眠たいかな・ ?

 少しこの職場に成れた頃に、又転勤の可能性=ヘルプの仕事に成りました。人手の足らないところに転々とするのですけれど・・。
コロコロ変わるように言われるなら考えようかな?とも想いますが・・。60歳過ぎての仕事はそうそう無いですし、年金だけでは生活も宣教活動も出来ないですから・・

 『主のあなたが生きて働く神で在る事を、新しく見せて下さい。』 と祈っています。


  元職場からは神戸の町が一望できます。 この暑さですから、少し霞がかかっていましたが・・
神戸の展望2


 天気が良くなり 眺望が良くなったら、摩耶山にケーブルカーで昇ってみようかな?


神戸にはこの摩耶山と 六甲ケーブルがあります。又新神戸横には、キャビンリフトが在ります。
この三本で気軽に神戸の眺望を楽しみ事が出来ますね。
 

 本日。映画を見ました。


 見ないなーと思っていた映画で期待は裏切らなかったです。

終戦後、厚木基地に降り立つマッカサー司令官の場面から映画が始まりました。
マッカサー司令官

本当の戦争犯罪者はだれか?天皇にはどれくらいの責任があったのか?調べる補佐官の恋物語・・
悲しい別れから日本に来て、彼女を探しながらも、戦争を決断し進めたのは天皇なのかか?
その証拠を探します


その中で、日本人の精神面をよく描いていましたよ。セットも大変よくできていました。


本当の戦争責任者の証拠さがしを進める中で、フランス、イギリス、オランダ ポルトガル他。多くの国は 植民地政策と戦争をしていますけれど、
植民地政策、戦争で日本だけが裁かれています。
それを訴えて、アメリカに考えさせる言葉(セリフがあり 、ハリウッド映画にして・・驚きましたね。


初という日本女性が 恋人のアメリカ人に書き溜めた手紙の山・・平和だったら届いたはずの手紙・・
それを見た男性が男泣きするシーンには戦争の悲しさがあふれていました。

 天皇がお茶の接待をマッカサーから受けます。ここに至るまでには、当時としては大変だったろうと思います。 また上手く それらが 描かれていました。

 日本の歴史では学ばなかった、天皇の声のレコードを奪い葬ろうとした軍がいたこと・・
「戦争の一切の責任は、私 (天皇に)あるとご自身がマッカサーに伝えられてことは、あまり歴史では学び知る事はなかったですね。  しっかりとそのシーンも撮影されていました。

その場面を見て、。天皇の気持ちを考えると・・胸が熱いくなりました。 よしわかったとアメリカ側が
その言葉を真に受けていたら、天皇家は、日本の歴史から消えていました。

昭和天皇とマッカサー

日本人俳優をよかったです


おすすめの映画でした。
公式サイト  
http://www.emperor-movie.jp/

 素麺流しと滝を鑑賞後に・・

 
湯原温泉の砂湯に向かいました。

 ダムの下に広がる河原に湧き出ている温泉です。湯原温泉は鄙びた温泉町です。


大勢の方々が日光浴しながら、露天風呂に浸かっていました。泉質は多少ヌルリとして肌には優しいです。

湯原75


小一時間ほど温泉を楽しみました。男女混浴ですが・・日中は男性が多かったです。
夜は女性もは入るのかな?女性も中には大胆な方もいますけれど・・他の露天風呂で遭遇して
目のやり場に困った経験もあります。平気で隠すことが無い人でしたから・・
 
                  



DSC00078


        久しぶりの解放された露天風呂を楽しみました。
           何時もは狭いマンションの風呂ですからね・・。

DSC00071

 

 友人の畑から野菜を収穫してから・・


蒜山までドライブしました。私の目的は、この渓谷にある滝に打たれて祈りたいことがありました。
色々の問題を抱えておられる方々の祝福のためと、自分自身のためです。

神戸からは車で2時間ほど離れていますから、友人には素麺が流しと温泉があるからと伝えて了承してもらえました。

以前、春に1度、来たときには閑散としていた場所でしたが、今の時期は素麺流しと渓谷の涼を求めて来る人が想像以上に多かったですね。

素麺流しは8月15日までです。http://cms.top-page.jp/p/maniwa/3/1/2/

                 
                  

素麺流し

 友人はビールにイワナの塩焼き・・ イワナ これが美味しかったですね。
私も、この様な形での素麺流しは初めてでした。上手かったです。又、素麺流しの装置がよく出来ていて、取り損なっても、又、調理場に水の流れで自然と戻る仕組みで、食べ終わるまでゆっくり食べることが出来ましたよ。

この食事後に、山乗不動滝に行きました。。けれど観光客が多すぎて・・落ち着いて滝行をして祈るような環境で無かったので、又別な機会に来ることにしました。

蒜山 山乗り渓谷の不動滝


 NHKの大河ドラマ、宮本武蔵のロケ地になった滝ですから、有名な滝ですね。

 何度かブログにも書きましたが、滝に打たれながら、神経を集中して祈り事が好きになりました。
滝行と言うけれど、クリスチャンの場合は行いでは救われないですが、しかし、行いが無いならそれも駄目ですね。

滝に打たれる前には、その土地に固守している悪霊・・多くの滝は仏教神道の修行の場です。それらの霊を取り除く祈りをします。

 私なりに・・ヘンリーグルーパ牧師から学んだ、この祈りと意味を込めて宣言します。

 詩編
24:7 門よ。おまえたちのかしらを上げよ。永遠の戸よ。上がれ。栄光の王が入って来られる。
 24:8 栄光の王とは、だれか。強く、力ある主。戦いに力ある主。
 24:9 門よ。おまえたちのかしらを上げよ。永遠の戸よ。上がれ。栄光の王が入って来られる。
 24:10 その栄光の王とはだれか。万軍の主。これぞ、栄光の王。

 上記の詩編を読み上げて、私の祈りを妨害できないことを、キリストの十字架の血の力と購いによって宣言します。 私のクリスチャン的な流儀の滝行です。

 この後に、主の祈りに基づいて、変化をさせて色々祈ります。

生きて働く 神の栄光を求めます。

私に関わる人々の祝福を・・癒やしを求めています。 とりなしの祈りもします。 重傷の糖尿病の方のためにも祈りました。 祈りの予定に無かった方を示されて祈ることもあります。神が祈るように促されるからです。

下記の写真の際には滝の中で、幻が見えて、その方のために祈りました。病の中 大変なことが後日に判明して・・祈らされていたことを知りました。

                




                 takigyo

 夏でも滝の水は冷たいので、長くは滝には打たれることは出来ないですが・・
  主の祈りの意味に沿って、色々の祈りと願いを込めています。

 滝の中で無いならば、1〜2時間は祈りますけれど、・・

ゲセマネの園では、ペテロ ヤコブ達は祈りながら寝てしまいました。
滝の中では祈りながら眠ってしまうことは無いです。笑い!

安全性を第一に、滝壺の深いところとか 宗教的な管理が強いところは避けています。
自然の中の滝を選びます。一人では危険が伴う場合もありますから、独りでは行かないようにして友人と行くようにしています。

上記の写真は、別な安全性の高い場所で (山乗渓谷では無くて)セルフビデオ撮影からの抜粋画像です。前後に断食も併せて祈っております。 

あなた様の祝福を・・祈りました。

 友人の畑に。



昨日、私を訪ねて来て市内のスーパー銭湯に出掛けた友人の自宅を、今日は私が訪ねました。

彼の畑の野菜を貰いに行きました。
画像1


彼は週末農家ですね。

米作りには力を入れていますが、野菜には、日中は働いているので、野菜には中々、手が回ら無いと呟いでいますけれど、

それでも色々な野菜を作っています。

畑には、オクラの花が咲き、身が大きく成りすぎていました。
茄子、トマト、キューリ他をいただきまました。



画像1



田んぼには、青々した稲が成長していました。最近は急激な雨や日照りで水の管理が大変ですね。

夏に、訪ねたのは始めてかな?秋には新米をもらいに行きますけれど

画像1

このページのトップヘ