google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2009年10月

二日ほど前に 有磯越前恋歌 と言う 写真スライド集をつくりましたが、
それらを作りのに当たって撮りためた写真の中で スライド集として正式に
残さなかった写真を メイキングとして 残そうと思いました。
またお暇なときにでもご覧下さい。




既に出来ている 正式な写真集 有磯越前恋歌は下記です。


mj_thisisit_wp_800

 

今日はマイケル・ジャクソンのリハーサル風景の映画が限定2週間の短さで封切りされた。
どの映画館も?夕方から2回だけの上映だった!!
ロンドン公演に向けて100時間以上のリハーサール映像の記録でした。

 普段はすいている映画館も、夕方7時上映には、ほぼ満席
60歳以上の割引で1000円で買えるのはありがたい

1時間前以上にチケットを買い求めたのにも関わらず。
前列側しか席は空いていませんでした。
でも普段と違い スピーカーからのビート、低音が直に身体に響いて かえってよかった!

彼の音楽性とダンスのうまさ 妥協せずにスタッフを引きつけ 魅了させて理解させるリーダーーシップ 

音楽には妥協しない創造力 でも全て彼の音楽を聴く人々を、満足させたいという強い願望からも生まれてきていた・


映画は バックダンサー コーラスライン ミュージュシャンのらのオーディションから始まり、彼らの口から マイケルの素晴らしさを説明させるシーンから始まった。
マイケルと同じ舞台に立ちたいと数え切れな人が世界中からオーディションを受けていた。見応えのある人だけが選ばれて行くシーンにブロードウエィーのコーラスラインを彷彿させた。

リハーサルでもあっても手を抜かない彼の姿勢とダンスのうまさ その舞台の大きさと仕掛けにおどろいた!

スリラー、バッド、 ビート イトなど知っている曲、新曲と言われる this is it (ポール・アンカ作曲の音源を利用したと盗作に近いとポールから訴えられた。) 

 This is it <これがそうだよ!の意味合い> 

キング牧師の声が入った人種差別反対の歌 環境破壊阻止を歌ったアースソング(新曲?)も歌われている。
隣にいた40歳代のカップルはノリノリだった!!
知ってる曲にはつい口が動き歌いたくなる。手は叩きたく、足も調子を取ってしまう。 映画が終わったときには拍手をしたくなる。実際に拍手がおきた!

エンディングのクレジット(制作者の名前など)が流れると席を立つ人もいた! 最後まで座るべきだね!
サービスのショットと歌が流れるからだ。まるでアンコールに応えるように・・

 私が彼を知ったのは、ジャクソン5からだが、大人になったマイケルを初めて再確認したのは イラクのバグダットFMから曲が流れてからだ。イラクもそれなりに治安と平和があった。アメリカ大使館が出来た頃、80年代。 与作や昴も歌無しではあるがバグダットノFMから曲が流れていた時代です。

 リハーサル中も大変な心労だったと思う。
 しかし麻薬ではないが・・麻酔という手段によって
 一時的な逃避が 思わぬ結果になったことはゆがめない。
 残念だ!!

  公式サイト http://www.thisisit-movie.jp/

青春の思い出の切り端を集めた写真を デジブックというソフトで纏めました。<BR><BR>妻との思いでも織り込んで半分はフィクションな思い出ですね。 <BR><BR>20歳で結婚、私の初恋の人でしたね。30歳で妻が癌を患い他界。<BR>生きていれば42回目の結婚記念日が<BR>11月3日が間もなく訪れますね。 割り切っていても 時々は思い出しますね。<BR>再婚でもしていれば,その生活に追われて,多分思い出さないでしょう。・・?<BR><BR>ふと思い出して 古里の風景に思い出を載せた切り端のスライド動画です

 

 神戸の北野には異人館が残っています。

 日本開国後に住み着いた外国人の住まいが残っています。

あの地震の中で、多くの被害を受けました。今は修理されて公開されています。

友人を案内して訪ねました。 身近かに在る処などで、自ら一人では行かない場所です。 何気ない横町をシャッターで切り撮ると新しい発見があり好きですね。

今回は鱗の家と呼ばれる処を案内しました。 実は・・神戸には幾つも公開されている異人館があります。けれど、中に入るのは初めてでした。鱗の家ユトリロの絵神戸異人館鱗の家 075のコピー

 

 

 

 

 

 北野の高台、海抜150mにあって眺望が良いですね。

実は昔、日本人は住みたがらない急勾配の山裾でした。ブランド街となっている旧居留地も元は沼地でした。 彼らの国から持ち込んだ土木技術で改修したのです。 日本開国, 神戸港開港150周年です。 人が動き入り込んで,文化が持ち込まれました。 コーヒー パン・チョコレートの食品類。神戸には沢山のパンや菓子があります。UCC上島珈琲も神戸からです。彼らから工場技術も学びました。

キリスト教ももたらされて,多くの人が救われました。

 

室内のインテリア・調度品も良くて ユトリロの絵。他が展示されていたのには驚きました。アダムとエバのステンドグラスも素敵でした。

異人館室内神戸北野

海外の住まいに対する考え方が違い ,室内をその主人の趣味、センスで飾りますね。

日本人はワビサビの美意識があるので,あまり飾りません。今は昔とは違いがあります。

でもどうして未だに外国人と言うのかな? 何かひとまとめみたい気もします。私が外国に住んでいたときには,国の名前で呼ばれていました。

 

風見鳥の家

 

見学後に 北野広場横にある 風見鳥の家の前を通りました。ここは人で一杯でしたので室内見学はしませんでした。

 

神戸北野広場 北野には結婚式が出来る教会、レストラン カフェーバーが沢山あります。 大人の街ですね。

でも昔に比べて閉店している店も多くて気になりました。 中々仕事が見つからない地域の一つに職安では指定されている。 

 良い空き地もありました。ここに教会を建てられたらと夢を見ました。

 

ロープウェーで山頂にに出ると、心地よい風が吹いていました。

なだらかな坂道沿いに色々のハーブが咲いていました。

ハーブで好きな香りは ラベンダーです。紫の花の色合いも香りも良いですね。

乾燥させておくと着物や洋服の防虫効果もあります。

神戸異人館鱗の家 032のコピー
 

 花の写真を撮ることが好きです。 後は風景 人物の順ですね。

神戸異人館鱗の家 034のコピー  神戸ハーブ園 044

 

 015のコピー   ハーブ園のバラ043
                           秋のバラ



 
                 初秋の気配ですね。              コスモス

 友人が神戸に来たので、案内をかねて神戸を案内しました。新幹線駅裏には六甲山系の布引きの丘がります。

 

                新幹線駅の近くからは ロープウェーが出ています。     紙風船 ロープウエー          

      中継駅を乗り継ぎ、山頂まで上れます。

 六甲山系の一つ、布引きの山です。

 

 布引きの雄滝

  

 

 

ロープウェーの下には布引きの雄滝が眼下に見えます。 新幹線駅の下を通り抜けて徒歩でも行けますが、私は未だ徒歩では行ってはいません。 

でも山頂まで登って来られる方も多いですね。

 

神戸ハーバーランドの眺望神戸布引き眺望

   

山頂からの眺望は大好きです。 

 

布引きハーブ園布引きハーブ園布引きハーブ園 

 

 

 

山頂にはレストラン、ハーブ園が在り、香りにちなんだお土産も買えます。

香りの博物館があり、聖書にも出てくる 乳香の香りなども体験することが出来ます。

 初秋の気配               

山頂は初秋の気配でした。 

中継駅まではユックリ歩いて途中にある

お香りのお茶の楽しみ ハーブの花々を楽しみました。

このページのトップヘ