google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2012年05月


 丹波 市島町の藤の花のライトアップを見に行きました。


桜のライトアップは沢山 ありますが、藤の花では珍しいですね。

TVのニュースで、このことを知り訪ねました。

丹波の白毫寺の横に、この藤棚はありました。長さ 120mの L字の藤棚でした。


DSC07101



ライトアップされると、光の加減で、虹のようでした。
幻想的に成り 素敵でしたよ。

日本の教会も、素敵な庭を造り 解放をすれば良いのに・・人が憩いやすい綺麗な花を植えて・・

スライドショーにしてあります。どうぞ ご覧下さい。

DSC07222





 週末に丹波に行きました。

 舞鶴道の春日インターで車を降りて、少し時間があったので、黒井の里に行きました。目的地が別の場所で、白毫の藤の花の撮影とライトアップでしたから・・

こちらには、黒井城の城跡が残っています。 Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E4%BA%95%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

01 黒井城

 春日の町を一望できる山のその城跡があります。
その城の下屋敷(住居)は お寺、興善寺の変わっていますが、その城壁、白塗り壁と庭石、井戸などは当時のままだそうです。
歴史を肌で感じることが好きですね。

DSC07051


石組と壁は当時の風情を漂わせています。

DSC07052


黒井城が、この地で明智光秀に、滅ぼされた。築城年代は1335年頃、南北朝時代に赤松貞範によって築かれたと言われています。  戦国時代、丹波の猛将赤井直正が居城。 天正5年・1575年に始まった明智光秀による丹波平定戦の折り、黒井城は光秀に再三に渡り攻められ5年後に落城。 光秀は、春日の局(1579-1643)の父であり重臣の斎藤利三を城主として、今に残るような城の規模になりました。 朝来の竹田城ほどハッキリとは残っては居ませんが・・



春日の局は、江戸時代の将軍 江戸幕府3代将軍・徳川家光の乳母となり、大奥を仕切りました。

DSC07064


 彼女が生まれて時に、産湯をこの井戸の水で沸かした。 今も残って水が湧いています。

説明看板では、幼少の春日の局が遊んでいたという庭石が残されています。


DSC07083



 今この白い花 フランス菊が盛りに咲いていました。


DSC07088

 古里から小包が届きました。


 五月なのに、冷え戻った昨日。小包と便りがとどき、空けてみると古里の香りのする食品が一杯でした。

イカの墨の入った塩辛。温かいご飯と一緒に食べると、この塩辛が美味しい。

 また、富山湾の春に捕れる白エビを、板昆布採れたての白エビをで挟み込み、エビの水分を板昆布が吸い込み、とろりとした食感が美味しい。 ワラビやゼンマイを、同じように板昆布で挟み込んで、昆布の風味と一緒に食べれる山菜。
手作りのジャム他が一杯届けられました。


 一番届けられたのは、暖かい思いやりですね。

届けて下さったのは、 家内の兄夫妻です。 妻が亡くなって、既に35年が過ぎましたが・・ 今もこのように暖かい心が伝えられてきます。 手作りして下さった義姉は、あの小さな白エビを沢山、皮むきして昆布締めを作って送ってくれました。

 嬉しく うまいがや!( 美味しいです。 ) の富山弁 


 義姉は手先が器用で、パッチワークを作ります。ベッドカバーの作品を、今年は作り発表したようです。


あんちゃん0002



 家内の兄は、70歳です。  今もハレー・ダビットソンでツーリングをしています
 あんちゃん0001



 
 夕食に白エビの昆布締めを食べました。 おいしかった。!! あしらいの青い紅葉も一緒に送られてきて、その心使いが伝わりました。
 



DSC07281

 兵庫県県立美術館に行きました。

 日本の印象派と言われる金山平三画家<wikpedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%B1%B1%E5%B9%B3%E4%B8%89の特別展が行われています。

 特に大正から昭和初期時代に活躍した画家です。
光とその色合い、色使いが素敵です。日本の印象派の肩書きに惹かれて見に行きました。

印象派の画家は大好きで、パリ在住中にはオルセー美術館によく通いましたね。日本人の印象派の肩書きの方の絵は初めて見ました。

010


 この美術館の設計は有名な建築家の安藤忠雄氏ですから、この建物を見ても価値はある建物です。



 私は始めて、色々の画家の絵を見ていますけれど・・この画家の作品を見ました。 神戸にもゆかりのある画家です

同じ画家の絵でも、好きか嫌いがでてきます。 解説者の評価に左右されないで、自分の感性で見ます。

好きな視点は、光と影を・・またその絵の中にある光源はどこから来ているかを見つけ鑑賞することが好きですね。

大切にしていること、やはり自分の感性と、その絵の世界に、自分が入りやすいか、否かでですね。
その絵の中に入り込み、想像してその絵の中を散策しています。例えば、リンゴを拾い集めるのを手伝ったらどうなるかな? どの様な会話が生まれるかな?等々。 想像して絵の中を散策します。笑い!(*^o^*)


美術館0001





nichido_090102



 先日の竜巻はすごかったですね。

 大きな彼我を見て、その被害を受けた方にはお気の毒ですし、亡くなった中学生に哀悼を祈りました。

 TVで見て、あるでアメリカ見たいと。職場でも話題になりました。

スーパーセル


広い平野部では、寒気と暖気がぶつかって、雲を発生させます。雲を発生させるときには大きな前線と大気の不安定から風が吹きます。高い天からまるで掃除機が差し込まれた状態になり竜巻を発生させます。

 詳しいメカニズムは既に、ご存じだと思います。

Supercell

 
 先日の竜巻は、このスパーセルだったとTVのニュースが伝えていました。
巻き込む力が時別に強くてスーパーセルだったようです。 画像も竜巻を起こすスーパーセルの画像です。


 温暖化の影響で、日本の気候も変わって来ていると思います。

セルの意味は細胞です

教会にもセルグループがあります。
此所にも力あるセルが必要ですね。単に親睦会になってしまっているセルもありますから・・
確かに親睦を図ることも必要面もありますが、信仰が深まり、実生活の中で聖書の言葉を実践しているセルが必要ですね。

神は大洪水での人類を滅ぼすことは亡いにしても、災害は、神からの警告である側面もあります。

 災害を通じて、神に近づくチャンスでもあります。モブの家族も竜巻の災害を受けましたが、ヨブは信仰
を深めています。


20061111mb31_virga_pictures_whiporie_nsw_jpg_small

 
 前記のように、キリストに祈ってても

癒やされなかった例もありますが、キリストはその栄光を表すために、癒しを私達に与えられます。

最大の癒しは、キリストの十字架の御代わりのあがないを信じて救われて、天国においての永遠の命が最大の癒しと救いです。


 過去に白内障や歩けなかった人が歩いたり、私の母の痴呆症からの記憶消失が治ったときもあります。

この言葉は、預言です。その後、それがキリストによって実現しました。預言の実現は、信じて、信仰の備えが大切です。 癒しの予言の一つです。信じる者の上に待ち望む者に実現します。
Flowers453


15:26 そして、仰せられた。「もし、あなたがあなたの神、【主】の声に確かに聞き従い、主が正しいと見られることを行い、またその命令に耳を傾け、そのおきてをことごとく守るなら、わたしはエジプトに下したような病気を何一つあなたの上に下さない。わたしは【主】、あなたをいやす者である。」


今からさかのぼる事、ユダヤ人が300年余りに及ぶ奴隷から、エジプトを脱出し砂漠の中にあるエリムの泉に着いたら、その泉の水が苦くて飲めませんでした。
エジプトを出ることは、神の命令と導きでした。なのに何故? 神に従うときに、この世とのズレ、違う生活と結果もあります。

しかし、神ご自身が、『私は主、癒す神で在る。』と宣言なさいました。

罪の許しの象徴である十字架は、アダムの原罪と私達の罪を許します。その罪が無ければ、病も無く、産みの苦しみも無く、( クリスチャンは、一般的に産みの苦しみは少ないとか!たしかに私が関わり祈った妊婦クリスチャンは、助産師から、お産が軽かったと聞いていますよ。 ) 額に汗してパンを食べる事も無い。神に従う時には、経済的な祝福を得られる約束されている。

私達は現実、足元をみて、そのギャップから、神の約束を不安視してしまいます。 天国に在る約束と救い。先ず、その事を硬く信じなくては、この地上で、天国の恵の延長の実現は在りません。

神の十字架の許しは、全ての罪が原因で起きる災いから、私達を護り救います。
富士子さんから、信仰告白、信じて祈ります。と聞いて嬉しかったです。

不安と疑いは、心の中に、サタン、悪霊に、私達につけ込み、災いの足がかりを作り与えますから、賛美と感謝の生贄を、父なる神様に、聖霊に、そしてキリストに捧げましょう。

不安に囚われすぎると、キリストが先に見えなくなります。
キリストから目をそらすと、ペテロのように、嵐の海に歩き出す奇跡を体験しても、その嵐が大きすぎると不安になった。そして、折角。水の上を記シストに向かって歩いていても、沈んでしまいます。 うつ等の病気は現実と自分の考え方。ズレのギャップから来る場合もあります。それでも、キリストを見続けるなら、貴方の上に、癒しは預言の通りに来ます。

一ヶ月以上が過ぎました.


 多くの方々にキリストに在る娘として、白血病の娘に癒しの為にとりなして頂き感謝申し上げます。

 亡くなる数ヶ月前に洗礼を受けて、骨髄移植も半分は定着し、回復の兆しもありました。しかし回復半ばにおいて感染症の併発で、思わずも急激に体調の変化から亡くなりました。残念で成らず、神に復活されるならばと・・・祈りました。

春先には天に置ける祝福を、私個人の祈りと合わせて、滝に打たれながら祈りました。そして、天国にある慰めがキリストにあっての娘の上にあるとか確信しました。
富士子&赤ちゃん


 私の実の娘と勘違いなさった方も最初はおられました。それもそのはず・・ 危篤状態に陥ってTwitterでとりなして下さるように、つぶやく中でキリストの娘と連呼したからですね。

 私達は3年前に知り合いました。いつも癒しを祈ってきました。実の父とは訳あって若く別れていたので、親身になる私を見て、『まるでお父さん見たい。』と言われて、私も急に心か変わりました。 キリストの血によってつながる信者同士は、姉妹であり兄弟であるという聖書の考え方からの出発点でしたけれど・・ 本当の娘のように思えて・・その分余計に親身になれて、祈ることが出来ました。

与えるなら・・与えられると聖書に書いてあるように、亡くなった姉妹から多くのことを得ました。
バラの花 アイホーン


 沢山。とりなして癒しのために祈っていただき感謝申し上げます。

今は天国で、永遠の癒しを得て、安らぎながら、キリストを賛美していると確信しています。
本当に有り難うございます。

また白血病で ドナーを待っておられる方が大勢居られます。

どうぞ!つつけて、ドナー登録がまだの方。是非、ドナー登録の程を、お願い申し上げます。


 私の職場には、生命保険の外交員の女性が来られます。

先日にはこのようなケースの場合。ドナーの方が移植をして下さる場合に関して、その費用を、移植を受ける方の保険から、その実費を保険ででまかなうことが出来る事を聞きました。

日本では始めて作られた保険の一つだそうです。 このことを知っているか?知らないかでは違いますね。
白血病で、ドナーを待っている方には、移植を受けやすくなる一つの情報だと思いました。
にっせい

兵庫県で白血病の方は、日本生命神戸支社 田中由里子さんに問い合わせてみてください。電話 078−272−6570 その他の件にお住まいの方は、お住まいの地区の日本生命に、ドナーの移植に関して野保険支払いでと問い合わせて見てください。


 また、亡くなったキリストの娘の母親が教会に行き、定着していることも嬉しい一つです。

  早春の頃に


兵庫県朝来市和田山インター近くに行きました。

DSC05767


桜が咲いているかと訪れたら、未だでした。どうしてもこの城の桜を見たい写真に撮りたいと、再び訪ねたときには雨ででした。

この城は写真を撮る人々に愛されているテーマになる城です。

 安土城とと同じ構造で作られています。

IMG_1256


この城の動画・スライドショウです。 これ動画を作ったら、ブログに・・・と思いつつも遅れ、桜の旬の逃したました。

沢山の画像から選ぶので・・また乗せきれない画像も沢山あります。

YouTubeでご覧下さい。旨く動画をはめ込み出来ないので・・失礼ですが、下記のURLから・・

 
http://youtu.be/eWkMr7nPy38 ご覧下さい。



 晩秋には、この城が雲海に浮かび上がります。幻想的で、この時期には大勢のカメラを持った人がやってきます。
撮影ポイントを探すに苦労するほどです。 雲海は自然相手なので旨く往った日とそうでない日。

何十年ととり続けている人がいて、カメラ写真談義にもつきないです。

竹田KB2





DSC06136



DSC06141



DSC06152




他にも吉野山の桜の動画。他にもあります。YouTubeでも<ミカエル小栗>と検索してください。宜しく。お願いします。


 今日はこどもの日。

健やかな子供の成長を願うことは、世界中、どの民族でも同じです。

0c6abe530c



ヨーロッパ貴族では、18歳に社交界のデビューを祝いますが、幼い子供の為には余り無いですね。女の子には、素敵な女の子になるように、ピアスの穴を空けます。

中東では、男の子達に割礼をします。私は滞在していたアルジェリアでもその祝いをして、料理を作った事があります。
本人には痛い経験ですが、自覚を芽生えさせています。割礼をする年齢は、イスラムではハッキリとは定められていません。でも5〜8歳くらいまでには済ませています。


 生まれて8日目の割礼は、ユダヤ人の決まりです。男の子の性器を被っている皮を切除するのですから泣きます。
神の約束に従う男の子として認められます。


割礼式


聖書に書いてある子供に関しての言葉を書きました。


マタイ 11:25 そのとき、イエスはこう言われた。「天地の主であられる父よ。あなたをほめたたえます。これらのことを、賢い者や知恵のある者には隠して、幼子たちに現してくださいました。

マルコ 9:37 「だれでも、このような幼子たちのひとりを、わたしの名のゆえに受け入れるならば、わたしを受け入れるのです。また、だれでも、わたしを受け入れるならば、わたしを受け入れるのではなく、わたしを遣わされた方を受け入れるのです。」

ルカ 18:16 しかしイエスは、幼子たちを呼び寄せて、こう言われた。「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。

日本では、端午の節句で祝いますね。
明日香村、石舞台近くに上げられていた鯉のぼりです。
家族が伸びやか 子供の健やかなる成長をねがっての象徴ですね。 時々、お母さんの鯉が、上になっている場合もありますね。
DSC06429

 案外と近くに、知らない名所がありますね。


時々通る裏道と国道の間にあって、立ち寄ることが無かった、この古墳です。

先日に、明日香村で古墳を見てから、何となく気になりだして立ち寄りました。

説明によれば、4世紀終わり頃に作られ、日本では40番目に大きな古墳です。綺麗に整えられ復元されています。
昔から此所に存在していて、余り価値が認められ無かった時代もあります。
認められたかった訳の一つに、埴輪が古墳上部に並べられています。この埴輪が単純だったからだとも・・

DSC07007


よく調べられて、埴輪の製造方法が、韓国に残る埴輪と共通していることが分かり、古代の海上交易を示す重要性と価値が分かってからと聞きました。


DSC07010



淡路島の夢舞台の観覧車が見えますね。此所は神戸垂水の海岸と淡路島を結ぶ地点から近い処にあります。


DSC07011



DSC07026



此所には管理事務所で、どこから来たかを記入すれば、古墳には入れます。 昔の豪族の墓のようですね。
兵庫県で一番大きな古墳で、隣にももう一つ、古墳があります。古墳への立ち入りが禁止されている史蹟が多いですが、かえってこれが珍しいです。


DSC07025


 古墳。上部からの眺めが良いです。

DSC07019



 管理人の方からの説明では、黒い石は、昔からの物で、新しい石は、発掘調査と新規に復元したそうです。

戦争の食糧難の時には、住宅地の自覚と言うこともあり畑にも成っていたようですが・・

深い掘り割りがあり、その中に作られた古墳で、水は無いです。

垂水神戸アウトレットからも近く、家族連れ、歴史好き?が来ていました。子供には考古学に興味を持たせるには良いですね。


DSC07018



神戸の山並みも見えます。 右手から須磨公園の八伏山。月見山。奥に六甲山系です。


DSC07023



こちらの入場は、午後5時まで・・管理人さんは、此所からの夕日が綺麗だと語っていました。
そう言われると撮りたいですが・・入れる時間とが合わないので、此所からの夕日は無理ですね。 残念!!


この隣にある古墳も 同じような作りだったようですが、石は並べられずに復元されていいました。


DSC07013

このページのトップヘ