google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2010年11月

龍安寺を出発して、きぬがけの道は国道162号に突き当たります。右に折れて高雄の里に向かいました。国道沿いには色ついたもみじが目に飛び込んで快適なドライブです。画像をクリックすると大きく見えます。
2010 aki -takao 164 2010 aki -高雄の紅葉240 国道に入ってまもなく、高雄の山里に着きました。思っていたより、近かったです。昼を回っていたので、レストラン隣の駐車場1000円に止めて昼食を取ることにしました。後で気がつきましたが、高雄ドライブエーを使うなら、その入り口にある専用駐車場は、無料です。レストランまで歩きますが・・
2010 aki -にしん蕎麦150
もみじ亭の食堂で、にしん蕎麦定食を食べました。出汁の味、うまみが少し薄い。京都の麺類は一般的に塩味よりは出汁のうまみで食べるのですが、店が忙しそうで、調理場で麺を茹で上げてからの湯切りが足らなかったのでしょう。一緒に行った3人も食後は同じ感想でした。 このもみじ亭は1万から3万円の料理を出す料理旅館なのです。支配人から丁重な詫びを受けました。同業をしていたので苦労も解りますので、何となく一言言ったのです。

色付いたもみじを見ながら、高雄橋へ谷を下りました。2010 aki -katao188谷をおりる途中には茶店があり、もみじの天ぷらを販売していたり、焼き栗、漬け物まんじゅう、お土産を売る店が軒を並べています。





2010 aki -高雄2432010 aki -高雄1692010 takao-きよたきかわ160









清滝川の清流面に紅葉が映り込んで綺麗でした、もみじ亭別館と高雄ホテルなどが両岸に並んでおり、  床も営業しています。貴船の河床は呉服屋さん主催の着物愛好会から、夏に数度出かけて鮎を食べたことがあります。高雄の河床では経験ないです。2010 aki -takao 159
高雄ホテルの横には、神護寺に上る階段があります。80歳に近い婦人が連れに一人いたので同じホテルの後ろには、階段ではなく坂道があります。そこを上ることにしました。

 神護寺までは沢山の急な階段が続きます。山門に着いて中に入るかどうかを聞きました。結局、ここまで着たのだからと・・中に入りました。 山の中にあるとは思えない広い平らな境内なので、建設当時には莫大な土木工事が行われたことを伺わせました。紅葉は既に盛りを多少過ぎていました。500円を支払った割には、特別な見るべき建物、庭がなかった感じです。


下山の途中で休憩2010 aki -takao 1912010 aki -高雄落ち葉 242


足下にあった落ち葉に見入り秋を、又感じました。2010 aki -zennzai 224











大納言小豆のぜんざい、お餅を手焼きして、少し時間がかかりましたが待った甲斐がある美味しさでした。<高雄ホテルの喫茶、川床も出来ますよ、言われたけれど、寒いからと店内に・・
2010-aki--takao-tyamise


2010-aki--takao-hashi

高雄パークウェーイを使って嵯峨野に下りました。2010 aki -hozukyou258


保津峡の両岸、愛宕山も色付いて綺麗でした。保津峡や清滝川沿いには、遊歩道がありハイキングもできます。この高雄には、私の着物の図案の元になった鳥獣戯画が保存されていた高山寺もあります。けれど、時間の関係で見送りとなりました。
2010 aki -kakaoーhotel201

2010 aki -momiji 074金閣寺から石庭を観賞に。
 
金閣寺の庭を鑑賞後、高雄に行く途中。きぬがけの道沿いにある龍安寺に立ち寄りました。
2010 aki -sekitei 105
こちらも大勢の人々が庭の観賞に訪れていました。同胞の人に加えて、外国の方にも、このに石庭は人気があります。外国では禅は哲学の一つでからでしょうかね?

2010 aki -sekitei 079私自身も、秋の季節には始めてきました。借景の紅葉が良かったです。

また。この竜安寺を守る庭師の心意気を感じました。この季節。落ち葉が庭にはありますが、その落ち葉の枚数と配置が素晴らしかったです。自然のままでした、もっと沢山の落ち葉がある季節だからです。一旦。落ち葉を掃き集めた後に散らしている気配を感じました。2010 aki -sekitei088
又この、つくばいの中には数枚の紅葉したもみじが落としてありました。入り口でもらったパンフレットには、つくばいに書かれている文字は禅の言葉が書かれていると説明してありました。白い椿が印象的に咲いていました。こちらの庭も紅葉がとても綺麗でした。画像の上でクリックすると拡大します2010 aki -sekitei 095
2010 aki sekitei 111

2010 aki -sekitei 1152010 aki -kayoyoike 124石庭の鑑賞後、出口に向かう途中には黄色の実を付けた南天?珍しいなと思いました。鏡容池の周りも紅葉が水面に写り一層綺麗でした。
2010 aki -kayoyopike129

2010 aki -momiji1412010 aki -sekitei 087

境内の売店にはかわいい猫のぬいぐるみが並んでいました。2010 aki -竜安寺 144
この竜安寺の駐車場は、拝観者には短時間限定として無料でした。庭師同様に、粋な計らいですね。多くのお寺では、色々、周りと拝観料と称して数百円徴収されます。沢山の寺を回ると結構な金額になります。

 私はお寺=庭の綺麗なところだけ。美術館感覚で回りますが、仏教を信じている人は、かわいそうな気もします。あれだけの人が来るならば、制限すること意味で必要かな?でも基本信仰は誰にでも無料で、ただで拝めるのではと疑問が残ります。金閣寺では、拝観料の代わりにお札がでます。その直ぐ横には、リサイクルで、お札の入らない人はこちらにと書いてありました。御札というと日本人には、何となく有り難い気分ですが、英語訳も書いてあり、おふだ=チケットと訳されていた。微妙な感じですね。

 ヨーロッパの有名な教会では礼拝堂は無料で入れます。付属の美樹館も無料の所と有料の所があります。私がパリのノートルダム教会の付属美術館で、入場料を買う前に、ある質問をしました。クリスチャンなら一度はみたい、手に触れてみたい品があるかどうかを尋ねましたところ、『ムシュー!あなたはクリスチャンか?』と聞かれ、「そうですよ。それを見たくて、日本から来た!無かったらお金を払っても意味がない。」と答えましたら。無料で美術館に入れさせてもらいました。キリストの身につけていた品物を見て、又、入り口を守っていた方の心意気に感謝しましたよ。

 仏教信じている人が、あの仏を拝みたいからと言っても、無料で境内に入れたかな?石庭が有名すぎて、本尊を拝む人、と言うか本尊がどこにあるかも書いていないのは、庭師の心意気との違いを何となく感じました。

寺の出口売店には、梅とチソのお茶が試飲されて、美味しかったのと値段の安さに、つい衝動買いをしました。

一服していると、男の私が着物を着ている事が、やはり珍しいので数人に声を掛けられました。多分。着物好きな婦人ですね。今日は線書き友禅で鳥獣戯画の模様小紋に、友禅のお召しの羽織を着ました。同姓、男性が珍しそうにジロジロ見られると、つい『あなたも和服を見てみてくださいね。日本人でしょう。』と心の中でつい思います。外国では折り触れ民族衣装を着ている男性も案外多いです。和服を着ていたら、案外と気安く、町中やスパーのレジなと声を掛けられます。大概は、習い事、師匠ですか? 「いいえ、牧師です。」と言うと驚かれます。短く着物を着ている経緯、証が出来ます。男性の方々に、和服を楽しんでもらいたいと思いますね。
2010 aki -sekitei 127

2010 aki -sekitei 096

 昨日誘われて、京都に行きました。

 私が退職して、かれこれ2年になります。その時同じ職場に勤務していた婦人。その方々から京都に誘われました。その方々は、いつまでも、私の事を忘れずに、覚えていてくださり、時々メールで話し合っていました。感謝ですね。2010 aki -kinkaku 005

 しばらく連絡がなかったので、もう忘れられたと思っていました。一人の婦人からメールが来て京都に行きたいとのことで、いつもの仲間を募りました。
行き先はお任せと言うことで、高雄の紅葉狩りに行く途中の、金閣寺と竜安寺石庭を見学後に、高雄に行くことになりました。

今は、丁度。紅葉の真っ盛りでした。どこを向いても大勢の人出です。  有名なスポットは、写真を撮るにしても場所取りが大変でしたね。2010web aki -kinkakuji 0332010 aki -kinkakuji 020 やはり金閣寺は綺麗ですね。今まで数回行きましたが、太陽の光の具合が、今回は丁度良くて、いっそう輝いていましたよ。
2010 aki -kinkaku053

2010 aki -kinkaku 045のコピー

池の中の小さな島には鷺がいました。じっとして動かないので、まるで彫刻のようでした。丁度。良い紅葉でとても綺麗な庭を楽しみました。

2010 aki -kinkaku 059

一本の木でありながら、紅葉の進み具合が違っていたモミジがあり、それが又綺麗でしたよ。2010 aki -kinkaku 0632010 aki -kinkaku 057
神が作られた法則にのとっての御業に 自然にと一口には片付けられなさに賛美、感嘆します。

2010 aki -kyouto 008


2010 aki -kinkaku  006

 秋ですね。今年の暑さが嘘のよう。

 自宅近くでも紅葉が見られます。
六甲山系の高台ですので、三宮よりは紅葉は綺麗だと思います。

秋、2010 036


 銀杏の黄色が青空に映えて綺麗です。

でも紅葉と言えば、私はモミジをを思わせます。
紅葉と一口に喩えられない美しさがあります。秋、2010 066



 毎日の気温によって微妙に色が変わります。
秋、2010 048


日差しによっても変わりますね。

momiji-kouyo


ハーブの花が 夏の名残を伝えています。
秋、2010 030


秋の花も色々咲いていますね。

秋、2010 022


素敵な秋をお過ごしください。

「花は枯れ 木々の緑も色 色づいて変わり過ぎゆくけれども、聖書の神の言葉は永遠に変わらない。」 

 ランチは本格的なカレーを

今日の昼食にスパイスカレーを作りました。独り者ですので、いつもはレトルトカレーが多いのですが、急に思い立って本格的な市販のカレー粉を使わないスパイスカレーを作りました。何故かといいますと買い置きのスパイスの整理もありました。kary

カレーの基本には黄色のターメリック。特有の香りを出すクミン 辛みの唐辛子(チリーパウダ、または鷹の爪)風味のカルダモン 黒こしょうやクローブやシナモンが入りますね。他にはタマネギ、ニンニク 生姜 完熟トマト缶詰もOK
ヨーグルト ココナツミルク<缶詰あり、無ければ牛乳。

あとは好みの肉、魚介類デス。


基本的には、香りのスパイスの<クミン。コリアンダー> 辛味のスパイス<チリ(唐辛子)>色と風味のスパイス<ターメリック>これら4種の基本スパイスを 1:1:1:1の割合でブレンドすれば驚くほど簡単に(カレー)になってしまいます。粉のスパイスは炒める間に焦げるので、粗挽きの物を。ホール状の物を包丁の腹で潰しても良いです。月桂樹のは1枚〜2枚

 塩小さじ杯くらい。

スパイスは・クミン(パウダーとホール)・コリアンダー(パウダー)・チリ(パウダー)・ターメリック(パウダー)・カルダモン(パウダー) ・クローブ(ホール)・黒コショウ(ホール)・シナモン(ホール) ・ベイリーブス(月桂樹:ホール)を使います。

これらをあらかじめに、用意してブレンドしておきます。スパイスは一度、ブレンドして作り置きして置けば後々便利です。配合の好みで出来ます。唐辛子の辛みさえ注意すれば、お子様でも大丈夫です。まとめてスパイスを買うと1000〜1500円くらいで、四〜五人前10回分くらいかな?

野菜の下ごしらえ

四〜五人前に使う野菜をはトマト完熟2個は湯むきにして皮を取りの除きます。荒くみじんに。タマネギ2個はスライスしておきます。
ニンニク〜3粒も包丁の腹で潰しておきます。生姜も50g程。擦リ下ろしておきます


魚介でエビを使うなら、皮付きを買って、背わたを取って、皮は捨てずに、タマネギを炒め色付いてから皮を傷めて香りを出すと良いです。皮は炒めたあとに取り除きますよ。

肉の下ごしらえ。 軽く塩を振り、ターメリック粉とヨーグルトをまぶして、1〜2時間おくと肉が軟らかくなります。特に、羊ラム肉の場合、牛肉鶏肉でもこの下処理で、肉は柔らかくなります。最低三〇分は漬けた方が良い。

No1 鍋に多少多めの油を入れて、中火で焦がさないように気長に、タマネギをきつね色になるまで炒める。
色づいたら、粒状を潰した物、粗挽きスパイスを入れる。粉状は、好みで調整用です。焦がさないように炒める。香りを引き出す。好みでバターをここで加えてても良いが強火にしない。最初に入れるスパイスは分量の3分の一くらい

香りが出たら、ニンクク、生姜を入れてさらに炒める。ここまで、30〜40分くらい。時間が気になるときには、あらかじめ大量にタマネギだけを痛めて、冷凍しておく良い。
No2 トマト入れて、型崩れして煮詰める感じにすると良いです。酸味が飛べばOK.
NO3 ここにココナッミルクを入れ、残りのスパイスも入れる。

スパイスの目安。
・クミン、コリアンダー、ターメリックを各大さじ1
・チリパウダーを大さじ1.5〜2鷹の爪だと二〜三本
・カレー香りになるカルダモン(パウダー)を小さじ1
・黒コショウ(パウダー)を小さじ1
・塩大さじ1 

肉も炒めた後に、ココナッミルクを入れて煮込む、20〜30分。 あとは好みで、市販のチャツネ バナナの潰した物1本 リンゴの擦りおろし。ブラック<砂糖抜き>チョコレート等も入れると良いですね。

では、お楽しみながら作っては如何でしょうか?

白のボールの中には手作りのヨーグルトです。元になるヨーグルト菌、市販のヨーグルトを牛乳に混ぜて 室温二五度前後にしておくと自然に出来ます。市販のヨーグルトメーカもあります。

 先日から、東京の旅日記を書いています。

 東京に出かけたもう一つの目的があります。耳の癒しを祷り為でした。
彼とは西葛西の駅で待ち合わせをしました。その日は二度目の出会いでした。
着物を着ていた私を見て、チョコッと驚いたみたい!?

 昼食をしながら近況を話し合い交わりをしました。その後、彼が予約をしておいてくれたホテルに行きました。tokyo asakusa 064このホテルに泊めて居頂いたのはこれで2度目です。落ち着いたホテルです。東京ビックサイト、デズニィーランドにも案外近いです。http://www.sunpatio.com/ 私自身も彼の耳が癒されることを期待をし出会いました。彼は耳鳴りがひどく日常生活上。落ち着かないそうです。
チェックイン後に、部屋で癒しの祷りをしました。
BB 062
 早朝に、教会礼拝とかかりつけの医師の診察も受けてこられたとかで、五〜八分祈っていたら、彼は寝ていました。私はそのまま起こさずに、異言で祷り続けていました。寝られることは、それだけ安心感と信頼感があるからでもあり、時には聖霊の働きの中で寝ることも在るからです。私自身が寝ながら心の癒し、幻を見たりの経験もあります。
 
 パウロの話を聞きながら、寝入り、ベランダから落ちて死んだ青年が、パウロの祷りと聖霊の働きで、息を吹き返した話もあります。

使徒行伝 20:9 ユテコというひとりの青年が窓のところに腰を掛けていたが、ひどく眠けがさし、パウロの話が長く続くので、とうとう眠り込んでしまって、三階から下に落ちた。抱き起こしてみると、もう死んでいた。20:10 パウロは降りて来て、彼の上に身をかがめ、彼を抱きかかえて、「心配することはない。まだいのちがあります」と言った。
20:11 そして、また上がって行き、パンを裂いて食べてから、明け方まで長く話し合って、それから出発した。20:12 人々は生き返った青年を家に連れて行き、ひとかたならず慰められた。

ここのポイントは事実。死んでいたが、パウロの告白は『未だ息がある。」でした。信仰告白が、事実、実際に勝るということです。詩編 3:5 私は身を横たえて、眠る。私はまた目をさます。主がささえてくださるから。

イザヤ 29:9 のろくなれ。驚け。目を堅くつぶって見えなくなれ。彼らは酔うが、ぶどう酒によるのではない。ふらつくが、強い酒によるのではない。
29:10 主が、あなたがたの上に深い眠りの霊を注ぎ、あなたがたの目、預言者たちを閉じ、あなたがたの頭、先見者たちをおおわれたから。
中略
イザヤ 29:18 その日、耳の聞こえない者が書物のことばを聞き、目の見えない者の目が暗黒とやみから物を見る。

 神は私たちが寝ている間も、私たちの祝福と癒し。主の計画を実行に移す準備をしておられます。 キリスト。父なるかみは夜も寝ないで、私たちの祝福のために働かれるのです。 私は彼が目を覚ますのを待ちましたけれど、その内。私自身も寝てしまいました。彼は、前回程。癒されることはなかったです。

 癒しの祷りにはタイミングが入りますね。神は私たちの願いを直ぐに答えることを、あえてなさらないことがあります。心の備えを要求することもあります。

マタイ25:2〜7 そのうち五人は愚かで、五人は賢かった。愚かな娘たちは、ともしびは持っていたが、油を用意しておかなかった。賢い娘たちは、自分のともしびといっしょに、入れ物に油を入れて持っていた。花婿が来るのが遅れたので、みな、うとうとして眠り始めた。ところが、夜中になって、『そら、花婿だ。迎えに出よ』と叫ぶ声がした。娘たちは、みな起きて、自分のともしびを整えた。<この箇所は、一般的に再臨のメッセージに使われることが多いですが、心の準備をいつも整えておくことの重要性を物語っています。>

聖書では癒しの基本は、私たちのためというよりは、神ご自身の栄光を表す為です。又癒すとか、予言を実行すると神ご自身が語られても、その時に祷り続ける姿勢も求めておられます。

列王記第一では3年半。イスラエルとエリヤに雨をすらせないと神は宣告なさいました。その期間が経過後に、雨を降らせるといわれましたが、いっこうに降りませんでした。エリヤは7度。膝をついて7度、彼に使えていた若者に確認をさせました。その間。エリヤは祷り続けていましたが、いっこうに変化が無く雨は降りません。彼が途中で、あきらめて祷りを止めたらどうなったと思いますか?

七度目=7は完全数です。永遠をさす意味もあります。彼に、ここまで祷りを続けさせた心の心底には、この言葉があります。

?列王18:36〜37 ささげ物をささげるころになると、預言者エリヤは進み出て言った。「アブラハム、イサク、イスラエルの神、主よ。あなたがイスラエルにおいて神であり、私があなたのしもべであり、あなたのみことばによって私がこれらのすべての事を行ったということが、きょう、明らかになりますように。 私に答えてください。主よ。私に答えてください。この民が、あなたこそ、主よ、神であり、あなたが彼らの心を翻してくださることを知るようにしてください。
エリヤは神にその栄光を表してくださるように強く求めています。
私自身もこ、の原点から癒しを祈っています。諦めないで祷り求める姿勢と信仰が大切です。

未だ彼に祈ってのは2度目です。大きな変化な無くても、信頼感を育てることが出来たかなと思います。7度目には大きな変化を期待しています。

一泊後に、夜行バスで神戸に帰りました。リクライニングで新幹線より安いことと、夜行列車がなくなった時代ですから、何かと丸一日が使えて便利ですね。

tokyo asakusa 126

 上野にある洋館にも行きました。

上野不忍池から近い、旧岩崎邸の洋館に行きました。偶然立て看板の案内を見つけてのことでした。

建物は洋館・和館・撞球室からなり、洋館部分は1896(明治29)年、三菱財閥の三代目である岩崎久彌(=ひさや 三菱創業者・岩崎彌太郎(やたろう)の長男)が建築家ジョサイア・コンドルに設計させたものだそうです。設計者のコンドル氏は、鹿鳴館(現存せず)やニコライ堂(御茶ノ水)、三井倶楽部(港区)などを設計しました。洋館は木造2階建て、地下室付きです。地下通路は全ての建物につながっていて、使用人がゲストに廊下で出会わないように配慮されていたと、この建物絵御見学後、それも偶然にNHKのブラタモリの番組でも取り上げていたので知りました。tokyo asakusa 099
ルネサンス式やUSAのカントリスタイル(ペンシルバニア地方)日本初のバルコニーが設えてあります。これは後の日本住宅マンションにバルコニーやベランダの原型になったとか 

tokyo asakusa 099
上野に行って時間があれば見学しても価値があります。とても広い庭があり、年代を感じさせる樹齢を経た木が伸びています。iwasakitei 096関東大震災には、とても広い庭を避難所として解放されていた事もあります。



戦後のGHQにも摂取されて事もあります。岩崎家個人所有から接収されその後民間に、官庁に。今は東京都の管理下にあります。台東区 上野不忍池通り交差点 湯島交差点からも近いです。区立上野公民館の裏手にあります。

皆さんは、神奈川県大磯町にある社会福祉法人「エリザベス・サンダース・ホーム」をご存じでしょうか?
三菱財閥の当主であった岩崎久弥氏のご令嬢(岩崎弥太郎氏の孫にあたる)は、クリスチャンとなり神奈川県大磯町にある社会福祉法人「エリザベス・サンダース・ホーム」と創立貢献した。澤田廉三外交官夫人であった澤田美喜先生が、戦後、多くの戦災混血孤児を、その生涯をかけて、引取り、そして育て、2,000人以上という孤児の方々を立派に世に送り出された、その拠点となったところです。

ueno-iwasaki-tei 094
澤田さんは先ず、孤児たちの施設を作る為に、岩崎家が国に物納した大磯の別荘を司令部に掛け合い、当時では大金の400万円で買い戻しました。iwasakitei^sanroom


戦後の財閥解体で岩崎家といえども財産は乏しく、自分の持ち物を処分したり、多くの人たちから膨大な借金をしたり、そのほか寄付を集めたりしてお金を作ったのです。

 <室内のサンルーム>



iwasakitei-kaidanそして、最初に寄付をしてくれた英国人女性、エリザベス・サンダースの名にちなみ、1948年に「エリザベスサンダーズ・ホーム」を創立しました。



<二階に上がるホール>








iwasakitei-12

<日本伝統をとりいれた豪華な壁装飾>

戦後の財閥解体で岩崎家といえども財産は乏しく、自分の持ち物を処分したり、多くの人たちから膨大な借金をしたり、そのほか寄付を集めたりしてお金を作ったのです。


washitu

 <家族は洋館には住まず、やはり日本家屋、
畳での生活をしたようですね。>





iiwasaki-tei085岩崎家は、薩長の下級武士でした。坂本竜馬などにも関わりがあります。先賢の目で商いをして財閥へと成長しました。『夢は叶う。』を実行した。戦後の財閥解体の歴史で多くの財産も失いましたが、不屈の精神は、今の三菱系の会社にも通じているのでしょう。

大きな庭から、帰り際には、ゲストをもてなす為だけに、建てられたビリヤードをするためだけの立てられた離れがあります。

iwasakitei


この建物の壁を見ると 神戸の洋館、鱗の家を思い出しました。
iwasakitei 088さて。財閥解体の歴史は、現代では形を変えて、大きな財産でなくても相続税に変わっています。時には、個人の築いていた財産が子孫に伝えられないのは変だと思うときがあります。アメリカではない税制だと聞いた記憶があります。その代わりに、大きな収入があれば、色々の施設、教育機関などのスポンサーになる企業が多いです。その分。寄付した物には税金は掛けられないと聞いたことがあります。日本の色々の福祉施設や教会への献金を必要としています。日本の税制で福祉に関わる物には軽減をして欲しいですね。何となく、そんなことをも思いました。
鱗の家

<神戸の洋館、鱗の家>


iwasakitei 095 <孤児院を創立した澤田さんが座ってかもしれない椅子>




さて、戦後間もない日本では、孤児たちに対する謂れのない偏見や差別には極めて厳しいものがありました。澤田さんや混血孤児たちが外出すると、罵声を浴び、心ない中傷や批難が相次ぎました。しかし、そんな中にあっても、澤田さんは悲しみや優しさ、そして深い愛情をもって孤児たちを守り、並はずれた情熱と強い意思を持って困難に立ち向かい、このホームで述べ2,000人以上の孤児たちを育てたのです。クリスチャンとしても素晴らしい働きをしました。私は彼女を知って、イギリスのジュージ・ミラーと重ねてしまいます。

 1980年78才で澤田さんはスペインのマジョルカ島で亡くなられました。生前、澤田さんはこう言っています。
「私の旅……それは、この子どもたちのために、誰からも何も言われない国、いやな見つめる目のない国、そして、大手を振って歩ける国を求めて歩く……これが私の旅になりました」

 特別な偏見はなくなりつつある日本ですが、アジア人への偏見、韓国人の偏見は未だに高齢者に多いことは悲しいですね。案外と私と同年配の中にも残念ながら多い気がします。

ヤコブ  1:27 父なる神の御前できよく汚れのない宗教は、孤児や、やもめたちが困っているときに世話をし、この世から自分をきよく守ることです。

ヨハネ 14:18 わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません。わたしは、あなたがたのところに戻って来るのです。

旧岩崎家の洋館内部は現在 撮影禁止でした。資料の中からの転写掲載です。

 上野公園に行きました。

上京した際に、時間があったので上野公園を散歩しました。一昔のことになりますが、私が海外在住、旅行をしたときも、一息するときには公園で過ごしていました。

上野公園の正式名は上野恩寵公園ですね。江戸幕府から皇室に受け継がれた土地ですが、民間、東京都に払い下げになったので天皇家の恩寵からその名前が付きました。。私は国立美術館でも見学と思いましたが、リニューアルのために休館をしていました。上野公園と言えば、この西郷さんの銅像は有名ですね。tokyo asakusa 069上野駅からも近いです。この銅像の目前はガード塀に覆われて風情がなかったです。何かの工事をしていました。そこにいたガードマンにシャッターを切ってもらいました。着物の裾を整えている間にシャッターを切られて、取り直しをしてもらいたかったのですが無理でした。散策するにしても上野公園は広い所です。関心が持てる美術館博物館は、国立美術館意外にも沢山ありますが、残念ながら、現在行っていた催し物には興味が持てませんでした。動物園に休みですし、パンダも居ませんね。中国の動物外交にも沢山の税金が必要です。
ueno074
国立博物館前には噴水がありました。何となく、昔パリに住んでいた頃に、近くにあってよく散歩したリュクサンブール公園を思い出しました。古い建物の前に大きな池があるからです。風域は違いますけれど。そぞろ歩きで、不忍池まで足を運びました。kamo 083
池の鴨は人になれているのか、近くによっても逃げることなく、あわよくば、人からパンなどの餌が貰えることを知っていますね。外国人も不忍池の湖畔を散策してベンチに腰掛けて軽食、サンドイッチなどを食べていました。ピクニック気分での外での食事もEUの人は多いです。

 また、明らかにホームレスをしていると思われる服装の人が、外国人と流暢に英語で会話をしていて、この方の人生の過去を想像しがたい思いになりました。これだけ外国人と会話が出来るなら何か良い仕事がないのだろうか?それだけに日本が不景気になっているのだな〜とも思いました。と言っても本人にやる気、仕事をする気がなければ、救済しても一時しのぎになってしまう傾向が多いですね。これから寒くなります、路上での生活も厳しくなります。

ueno 080
tokyo asakusa 070
兵庫県尼崎に二十八歳でホームレスしている青年を知っています。彼の親(奄美大島在住)を知っていたからです。数年前に、彼の親から相談を受けました。その時に1度。出会いました。親の心配をよそに仕事もしないでいたのです。その後、彼とは連絡が取れなくなっていたのです。最近になって彼から連絡があり出会いました。今は住むところを失っています。「君は若いのだし将来どうしたいのか。?」何度も問い詰めても明確な答えがないです。将来のビジョンを語りません。私の現在、彼のために悩んでいます。

『最近になって何で急に連絡してきたのですか?』と聞くと『寒くなって困るから』が答えでした。神に助けを求める気もないようです。
引き取ってもこのままズルズルと仕事もしないで、私の家に居られても困る気持ちもあります。私自身が経済的に豊かななら多少はよいでしょうけれど?本当に彼のためになるだろうか?まだ三十歳前ですからね。働かない理由は、友人や親の性にして、自分を見つめていないことです。何でも人の性にするなら、引き取った私を責めるのではとの思いも起きてきます。 今、私の祷りの課題の一つです。

大阪の西成のホームレス救済伝道もあります。彼は少し異質な気がしています。
神を求める物には孤独にならず、神の助けがあるのですが、彼に事実的な救済として、私の自宅に引き取って良い物なのか悩んでいます。彼が未成年なら引き取りますが・・ueno 077


カモメを見ながら、彼のことをも出しながら散歩をしていました
不忍池の蓮の葉が枯れかけていましたが、夏の暑さを思わせました。

ueno-shinobazunoike 101

 渋谷の思い出

 上京した際に、時間があったので、48年ぶりに渋谷に行きました。私が十五歳の時の思い出が渋谷にはありました。。

 田舎から上京して、丸の内のレストランでコックを見習いをした時に毎週通っていた教会は目黒にありました。同郷から東京の大学で学んでいた方がいました。その方が、その目黒の教会に毎週通っていたのです。私も中学を卒業する前に、私は洗礼を受けた教会とは同じ系列の姉妹教会でもありました。
shibuya-hatiko 104 上京して、初めての休日に教会に行くために、右も左も解らないまま、渋谷のハチ公前で待ち合わせをしました。今も昔も待ち合わせスポットですね。


 教会の礼拝が終わり、一緒に渋谷まで帰ろうとしましたが、彼は来週の教会奉仕の打ち合わせがありましたので、私は一足先に一人で帰路につきました。初めての東京の休日を渋谷駅付近で過ごしていました。いかにも田舎者、お上りさんに見えたことでしょう。交差点で、都会の雑踏に覆われて、ボ〜としていたのでしょうね。信号が変わったとたんに、後ろから体当たりされ、はっと気がつくと財布がスリに盗られていました。寮までの帰る電車賃も擦られ、途方に暮れました。

 路上で「神様助けてください。」とっさに祈りました。ふと心の中に「彼がいるよ。」と思いがわいてきました。しかし彼が、いつどこから来るのかも解りません。解っていたのは、彼と教会に行くために一緒に乗った電車が東武東横線でした。私は上京して初めての休みが真っ暗になりました。

 初めての渋谷での休日を過ごしている間に、彼は帰ったかもしれません。会社や彼の電話番号も控えずに出来てきていました。もちろん携帯もない時代です。

 彼がJR、地下鉄に乗り換えるのか?また東横線のどこの出口から出てくるのかも解りません。乗客も一日に何十万人と乗り換えする渋谷駅です。「彼に会えるように。寮まで帰る為の電車賃が、彼から借りられるように」と祷りながら半ば当てもないのです。けれど祷りながら待ちました。

 財布が擦られてと気がついてから、約4時間程が過ぎました。午後8時頃になって半ばあきらめ始めた頃。最初は緊張しながら、彼と一緒に入った改札口見つめていたのですけれど、祷りの思いが途切れてきて、半ばあきらめ掛けて、・・この改札ではないのではとか?よそ見もしはじめていた頃に、

 急に声を掛けられ、私の名前を呼ばれたのです。なんとそこには彼が立っていたのです。何十万分の一の確率の出会いが、大勢の乗客の、広い大都会の中で、たった一人との出会いが、神様の哀れみで実現したのです。 

 聖書 詩編 146:5 幸いなことよ。ヤコブの神を助けとし、その神、主に望みを置く者は。       ローマ書 9:33 それは、こう書かれているとおりです。「見よ。わたしは、シオンに、つまずきの石、妨げの岩を置く。彼に信頼する者は、失望させられることがない。」

 この世に中には何故?と思えることが多いですね。まさかスリに遭うなんて思いもしていませんでした。思わぬ災難でした。信仰を持ってから初めての事でした。神様に助けを求めて・・実体験として、神の助けを期待する者には、神は助け手を送ってくださることを実体験したのが、この出来事です。渋谷の駅に降り立ちこのことを再び思い出して、神に感謝しました。

shibura-ranti 106 さすがに渋谷のあの四八年前とは様変わり。変わっていないのは、ハチ公前が待ち合わせスポットくらいです。センター街と言われる物さえなかった?時代の追憶です。道玄坂あたりを散策しましたが、面影はなく、町並みもパリのような風情が無く、看板やビルもケバケバしい感じでした。
道玄坂で、ふと見つけたステーキ定食830円の食事をして帰りました。

電車に乗ってから、クリスマスイルミネーションをみたいと思い立って表参道で下車しました。しかし並木道の装飾には時期が早かったです。有名ブランド店が軒を並べる町並みに変わっていました。昔のこと言えば笑われますが、下町の風情が残る町並みだった記憶があります。表参道半ばに、表参道ヒルズのショッピングモールがありました。 カナダ、トロントのビクトリアモールにも似た感じでした。中に入るとスバロスキークリスタルが飾られたツリーが点灯していて綺麗でしたね。傘を持たずに、上京していたので、小降りになるまで雨宿りをして過ごしました。
omotesanndo-hiruzu 108

東京に行き、目的途中の浅草を散策しました。

白血病の方への癒しの祷りをするために、東武伊勢佐木線乗り換えで埼玉<前記>に行きました。帰り道に、浅草を散策しました。

前回も東京に出たときにも、浅草に立ち寄りましたけれど・・ 東京スカイツリーの建築が当然のことですが進んでいますね。東京スカイツリー152
今年の7月には第一展望台までの高さでしたが、電波塔が伸びてきて結構高くなってきていました。
sukaituri 054 浅草には沢山の和物の店があります。特に着物を愛用している私には魅力的な町です。手頃な値段の着物屋がたくさんあります。リサイクル着物から、高級呉服まで・・そのような大阪にも似た店はあります。ただ浅草には、男物が気軽に買えそうな店もたくさんあります。と言っても、早々、着物は買う物ではないですけれど。下町の風情を楽しむ町としても、浅草は
良いですね。仲店通りはいつもながら大勢の観光客です。浅草寺の境内も紅葉に変わっていました。私は前回買い物をした伝法通り袢纏屋に行きました。
asakusa058
和風のTシャツとも言える鯉口シャツを前回買っていました。夏はそのままTシャツ代わりに着て、冬は肌襦袢代わりに、着物の下に着ても良いですね。hanntenn 128
今回は何気なく立ち寄り、片貝木綿の端切れを買いました。3mの長さがあり腹巻き用としての販売でした。夏場にはさらしの腹巻きを浴衣の下にすることもあります。柄物ですので、前回ためらいましたけれど、着物の下帯にしても良いかな?手頃な値段も手伝い、自分のお土産として購入しました。hanntennya127私は幼いときから着物が好きでした。両親も着物で過ごしていました。私が結婚したときに、妻が沢山の着物を作ってくれたので、毎日着るようになりました。妻に先立たれてから、思い出もあって余り着なくなりました。五十歳を過ぎてからまた着物を愛用するようになりました。それは、インナーヒーリング<心の癒し>を、神様から受けたことも手伝っています。

 また着物関係のネットで知り会った方がいます。色々と着物のことを話してメール交換をしていました。着物で説教する牧師が一人くらい日本にいても良いのではと、彼と話したこともあります。しばらくしてから、その方が事故で足を悪くしたので着物を着なくなったとかで、沢山の着物を献品してくださいました。その方は、偶然にもある牧師先生の息子さんでした。ちょっと買えそうもない高級な着物から普段着まで 沢山の着物を送ってくださいました。神と彼に深い感謝を捧げています。


仲店通りは、人通りが絶えることなく大勢の賑わいです。それでも午後8時くらいには大半の店は閉店で、午前9時頃から開店を始めていました。na kamise056

このページのトップヘ