google-site-verification: google8bec6e3f3bda2812.html

心の風景、愛の聖書、福音と癒やしと日常から。ミカエル小栗

ミカエル小栗がつづる心の風景。聖書の福音は愛と救いと癒やし。日常の出来事の心の雑記帳風景ブログです。聖書に基づくカウセリング、祝福と救いと心の癒やしを祈ります。あなたの教会のメッセージ奉仕もします。ご依頼はメールにて!

2007年04月

お年寄りのために福祉弁当の配達に出ます。
神戸の長田区を数人で手分けして配達をしています。

一方通行が多い長田区です。それにまた、長田区には銭湯が沢山在ります。昔からの古い町並みも結構残っている事も最近わかりました。小さな家が額を寄せ合うかのように・・軒先には綺麗な花が飾られている家が多いです。

くすのき湯1そしてそんな町内に必ずといってよいほど銭湯が各町内にと言ってよいほど沢山在ります。エ!こんなところに銭湯があるの!?というほど、新しい発見といえば大げさかもしれませんが・・ 他にも配達途中には色々の発見。横丁旅の発見ですね。

そんな銭湯に、仕事帰りに立ち寄る事が、私のマイブーム?になっております。 色々の趣向を凝らしている銭湯です。
長田の銭湯には、必ず、腰高の湯船がありサウナも別料金無しで入れます。

ガラス絵
風呂屋のタイル壁にも工夫した飾りや絵があります。昔ながらの番台があって、幼い時の通っていた田舎の銭湯の郷愁も感じています。
安くて温まり、健康にも良いので、配達先で見つけた銭湯めぐりをして、よく仕事帰りには立ち寄っている次第です。

今日は西代にある「くすのき湯」の画像です。昔ながらの雰囲気残る銭湯といえますね。少し高めの蒸し風呂がお気に入りです。体も温まり、疲れも飛びますね。
お客さんが自分専用の砂時計持参だったり・・下町ならのたわいも無い会話も弾む銭湯です。
くすのき湯脱衣場

長田の下町情景

私は神戸市長田区で仕事しています。高齢者のためにお弁当を作り、昼ごろまで届けています。 目が悪くて食事が作れないとか、自宅介護を受けながら一人暮らしの方が多いです。

弁当を配達して欲しい方が、神戸市の認可を受けて「安心健やかセンター」を通じて申し込んでこられます。市役所業務で福祉交流センターもあります。先日はその懇談会にも出席しました。

長田には昔からの下町が今も残っています。あの地震の時の火災に被害を免れた家々です。高層ビルの間に残っています。先日もそんな一軒にお弁当を届けました。

『こんにちわ、弁当を持ってきました!』呼んでも返事が無いので、奥まで上がっていくと、韓国ドラマに夢中。見入っていたので幾分耳が遠いので聞こえなかったのでしょう

私たちは単に弁当をと解けるだけでなく、安否の確認も仕事の一つです。
『ごめん!解らんかった!有難うと』と大変喜んで何度も頭を下げられは恐しました! でも実際に他の家では、声掛けしても返事が無く救急車を呼んだことも過去にはあるそうです。 毎日。弁当を届けながら声を掛けることも大切な仕事の一つです。
2長田下町情景

そんな一人暮らしのおばあちゃん、おじいちゃんの部屋の中には、大きな仏壇がよくあります。一人暮らしの寂しさを今は亡き、家族に語りかけているのでしょうね。地震の時に亡くなったと聞いたこともあります。短い言葉で、励ましの言葉を掛ける時もあります。

私も関西地震の3日前に、大阪に行われたセミナーの最中に(日本の救いとのために祈る予言と聖霊のセミナー)関西地震の幻を見ていました。実際に地震が起きた時には、夢、幻が現実になって驚きました。 <その時から、予言をまじめに考えるように訓練も受けました。>

大きな地震で火災が起きる幻も見ていました。その火災は今言えば長田区のことです。そして、そんな長田区に生きる人とのかかわりを、小さくても持てるようになったのは、神。イエス様の不思議な導きだと最近、特に思うようになりました。

弁当を届けて、次に向かう時。長田の下町情景が・・吹き抜ける風に、長田に生きる人たちに親しみを感じています。
福祉交流センター

給食センター
安全安否確認と申しましても色々ですね。

三月から始めている私の仕事上では不可欠なことです。
お年寄りの生活の安全安否確認のことです。

毎朝。6時から老人向けの弁当を作り、その後12時までに配達をしているのです。献立は栄養のバランスも考えて、管理栄養士と相談しています。

神戸市の介護認定を受けられた自宅介護を望まれる方が多いですが、一般の健康な方の利用もあります。450円から600円で日曜日を除いて毎日配達をしています。主に担当は神戸市長田区全域です。

寝たきりの方。目の不自由な方。車椅子や足腰の不自由な方が多いです。高齢者が多くて60歳から90歳以上までの方々です。

玄関先で、私たちが届けるまで待っていてくださる方もおられます。ある日。交通事情で遅れたときには『事故でもあったかと心配したよ』と言ってもらいました。「悪ことをしたな!!
心配させて・・』と思いました。そして、いつもの挨拶を交わして頂いた小銭450円がとても暖かだった! 私が来るまでの時間。心配しつつ待っていた長さを感じて、胸が熱くなりました。

ヘルパーセンター

時には亡き父や母の姿と重なるような時もあります。「こんな素敵なお年寄りが一人暮らしを?」と思う事もあります。それぞれの家庭の事情がありますね。

寝たきりの方からは、家の鍵を預かって、枕元までお弁当を届けています。白内障などで目が見えなくなって食事が作れない
かたも居られます。生活保護を受けているのでしょうか?口には出さないけど、昼に届ける弁当を2回に分けて食べている方もいるようです。 

弱者のしわ寄せも感じる時もあります。隙間を埋める日本の政治の平等を願うばかりです。

ある日には届けて、呼びかけても返事が無い時には、倒れているのかと心配で、ペルバーさんを呼んだり、救急病院の手配もした時があります。

『いつも有難う!』と言われるたびに、又明日も頑張って
美味しい弁当を作ろうと決心を新たにしている、今日この頃です。

昼弁当

ようやく桜が神戸でも咲きました。

開花



前日より春の嵐で雨風は強かったです。神戸でも桜が咲き始め明日が、目覚めの悪い桜のようです。生き生きした色合いには掛けそうな感じです。

それもそのはず、暖冬で桜の木も冬眠が出来なかったようです。
桜は寒い冬を過ごすとさわやかに嫌いな花を沢山付けるのですが・・
2月は異常な暖冬でした・・神戸より北の豊岡の方が早く桜の開花が在ったようですね。やはり神戸より豊岡の寒さが在ったからですね。

暖冬で、神戸明石特有の『いかなご漁』は不漁で昨年の2倍、3倍の値段で困りました。日本海では、南の海に生息するクラゲの大発生。定置網に入った魚に傷をつけて困っているそうです。 

地球規模でも変ですね。クーラー、暖房機。排気ガスを出すのは私たち人間です。

エデンの園は豊かな生活がありましたけれど、食べる必要の無い、善悪の木をアダムは誘惑に負けて食べてしまいました。神は従う自由も与えてくださっています。自由には義務が伴うのですね。温暖化の責任と義務を感じています。一人ではできないことですが、小さな認識からでしょうね・・

又今日は黄砂で空が霞んでいました。中国からの風の性ですが、隣国の公害や核実験などの影響が怖いですね。

お互いに自分勝手に思わないで、地球規模での共同体意識が変われば、暖冬や公害も減るのでは無いでしょうか?小さな意識の変化から変わってくるはずですね・・・

桜96

このページのトップヘ