google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2010年04月

 昨日。ボランテアに行きました。

大阪の北浜にあるVIPクラブのビル内にある、関西フランクリン・グラハム大会の事務所で、パンフレット2000部の発送準備をしました。 事務局からの呼びかけメールに応答しました。 30名くらいの方々で、印刷されたチラシを手分けをして、順番にひとまとめにし、封筒に詰めてメール便の発送しました。

部数が多いので、結構時間を要しました。神戸から出かける事もあり、午前中に用事も会って少し時間が遅れてしまいました。休憩時間には少し歓談もしました。 また終了後に、事務局にも立ちよりました。若いスタップが賢明に、動き回って働いて、この秋の大会に向けて働いておられました。

世界的な活躍をしておられるグラハム師です。アメリカからもスタッフの方も、既に来日なさり働いておられます。意気込みが伝わります。関西一円の教会協力体制が欠かせないですね。
パンフレット発送準備
大会のホームページも出来ています。URL:http://fgraham-kansai.jp/

事務局になっております。VIPクラブのホームページ http://www.vip-club.tv/index.htm http://www.vip-club.tv/mystory/story/hisada.htm

帰りは、中之島に外れにあるにある、なにわ橋近くのバラ園に立ちより帰りました。でも未だバラに季節ではなかったですが、一輪咲いていましたね。
赤いバラ


きれいな小花も咲いていました。
紫の小花
ルビナス


 夏の花の代表?ペチュニアがきれいでした。
ペチュニア


帰宅には心地よい夕陽がでていました。新緑と川野も水の入れがきれいで初夏の気配も少し感じましたよ
中之島の眼鏡橋

 毎週。火曜日は大阪ユニオン神学校の学びです。

 今日は韓国の愛と平和の教会と金牧師(4000人教会)が、韓国から来られ『癒し論』と題して教えて頂きました。講師の金牧師 けれど、癒しのこと自体には触れられず、聖霊の神の関係について教えて頂きました。また、それらを私たちの実生活でどのように表すかを聖書の言葉から丁寧に教えて下さいました。そのことは、相思相愛の夫婦関係に例えられました。 私は、「これは予定変更し癒し論ではなく、聖霊論ですか?」と質問しましたら、『私たちと神の関係が先の相思相愛の夫婦のようになれば、信仰も生活も、癒しも正しく行われる』と言われました。『夫婦が円環でないと家庭が壊れるように、信仰も教会も壊れる。』と答えられました。

なるほどと思いました。 また、アブラハムが100歳まで、子供が与えられることが伸びたのは、親=神と子供=アブラハムの時間感覚の違いではないだろうかとも教えて頂きました。『大人が思う直ぐと言うときの感覚と、アブラハム、私たち子供の直ぐという時間感覚の違いですね』と語られ、なるほど思いました。大教会の牧師先生ですから、沢山の人々に聖書の言葉の真理を納得させ、教えるための例話が豊かです。教えて頂く授業も大切ですが、そのキャラクターや考え方が非常に勉強になりますね。

賛美ダンスチーム

毎晩。ユニオン神学校教会では、ホームレスの人々に福音を伝えています。
講師の金牧師の教会のメンバーが賛美ダンスを踊られました。全員が主婦です。この来日のために、半年間以上も祈られて来日をなさいました。毎週火曜日は、神学校に講師としてきて下さった牧師先生が話されます。私の直ぐには帰宅せずにメッセージに耳を傾けています。 大教会の牧師先生ですので、良く聖書が分かります。ホームレスでなく、メッセージだけを聞きに来られる方もおられるようです。李牧師 002 毎晩100〜200名のホームレスの人々が集まります。主任牧師兼学院長は、来場者に声をかけて回ります。 来月には洗礼式を行います。そのために記名するために、決心者をつのりました。

決心応答1
手を上げて決心の応答をしてもらいましたら、60名くらいが手を上げました。けれど、名前を書くようにお願いしたら所、40名位になりました。名前を書くことには抵抗があるのでしょう。住所は書かなくてもも良いですとは言いましたが・・

 奉仕給食1

メッセージが終わると、順番に並んで頂き、食事の提供をしています。身なりもキッチリしていても、明らかにホームレスではないな〜と思う方も中にはおられます。食べ終わると、後片付け掃除のボランテアもして下さいます。私を含めてスタッフ全員がボランテアでの参加です。私は、何度かのメッセージを語った後で、先日。協力牧師としての任命を受けたばかりです。メッセージが良かった?合格したようです。このように定期的に福音伝道として話せることが嬉しいです。本当に神に感謝です。

 毎日の事ですから、材料費も大変ですから、全員が無給です。また、ボランテアの人々献金によって..多くが韓国からの教会から..でも日本人のためにと・・捧げられたものです。本当に感謝です。この神学校教会創立に深く関わられた申牧師の遺言が行かされています。生前、私の按手をして頂き、献身の道が開かれるように祈って頂いたことがありますので、この神学校の創立経緯を知って、一度。信が仰先生を卒業していますが、再入学をしたわけです。和服で説教
申賢均 牧師日本のリバイバルのためにしっかり学んで教会成長し、微力ながら、神に喜ばれ賛美を捧げたいです。。

 今日の聖日は、協力牧師落として教会へ

先日、大阪ユニオン私学校の学院長から、協力牧師として、依頼と承認を受けました。今までは、自宅での礼拝でしたが、午後からのメッセージを依頼されていたので、大阪ユニオン教会に出向きました。
神学校 004 午前中は学院長の李牧師が、ヨシュア記;4〜7からメッセージをなさいました。非常に大きく教会成長している韓国の教会の牧師先生の例を取られ、特別説教が上手い、話が深いのではないが、右にも左にもぶれないでひたすら伝道なさっておられるので、教会成長が出来たと、ご本人から証しを聞いたと話されました。色々の大きな問題もあったが、常識だけだと出来なかったとも・・信仰から外れすに伝道してきたとも話されました。 案外と私たちは問題が出来ると回避することを第一に考えます。 信仰と共に右にも左にも、神の願っておられる事からそれる傾向があるので、注意が必要だと話されました。カレブとヨシュアのように、右にも左もそれずに、立ち向かう姿勢が必要だと話されました。


聖日礼拝
 こちらの教会では午前11時から礼拝をしています。クリスチャン向けの礼拝です。昼ご飯もしっかりと食べ交わりが出来ます。しっかりとした食事が提供されるのは、韓国教会と特徴ですね。
千人教会であれば、千人が食べられる食堂も礼拝堂と会わせて造ります。食事をして、共に話し合うなら、心が開きやすいからです。

 また、午後1時30分から礼拝もあります。午後からの礼拝はホームレスの人たちが来られますので、伝道向けの話がおおいです。話す牧師も時々違います。午前の礼拝に出た信徒の方も、教会で昼食を済ませているので、参加し礼拝をなさいます。午後から用事がある方は帰っていますが・・

私は午後の礼拝を担当をしてメッセージをしました。 詩編1:3から、水路に植えられた木が生長して実がなること。水路は人工的な物である。それは聖霊によって書かれた聖書とも言えます。運ばれた水をくみ上げないと、作物は生長しない、くみ上げるのは、誰でもない。私たち個人個人です。 また、詩編2章の8には『私の子供として、神は私たちを招いている事。』十字架によって、救いを信じる事によって、私たちを子供として下さること。私の経験した不思議なことを例に話し、神は養って下さり、人生に豊か実を結んで下さる約束があること。このまま人生を、諦めてしまわないで、キリストになって生まれ変わり、人生に豊かな実を結ぶように。このまま人生を終わらないでとホームレスの方々に訴えました。真剣なまなざしで聞いて下さるので、かえって、私が励まされます。良いメッセージは聴衆によって育ちますので・・
神学校 dorama-
この教会には、日本人の信徒、韓国人の信徒が仲良く礼拝をし、またボランテアをしています。ドラムをたたいている兄弟は、和食の料理人でした。けれど毎日.ボランテアでホームレスの食事を作って下さいます。その他のスタッフも、事務や通訳.送迎もボランテアです。決して強制ではなく、自発的に参加をしています。ホームレスから立ち直り、ボランテアをしている方もいます。

 今日。立ち話しで、先日まで、私服刑事の顔を覚えることが特技だったと言っていた彼が、聖霊の力に触れて信仰を持ちました。がらりと変わりましたね。来月には洗礼式があります。

この教会は参加は自由です。信徒になれば、神学校などでしっかりと聖書も学べます。 皆様のご参加をお待ちします。旅で大阪に立ち寄ったとき。転勤の方を歓迎します。
 
 大阪西成区、萩ノ茶屋3丁目4−23 大阪ユニオン神学教会

(南海電車、高野線の普通停車、萩ノ茶屋駅)またはJR新今宮が近いです。 教会の電話。06−66320−0124

大阪の西成区の愛隣地区にはホームレスの人々が多いです。

 何故?集まるようになったのでしょうか?日本が高度成長期には、地方から仕事を求めて、都会の大阪に大勢の人々が集まりました。民間職業紹介所、国の職安も大きな施設が出来ました。日雇いでも安心して働ける安いホテル宿屋も整いました。けれど不況になって、仕事がなく採用されなくなり路上生活をする人も増えてきました。ここ数年間にホームレスの人が増えました。

 私は自活宣教しながら、神戸でキリスト福音宣教をしてきました。
昨年に急に会社から辞めて欲しいと勧告を受けました。私の年齢とか理由は付けられました。納得できない理由でした。今までは仕事は直ぐに見つかていましたが、色々の事情が時代を変えていました。それでも神様の福音を伝えやすい環境を捜して就活をしていました。年末には生活が困窮しましたね。

 そのことを知ったある方は、自分自身生活を中心にした方が良いのではとアドバイスを下さいました。困難が続くなら、多生。弱気にもなりますね。それでも、諦められずにキリストの十字架の救いと福音を伝える事は、私の指名と思い、主イエスの再度の導きを祈りました。今までの経過の中に、自分の能力を超えた、神からの啓示と恵みが・・支えて祈って下さる方も多く在ったから、そう簡単には否定ができませんでした。生活が苦しくて、食事もキャベツばかりを食べていました。そのような生活をしながら祈りの中で、私自身がホームレスになっても、キリストの福音は語り続けたい思いました。

ミニストリー告知 私は、国内外で宣教してきましたが、教会成長が出来ていませんでした。<左画像のようにクリスチャン新聞にも告知をしていました。>特定の人たちに聖書を教えるために、もっと聖書を学びたいなと思っている矢先に、大阪の西成にあるユニオン神学校でセミナーがありました。数年間のセミナーにも参加をしていたことがありましたので、案内が届いたのです。集会が終わる頃に、学院長が証しをなさり、神学校を広く開校して聴講制度を設けると話されました。良く聞けば、学院長の李牧師先生は、故申賢均牧師から新任を臨終の際に受けられたと聞いて、さらに気持ちが動きました。

その前後には、私はアブラハムの生涯からの啓示も受けていました。神の計画と人との計画、思いとの時間のズレのことです。アブラハムも、神からの啓示、使命を受けていても、神の約束の実施には時間がかかりましたからです。

 学びたい気持ちが増し加わりました。学費等。解決しなければいけない事がありますけれど、李牧師に相談して待って頂けるようになりました。申賢均 牧師毎週火曜日に大阪に、聖書を勉強するために通学をするようになりました。また毎晩に、十字架の福音と救いを伝えて、食事を提供してホームレス伝道を、この神学校でおこなっています。担当牧師不在の時があって、私が申し出ました。それから定期的に十字架の福音を語る機会が与えられるようになりました。

 ボランテアですが、福音を伝えられる喜びが大きいです。生活苦など、私の経験からも話していくと、聞いて下さるホームレスの人の目が代わります。同じ目線で福音を伝えています。人生にキリストの力が耐え得られ、ホームレスの人々の人生が代わるように真剣に伝えると、自分自身に与えられた神の恵みが伝わり、涙も出そうになります。真剣に聞いている人々に何かをしたいです。『金銭は、私にはない、ナザレのイエスの名によってあるけ!』と聖書に書かれています。しかし、食事提供には支援が必要ですね。
和服で説教1


パウロもローマ人にはローマ人のようにと、福音を伝えたと話しています。キリストの福音を心から信じて、生まれ変わって頂きたいと思います。

先日。主任牧師の李牧師から、『この教会の協力牧師になって下さい』と依頼をを受けました。また別な神の導きが開かれたと思いましました。

聖日礼拝4/18 029 
人には色々の事情、導きがあります。私が、この愛隣の地で福音を語られるようになったことを、神様に感謝をしています。5月には洗礼式が在ります。ホームレスの人がキリストを信じて、洗礼を受けるのです。その後の信仰成長のの支援をしたいです。一人でも多く、洗礼を受ける方が起こされるように、メッセージにも力を注いで語りたいです。

 『その人は、主の教えくを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ。その人は水路の側に植わった木のようだ。時がくると実がなり、その葉は枯れない。その人は何しても栄える。』詩編1:2〜3
ミカエル小栗
 毎晩の食事提供に、皆様からの協力の献金をお願いいたします。皆様が祈られて、神からの導きを受け取られ、お願いいたします。
 郵便振替 00990-3− 118496 名義、ミカエル・ミニストリー
 通信欄に ホームレスの支援と記入をお願いいたします。

 預言セミナーに参加しました。

 昨日.神戸栄光キリスト教会で行われました。http://www.mmjp.or.jp/kcgc/ 2日間のセミナーのコースでしたが、大阪ユニオン神学大学の学びのために、1日だけの参加となりました。菅原牧師先生の司会で始まりました。遠くは仙台、名古屋、愛知蒲郡市 和歌山など遠方からの参加の方もおられました。 そう言う私も初参加したのは、神戸地震後ですから、15年過ぎましたね。ひつとの聖書の真理を求め続けるには、年月は関係無いですね。でもこのように関心を持ち、リーダーシップを取って下さる教会、牧師先生がおられるので感謝です。
菅原牧師 001


 講師はロナルド・サーカ先生でした。http://www.ciasano.org/index.html ビル・ハモン師の弟子でもあります。
今回は、『枯れた骨に向かって預言すること。』がテーマでした。エゼキエル37:1〜14 枯れた骨とはイスラエルであり、日本でもあり、失った命。希望と信仰とも言えます。神は現実を見せ付けられる。神は枯れてしまった骨を見せつけて、私たちに問います。この骨が生き返るかと問われています。
エゼキエルは、無理ですとは即答していません。『主よ!あなたがご存知です。』と答えています。このような場面で、私たちは、普通は常識をは働かせてしまいます。

エゼキエルは、常識を越えた神を見上げて、『あなたなら出来ます。』と答えてその答えを聞いて初めて、神は骨に向かって預言をするように語られました。
『復活せよ』と直ぐに言われなかったところに、注目をしたいですね。
サーカー師 006


 サーカー師はラザロの復活の時にも、墓に向かって大声で宣言、預言をなさいました。マルタもイエス様に答えています。ヨハネ12:25この答えを聞かれました。 またマリヤの涙を見て、イエス様は声を上げて『起きてきなさい。』と死んだラザロに言われ<預言>ました。すると彼が生き返りました。

 信仰のよる宣言と告白に、神は働かれます。常識を越えた神の領域で、神が働かれます。 その後、預言に関しての注意点や、神の霊に聞き従う事の大切さと賜物を追い求めること、訓練されることの大切さを教えて頂きました。全く、過去の生活からの関心の無かったことに関しては、神は賜物を与えられないですね。関心を持つ聖書を読み深める事柄に、神は新しい油注ぎというか、聖書理解を下さいますが、行き過ぎた解釈にも、聖書からの注意が必要です。それらをバランス良く整えて下さるのが神の霊です。聖霊様です。
信仰による告白宣言は、預言とも言えます。私たちの生活の中での、現状を越えて告白し宣言をし
東西南北に向かって預言する事。東西南北<イザヤ43:6>から神の恵みがやってくるように神に向かって信仰告白することが大切だとも教えて頂きました。信仰は見えない事柄を信じて確認することですね。

サーカー師012


個人預言を受けるときの注意なども語られました。神の御名によって預言するときの注意点なども教えられました。検証<テープなどの録音も、後で確認するために。>が必要であり、、人生全体に関わる預言ではなく、短い期間の事柄に関する事であり、信仰が必要であること、預言受けたからト何もしなければ変化がお飽き無いと、また信仰の徳を高める手助けになることも語られました。

とても良い学びとなりました。私自身のミニストリーの祈り、祝福の祈りの時に、預言の言葉が与えられることがあります。神からの思いのメッセージとして信仰によって、聖書によって確認を深めてゆきたいたいです。

私も個人預言も受けました。日頃.私自身が祈っている事柄に対して、励ましの言葉と希望の言葉が与えられました。

 中には預言すると言う方で、事前に、預言されたい事や、願いをあらかじめ聞かれる方もいますが、要注意が要ります。それは預言とは言えないし、何か占いのような内容になる可能性が多いからです。預言する方も、やはり整えられ日頃から祈っておられる方から受けた方が良いですね。それと、その方の人柄も、神に愛され整えられたキャラクターの方からの預言は良いですね。

 私自身、個人的には、ヘンリー・グルパー師の預言や祈りの姿勢、キャラクターが好きです。もっと大切なことは、ヘンリー先生がもたらした、信仰の実です。私のミニストリーの姿勢のモデルにもなりました。

 ユニオン・シェパード神学大学での学び。


 大阪のユニオン・シェパード神学大学で、クリスチャンの霊性に付いて学びました。
講師は韓国から来て下さった黄牧師でした。4千人の教会の牧師先生です。27歳の時に開拓を始められて、50歳になったばかりです。マンス中央教会http://www.mansujc.or.kr/  

 私たちが霊性を保って生きるとは、キリストを見習い生きる事だと教えられました。

 第2 コリント5:17 「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である.古い者は過ぎ去ったのである。

クリスチャンとしての使命を受けて、それらを全うすることになる、神の子として成長して行き、キリスト、父なる神、聖霊様との人格的な交わりが出来るように生きるようになることだと教えて下さいました。

 瞑想の訓練。祈祷の訓練。 断食の祈り 聖書の学習が伴うようになる。
この4っの分野での訓練が必要と教えられました。

瞑想では東洋的なの瞑想とは違います。この世からの分離ではなく。聖書は悪との分離であり、この世に負けることではなく、戦いで悪に勝つこと。

また、自分や個性を諦める事ではなく。個人な関心からとこの世関心からはなれ、キリストのが現れるように生活する。

そして、この世の苦しみから逃げる事ではなく。キリストに在って、この世の苦しみに勝つこと。

 現実逃避ではなく、現実の克服闘争でもあると教えられました。

また他にも沢山教えて下さいました。また次回が楽しみです。

黄牧師


 今年の秋。大阪城ホール開催のグラハム大会準備会に出席をしました。

今年の10月に開催される。フランクリン・グラハム フェスティバルの神戸地区での準備会が開催されました。いままでは心残りながら、中々参加が出来ませんでしたが、スケジュールを空けて参加して良かったですね。

会場は神戸中央区の山手教会でした。グラハム 002














 以前.一度、ケンズウイック集会の歳にお訪ねした事のある教会でした。和風の内装インテリアが素敵です。パイプオルガンも据え付けられております。神戸でも歴史のある教会一つです。以前は勤務していた都合上、神戸の牧師会にもあまり参加がしたことの無いので、先輩牧師先生方のご指導を仰げるように、少しの時間.私自身の証しもさせて頂きました。数人の牧師先生には、以前。お目にかかったこともありましたので、少し緊張も緩みました。

大坂から、大会本部から説明のために来ておられました。 アメリカの有名伝道者。グラハム先生ですが、1980年代にも日本の数カ所で大会を開かれました。この大会のスタッフとして、アメリカから1年前から派遣される事務局の姿勢に頭が下がりますね。「アンデレのように宣教をしましょう」と呼びかけを受けました。
グラハム 005 この準備会の案内が一部には届いていなかったこともあり、この点の改善や、神戸集会もしましょうと話も出ました。私の出来ることで、協力したいのでご指導を願いました。名刺交換もしたしたが、手持ち名刺が無くなってしまい、失礼をしてしまいました。ゴスペルシンガーでもあり牧師でもある方が数曲ソロの賛美をして下さいました。オペラ張りの素晴らしい声で賛美して下さいました。

グラハム 003 牧師先生方が、私を含めて若い方があまりいませんでした。信仰の世代交代も大切なテーマですね。
日本人は何故か、自由といって親の信仰を子供に教育をしない傾向を、海外に比べても感じます。イスラム圏では 子供のうちからコーランを暗記させる親がいます。 これが普通の教育でもあります。日本では無理に教育というと虐待と変に言う方もいます? でも暴力で虐待させる大人も増えてきました。そのような人の心がキリストによって満たされるようになればいいのには〜と思います。・・また若い働き人の必要性も感じます。信徒の方も牧師先生に宣教を任せる傾向も感じます。アンデレのように、信徒でも福音を伝える人が多く出現するようにも祈りました。ビリー・グラハム親子

ビリー・グラハム先生は高齢になられ、海外には出かけられなくなりました。息子さんが父親の信仰と働きを受け継がれました。素晴らしいです。確かに信仰は個人のものですが、父親が子供にしっかりと信仰の遺産を与える義務もあると聖書は語っています。神の祝福は千代に及ぶからです。ビリー・グラハム先生から、個人の物として、引き継がれた息子さん フランクリン師も素晴らしいです。



グラハム大会ログ



10月に行われる大会に、小さいな力でも、主の為にお役に立てたらいいですね。と祈りました。大阪城ホールを満員にする事が目的ではない。より確実に一人でもキリストに触れるように、救われるようにしましょうと熱い姿勢を語って頂きました。

  神学大学の礼拝でメッセージを話しました。

 大阪の神学大学で日曜礼拝のメッセージを依頼され、アブラハムの物語、創世記15章1節から話をしました。この盾と言われたのは前の章14章で、甥のロトを救い出すために、アブラハムは戦いをしています。普通ならとても勝たないような力ある軍隊でしたが、神の助けもあったのでしょうけれど、奇跡的な勝利を経験していました。

 聖日礼拝4/18 web1のコピー神は私たちが日常経験しなかったことを、話題にはなさらないですね。ここに至るまで、アブラハムは、神に献身するために3度の試練も合格してきました。また、アブラハムが戦った軍隊は、現代に例えるならアメリカ軍に、同盟破棄をして日本が戦うような物でした。ですから、アブラハムに神が盾だと言えば、すんなりと納得できる言葉でした。

その盾であると聞いて、彼アブラハムは直ぐに彼の問題を、神の訴えています。それは子供がいないことでした。すると神は外に出て、星空を見るように語られました。私は仕事で滞在していたメソポタミア砂漠で、彼が見上げたような同じ満点の星空を見上げたことがあります。それは日本では、肉眼では決してみられない星々までが見えました。砂漠の中の星々がありました。子孫が星のようになる・・永遠の時間をアブラハムは見つめることが出来ました。彼はそのことを通じて、神の言葉を信じて義とされました。
聖日礼拝4/18 012

 信仰によって義とされたのちに、契約を結ぶ儀式をするから、生け贄を用意するように、アブラハムに、神は語られました。アブラハムも直ぐに生け贄を用意しましたが、契約実行は直ぐになされません。神がその契約に直ぐには立ち会わなかったのです。アブラハムは神が立ち会われる時を待ち続けました。その間、猛禽がその生け贄を狙って襲ってきました。アブラハムはそれらを追い払い、神が立ち会う時を待っているといると、とうとう日が沈みました。暗い闇が彼を襲います。砂漠の暗闇の経験を私は経験をしています。鳥肌、髪の毛が立つと言うよりもっと恐怖が襲います。広い砂漠の暗闇の中にたった一人ですから・・また眠気も襲いました。猛禽に代わってオオカミ、狐などの野獣も<この箇所、15章には書いてはないですが、信仰を奪おうとするサタンも心の中に入り込むことさえあります。・・>来ます。
聖日礼拝4/18 web
 私たちの生活に目を移すなら、神からの使命に応答し献身を捧げていても、祈りの生活をしていても日常の中に苦しみや試練。理解に苦しむ出来事が次々と、私たちの周りに、生活の中に起きてきます。まるで次々襲いかかってくる猛禽や獣のように・・神が契約の実行を待っている、アブラハムに、神はなんと、子孫の将来を告げられます。その告げられたことを私たちなら直ぐに飲み込めるでしょうか? 待望している子供、そして孫が奴隷になると言われ、しかも400年かも奴隷になると言われたら・・普通なら子供や孫の幸せを願う父なら、直ぐにハイとは言えない条件でした。
聖日礼拝4/18のweb生け贄を半分に分けて、牛や羊、山羊の片身は神の物であり、もう一方の片身は契約者が本人が食べることが習わしでした。引き裂かれた物の血を食べて、体の一部となり意味があります。これはキリストの肉体が引き裂かれ、私たちの物として肉が裂かれ、血ながされて犠牲となったことの形を表します。それにしても、神は何故、直ぐに事を始めないのでしょう?

 天地を創られてから、7日目に休まれた神です。神には神の時間や考え方があります。アブラハムをカルデア地。ウルから呼び寄せ・・私たちに使命を与えて下さり、その完成が順調に進まないのでしょうか?実際にアブラハムに子供がサライから得たときが100歳でした。私たちの想像を超えて時間がかかっています。私たちに、キリストに在って夢が与えられていても、何故?順調に事が進まないのでしょう。聖日礼拝4/18 007


 此処で覚えなくてはいけないことがあります。私たちは神の計画によって、キリストによって買い取られた土の器だと言うことを・・神の計画遂行のために買い取られた器であることを・・私たち自身のビジョン、希望・与えられた使命さえも神の計画の一部の中に在ると言うことです。アブラハムに突きつけられた・・子孫が一旦は奴隷になるが、後の世には大いに祝福される。神の計画にアブラハムも・・私たちも、神の計画に合わせて・・。獣を引き裂いたように、キリストによって、十字架に私たち自身が死に、自己の思いから清められないと、神はご自身の計画の実行を遅れさせ休まれるのです。

その間。神によって、私たちは整えられ訓練させらます。十字架の死を信じる信仰によって義とされます。十字架に私たちが死んだときに、自分たちの限界をこえたときに神が動かれます。聖日礼拝4/18 029どのような状況下におかれても、私たちが神様に服従できるように心が整えられる時を、神様は待っておられる気がします。さらなる献身を神に捧げてゆきたいと思います。

 あってはならないこと。それは神への不満や罪ではないでしょうか?
イザヤ59:1〜2には「神の御手が短くて救えないのではない。その耳が遠くて聞こえないのではない。あなた方の咎が、・・あなた方の神との仕切りとなり・・聞いてくださらないのだ」とも書いてあります。 神への服従と清め。自分自身の力、能力でもなく、時には信仰でもないところ、神の計画に心から従えるときに。『神は私たちの盾.』となって下さるのです。 アブラハムは形だけの犠牲ではなく、心からの犠牲と服従を捧げたと思う時に、神は、その決心を見られたときに、煙立つかまど。燃えるたいまつのような火が、アブラハムの用意した犠牲の生け贄の間をと通りました。私たちは神に生け贄の代わりに、キリストへの服従を捧げてゆきましょう。

聖日礼拝4/18 011

ユニオン神学教会では、日曜日の午前11時から礼拝を捧げております。皆様のご参加を歓迎します。住所は大阪市西成区萩之茶屋3丁目4−23 電話06−6632−0124

 今週の火曜日、組織神学の基礎を学ぶ

  グラハム 007大阪の神学大学で組織神学を神戸の国際キリスト教会の岩村義雄牧師先生から、組織神学の基礎を学びました。一口に組織神学と言っても、その神学を組み立てた著者の信仰背景も影響します。ルターは体系的は神学を書きませんでした。当時のカトリックの司祭神父しか見られなかったラテン語の聖書が、印刷技術の発見発展で聖書が、私たちの身近になりました。それまで聖書は、日常生活とかけ離れた存在でした。

画像 290 当時のカトリックの犯した過ちの免罪符ではなく、信仰によって義とされることをルター聖書を通して知りました。 神学にはカール・バルトとか、カルバンの神学もあります。他にもヘンリー・シーセンの神学もあります。けれど、それぞれの立場から聖書を見て調べています。

 それが教義神学です。教理を組織的にまとめた特定のクリスチャン.グループの教理の研究です。例えば、カルバン主義の神学やディスペンセイション主義の神学などです。 特に教理神学には、その教理を主張するグループの主観も入ります。パウル・ティリッヒ。チャールズ・ホッジ。 ルイス・ベルコフと言う神学者が有名かな?それそれの立場からの神学です。

それに比べると組織神学は忠実に、聖書を調べて、私たち人間の主観や思い込みを排除して組織的に聖書を理解し、他の人にも教えるのを助ける重要な道具の一つなのです。systematic theologyとも英語では言います。
CJF05聖書は聖霊に満たされた旧約聖書の人々。キリストの言動。パウロに代表される各地のクリスチャン達に当てた手紙から構成されています。当時のクリスチャンもユダヤ人であっても、 ヘブル語、アラム語以外にギリシャ語を話していました。

 一度は、神学校を卒業はしていますが、私がもっと聖書を知ろう。学ぼうと、今の神学大学に入学を希望する動機の一つになった言葉が聖書に書かれています。使徒17;11『非常に熱心に御言葉を聞き、果たしてその通りかどうかを聖書を調べた。』?ペテロ1:10『その救いについては、あなた方に対する恵みについて預言した予言者達も(現代で言えば牧師信徒とも言えませんか?)熱心に尋ね、細かく調べました。』 私は伝道者として国内外で宣教をしてきましたが、一つの教会を育てる、教えるためにはもっと聖書を知ろう。と思ったからです。

講師の岩村先生も、この聖書箇所(上記)を用いて、教理以上に言語に忠実に、聖書を調べる事が大切と力説されました。岩村牧師先生の人生での経歴もユニークだと思いました。キャラクターも溢れて、大変熱心に教えて頂きました。
CJR27聖書は.私たちの人生の足元を照らす光です。学長の李牧師先生は、在学中には聖書通読を50回はするようにと勧めておられます。頭に込めと言うことです。 昔。わたした滞在していたアラブ諸国では、イスラムのコーランを空で言えるように、幼い時から叩きもまれます。日本ではないですね。 

 岩村先生からは、聖書言語から外れた聖書解釈の危険性も教えて頂きました。例に癒しというギリシャ語を用いられました。ギリシャ語の癒しには2つの意味があると言われました。治療と手当。奥様の癌からの回復の経験を語られました。もう一つは神癒です。 主イエスはこの二つを用いておられました。と教えて下さいました。これらも、感情や思い込みを排除して、聖書になんと書いてあるかを調べる事がいかに大切かを語られました。イーグルのコピー講義を受けながらギリシャ語やヘブル語を知りたいと思うようになりました。
聖書をもっと詳しく知り、御言葉を心に蓄えて、キリストの葡萄木につながり豊かな実を結びたいですね。そういえば・・聖書には、『私の名前で祈るならば何でも答えられる。』ヨハネ15:14間違った解釈があります。しかし、これには条件があります。主の言葉・・聖書の言葉教え、神の願われる律法<十戒など>を含めて心に留まり信じ、行いをともわないといけないのです。弟子となること、愛の中にとどまることなど・ヨハネ15:7から・・その条件が書かれています。

画像のように鷲のようになり、聖霊の風の中を自由に飛びたいですね。神が神学を越えた所でも働かれることが多いことも・・私の癒しの祈りの中では、理屈抜きの領域も.神ご自身が働かれる超自然を越えた領域が在ること事も信じています。素晴らしい神癒を経験したとしても、保持するためには、隣人愛で表される温かい励ましの言葉や色々の手当も必要だと思います。

 昨日。西成でホームレスの人々に聖書から話をしました。

 造幣局通り抜けの桜見物を済ませて..教会に行きました。
教会について、今日のメッセージが守られるようにと心切り替えて祈りました。

マタイ7章13から『狭き門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。』私たちの身近に感じられる狭き門と言えば、大学受験だったり、バンクーバーオリンピック等で代表するスポーツではないでしょうか?その中から選ばれてメダリストなるとは、メダリストになれなくても入賞者になること自体が狭き門だと思います。その陰には涙があり、日々の努力が有ると思います。
和服で説教1


3人組みでスピードスケート パシェットで銅メダルを取った女性選手とコーチの17年間の努力を話しました。彼らの情熱が、年間1000万円かかる選手育成費用を、富山の中小企業が支えたことを例にして、いかに努力するか情熱を保ち続けるか、またその情熱を理解支える人をが必ず現れることもあると話しました。それから札幌オリンピックで有名になったジャネット・リン選手の話もしました。
ジャネット・リン失敗して転んだこと。それでも恐れずに滑りきって微笑みを絶やさなかったこと。彼女は宿舎の壁にピース&ラブと落書きをして、そのかわいさが有名になり、それからフィギヤースケートする人が増えたこと。また彼女のコメントに触れました。『神は個人的に関わってくださり、彼女の人生を変えたように、あなたの人生の置いても、個人的な神として、あなたの父と同じ神として、あなたの人生に素晴らしいオリジナリティー溢れる素晴らしいことをしてくださいます。』

和服で説教2しかし、今あなたが神を信じていないなら、神は深くあなたには関わりたくても関われません。キリストの流された血によって、十字架によって、霊的な血縁関係が生まれたからでないと、あなたの人生に神は介入したくてもできないのです。ですからキリストを信じて、神と・・キリストと親子関係になって救いを受け入れてくださいと話しました。

 その後。にいかに神が。私と関わって下さったかを話しました。
私もホームレスになったことがある事。母の病から事業不振で家を売り、家を売った最後の晩に涙したこと。それでもキリストにある望みがあり、そのことを知って、クリスチャンの人々が隣人愛から支えて下さった事。私の癌からも救い出して下さった事、神への情熱を、自分の力からでなく、神が与えて下さった事などを伝えました。色々の事情や問題が人生に起きてきます。私の話を真剣に聞いている人がいました。 

あなたは、今は色々の事情から路上生活をして、この町にたどり着いて、今晩メッセージ後に出される、一杯の丼物が目当てで来た人もいますね.しかし。本来あなたの夢に見た人生設計とは違うと思いますね。その人生はキリストに出合って悔い改めて、あなたの人生の出直しがキリストに出会って出来ます。このまま人生をおえないでくださいと強く訴えました。 私自身がその例ですと伝えると、私自身が涙してしまいました。いかに神が支えてくださったかも思い出して話しました。

和服で説教今日は呉服で講壇にたちましたが、中国から伝えられたのが着物です。仏教も中国経由できました。その中国には、景教=シルクロードで伝わったキリスト教と仏教が混ざり待って、仏教本来無かった、信じたら救われるという考え方は、キリスト教からの考え方だとも伝えました。無理矢理に信じさせようと、食事を提供しているのではないです。とも伝えました。無理矢理信じても意味がないことと。キリストの教えの隣人愛の実践です。でも病院とか学校とか、敵味方関係なく救助するクリミア戦争からナイチンゲールは有名ですが、博愛思想はキリストがいて、その教えを実践しようとしたクリスチャン達の働きから始まっていますとも伝えました。 

 また狭き門の話に戻して、十字架の福音に触れて、信徒となり、クリスチャンの助け、知恵知識、実際的に助けを受けて、路上生活から立ち上がり、この町を出るように勧めました。

 終わりの言葉として1コリント9:24〜25 パウロは競技者のように走りなさいとこの聖書の箇所で伝えています。 人生は競技をしているような者ですね。自制や努力も要ります。長い期間保つ夢ビジョンも必要です。でもキリストにあって、あなたも栄光の冠を受けられるようにと話を終えました。 自分を振り返り、なんどか胸が熱くなりました。苦しみの中にあって、神が現実的な助けを、私の与えてくださったからです。

 ホームレスの人々もいつになく真剣に聞いて下さった気がします。洗礼を受けるようにも勧めました。 彼らの上に現実的な祝福を、主よ!与えて下さい

 故郷の富山から来ていた人もいて、驚きました。何故ここに来たかは聞けませんでしたが・・

このページのトップヘ