google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2011年08月

 先日。明石市の美術館に行きました

 放浪の画家 山下清展を見に行きました。山下清展NO1



館内は大勢の人でした。その人気が分かります。この明石美術家には、2度目です。初めて来館はピカソ展でした。
この館の企画が良いですね。この場所は明石城の一角にあります。明石城の堀




この日はとても暑い日でした。大勢の人が来ているために駐車場が満杯で、少し離れたところ。図書館に車を止め五〜八分歩きました。途中の堀には沢山の亀が甲羅干しをしていましたよ。私自身は、今年も海での甲羅干しはしていません。頼み込んでの2週間ぶりの休日でした。



堀の亀

友人と一緒に見ようと受付横で待っていましたら、電車に乗り遅れたとかで10分ほど待ちました。入場券を買い求めて見ようとしましたが、本当に混み合っていました。
彼は張り絵が得意分野でした。単に張っただけで無く、色々張り方にも工夫したりしています。ギザギザな感じを出すために切手の淵を利用。こよりで花火の放射状を表現してありました。とても繊細で細かい。

貼り絵以外にも油絵、線画 色々の窯元に出向いたようで、各地の有名な焼き物の絵付けもしています。
ほとんどが自宅で制作。旅先の風景の記憶が残り、それは実際の風景と変わらなかったと記されていた。それでも知的障害者だったとは思えない驚きの記憶力ですね。知的障害にも色々のタイプとレベルがありますけれど・・

彼の代表作と言われる長岡の花火が、修復されていました。彼の作品制作時期のほとんどが戦戦 前戦後間もない頃が多くて紙質が悪かったでしょう。色は年月とともに色あせている作品も多かったですが、それでも彼の心、画風が素敵です。すました絵では無く、身近で親しみのある作風でした。絵の脇には彼の言葉で単純明快なコメントも添え書きされていました。彼の直筆が素敵で綺麗でしたよ。

山下清、長岡の花火



『裸の大将』としてタイトルが付けられて映画やTVドラマで、彼は有名にもなりました。本人と演じた俳優さんのと写真と会話も記されていました。これがおもしろい彼のコメントでした。

彼は独自の道を歩みましたので、所属する画壇団体を持っていませんでした。彼の才能を見いだしたのは、アメリカのタイム誌の記者だったようです。?個人的には確証は無いですけれど・・ 彼の紹介記事を見て思います。

施設を飛び出しては、放浪して軒下でご飯をもらい、(絵を描いて=確証は無いですが?)小銭を貰っていた。
夏には裸で歩き旅したので「裸の大将」と言われるようになったようです。 けれど、その時代的にも、それは普通でしたね。褌一丁で軒下での夕涼み姿を一般の人たちの姿をしていた時代。良くてもステテコ姿が多かった時代でしたから。祖父も越中褌一丁に半天姿で野良仕事していた夏の記憶が残っています。

 沢山の絵を見て素敵な時間を過ごせました。知能障害があっても、教え方や環境から素晴らしい物 才能を生み出したり人生が送れるのだと改めて思いました。

 彼は若くして50歳代で病死をしています。惜しいですね。今。存命ならば80歳代ですね。もっと素敵な作品が見られただろうに・・

 例によって記念撮影を、彼に撮して頂きました。午後、昼食を取りながら、互いの感想を語り合いました。
山下清展・明石美術館前

詳しい彼、山下清の経歴はこちらで・・URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E6%B8%85

 お盆が過ぎてしまいましたが・・

お盆の終わる頃には各地では送り火の灯火がおこなわれます。有名なのは京都の大文字焼き、五山の送り火ですね。 この日。8月16日は、仕事アルバイトの出勤日で4時過ぎまで仕事したが、灯火が午後8時でしたので急いで出かけて見ました。以前にも一度見ていた出町柳に出かけました。電車の駅が近いから便利だからです。出町柳の駅には神戸駅からJRを乗り継いで午後六時頃につきました。

その時にはすでにベストポイントには人々が席取りをしていたのですが、中州の川岸に座り込みました。前回の時には遅く着いたので左岸の隙間でようやく見ました。その時にはフイルムカメラでした。又画像も紛失していたので再度のトライです。
夜 出町柳駅灯火時間が午後八時に、右手文字から順番に灯火され燃えます。それまでの時間は思い思いに過ごしました。一人だと席を確保しても動けないのが欠点ですね。待ちきれない子供達が鴨川で遊んでいました。出町柳の河原

隣に座ったカップルは大阪からでした。差し入らないようにして軽い会話を交わしつつ灯火の時を待ちました。


大阪のカップル



日が落ちる頃になる頃になると、座る処が無いくらいの人、人になってしまいました。ガイドブックでも出町柳は有名ポイントですからね。
大文字の人出自宅でよく見ると知らないうちに男性がピースサインをしていました。笑い!今頃 彼はこの日の思い出を語ってるかな?

時間になり大文字の灯火が始まると一斉に人々は興奮して、『前が見えない、座れ。』と喧嘩腰になってしまいました。私も腰を低くしながら写真を撮りました。

大文字焼き

私は灯火後に数枚の画像を撮ってから上流の葵橋に向かいました。しかし、出町柳の橋の上は人混みで混雑。時間との勝負なのです。実は送り火の灯火は15分から20分ぐらいですからね。
葵橋に向かう途中から、船の形に燃える送り火が見えてきました。
送り火 船三脚を立てて一人自動シャッターですからタイミングが難しいです。

妙と法が見える北山橋まで行こうとしたけれど、あまりにも歩くには距離が在り、交通整理をしていた巡査に聞くと『歩くと遠いですよ。到着した頃には消えていますよ。』と情報を頂きました。その場所は出雲橋の橋詰めでした。
振り返ると出町柳よりも人出が少ない。又 大文字山の形も出町柳から見るより良くて灯火もよく見える。 周りには遮る明かりが無く見やすいですね。出町柳は色々の明かりが多すぎました。
私が巡査に『此所は穴場ですね。人も少なくて良いですね。』と話しかけると頷きながら『来年はこちらに来て下さいね。』と言ってくれました。此所で見るならば、妙と法の送り火が見える北山橋までの近いからです。

帰りは四条河原まで歩きましたが、小一時間は歩いたかな?場所が場所ですから、本物の舞妓さんにも出会いました。今思えば画像を撮れば良かったけれど、連れ合う男性がいましたので差し控えました。河床も21時を過ぎると閉店し始めます。と言っても一席。最低五千円からです。普通は7〜8千円から切りが無いです。
小腹を満たすために回る寿司で小皿数枚を摘み800円程で済ませました。
大文字の夜 先斗町


前日には、私が住んでいる最寄り駅前でも送り火が催されていました。今年の神戸は特に震災のことを思い出す時期ですね。
送り火

思い思いに、祈りをして手を合わせていました。亡くなった家族を尊び思い出すことは素敵ですね。

クリスチャンは、神ご自身をを礼拝します。人は礼拝の対象では無いので、私の亡くなった家族に対しての礼拝行為はしません。けれど、私も思い出して懐かしむ事とはあります。神には亡き家族の天国における安息は祈ります。亡くなった家族には直接。祈らないですね。家族の魂は、神の手にあるのですから、安心してゆだねています。

死んだ家族のことで思い悩む事は無いです。もし悩んだとしたら、家族の魂を自分の手に戻すことになり兼ねません。 亡くなった人に祈ったり、礼拝することから、神の手にゆだねて安息いる魂を、自分の手に戻してはいけないと思います。

 送り火を見ながら。今年の六月に、山で滑落死をした義兄のことを思い出して神に祈りました。送り火も、何かの切っ掛けとなり亡き人に思いを寄せるときにもなることは確かですけれど、だからといって亡くなった家族には祈らないのがクリスチャンのありかただと思います。

 最近。男性の浴衣掛けを見かけますね。

と言っても普段では無く、何か花火とかがある時ですけれど・・。

普段から着物を着ていると、その着こなしに、ついつい気になります。一番気になるのは、帯の位置です。
男の帯結びは、後ろは腰あたりです、前は骨盤の上。つまり少し前下がりになります。ところが真一文字に腹の上にしている男性を見るとついつい気になります。浴衣NO1

私が着ているこの浴衣は結婚した頃。妻が手縫いをしてくれました。かれこれ40年過ぎています。着物は長持ちしますね。一般的に余り派手な浴衣柄は好みません。襦袢と着れば軽い外出着となる、秋には重ね着しても着れる柄を・・細かい模様、縦縞を選ぶと便利です。

帯の結び方ですが、角帯は一般的に貝の口という名前のついた結び方が多いです。貝の口と言うからには、結び方にもこだわりがあります。貝の口が真横に見えるように結びます。


関東結び

写真が見やすいように真ん中よりですが、本来は腰の横で結びます。画像は関東結び。左寄りに結びます。関西結びは右寄りに結びます。帯の手も逆にしています。


尻はしょり2




以前は手を後ろに回して、そのまま後ろ結びをしていましたが、今は前結びをして、(角帯の形を整えやすいから・・)後ろに回しています。夏には薄物を着ますね。下着が見えないように、ステテコも利用することがあります。最近は和柄のステテコも売られています。このステテコは東急ハンズで買いました。女性が部屋着としているとか?
白色のクレープのステテコ一枚で、昔は歩く人もいましたが、最近見かけませんけれど・・?習慣が変化していますね。ステテコNO2白のステテコは薄い透けるような浴衣や夏の着物には便利かな!?これも好みです。夏物の着物には麻の襦袢を私は着ています。


尻はしょり ステテコ

私の場合は普段着用に浴衣を着た時には、下着のステテコは着けず、今時と思われるでしょうが褌をします。これは案外と着物を着たときの用足しには簡単に済み便利です。以前。三角パンツと言われたブリーフを着けていたときに、妻から下着の線が分かって良くないからと褌を勧められ、手作ってくれたことがあります。褌は別としても、汗かきの人は薄い汗襦袢、薄いTシャツを汗取りとしての下着として着れば良いです。又白足袋、綿か麻の足袋も少し改まる外出や踊りをするときに付けると良いですよ。

又私が以前。妻に、『浴衣が足に絡まり歩きにくい。』と言ったら、『あんたは男だから、粋に着こなしながら尻はしょりをすれば良いよ。』と言ったことがあります。時々、歌舞伎でも粋に尻はしょりをしています。私はそまで粋に至っていまいせんけれど、汗で浴衣が足に絡む時には尻端折りをします。

もっと粋に着こなしが出来ると良いですね。 あるときに、若い人から『おじさん!着物の裾がめくれているよ。』と注意?親切に教えて貰いました。笑い 

何となく年配者が、若い人にパンツが見えると注意している逆ですね。=ベルトが低いから・・ショートボーンで後ろから見ると尻が割れているのが見える事が分かるズボン・パンツを履いているよりは、粋に着こなしたい願いはありますよ。

尻はしょりNO1

もう過ぎましたが。13日の晩のことです。

住まいからそれほど遠くない運動公園にある陸上競技場。ユニバード記念競技場のフェスティバルありました。
DSC04426 いつも、この競技場の横を運転しては通りますが中に入場したことが無かったことと、花火があると言うことで出かけました。
協賛の会社が色々の屋台を出していました。近くの大学からも学生達が催し事 バンドや踊り会場整理として参加していました。さすがに陸上競技場ですね。芝生が立派でなおかつ裸足だと心地よかったです。
家族連れが多くて、屋台を楽しみ、芝の上で心地よく寝転んだ入りしていました。
コンクリートの上では無いので気温も低い感じがしました。

エコには芝生が良いと聞いていましたが実感もしました。家では暑くても、此所は別の世界のように涼しかったのです。トラック上では思い思いに子供達が無邪気に駆け回り、盆踊りというか、今はやりのダンスをしていました。
神戸ユニバードフェスティバル



終盤になると{午後4時から八時半までの無料開放でした。}呼びかけで盆踊りがありました。子供向けのはやりの踊りでしたけれど
ユニバーシアードフェスティバル1


流し素麺は売り切れていました。想像していたより人が夕涼みに来ていました。子供がというよりは、その親が夢中>になっての金魚すくいを眺めていました。
ユニバーシアードフェスティバル2

ひたすら模様ものよりは、芝の夕涼みを楽しみ人も居ました。
一人では広くて寂しいけれど・・辛い幼い子供見ていると心が和みます。喩えは人の子供でもね。

ユニバーシアードフェスティバル3

本当に上等な芝生の上は心地が良いですね。此所は市営でしたか>管理維持が大変だろうと思いました。

花火の前には、地震の追悼の言葉と神戸地震復興の歌。『幸せ運べるように』の合唱がありました。この歌を聴くと胸が熱くなりますね。
ユニバーシアードフェスティバル4



神戸と東北の地震の犠牲者に捧げられた花火でした。陸上競技場を照らす投光器は全部は消されなかった・・安全のためだろうと思います。 全く暗くはならずに せっかくの花場が半減したのは残念でした。



DSC04478ユニバーシアードフェスティバル花火

 暦の上では秋です。

しかし、連日暑いですね。私のブログを訪れて下さった方々に心からの残暑、お見舞いを申し上げます。

ブログを書きたいと思いながらも、帰宅して夕食を取ると、そのままうたた寝をすることが多くなりました。アルバイトで気楽に始めた仕事ですが、私が担当している部署には、私の休日にその代わりに働いて下さる方がもう一人居ます。
ですから、当初は週休2日でした。けれど、先月の半ばからは、予定していた休みが取れていません。
1さるすべり


私が休みを取る予定の朝になって、私の代わりに勤務する人から電話で『急用ですから出勤が出来ません。』との連絡が入ります。週休2日の休みが、結果的には、先月半ばから二日間だけの休みですね。
残暑見舞いのはがき他、献金の礼状なども書けない状態が続いています。

一人住まいですから家事もこなしていますが、色々したくても出来なくてそれも不十分。部屋が汚くなりますね。笑い!

 仕事をすれば責任がついてきます。仕事上の相方の都合も考慮しなくてはいけません。急に休まれると穴埋め出勤です。不平を言っても始まりません。笑顔で仕事こなしていくためにも、いつまでもおこっていると・・それらを許していかないと、今度は自分の為には良くないですね。

若い時と違って休日が無いと疲れが多少、残りますね。
仕事に専念すると、今度は宣教活動ーキリストの福音のための働き奉仕の時間が減ることが、又別な悩みとなります。私も特定定期サポートを受けながら、宣教していませんので・・これは働きながら宣教活動をしている人たちの共通問題かもしれません。

宣教を手伝う人、キリストにある同労者。最低でも二人での宣教の必要性を感じます。

 現在の仕事は、午前九時から午後三時までの時給 有給で後はサービス残業。今時、珍しいですが仕事の責任上で致し方ない面もあります。 サービス残業で日本の企業が成り立っている側面も無いでしょうか?当初、午後2時で気球が打ちきりでした。それではあまりにもひどいので交渉をしました。大掃除をする、事務処理をすると午後五時頃になるときも在りからですね。

そんな合間合間に、撮った画像もあります。又後日に遅ればせの日記になりますが・・更新します。
もうこんな時間。 たまたま朝早く目が覚めて、この記事を更新していますけれど・・今から出勤します。
浴衣での出勤に、会社の人も慣れた・・驚かなくなり 粋ですねと言ってくれるようになりましたけれど。笑い。

  残暑。お見舞い申し上げます。

 花火が終わった後。地下鉄に乗ろうとしましたが、三宮界隈はいっぱいの人、人でした。
少し、喉を潤そうとコーヒーをとお店を探していたら、以前から気になっていたパテシェリー神戸フーケゥトに入りました。ウインドーには色々の洋菓子が並べられて美味しいそうです。

神戸は横浜と並んでコーヒー、洋菓子、パンの日本に置ける発祥地ですから、神戸市内には沢山の有名なお店があります。私の好きなチョコレートムース系を選びました。これにコーヒーを付けて2階の休憩室に上がりました。
二階に上がる前に、店員さんにパリ・シャンゼリーゼ通りにあるフーゲゥトと姉妹店または他の関係があるのかを質問したら、関係が無いとかでガッカリ・・

 パリに滞在中、・・と言ってもすでに20年以上過ぎました。早いね。よくこの見せてケーキとコーヒーを飲み食いしてシャンゼリーゼ通りを行き交う人々を眺めていました。此所のチョコレートムースが美味しかったことを記憶しています。

052

出てきたお菓子に、小さなソルベ=シャーベットがついて1000円近くもして驚いた。ケーキもパリに比べて小ぶりでした。

一般的にもパリよりも日本のスイーツは小ぶりですね。何故だろうかな?ねだんも高いし・・
甘党の私にはもう少し食べたい。もう少し量が欲しい。そう思いませんか?笑い。

神戸 フォーション

下記は、パリのフーゲットとホテルのURLです。
http://www.lucienbarriere.com/localized/fr/restaurants/nos_restaurants/fouquets.htm

 

  人が少し捌けたかな?地下鉄に向かいましたが満員電車でした。

 二つの違い。

 この満員電車の中で一組の夫婦がベビーカーに幼児を乗せて、広く場所を陣取っていました。時が時。このような状態の中、満員で電車に乗れない人も居ました。それでも、夫は子供を抱き上げて、ベビーカーを折りたたむこと無く平然としていました。次の駅でも、人は乗り切れませんでした。

次の駅で乗り込んできた夫婦は、同じベビーカーを折りたたんで、子供を抱きかかえていました。大人2〜3人が立てるスペースかな?その分 人が多くが乗れました。

三駅めで先の夫婦が降りた途端。スペースが広く空きました。近くに居た婦人同士が、電車から降りたと同時に、『あの夫婦はベビー^カーを折りたたむ事を考えつかなかったのでしょうね。』と不機嫌に話し合いました。
その会話を聞いていた、私を含めて周囲の人々はその会話に同意しつつ、非常識、常識が無いのだろうねと言うような顔をしつつに苦笑いでした。

 あなたはどう思いますか?

 昨日、神戸の花火大会でした。

大阪の花火大会と一緒の日でしたね。帰宅後カメラを手にしてハーバーランドで花火見物しようと午後5時半頃に自宅を出ました。

浴衣姿の若い男女は大勢、電車に乗っていました。ほとんどの浴衣姿は花火大会に行く人々でした。子供連れも沢山いました。

ハーバーランドに着くとすでに駅から交通規制で前に進めなくなっていました。昨年より人手が多い気がしました。
赤煉瓦レストランのあるに近くに行くとその先はすでに大勢に人で前に行けず、場所取りのシートが張ってすでに大勢の人が花火の打ち上げを待っていました。私の小さな座布団を持って行きました。

打ち上げには時間があるので、幸い見つけた小さなスペースに座布団を据えました。又散歩道のウッドデッキの上でしたので多少は涼しかったです。近くに座っていた子供連れの家族と」会話をしたり、その子供の可愛さについ写真を撮りました。 トイレにも行帰宅もなり・・・2時間近く待っていたのです。やはり隣に座って居た女の子に三脚とカメラの見張りをお願いしました。友人を呼ぼうとメールしたけれど・・何故か電波が飛びませんでした。

赤煉瓦レストラン近くには新築のマンションが建っていたからでしょうか?このマンションいつ出来たのでしょう?しばらく、この地域のハーバーランドには来ていましでした。
そうこうしてあたりの照明もおとされて、花火が打ち上げられました。港神戸花火大会2

此所では一万発の花火が内尾上げられると広報に書いてありますね。
尺玉の大きな花火が。綺麗な連発花火が打ち上げられると大きな歓声と拍手が置きます。




港神戸花火大会


前回。写真を撮ったのは、第三突堤でしうた。間近でしたので花火の音も大きく花火の光も間近でした。今回のハーバーランドは少し離れているので、オートのカメラでは光を関知しにくく、カメラのシャッターが旨く切れませんでした。

港神戸花火大会2

ナデシコ ジャパーンを意識したのかな?花びらの形の花火が結構沢山 打ち上げられました。







港神戸花火大会1

ハート型等。色々の形の花火も打ち上げたれましたよ。後日 スライドショウにして公開したいです。

せっかく可愛い子の画像を撮ったのですから、メールで送信するので伝えましたら、パソコンのアドレスは覚え切っていないとかでしたから、私のこのブログからダウンロードするようにお奨めしました。

この家族のほほえましさにも、一人見物の花火大会。寂しい心も癒やされました。花火と少女1

画像をクリックするとさらに大きな画素数の写真も見られ、そこからダウンロードするといいですね。



花火と少女達1「



可愛い子供に、独り身の寂しさを忘れていました。途中から父親が仕事帰りに来ましたら、男の子は大はしゃぎで、父親の方や膝に乗って遊ぶ姿に私の幼い頃を思いだしていました。天国、父なる神の膝の上にいたいといつも願う私ですけれど・・トイレに行っている間。二人連れの女の子達にカメラと三脚の番をして貰いましたよ。ブログに載せる了解を頂いて掲載しました。ありがとうと共に・・

花火と少年

 今日は車検を受けました。 

私の軽四が6月で車検が切れてしまいました。

ディーラからも車検を受けるように勧められて,費用が9万5千円かかるとのことでした。
しかし、その日暮らしですから,出来る限り出費は抑えて。節約しなくてはいけません。3年前に新車で買った車です。

 以前の車は,信徒の方から頂いた車でした。その方も新車に乗り変えるためでしたが、下取りに出さずに,私に献品して下さいました。

 ある日。前方不注意の車に追突されて・・矢も得ず乗り換えるようになったのです。むち打ちになり、半年ほど通院しました。事故の保証金と足し前してスズキの軽四を3年前に買いました。頂いた車を大事に乗っていたのですが、修理よりは、つぶした方が良いと言われて渋々でした。怪我はしたが軽く済み、新しい新車の乗れたので、神に感謝をしていました。

その車が車検の時期でした。先月はお金が足らず、見逃していました。今月はアルバイトした給料少しが入り,その費用にしました。


インターネットで神戸の軽自動車協会にオーナー車検を申し込みました。

車検場1


自分のアドレスに再送信されてくる申込書をもって出かけました。毎日。数回の割り当ての時間があります。わたしは12:40分からにしました。それまで自宅で浴衣の洗濯とのり付けをしました。
出かける前に、ガススタンドでガソリンを入れようと思いました。ついでに車検前にエンジンオイルとミッションオイルを入れかけました。これは特に、車検には関係ないのですけれど。円安なのにガソリンが高い? エンジンオイル、ミッションオイルをアンケートに答えると1リットルの無償を受けられると聞いて気持ちが動きました。
オートバックスと比べてもあまり変わらないと思いました。込み込みで1万4千ほどでした。オイルの質が純正よりも良いとも言われましたけれど?

受付時間前に、申込用紙60円で購入しないと行けません。順に重量税=7600円。印紙代=1400円 自賠責保険25ヶ月が24000円以上で出来ます。分からない書類の書き方は教えてもらえます。
確認書類は,事前申込書。今までの車検証。納税証明書。それに判子です。持ち出したはずの納税証明書を忘れていました。近くに区役所があったので,車検検査後でも,OKとのことで。先に車検を受けました。
車検場

順に並んで車検所に・・ ヘッドライトの点検。ライトの焦点位置 アップライト スモールライト ハザードライト 方向指示器の点灯確認語に、 ブレーキテスト。車輪回転台に乗り40kmまでスピードをあげてから、ブレーキを踏み込み,回転台が何秒で静止するかを見られます。次に,サイドブレーキのテスト、今度はサイドブレーキをしたまま車輪回転台が動きます。その時サイドブレーキ・フットブレーキをかけたままで、車輪が動くかどうかを見られます。次に 車の車台と下回りの検査。エンジンルームの点検(改造が無いかを点検されます。)
以上。待ち時間を合わせても30分くらいかからずに終了。区役所で納税署名をもらいに行き<無料>事務員さんに見せて新規の車検証書と車検期限の車に貼り付けるシールを貰いました。

以前。普通車でもユーザー車検を受けた事があります。違いは従量税の金額だけで手順は同じですね。
仮に仕事休んだ分の日当を差し引いてもユーザー車検は,業者に依頼するよりは得です。

 昼ご飯は,自宅に帰る途中のココスで,車検合格の祝い膳をとりましたよ。神に感謝をしつつ・・ハンバーグとピサを食べました。久々の贅沢ですね。 
ココス


食事をしながら,昨年夏に島根県足立美術館に行った青年にメールしたら会いたいとのこと。お互いに食事を済ませていてので,コーヒーを飲み,彼のために祈りました。信徒の少ない私の教会より,若い同年齢の青年が居る教会が彼のためになると,他の教会を紹介していたので,しばらく合っていませんでした。

彼はダイエットし続けていて、また前回、彼の希望で祈って差し上げた、たばこを止めていたと報告されました。
新しい教会に通っているとか・・生活改善の進歩ですね。

このページのトップヘ