google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2010年08月

 誰にでも親しまれている賛美歌の一つ。

 それがアメージング・グレース
その意味は驚くばかりの恵みという意味ですね。価値がない者、値にしない者に注がれる神からの愛と恵みを表す言葉です。注がれる愛には、神から意外にも多く在ります。それは隣人からの愛と思いやりです。

 昨日は、カウセリングをしている方と出合うために、神戸の元町に出向きました。しばらくの時間。コーヒーを飲み、会話をしながら時間を過ごしました。帰る時に新長田駅で乗り換え下車して、鉄人28号を見に行きました。昨年に完成した事は分かっていたけれど、駅から数百メートルが急いでいるときには遠かった!けっこう人がカメラを手にして集まって来ていました。 私もその一人でした。
鉄人 090
 自宅に戻り寛いでいると、大丸から「届け物があります・」と電話がありました。暫くして荷物が届けられ、開けてみるとお米と野菜。神戸牛の包みが入っていて驚きました。

日常の風景
神戸に住んではいますが、神戸牛は食べたことがなかったです。過去に、お米の贈り物がありましたが、肉は初めてです。 春に来た知人も、神戸牛を食べてみたいと言っていたので、その時に、私もなんと無く、「へっ〜〜、そんなだ。自分はそこまでは・・ 食べたこと無いよ。だって高いんだよ。』と答えていました。

 思いがけないことでした。丁度。一人分の肉と白菜、キノコなど・・送ってくださった気持ちに感謝しました。『スタミナ、夏ばてしないで・』の言葉も嬉しいです。自分からは決して買わない代物です。<安い値の神戸牛は100g1500円位は?します。神様とその送ってくださった方の思いやりに・・私たちが思い祈っていた事にも・・本人が忘れるころに叶えられる神様のアメージング・グレースな驚いた恵みに感謝しました。

 今は、小さなことしか出来ていないのですが、・・時々、自分自身で、これで良いのだろうかと?そのことを思い、落ち込みそうになりますけれど。.・・神様が色々の方法で、励ましてくださるので、前に進めますね。 私のことをいつも覚えて祈ってくださる方々に感謝。目に見える形での品物、献金も大変嬉しく感謝です。でもそこにある思いやりの心が、一番嬉しいです。一言の祈りと言葉が嬉しいです。値しないと思えるときの、一言の言葉が励ましとなります。
 

 ベランダに花が咲きました。
 連日。残暑が厳しいですね。

 昨日から、ベランダには花の名前は忘れましたが、夏の花が咲きました。
この花の種を以前に蒔いたことがあります。とても細かくて思うように咲きませんでした。

 ところが自分で蒔いた覚えがないのですが、何処かから風で飛んできたのでしょうね。画層のような花が咲きました。
 夏の花102 













この熱さで昨年植えていた花が枯れてしまいました。鉢の土をそのままにして
ベランダに置き放しにしていた花鉢に咲きました。淡い色合いが、この熱さの中でいっぷくの清涼間を与えてくれました。自分で蒔いて咲いたのでもなく、水やりなど手もかけなかったので得した気分です。

 
忘れた頃に、祈りの答えが来たような・・

私は主イエス・キリストに祈ります。時に中々。答えが無く、祈っていた問題や願いに対しては、半ば諦めるわけでもなく、祈る分けでもない時もあります。
でも一旦。祈った祈りは、神が覚えて下さって、神様ご自身からひょっこりと答えを下さる事があります。

夏の花101
私自身が、この花の種を蒔いた頃は随分前。花の名も忘れるほど前のことです。その時には上手く咲かなかったのです。けれど、思いもかけず、自分の力でもなく、神様がこの花を咲かせて下さったと思いました。

 祈りには、答えを求めますけれど、すぐに答えがないときもあります。けれど祈るときには、賞味期間のように期限が無く、いつまでも諦めること無く、祈り続けることが大切だと思いました。

 祈り疲れた心を慰めて励まして、己の力ではなく、神の意志で答えがくることを再確認させてくれた、ベランダの花です。

   山陰の旅の帰りに三朝温泉に立ち寄りました。

 足立美術館から帰る途中に山間にある三朝温泉に立ち寄りました。
日本でも指折のラジュームが多く含んだ温泉です。飲料としても良く温泉病院も村井の入り口にはいくつかが建てられていました。三朝温泉 002帰り道に倉吉経由で帰ろうと思いました。倉吉から三朝温泉まではそれほど遠くはなかったです。三朝温泉は河原湯がTVでも放送されていたので有名ですね。

三朝温泉 007のコピー河原の湯に下りる橋桁の側に立っていた銅像です。何か恋物語があるようです。

河原の湯に余り手がかけられておらず、昔からの露天風呂の風情がありました。私は、露天風呂が好きで、良く飛騨の露天風呂巡りをしたのもです。けれどこちらは、一瞬ためらうほど・・人通りから・・それにしても橋から近い、丸見え状態です。でも、そこは、そこ暗黙の温泉のルールがありますし、数人。風呂に浸かっていたので、私も思いきって湯に浸かりました。
三朝温泉 010













観光帰りの若い方が、記念撮影をしているのを見て、私も、一枚撮ってもらいました。所によっては撮影が禁止ですので、注意が要りますね。
三朝温泉 河原の湯 1
本当に河原の中にある湯です。脱衣場も簡単に顔医で囲われている野性味あふれる.温泉です。泉質も肌に良くて少し高めでした。



三朝温泉 河原の湯20のコピー_edited-1
こよなく、この温泉を愛する常連の村の人々によって支えられ守られている気がしました。住人が自発的にお湯の管理もなさっておられるようです。
私が湯に浸かって間。入れ替わりに、別な住人が来て、湯温の話の引き継ぎをしながら、一人が上がって行かれました。
この露天の開放感が良いですね。細かな利用注意書がかれていました。
三朝温泉 3













この仕切りの手前が足湯です。川風が心地よく、暫しの時を温泉気分を満喫しました。

この露天以外にも、日帰り湯 飲料出来る湯が点在して在ります。
株湯という温泉施設が昔から有名です.男女別になっている温泉銭湯です。町並みも昔からの風情は残っていました。

株湯のURLは下記です。
http://www.asahi-net.or.jp/~ck4t-hri/kydo/kydo/misakabu.htm

帰りには、倉吉の町から少し離れた所にある中国庭園。燕趙園に立ち寄って帰りました。

燕趙園前tw 002のコピー

島根県安木市にある足立美術館に行きました。

 先日から山陰の紀行記を書いています。目的地であった安木にある足立美術館に行きました。米子市で教会奉仕をしながら、断食をしていた10年前に、この美術館のことを聞きました.けれど体力的なことも考えて行きませんでした。

山陰高速が無料であったので、足を伸ばす結果となり、出かけて良かったです。
所蔵品も横山大観の無我 村上松園の娘深雪 橋本関雪の猿他の日本が 魯山人の陶器食器類の所蔵品の展示がありました。
足立美術館庭05
明治大正にかけて、人が嫌がるような仕事から始めて、知恵を絞り大阪で財を作り、先見の目があったと思えるように、当時の画家の絵をコレクションして、又、自分の古里の自宅を広げて、この美素晴らしい庭を造りました。足立美術館の庭02所蔵品の展示も素晴らしいです。しかし、作品の撮影は禁止ですが、庭は自由に撮影が出来ます。この庭もミッシェランなど世界が認める素晴らしい造園美です。庭に面してもっとも良い眺めの所には、ゆっくり庭の観賞が出来るようにと、喫茶もありました。でコーヒーが一杯1000円でした.でも高いと言えば高いが、安いと言えば安いですね。その喫茶店にいる間。夢のような眺めを独り占め出来るのですから・・

足立美術館庭04 工夫された回廊庭園、 枯山水と水辺の庭が交差してとても綺麗でした。







額縁庭園10 中庭に座ると茶室越しに、窓が切り抜かれていて、一枚の絵を観賞できるかのようになっている部屋がありました。数名の庭師が手入れをしていましたが、庭師の風景の一つですとの説明書きもありましたよ!

過ぎ去る時間が惜しいくらいの素敵な空間と庭と美術品です。


庭を背景に




夏の緑に映える紅葉と苔が綺麗でした。絣の着物で一時を過ごしました。



web足立美術館 004

この安木は、昔からドジョウすくいの民謡でも有名です。最近は水木しげる ゲゲゲの鬼太郎のNHK テレビ番組で 脚光を浴びている。ですから道の途中には 「女房の古里です。」との看板とか昇り旗立っていました。


web11大山 005美術品と庭を堪能し、『四季の変わり目には、この庭を再び眺めてみたいな〜〜。』と思いました。
画像も沢山撮りましたが、全部は乗せられないですね。

 

大山横姿 012

 帰り道には、雄大な大山がその有志を見せて見送ってくれました。
大山は見る位置によって、その雄姿の形を変えるのでおもしろいですね。
足立美術館 玄関前01

秋には新館も、御出来るように予告されていた足立美術館です。その庭を堪能し紅葉の庭も綺麗だろうなと思いながら帰路につきました。足立美術館のURLは
 http://www.adachi-museum.or.jp/ja/index.html



足立美術館水辺の庭

 松江城へ

 途中で休みながら、車を走らせて松江まできました。鳥取砂丘と倉吉観光で帰るつもりでした。今、山陰高速道路が無料でしたので、ついつい走ってしまいました。足立美術館に行く前に、時間があったので松江城に行きました。宍道湖、松江城 011

丁度。到着したときに、宍道湖には朝日が昇るときでした。湖岸に下りて朝日が昇るのを楽しみました。

宍道湖、松江城 018   

暫く、護岸で朝日の昇るのを見て、お城に向かいました。朝日に染まった空が城陰を綺麗にしていました。少し、早いのでマックに行きコーヒーーを飲みました。
朝焼けの松江城 001 

松江城が開門するまで、暫く時間を潰していましたが、もったいないので、宍道湖の護岸をドライブしました。
宍道湖、松江城 024 





宍道湖は、淡水と海水が混ざり合い、シジミ貝が特産品ですね。朝焼けの中にボートが湖面を走り、つい乗せてくださいと声が出そうになるくらいに、心地よさそうに走っていました。ふと足元を見ると、シジミ貝の殻が1m位も積もっていたので驚きましたよ!!
夕陽の宍道湖02
宍道湖は夕陽が沈むときには、
特に綺麗になります。





松江城 045のコピー 開門を待って、城内に入りました。朝が早かったので、観光客も殆どいなく、地元の方々がボランテアの掃除やジョギングをしておられた。

松江武家屋敷0100jpg 



城門から7〜800離れた所に、武家屋敷が少し残っています。松江と言えば、クリスチャン宣教師が活躍した町です。それと帰化人となった小泉八雲が有名ですね。私の幼い頃、小学生の頃に、彼の怪談を図書館で借りて読みました。 彼の銅像が、元の住居前に立てられていました。

宍道湖、松江城 082


こちらも、開館時間には早かったです。


小泉八雲の家門前コピー
 
着物は、紺生地に絣模様が在ります。









朝やけですが、夕陽ならばもっと綺麗ですね。
宍道湖、松江城-095

 
昔風に加工してみました。城の北門前石段です。

宍道湖、松江城-070


 倉吉に立ち寄りました。

 白壁が印象的な歴史地区が残る倉吉に立ち寄りました。倉吉白壁通り                山間から流れ出た川が平野に辿り着き、川面を広げる所に、倉吉の町が広がっていました。付いた時間が夕方でしたので、人通りも少なく、観光案内看板も控えめで、ナビ無し、地図が頼りで捜すのに少し手間取りましたけれど、住民の親切な人に助けられて辿り着きました。
倉吉の歴史 021  観光するには多少遅い時間かな?午後4時くらいでした。観光地にしては、岐阜高山の歴史地区に比べて人が少なかったですね。私自身が時間に追われての観光は好きではないのです。特にパックツーワーは好きではないです。・・人が少ないかった分。ゆっくりと観光し写真を撮りました。
w倉吉の川面 005町を流れる小川が綺麗で、足を入れて涼みたいくらい心地よさそうでした。そぞろありきながら、気に入った場所で写真を取りました。カメラで、その瞬間を切り取る時。シャッター音が好きです。城廻、古い歴史地区で着物姿での撮影も好きですね。いつもは一人ですが、今日は教会の青年に、撮してもらいました。w倉吉 002

















白壁、赤壁の通りがあり、それも人が住んでいました。江戸時代に栄えたようですが、今も健全に商いを続けておられます。 格子戸の続く通りに、何となく歴史を感じました。
倉吉格子戸通り NO1味噌や醤油の手作りの店や又古い店構えを壊さずに、多少の不便も在るでしょう。けれど、この町並みを保存してくれた良かった。良いな〜と思いました。
倉吉醤油屋の前 031






倉吉 格子戸前 少し昔風?画像を加工しました。浴衣で歩く、暑い日には、浴衣の裾をまくり歩きやすくしますね。男だから出来るのだけれど・・1度 女性が裾まくりをして歩くのを見掛けて・・それだけや止めろとついつい思いました!!スカートとは違うぞ!!なんって思いましたが・・私も人通りが多いときにはしない裾まくりですけれど・・


今は使用されることが少なくなった形の郵便ポストもあり、懐かしく思いました。角帯は博多献上、浴衣は青色の生地に縦縞です。

倉吉ポスト 010

 昨日は、65回目の終戦記念日でしたが・・

 終戦記念日と平行して、いつも話題になることが、靖国神社参拝です。宗教の自由は認められているのですが、何故 政治家は、靖国参拝を行うのでしょうか? 私は、その背景には、票の確保など政治的な臭いがしてなりません。(自民党の中の政治家には、その団体から支援を受けていた歴史があります。)外国からも、靖国参拝に対してクレームが入る事にも、遺憾を感じます。

 それは、戦争犯罪と犯したと言われる人々。前回のブログに書いたように、戦争の判断して遂行した人々。終戦の決断を遅らせ、さらに日本に対する被害を増した人が靖国に祭られています。その戦争犯罪を犯した人が祭られているために、軍国主義への警戒が、中国や韓国からのクレームとして入っていました。靖国神社へ、国からの税金、私たちの血税も支払われていたことがあります。


 そして そのような的確な判断が出来なかった軍部に見捨てられ、南方で若い命を散らした多くの人々も、又 クリスチャンであった人々 他の信仰を持っていた人々も 全部まとめて、靖国に合肥され祭られ、政治利用される場所である靖国神社です。
夏花と蝶


 







 
 今年は、閣僚は靖国参拝を避けました。千鳥ヶ淵の戦没者慰霊に行きました。
と言っても、こちらの千鳥が淵は無縁者の墓(この場所は正規の墓でもなく、祈念碑ではなく、単に骨を一時保管している倉庫的な位置づけです。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E9%B3%A5%E3%82%B1%E6%B7%B5%E6%88%A6%E6%B2%A1%E8%80%85%E5%A2%93%E8%8B%91

 長崎や広島にある慰霊記念には海外からも来賓も行きます。しかし、靖国にはいけない理由もあります。
国としての戦争記念慰霊 場所の建設の話も年々。伸ばされ、又 伸ばされている現状があります。

私は血縁が無くても、戦争を繰り返さない為の記念場所として、国が管理する祈念碑の創立を望んでいる一人です。

 一部の人が先導して、国を動かすの事。それらを冷静に見守る 国民の責任があります。選挙率の低さとか・・唯一、私たち一般が政治に参加出来る機会です。
又 右向け右のような 報道体勢、ニュースにも気を着けていないと・・怖いですね。報道の自由はあります。けれど偏ったニュースで 国民の思想も左右されかねないからです。

 戦争で散った、多くの霊の上に。。祈りを 祝福を 

 終戦記念日

 今日は、終戦記念日ですね。多くの国民の犠牲を支払っての結果でした。誰が戦争をすることを考え出して、実行に移したのでしょう。それに巻き込まれた日本国民やアジアの国々の人々たち。日本の戦争が劣勢になり、これ以上の犠牲を好まない人々がいたのですが、又、その意見を無視する人々もいました。
浜ナスの花













 終戦記念日と、戦争を終わらせようとするポツダム宣言の日には、違いがあることに気がつきました。

 Wikipedia より ポツダム宣言(ポツダムせんげん、The Potsdam Declaration)は、ポツダム会談での合意に基づいて、アメリカ合衆国、中華民国および英国の首脳が、1945年(昭和20年)7月26日に大日本帝国(日本)に対して発した、第二次世界大戦(大東亜戦争、太平洋戦争)に関し、「全日本軍の無条件降伏」等を求めた13条から成る宣言。ソビエト連邦は同年8月9日の対日参戦後に宣言に加わった。宣言を発した各国の名をとって、「米英支ソ四国共同宣言」[1]ともいう。

 もしも、日本軍部がこの日に、降伏を受け入れていれば、日本に対する降伏要求した日から約一ヶ月後に、広島に原爆が落とされました。

 それでも、徹底抗戦を指示して・・沖縄を捨て石にしました。アメリが軍の鉄の雨=砲弾が地形を変える程。打ち込まれました。それでも日本は勝利すると夢をみた 意地を張ったとしか思えませんが・・一部の人たちの判断の遅れが、広島、長崎への原爆へとつながった気がしてなりません。

 ポツダム宣言に、あとから参加して、戦勝国になったソビエトはには、北方領土を明け渡すことになりました。
私の両親は、樺太(サハリン)に移住していました。ソ連人が非業を尽くして、彼らはやってきたと聞きました。
私自身を妊娠していた母と姉と父は、命ギリギリで最後の引き揚げ船に乗り込めました。 その港にたどり着けなかったら、サハリンに取り残され、私が生まれていたかどうかは、分かりません。時々母から話を聞かされていました。 当時の国。軍部は国民を見捨てて、彼らの考えだけを優先していました。中国満州でも、多くの国民が犠牲となりました。その悲劇は今も完全処理されたはいません。

 戦争は、人間が人間でなくなります。
沖縄でもその他の地域でも、国民を守るはずの軍人が、一般民を犠牲にして生き残ろうとしました。外国・アジアに派遣された日本軍も非情なことをアジアの人々に対して行いました。

私がシンガポールに旅したときに、ガイドに付いてくれた青年の両親から、日本語で挨拶されました。『どうして、日本語を?』との、私の質問から話が始まり、戦争当時の色々と話を聞いて、深い悲しみと驚きに襲われました。『戦争をしていた時代には、私は生まれてはいませんが、一人の日本人として、クリスチャンとして、日本人の先祖の犯した罪や過ちを許して下さい。』とお詫びをしました。 するとその場には涙があり、和解がありました。それはそれは小さな、たった一家族に対しての和解です。わびて良かったと思いました。
 
白色きょうちく 005朝鮮半島占領100年の談話がでました。 一部には反対意見がありますが、和解し理解し合うこと。同じ過ちを犯さないためには、大切な記念日です。二十歳にもならない少年兵が特攻隊になり、人間弾丸となって、若い命を散らせた犠牲の上に、愛国心の上に、今の平和な日本があることを覚えたいです。

 鳥取砂丘へ車を走らせて・・

 兵庫県の湯村温泉で日帰り湯と昼食を済ませ一路。鳥取砂丘へ向かいました。今から10年前に、砂丘を目の前にして、砂の上は歩けなかった思い出が有ります。その時に、ある断食祈祷院で滞在した後に、米子に向かう途中でした。その祈祷院では、40日間の断食は危険だからと許可が下りなくなったので、米子の教会で奉仕ながら、続きの断食をしたのです。鳥取で途中下車はしたのですが、体力消耗してはいけないと砂の上は歩かなかったのです。
鳥取-大砂丘

今回は、教会の青年を連れ出して、一緒に行きました。彼も初めてとかでした。その大きさに圧倒されたようで、砂の上を歩くのを多少ためらいましたが、女性、子供が歩いて刺激を受けたようで、一緒に歩き始めました。

w鳥取砂丘と島 006 比較的、砂丘の坂が穏やかなコースを選んで歩きました。 暫くすすむと草が生えていて、島が見える所につきました。山陰の海岸は日本列島が出来た頃の太古の時代の海岸が隆起しています。海岸がジオパークとして指定されました。参照 URL http://www.yourun1000.com/
鳥取砂丘,馬の背014
地形から馬の背と名付けられた所に立ちました。海岸から高さが20m位はある急な坂です。サンドスキーが出来そうな坂です。 彼はその高さに・・私も驚きました。三脚を立てて記念撮影。彼は最近になって、私にネットを通じて連絡をしてきました。長い間。ひきこもりをしていたのです。仕事は長い間していませんが、出合ってから祈って、気晴らしに依存していたたばこを止めたり、将来の計画を持つように勧めたり、キリストに在っての希望は叶えられると励ましたりしています。

鳥取砂丘での海水浴 025 ひきこもりは誰でもがなる原因と背中合わせです。今は30才代が一番多いです。老人のひきこもりも近年はある。対人関係の悩みが原因で、一人で居る方が楽だからと自分の殻に入り込む素質は誰でもが持っています。 信仰面から見ても、心と体の問題は医療と平行です。信じているからと薬は要らないとは言えないです。医療も大切です。けれど信仰優先の心が医療結果を早める場合もあります。新興宗教では、この辺りに間違いが多いです。私は聖書の言葉により、カウンセリングを行い。信仰を深めて、心に、全ての面においてのやる気を引き出せたらと祈っています。それにしても精神医療では投薬で精神安定剤の大量使用が問題です。カウンセリングは本人もそうですが、家族のケアーも大切ですね。

 親子連れが砂丘の下では海水浴をして気持ちよさそうでした。彼は水着を持って着ていなかったので、泳ぐことは止めました。w鳥取砂丘に座る-035 砂丘の形は、10年前とは殆ど変わっていませんでした。 私はアルジェリア国内・サハラを横断したことがある。 サハラの砂漠は、年々。形が変わります。ですから、ここで形が、10年間も変わらないことが不思議でした。とても大きな砂丘に懐かしさも感じました。砂の心地よさに、砂の感触を楽しみました。
鳥取砂丘、風紋 013 砂丘の上には風で出来た風紋が出来ていました。風の強い日には余計に綺麗な風紋が出来たでしょうね。砂の感触を楽しんでから、車を走らせて、倉吉に向かう途中に、因幡の白兎伝説が残る海岸を通りました。
白兎海岸WEB

時には伝説には、   ある程度の歴史の真実があります。

白兎海岸-01

伝説では兎ですが、この地域に住んでいた領主が、戦争から逃げて隠岐の島?に行きました。平和になった?機会をうかがって戻ってきたが、途中の海で、サメにやられた?丸裸にされて(既に収めていた領主民衆にやられた?)困っていたら、大国の主が旅の途中に助けられたともとれます。当然。諸説はいろいろあります。

青生地に白抜き竹模様の浴衣 004 今日 着た浴衣は 青生地に竹模様の染め抜きです。結婚した頃に、妻が手縫いしくれた浴衣です。20年間タンスの肥やしになっていました。53歳から再び、毎日のように着物を着るようになりました。

 山陰方面へドライブしました。

 早くも八月半ば、未だ海水浴に入っていません。あなたは例年海水浴をなさいますか?私は田舎に帰る行き帰りに、日本海で少しの時間、海水に浸かります。でも今年は未だです。日曜日、教会の帰りに、ふと思い立って、引きこもりをしている青年を、外に連れ出そうと、彼に声をかけました。『鳥取砂丘を見に行かないか?』と・・ 彼は10年以上、仕事をしないでいます。時々、眠れないと薬も飲んでいます。けれど、良くなってきていると思う。同じ神戸市内なので教会にも誘って、一緒に礼拝もするようになりました。無理ヤリではなく、個人の意志を尊重し行動の助成サポートに成ればと思います。彼に地図を見てのドライブ・ナビゲートを頼みました。

 神戸から姫路、播但道路、国道9号線を目指して、途中にある湯村温泉に立ち寄りました。河原から95度近温泉が湧きでています。

湯村温泉源泉 001 温泉卵はもちろん、野菜も茹でられる温度です。いくつかの湯水槽に分けられ、アクの強い物は川下になっていました。 この、湯村温泉は夢千代日記知られ有名です。被爆2世の夢千代さんの日記から、吉永小百合さんなど 有名な女優さんが演じてきました。 現時点では幾らか下火で残念です。被爆という重いテーマ中に、明日を頑張って生きようとする女性のたくましさを感じさせる物語です。Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A2%E5%8D%83%E4%BB%A3%E6%97%A5%E8%A8%98
YouTube (http://www.youtube.com/watch?v=I9ak8vSi3kY
湯村温泉、川と町 004
NHKのテレビで報じられて、この地に住んでいた夢千代さんの日記と人生。温泉が有名になりました。国道9号線沿いの山の中のいで湯でした。

湯村川のサギ 002 川には小魚などが沢山いました。放流?かなと思いました。


夢千代像と町 008 


それにしても静かな山間の温泉でした。初代の夢千代さんを演じた吉永小百合さんの像が記念に建っていました。原爆反戦へ寄付金を収める箱が、像の前にありました。


湯村温泉 足湯014  足湯に浸かろうとしたが、結構、熱い湯でした。  彼も楽しんでいるようでした。連れ出して良かったと思いました。
この後。500円で日帰り湯が出来る町営の薬師湯に浸かって次の目的地 『鳥取砂丘へ』ドライブしました。

今日 着ている浴衣は、紺生地に白の竹模様です。かれこれ30年前に妻が作ってくれから着ています。としばらくの年数、タンスに寝ていましたけれど・・古着は着慣れ肌に馴染んで心地よいです。

夢千代館 017
この夢千代記念館にはドラマで使われた品々が寄贈されています。 でも日記が展示されていませんね。
原本は長崎大学医. 学部原爆被災学術資料センターに保管されているらしい?

ドラマ夢千代日記

 早坂暁(富田祥資)が夜の広島で体験した事実を下敷きにして書いた脚本のドラマ「夢千代日記」は1980 年代前半、NHK「ドラマ人間模様」シリーズで放映されました。ドラマの主人公夢千代は広島で胎内被爆した被爆二世で鄙びた山陰の温泉街の芸者置屋女将です。医師から余命2 年と宣告されている設定です。神戸の病院から冬の山陰の温泉街に戻るところからドラマが始り彼女を中心にそれぞれ金銭的には裕福ではないが優しく人のよい人間が寄り添って生きる姿の心暖まる物語です。視聴者に大きな感動を与え「続」と「新」の三部まで作られました。
 
 ドラマ製作に際しプロデューサー深町幸男は鄙びていて、しかも芸者が居る山陰の温泉宿という設定に合う場所を探していました。昭和55 年秋に兵庫県美方郡温泉町湯村温泉が選ばれロケーションが行われました。湯村温泉の人達は町をあげてこのドラマに直接間接に参加し、隣の漁村の漁師達もエキストラ以上の参加でした。湯村温泉には夢千代の銅像も建てられ、訪れる宿泊客はこの銅像にお金を置くようになりました。その額は1 年で数十万円にもなるそうです。町ではこのお金を毎年広島市へ寄附しています。
 
 被爆二世という設定の夢千代を演じました昭和20 年生まれの吉永小百合は自分ではスポーツ系だと言っていますが、このドラマを演じて感じるところがあり詩の朗読などをして反原爆活動をしています

このページのトップヘ