google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2011年01月

ホームレス救済の為にと 

献金が届きました。ネットからブログを見てくださっておられる方です。
由香里さんとしか解りません。住所か書いておらず、礼状が出せませんので、この紙面を借りてお礼を申し上げます。

春のチューリップ 005

ホームレスの方々は、この寒い冬に段ボールを広げてて寝ています。











 家に連れてきたいが一人お二人では間に合いません。一人だけ特別扱いも中々出来ない悩みがあります。教会に泊めると中には礼拝堂の角でタバコなら未だましですが、小便をする人も現れたりで困ります。世の中に自棄を起こしている方もいます。それがこのような行動をしては、わたしたちを見ています。

それぞれの人生や背景があるのです。

決してホームレスだからと町の風景にしない。見過ごさずに一人の人格と人生を見つめて頂きたいです。

 寝泊まりする安宿はあるが、生活苦から生活保護を受けている方もいます。月末になると苦しくなり食事を食べに来る方もいます。月初めに入る生活ほどを酒やギャンブルに次ぎ込む方もいます。そうしないとやって行けない人生の寂しさがあります。


 聖書のメッセージを聞いて頂くお礼に食事を一食提供しております。それでも全く食べられないよりはましですね。ホームレスの食事024

少ないときで130名くらい、多いときには200名を超します。炊きたてのご飯と具沢山の味噌汁と出したり、カレーを出したり、色々工夫しています。1食の費用は60〜100円程、毎日ですから費用もかさみます。時に物価の優等生と言われていた食品も値上がり傾向ですから辛いですね。私が協力している教会は韓国人の主任牧師です。ですから多くの献金は韓国から。その支援献金でまかないますが、いつもお金が無くギリギリです。教会の必要経費にも事欠くことも間々ますね。日本人のホームレスの人々に各国から献金でも、心が重くなることもありますね。

ユニオンメッセージ 026

私は交代でメッセージをします。神戸でも自宅の教会を通じて近所に伝道をしたり、癒しと霊的なカウンセリングをしています。祈りのミニストリーで東京他にも出かけています。メールからの癒しカウンセリングの依頼です。謝礼交通費等は任意でこちらからは得には申し上げません。何しようにも、やはり経済的な問題は絡んできて、思うように伝道が出来ない事が悩みです。単立教会の弱さかもしれません?でもこれがまた主からの励ましや慰めを得ることにもつながっております。

 その中で今回のように賜る献金はとても励みになりますね。今回も由香里さんからの献金で励まされいます。主の御名によって百倍の祝福が在りますようにと祈ります。



 田舎からの暖かい贈り物が届きました。


田舎。富山北陸は大雪ですね。その中で友人が手作りのパンを作りと送り届けてくれました。あと一日遅かったら国道が止まって、宅急便が届かなかったかも??
届けられた贈り物は、パネトーネ イタリア風のパン菓子とドイツ風のパン菓子のシュトーレンです。

 手作り感が残り美味しかったです。何よりも気持ちがこもっていて嬉しかったです。
 食事 016












 私は長い海外生活を終えて、帰国した頃に知り合いました。毎晩のように遊びに行き、夕食をご馳走になりました。子供がいなかったのでこの温かい家庭が好きでした。最初に友人になったのは、この家の主人と教会を通じて知り合いました。もう23年前の頃ですね。よくドライブをして飛騨や信州にキャンプにも行きました。

その後、それぞれに色々の人生の変化があり、私は50歳で、奈良の生駒神学校に行きました。一度末の息子と神学校卒業後に、田舎に帰ったときに出会いました。私の膝に乗せていた子が成長して中学生になり時間の早さと成長の早さを知りました。今は大学を卒業していますね。

 数年前に、奥さんはパン作りの職人から習って販売までするようになりました。量産はしていないです。頼めばネットでも頼めるかな??相談が必要かな。美味しいよ!!

海外に滞在中にはよく食べていたので・・懐かしさも味わいました。
普段は余り見かけないパン菓子すからね。
奥さんのブログもあります見てくださいね。

http://shionnopan.exblog.jp/15837781/
 

 ついつい口に寒いですねと出ますね

 寒いと買い物に出たくなくなりますね。そんな日には、家にある買い置き物で献立を作ります。買い置きと言っても、独り者ですから、例えば白菜半分を買っても残ります。小分け商品が少なく、パック買いになりますね。
特売商品や、見切り品の中には、まだよい物があるのでそれらを買うようにしています。

ryouri 002

マカロニグラタンを作りました。3〜4人前です
マカロニは野菜の粉が練り込んだカラーマカロニを使用。小袋200g
冷凍海老を少々=好みの量。
冷凍海老と玉ネギ1個を薄切りしてバターやマーガリンで炒めます。
豆乳や牛乳を1リットル。小麦粉を普段は使用しますが、米粉の方が簡単かな?
何故かと言いますと水で溶いて片栗粉のようにして硬さを調整しやすいですね。

米粉が無いときには餅の粉でもよいです。
それを使用の時には、1リットルの豆乳や牛乳をわかして、バターやマーガリン
50〜60gも一緒に溶かすと良いです。そこに水で溶いた米粉を入れてソースの硬さを調整します。トロリとなればいいですね。

小麦粉の時には鍋にバター・マーガリン50gを弱火で溶かし、焦がさないようにして小麦粉も一緒に炒めます。クッキーのようにさらさらになったら ぬるく暖めた牛乳を少しずつ入れて練ります。

また、ソースが玉にならないようにするためには、炒めた小麦粉の火を止めてから冷たい牛乳を一気に入れて、泡立て器で一旦混ぜ合わせます。別の鍋の上で細かな目のざるで漉してから暖めながら練り合わせると玉になりにくいです。

そこに炒めた小エビと玉ネギと茹でておいたマカロニを加えて、耐火性の器に移し替えて 好みのチースをかけてからグラタンにします。
私は一人だから、どうしても2回分ぐらいになりますね。

 筑前煮

鳥肉の筑前にも作りましたよ。業務スーパーに行くと鳥肉の冷凍ブラジル産が1kg800円くらいかな?精肉店で解答された物を買うよりは安い!!

今回は、里芋、ゴボウ天、ニンジン、竹の子 こんにゃく 大根 鳥肉を使用しました。野菜、鳥肉をぶつ切りにしてサラダ油<ごま油でもよい>炒めます。

出し汁<インスタントの出汁で作りました。>4カップ 味醂と醤油が半カップ
通常、煮物には八方出汁と言って醤油が1とすれば、出し汁8倍 味醂も1の割合です。味醂が無ければ、出し汁を9にして砂糖を大さじ1にします。

それらをコトコトと20分〜30分煮ますが、時短のために圧力鍋を使うと良いですね。 食事 014

 それにしても鳥インフルエンザで沢山の鳥が無駄に?殺傷されていますことが残念です。雀や野鳥が鶏小屋に入り込まない細かなネットの隔離などが不可欠ですね。

 ブラジルですと鳥肉の輸出国の経済的な産業としての危機管理が確立しています。日本は自由と言う名の下での危機管理が統制がなされていません。
行政も縦割り、厚生省と農林省と派閥とは言えなくもない歴史があります。

 細かな政治配慮。危機管理が非可決になってきて変化している日本。政局を争うよりは、しっかりとしたプロの政治をして貰いたいと思いますね。

 先日。シェルターを販売している方から相談を受けました。

 本来はシェルターを言えば、核戦争から身を守る為に作られた部屋のことです。

 でも、いまは色々の意味で、危機管理上のこと、また一般生活を守る為の施設にも使われたいます。例えば、ホームレスの人達を一時的に救済する宿泊施設にもシェルターと言う言葉が使われていますね。

今回は、シェルターを輸入設置販売している西本さんとは、数年前に出合い知り合いました。会社用にホームページを立ち上げたのですが、今まで管理していた方が職場を辞められたので、一度、点検をして欲しいと頼まれたのです。

 ホームページを検索の順位を上げるためには、やはり、こまめに更新して書き換えてゆかないと中々検索の上位には来ませんね。検索結果をトップにする為の取って置きの秘策は、正直には公開されていません。でも良いソフトを使用しておもしろく興味深い物に仕上げたり、時候に合う言葉が並ぶと上がるようですけれど・・?水仙 015

 仕事としてビジネスとしてのホームページは、現代では欠かせないツールとなってしまいました。またFaceBookを通じて、国の政策や国政さえも変えるツールにもなりましたね。

 チニュジア・エジブトがFaceBookの呼びかけで動き始めてもいますね。私も、FaceBookを通じて海外の方と知り合っています。リビアから、アルジェリア、フランス、アメリカ国は色々ですが、検索して関心持った方とネットでつながっています。10年前ですと考えられないことです。世界が広がり変わったです。

 色々の世界を見れば、多くの歴史的な変化をしてきています。世界の変化と言えば、私は黙示録を最近思いますね。分離していた国々が統合される。{ヨーロッパ連合、昔には考えられなかったこと。}今までになかった様な世界規模の災害。飢饉が起きていることからですね。

 オーストラリアでは日本の国土以上の広さが水害になっています。これはまさに、ノアの方舟、大洪水を連想させるのではないですか?未曾有の大災害が世界で起きています。聖書の予言の中で書かれています。黙示録を書いたヨハネも想像を超えるような災害が起きています。三陸まつしま

 
スマトラの大地震とインド洋を取り巻く世界に被害をもたらした津波も在りましたね。これが日本で起きたら・・三陸奥に起きたら・・確か明治でしたが15mの津波が来ています。これが起きない保証はないです。時々、リアス式の美しい三陸海岸、松島に大津波が来る夢、想像をしてしまいます。起きても困るが・・単に思い違いであればと・・神戸の時と違えばいいと思うのだけれど・・



大水害




Ⅱペテロ 2:5 また、昔の世界を赦さず、義を宣べ伝えたノアたち八人の者を保護し、不敬虔な世界に洪水を起こされました。

 実際に災害に遭うなら色々の思いが交差します。悪い経験を生かして悔い改めて、また危機管理につなげることも大切ですね。






最後の審判1黙示録 15:1 また私は、天にもう一つの巨大な驚くべきしるしを見た。七人の御使いが、最後の七つの災害を携えていた。神の激しい怒りはここに窮まるのである。

 悪魔は世界の君主に仕掛けて第四次の世界大戦を起こすと黙示録に書かれています。そこに至るまでにも、大小の戦い、戦争が続くとも聖書には書いてありますね。イスラエルに戦いが及ぶ最終戦争、アルマゲドンの戦い=ユダヤの地の地名 アメリカとイスラエル。そして中東の首国の仲介役をしていたエジプトの大統領のムバラク政府が揺れていますね。

 その黙示録などの言葉からクリスチャンだったシェルター販売の西本社長が、核戦争が起きない保証がないとシェルターを販売を思い創業なさいました。会社のホームページはこちらです。http://www.kaku-shelter.com/index.php •携帯用メール:i-yurushi-heian@softbank.ne.jp


 シェルターは防音装置が聞くので音楽家の練習部屋としても使用されることも多いようですね。無菌装置もあるので、病弱な方にも良いそうです。用途も個々に自由に使い勝手があります。本当にこのシェルーを使用しなくても良い世界であることに越したことはないですよね。

 核戦争が無くても誤射ロケットの可能性も否定できません。事実、北朝鮮がロケット飛ばして日本の秋田を超えたときには、問い合わせが増えたそうですよ。

 また、私の田舎。北陸には福井三浜原発があります。事故は望まないが、チェルノブイリーは歴史上最大事故を起こしましたね。単に人的なミスからでした。その様になるなど。想像もしていなかったことが起きました。私の幼い頃には、福井大地震がありました。美浜付近の震源で大地震が起きたら、原発は大丈夫かなと思いますね。
その様なときには、原発はどうなるのでしょうね。

 「そんなときにはシェルターが役に立つ。」と西本さんが考えたようです。人には、多種多様な思いや危機管理があります。このシェルターに関心があれば問い合わせてみてください。


美浜原発所




寒いですね。

 先日から風邪気味と、カウンセリング依頼の携帯メールが連日多数、深夜にまで及び少し疲れました。私はカウセリングそのものは抵抗はないのです。

 メール回答には、一つ一つ祈りながら、私の霊と、相手の方の霊に対して色々思いを馳せているので疲れてきます。対面ですと、霊的にも直に感じ取れて回答も速やかですし、文書による感情のズレ。誤解もないですね。聞き手の方にとって気に入った回答でなかった場合には、プッツと切れたり、また私の回答が、聞き手の気に入る回答で無かった場合は、馬鹿呼ばわりもされます。それでも私の使命ですからかまいませんが、クリスチャンだと言って、他の宗教に行くと脅すかのように言われるの時もありますので、だから余計に気を遣います。

http://blog.livedoor.jp/mickaels_mind-prophecy.soul/archives/50198454.html に続きをリンク

 連日の祈り疲れもあり、スタミナを付けたいなと牡蠣と鱈の白子で味噌鍋をして、野菜もタップリと食べました。

鱈の白子 鱈は冬場の魚の代表ですね。 その名の通りに 魚に雪と書きますね。

 熱い緑茶 または番茶を作り、鱈の白子をざるに広げてお茶を振りかけてます。臭みなどが飛びます。お茶をかける前に、一口大に切っておくと良いですね。水分を切り、ポン酢をかけてネギやモミジ下ろしで食べると良いですね。
<モミジ下ろし=大根とニンジンのすり下ろし。好みと一味唐辛子を少々>

残りを鍋にしました。
昨日。牡蠣の身抜きを買っていたので、豆腐、長ネギ ニンジン かぼちゃ 白菜 水菜 春菊と味噌味の鍋をして 体と心を温めました。
鱈の白子、牡蠣の味噌鍋

鱈の白子をですが、この姿を見ると、アルジェリアにいたときに、よく買って食べていた牛の脳味噌を思い出しますね。

水にさらし血抜きをして、ぶつ切り、塩こしょう、ナツメエッグなどでバターやオリーブ油炒めがシンプル。他にはやはり煮込みにしていました。色々の野菜を炒めて、シチューにして食べていました。今は狂牛病の影響で食べなくなったようです。パリではこの料理で有名店がありました。
今は羊なら可能性があるかもしれません。
牛の脳みそ

 味は鱈の白子の食感で、少し濃厚です。

 三宮の食品売り場で

ノルマンディーのカマンベールチーズ(缶入りが珍しく>売られていました。
食事 008近年はフランスから生チーズハム等が沢山輸入されていますが、缶詰でこのブランド プレジデントのメーカーの製品は珍しいなと思いつい手に取り購入しました。特売でもあったからですね。 このプレジデントのカマンベールチースは、フランス滞在中に良く買って食べていてのです。懐かしさも手伝いました。 デパートでは生の同じ製品が1300〜1500円ですね。缶詰でしたので半額でした。
フランスにいた頃には25〜30フラン(1フラン26〜28円〜でした。まだEU連合が出来る80年代のことです。
缶詰でも常温に置いておくと熟成が始まり美味しくいただけますよ。

ノルマンディーと言えば、第二次大戦と上陸作戦とサンモンミッシェル思い出します。パリから列車に三度。乗り換えてゆきました。サンモンミッシェル10パリからはバスツワーも出ていますけれど・・気ままに行こうと思いました。

列車の乗り換え、乗り継ぎにも時間がかかりましたね。でも普段立ち寄らない町や村が印象に残っています。ノルマディーNO2 知らない町。知らない人とも気楽に声かけられた。日本人が珍しい頃でしたね。また中国人と思われました。何故なら日本は中国の一部と思われていた時代でしたよ。

フランスの田舎の町の市場をのぞいたり買い物やミッシェラン星の付いたレストランを食べ歩いたり。沢山の思い出がありますね。サンモンミッシェルの駅について レンタル自転車を借りて、に向かいました。
空腹で何気なく入ったレストランが、薪を燃やして、持ち手の長いフランパンでオムレツ作る有名店でしたね。

サンモンミッシェルのオムレツ


すこし高めのノルマンディー地方ワインハーフサイズも、記念に頼みました。
疲れと満腹でうたた寝をしてしまいましたが、お店ではいやがらずに心行くまで食事を楽しみました。臨席のアメリカ人観光客 給仕のギャルソンとも楽しい会話も出来ました。一般的には一人客は嫌がられるのですが、有名店ではそれがないですね。予約する際にはっきりしておけば、一旦受け入れた客は最高にもてなしてくれますね。

フランスで予約するときには、一人の席とは言わないで 一つのスプーンを予約したいと言う表現をします。丁重に言うときには、スプーンを持っておられますか?とも言いますね。

Je voudreis re'server une cuille're pour une personne?
Avez-vous re'sever une cuille're pour une personne?
この言い回しがおしゃれですね。

ノルマンディーは牧畜が盛んです。パリの人はこの地方で育った牛の肉を好みます。サンモンミッシェルの羊牧歌的な雰囲気が大好きですね。何となく一つのチーズから色々と思い出がよみがえりました。
ノルマディーNO1

チースは塩付けのオリーブと一緒に食べると美味しいです。また少しバターをチーズに塗って食べると余計に美味しいですよ。

こんばんは ステーキと行きたかったかな・ でも秋鮭のアラを買っていたので白菜カボチャを入れた味噌と酒粕の石狩鍋を作りました。

大寒で体が冷えているときには温まりますね。

食事 009

 神戸は震災から16年目でした。

 初めて、この記念の灯火会場に行きました。神戸メモリアル 001
神戸の中央区市役所の横にある東遊園でメモリアルの灯火がされています。
この日は多くの人が訪れて、竹つつに浮かべたフロートキャンドルに鎮魂の灯火と祈りを捧げていました。WEB memori-touka

私は直接、震災には遭遇しておりませんが、この激しい 地震の前触れと言うべき幻を三日前に、在る教会セミナーに参加していました。

日本の為に祈ろうとの呼びかけに応じて祈り始めたら、急に映画を見るように、神戸の風景淡路島の風景が、瞼のなかに見えたと思ったら、建物が大きく揺れた。

それと同時に火の手の中に、多くの人々が消えて行く光景を、祈りながら見てしまいました。images
その三日後。本当に地震があり、初めてのみた幻です。その経験に驚きました。けれど幻が幻で無く本当になって余計に驚きました。神戸地震2

それから、神の語りかけ、幻を聖書の物語だけではなくリアリティー在る物として考え祈りました。しばらくして母は痴呆症から癒されて記憶も戻り、献身を考え始めて祈りました。

色々の導きを経験、神学校にも不思議な方法、支援で入学と卒業が出来ました後。本来は郷里での宣教伝道を考えていたのですが、40日の断食をした後に幻を見て、神戸の伝道を祈り始めました。
祈っていても具体的なこと。資金が無くて1年間祈りつつけても気持ちが揺らぐことが無く、神戸のこと。幻が現実になったことが忘れられませんでした。

歩く預言者と言われていたヘンリー・グルパー先生との出会いがあり、先生の預言した3日後に神戸に移転する話がとんとんと進みました。
神戸に来たら、胆石、胆嚢癌、それでも自活伝道の単立教会ー家の教会としてスタートしました。 あるときには会社の都合で半ば強制的に止めることになりました。仕事が見つからない。食べるものが無く困窮したときには、お米が増えつつけたこともあります。

神戸メモリアル 015 神からの心の支援があっても現実的なこと。日々の生活費、教会成長など未解決なこともたくさんあります。ぎりぎりの生活では、思う宣教費の捻出も困難です。ホームレスの支援もあります。

今日はこの灯火された公園に行き、自分自身の悔い改め、将来への誓いと、神戸の救い癒しを祈ってきました。

祈っていたら、私の脇に青年がたたずんで片手には小さな花を一輪もって立っていました。それぞれの思いで、この公園で祈りを捧げています。

神戸メモリアル 016
彼にも色々の震災の思い出、人との関わりと祈りがあるのです。

本当に多くの人々が来ていました。それぞれに祈り、涙を拭いていました。私は「忘れないで。」と書かれた竹筒に、思わず泣いてしまいました。神からの色々不思議なことも経験しているのですが、自分自身の弱さ故に、計画が進んでいない事へ悔いがたくさんありました。 始まりは神様からの語りかけや幻。それと神様の力添えで、ここまでこれたことを思うと感謝の涙にあふれて、新たな思いにさせられました。自分の力には限度があります。神と人の助けなくしてこれなかったことを思う泣いてしまいました。


神戸メモリアル 027

しばらく感謝と将来への祈りを捧げていました。
神戸メモリアル 018

テントが張られていて、 献金すると記念のろうそくを点す事ができます。また模擬炊き出しがありました。すこし 献金して、ぜんざいを頂きました。





神戸メモリアル 040

ぜんざいは美味しかったです。あの震災の日も寒い日でした。

今日の日を また新たな思いに変えて、神戸の癒しと救いのために働こうと再決心、決意ををしました。

下記のURLは 私の今日のスライドショーへの you-Tubeリンクです.
どうぞ!ご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=vaKyX5y6DyA




神戸メモリアルWEB 044









 友人に誘われ美術観賞に。

チケット購入して、友人が誘って頂きました。
元町大丸のミュージュアムに、行きました。今回の模様美樹品の中に好きな画家が沢山いましたからです。

今。開催されている作品は下記のURLでもみられます。 http://www.daimaru.co.jp/museum/kobe/woodone.html 

横山大観、雪舟、青木繁多数です。洋画と日本画どれも良い物ばかりです。
今回初めて、岸田画伯の「毛糸の肩掛けを着せる麗子」は肩掛けの毛糸の質感が繊細に表現されていて、驚き、またこの絵だけでも生で観賞できて喜びというか感動を覚えました。川合玉堂の鹿の絵も、近づくと逃げ出しそうな鹿の絵に感動しました。yokoyamataikan 042 沢山良い作品があり、たくさんの感動を貰いました。このページでは全部伝えられませんね。



展覧会場内の撮影は出来ません。ポスターからの転写です。
今日は西陣織りの反物に草木染めの絣の着物で外出です。


草木染め絣の着物 035

それにしても今日は寒かったですね。 着物を重ね着し、角袖コートで出かけました。

角袖元町前01

友人もカメラ撮影が好きですので。私をモデル?にして撮って貰いました。




あじろうの手提げバックも沢山物が入るのと竹で編んだ模様が好きです。竹の物は夏使用が多いのですけれど、色が茶系ですし、沢山物が入るので通年使用しています。大丸の美術館を見た後、HAT神戸で行われていた写真展にも行きました。六甲山の冠雪046










灘にあるこの HAT神戸地域には県立美術館 JAIA 神戸防災記念会館など 箱物行政を象徴する、無駄と思える建物が並んでいますね。何となく税金の無駄をついつい感じます。 此処からは六甲の山が身近に感じますね。やはり寒い日です。冠雪がありますね。


海岸にはウッドデッキがあり散策には良いところですよ。



草木染め絣の着物 灘海岸063草木染め絣の着物











夕日の町並み 135


風は冷たかったのですが、夕日が綺麗だったので、しばらく散策をしましました。

元町に戻りお気に入りの中華レストラン順徳で中華風の海鮮丼を食べて分かれました。

海鮮丼 142

この店には大切や友人や田舎から出てきた親族と行きますね。時々一人でも来ますが、数ヶ月ぶりにこちらでの食事も楽しみました。



順徳43

JR元町駅からも近いです。




HTA神戸 048

 天気が良かったですね。でも寒い。

札幌からのメールでは、氷点下五〜七度のようですね。

私も風邪を引いて寝込んでいました。久しぶりにため込んだ洗濯物を近くのコインランドリーに持ち込んで洗濯をしました。

またその待っている間に買い物をして、近くのスパーでもつ鍋セットを買いました。

豆腐の美味しい物が丸大に専門店があるので、その豆腐も入れようと
午後から買い物に出ました。近くには大丸の支店があります。数日ぶりの大丸での買い物ですね。商品券を頂いたからです。少し前に気がつき、気になっていた豆腐専門店が出来ていたからですね。

北海道で収穫された大豆で作る豆腐です。京都の男前豆腐も時々買いましたが、こちらの豆腐はもっと美味しく豆乳の味がしっかり生きています。
豆香村というお店です。URL http://www.toukason.jp/ 大好きな生湯葉と堅めの絹こしを買いました。普段、特売の安い豆腐ばかりですが。前回の牡蠣鍋の時に、こちら豆香村の豆腐を買って食べて美味しかったので、また買いました。豆香村の湯葉と豆腐

少し野菜を買いたそうとニンニク白菜を買いました。ニンニクは薄皮付きのまま、電子レンジで蒸すとにおいが取れて食べやすくなり皮も剥きやすいです。
商品券が残っていたので、京都から販売にきていた西利の漬け物、千枚漬け シバ付け 大根丸付けを買いました。滅多に買わない漬け物ですけれど。食事 002

昼に食べ残した つばいそ の刺身と千枚漬け それとモツ鍋・・モツ鍋と行っても既製品です。一人前でしたので具材が少なかったので、野菜をタップリと入れました、体が温まり寒い日には良いですね。
風邪の期間中は 食事造りが嫌ですね。十分な食事をしていなかったのでスタミナ造りにタップリ食べて 体を温めました。
食事 005







 一人前に用意されたモツ鍋でした。多少 期待外れ モツが少なかったです。
ニンジン水菜をタップリ入れました。野菜を節約している間に、枯れてしまうのが、独り者の場合は困ります。






食事 006


 販売特設コーナーに京都から和菓子屋さんが桜餅を販売していました。餅米をひき割りして、皮の代わりに包んでありました。初春を告げる感じが好きな桜餅ですね。京都の和菓子屋さん吉廼屋でしたね。あっさりとした甘みが美味しかったです。甘いお餅に、塩付けの生の桜花びらがアクセントになって美味しい。
http://www.kyoto-yoshinoya.co.jp/home.html ネット販売もしているようです。

 昨日、久々に富山の義兄から電話がありました。

声を聴くと、心のどこかで緊張が解けてゆきますね。そして、兄からの国なまりに釣られて、私も富山弁が出てきます。今年の富山は大雪だそうです。それもそうですね。滅多に降らない雪が、神戸でも積もったのですからね。

            画像は雪の富山城雪の富山城 




 屋根の雪下ろし路面の雪かきで、毎日。奮闘しているそうです。雪下ろしは晴れた日でないと危ないです。滑り落ちてケガや時には、雪に埋もれて死亡する方もいます。


 富山は豪雪地帯です。一晩に50cm〜1m降ることは珍しくないです。雪になれているとは言え、大変です。神戸に変わって雪の苦労はなくなりましたけれど・・
 


   

               屋根の雪下ろし
電話をかけてきた兄は、亡き妻の兄です。妻が亡くなって30年以上過ぎています。直接の血のつながりはなくても、私が心から『兄チャン』と呼べる雄一の人です。妻が亡くなった後も、寂しくなった私の心支え続けてくれています。妻の葬儀の時に、一緒に泣いてくださり、心の痛みと悲しみを共有してくださったときから、素直に義兄のことを『安ちゃん』と呼べるようになりました。

 私が海外生活をして留守の間も、私の母の面倒も何かと見てくれました。母が大変恐縮しつつ喜んでいたことを思い出します。妻が亡くなってしまうと普通は縁がなくなると言いますか、そこまで見てくれる人はいませんね。

 一般的には、妻が亡くなると、自然消滅する親戚付き合いが多い中で、兄の心からの思いやりに随分と励まされてきました。
                 
                 富山市内の路面電車   
           雪.の路面電車

 私がが、少し疎遠になりかけたかな?と思う頃には、いつも義兄から電話をかけてくれます。私が遠慮して立ち寄らないと、いつも義兄、義姉から連絡をしてくれていました。私は神戸に移転後には懐かしい故郷の味を 奥さん義姉の手作り郷土料理の昆布締めなどを宅急便にして送り届けてくれたいました。

 義姉の細やかな配慮にも感謝していますね。妻が病気の時、自宅療養している間に、私が仕事で不在の時には、義姉が良く妻を面倒見てくれました。妻からの遺言で、私は妻に贈ったエメラルドの結婚指輪を差し上げました。高額だったので、結婚したときには買えなかった数年かかってかった指輪です。妻の誕生石がエメラルドー幸せな妻という宝石言葉に心が動いて、数年かかって買いました。

その兄から 昨日。電話がありました。{どうしたのだろうかな?」と思いました。


五箇山12

 兄も『電話することに迷ったが!?』と前置きして話してきました。義姉が直腸癌になったそうです。それは、私の妻と同じ病名でした。義姉の闘病生活のことを聞かされて、ついつい。私も妻の事も重なってしまいついつい、泣いてしまいました。心ゆるる義兄の前だから、安心感と痛みがわかり、兄の声を聞きながら泣けてしまいました。奥さんのことと妻のことが重なりました。


 妻の時、33年前に比べては、現代は医療も発達しています。でも人の心や不安には変わりないですね。

今は癌の転移が無く落ち着いているそうです。富山に帰り見舞いにと思いましたが慌てて行くと、かって不安を奥さんに与える気がするので・・良くないとかで、雪が溶けたら行こうと思います。

 今は私が出来る癒しの祈りを捧げています。奥さんの 義姉の癌が広がらずに癒される事を信じて、キリストに祈っています。

このページのトップヘ